KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2017年12月の記事

  1. Google’s Return to China Foretells a Global Race to Deliver AI
    グーグルがアジア初のAI研究所を引っ提げて中国に戻ってくる理由
    中国市場から一度は撤退したグーグルが、AI研究所を北京に開設すると発表した。グーグルにとってアジア初となるAI研究所の開設の狙いはどこにあるのだろうか。 by Will Knight2017.12.27
  2. アップルが自動運転技術の「チラ見せ」に追い込まれた理由
    秘密主義で知られるアップルが自動運転プロジェクトの情報をチラ見せしたのは珍しい。それには、あのアップルでさえも人材獲得に苦労しているという事情がある。 by Will Knight2017.12.26
  3. 気が早い? マイクロソフトが量子プログラミング言語を作る理由
    実用化したシステムが存在しないにもかかわらず、量子コンピュータで動作するアプリケーション・ソフトウェアを開発するための「量子プログラミング言語」の発表が相次いでいる。マイクロソフトは、量子プロセスに関する専門知識がなくても、量子コンピューター向けのプログラムを開発できる高水準言語と開発支援ツールの無償提供を開始した。 by Martin Giles2017.12.26
  4. 量子コンピューターのスタートアップ企業であるリゲッティが、プロトタイプの量子チップ上で、機械学習手法の1つであるクラスタリング・アルゴリズムの実行に成功した。量子コンピューターの実用的なアプリケーションに向けた新たな道筋を示すものだとしている。 by Will Knight2017.12.22
  5. 人工知能はディープマインドの最新AIは、チェスで人間からみれば奇妙な一手を指す。これを人の硬直化した考えを打破する一手とみるか、単なる将来への不安を駆り立てる奇計とみるかは、難しいところだ。 by Will Knight2017.12.13
  6. The U.S. Leads in Artificial Intelligence, but for How Long?
    トランプ政権が大学院生に大増税、AI大国の地位に影響か
    優秀な研究者が米国に集まる理由の1つに、多くの大学院で学費が免除されていることが挙げられる。だが、大学院生を狙い撃ちにするトランプ政権の大増税が、AI大国である米国の地位を脅かすかもしれない。 by Will Knight2017.12.8
  7. A Quantum Boost for a Different Kind of Computer
    現在の主流である超伝導回路を使うのとは異なる方式の量子コンピューターを、マサチューセッツ工科大学(MIT)などの2つの研究チームがそれぞれ発表した。いずれも捕捉された原子を使う方式を採用しており、現時点での用途は限定されているが、超伝導を使う方式より規模の拡大に対応しやすい可能性があるとしている。 by Will Knight2017.12.6
  8. Progress in AI isn’t as Impressive as You Might Think
    AIはバブル、汎用人工知能はまだ先——MIT教授らが指摘
    人工知能(AI)分野において近年、多くの飛躍的な進歩があったにもかかわらず、現在のAIの知能は依然として人間レベルにはほど遠い。マサチューセッツ工科大学(MIT)やスタンフォード大学の研究者たちが、現在のAIの状況を定量化して評価し、問題点を指摘する報告書を作成した。 by Will Knight2017.12.4
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る