KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2017年5月の記事

  1. The Trump Administration May Soon Have New Powers to Destroy Drone “Threats”
    トランプ政権、危険ドローンの撃墜へ動き出す
    米国政府は安全保障を脅かすドローンの規制へと動き出した。脅威と判断されたドローンは、ハッキング、追跡、撃墜できるようになる。 by Mike Orcutt2017.5.29
  2. グーグル、高性能な新型AIチップとスーパーコンピューターを発表
    新型チップとクラウドベースの機械学習スーパーコンピューターは、AIに特化したハードウェアメーカーとしてのグーグルの地位を確かなものにする。 by Will Knight2017.5.25
  3. アルファ碁はプロゲーマーも倒せるか?
    アルファ碁のようなAIプログラムでも、世界的な人気ゲーム「スタークラフト」でプロゲーマーに勝つことは難しいかもしれない。 by Yoochul Kim and Elizabeth Woyke2017.5.24
  4. AIポリスの出動でネトゲストーカーは撲滅できるか?
    スタートアップ企業のスピリットAIは、オンラインゲームで増大する嫌がらせへ対応するソフトウェアを開発した。被害者と会話し、いたずらと嫌がらせの違いを学習して対処する。 by Simon Parkin2017.5.22
  5. IBMが過去最高性能を持つ量子チップで「量子超越性」競争に先行
    IBM研究所は、17キュービットと16キュービットの量子チップを開発し、研究者向けのオンライン・サービスで公開している。これらのチップはスケールアップ可能な構造を持ち、初めての「量子超越性」を実演できる転換点が近づきつつあることを期待させる。by Jamie Condliffe2017.5.18
  6. Facebook Wants to Merge AI Systems for a Smarter Chatbot
    フェスブックが発表した「パーレイ(ParlAI)」は、臨機応変に対応できるチャットボットの構築を支援するフレームワークだ。「まともな会話ができない」という現在のチャットボットの抱える不満を解消できるのだろうか。 by Will Knight2017.5.18
  7. Is Automation Warping the Labor Market as Dramatically as We Think?
    ロボットは人間の仕事を奪う? 奪わない?
    ロボットが人間の仕事を奪うという従来の認識に反対するレポートが発表された。MITテクノロジーレビューの見解を説明する。 by Jamie Condliffe2017.5.16
  8. Nvidia CEO: Software Is Eating the World, but AI Is Going to Eat Software
    機械学習、AIの勝者となりつつあるチップメーカー、エヌビディア。AIは自動車と医療を変え、エヌビディアは他社とは異なるアプローチで問題を解決していくとフアンCEOは語った。 by Tom Simonite2017.5.14
  9. A Single Autonomous Car Has a Huge Impact on Alleviating Traffic
    たった1台の自律自動車が自然渋滞を阻む
    自律自動車が1台走るだけで、自然渋滞が緩和するという研究結果を、イリノイ大学の研究チームが発表した。しかも、高性能な自律自動車ではなく、高級車にはすでに搭載されているクルーズ・コントロール程度の機能で十分なのだ。 by Jamie Condliffe2017.5.14
  10. Battle to Provide Chips for the AI Boom Heats Up
    人工知能ブームに対応するチップ供給競争が過熱エヌビディアCEOが吠える
    チップメーカーのエヌビディアが人工知能向けの新チップを発表。ライバルはインテルやグーグルといった巨人からスタートアップまでさまざまだ。 by Tom Simonite2017.5.12
  11. Amazon’s Touch-Screen Smart Speaker Solves a Big Problem with AI Assistants
    画面付きアマゾン・エコーはAIアシスタントの弱点を克服できるか
    アマゾンが画面付きの新型「エコー」を発表した。日本ではなかなか登場しないAIアシスタントだが、世界的にはさらに盛り上がりそうだ。 by Jamie Condliffe2017.5.11
  12. Real or Fake? AI Is Making It Very Hard to Know
    映像だって証拠にならない AIの「ねつ造」は見破れるか?
    本物そっくりの映像を作成したり、他人になりしましたりできるテクノロジーが次々と登場している。映像や音声が証拠にならない時代がやってくるのだろうか。 by Will Knight2017.5.10
  13. An Ostrich-Like Robot Pushes the Limits of Legged Locomotion
    「人並み」のスピードで歩く二足歩行ロボットが登場
    米国の人間・機械認識研究所(IHMC)が開発したダチョウ型ロボットは、「人間並み」の時速3~5kmで移動できる。人間の代わりとして活躍する日は来るのか。 by Will Knight2017.5.9
  14. Tencent’s New Lab Shows It’s Serious about Mastering AI
    AI研究で存在感を増す中国企業、米国進出の理由
    日本ではなじみのないテンセントは、8億8900万人が利用する「WeChat」を運営する中国の大手テック企業だ。豊富な資金とビッグデータを武器に、人工知能の分野での存在感を急速に高めている。 by Will Knight2017.5.8
  15. A Sense of Hearing Could Make Cars Safer and More Reliable
    安全な自動運転に必要なのは視力より聴力?
    スタートアップ企業・オトセンスがサイレンやエンジントラブルを音で検知するソフトウェアを開発している。 by Tom Simonite2017.5.2
  16. Appearances Suggest That Apple’s Autonomous-Car Endeavor Is Lacking
    遅々として進まないアップルの自動運転プロジェクト
    秘密主義で知られるアップルは、自律自動車でも世界をあっと言わせるのだろうか? 安全担当の同乗ドライバーの経歴や試験車両の不格好な外見から、他社に大きく遅れを取っている、と考えた方がよさそうだ。 by Jamie Condliffe2017.5.1
  17. Finding Solace in Defeat by Artificial Intelligence
    ニューヨークで先週開催された映画祭で、アルファ碁をテーマにした同名作品が公開された。世界最強の囲碁棋士がAIに破れる姿は、私たち人類が今後味わう屈辱や悲壮感を先取りしており「科学の勝利」と一方的には喜べない。 by Brendan Lake2017.5.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る