KADOKAWA Technology Review
×

Cover Story 未公表論文を独占入手
中国・遺伝子編集ベビー問題
専門家が語る13の疑問

およそ1年前、世界で初めてクリスパーで遺伝子を編集した赤ちゃんを誕生させた中国の賀建奎 (フー・ジェンクイ)元准教授が寄稿したと見られる未公表論文の写しを、MITテクノロジーレビューが入手した。その内容は、彼が遺伝子編集ベビーを誕生させるにあたり、倫理的および科学的な規範をどれほど無視していたかを示すものだ。 by Antonio Regalado

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー

  1. 缶ビールを叩くと泡が噴出しないとの噂は本当?1000缶で試した結果
    by Emerging Technology from the arXiv

    缶ビールを振ってしまい、蓋を開けたときに中身を噴出させてしまった経験はないだろうか。デンマークの研究者たちが、「ビールの缶を振っても、蓋を開ける前に缶を軽くたたけば泡の噴出を防げる」とする「タッピング理論」の真偽を、1000本の缶ビールを使った試験で確認した。


  2. by Kiran Musunuru

    昨年11月、世界で初めて遺伝子編集ベビーを誕生させたと発表した中国人科学者は、中国当局によって自宅軟禁され、正確な情報を得ることは困難となっている。未公表の研究論文を読んだペンシルベニア大学医学大学院の准教授は、公表の必要性を訴える。

  3. 迫り来る地球温暖化の「臨界点」、気候科学者が警鐘
    by James Temple

    あと10年程度で温暖化によって地球の生態系が回復できない地点まで到達してしまうかもしれない。抜本的な措置を講じなければならないのは「今」なのだ。

宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
  1. ビジネス・インパクト
    読者からの質問:高速の宇宙旅行で老化は遅れますか?
    高速で宇宙旅行をする人は、地球に留まっている人よりも年を取るのが遅いと聞きましたが、どの程度の違いがあるのですか?
  2. 持続可能エネルギー
    「EV革命」過剰な期待、リチウムイオン電池価格のMIT新予測
    リチウムイオン電池のコスト低下は今後数年で行き詰まる可能性がある。MITの報告書は、大幅なコストダウンを前提とした現在のEVへの過剰な期待に警鐘を鳴らす。
  3. コネクティビティ
    「現金需要は強い」FRB議長、デジタル版ドルに慎重姿勢崩さず
    中央銀行発行のデジタル通貨は「現金離れ」に端を発するいくつかの問題を抱えている他国では恩恵があるかもしれないが、米国の事情は異なるという。連邦準備制度理事会のパウエル議長の見解。
  4. 知性を宿す機械
    アップル・カードの利用限度額問題に端を発して、人工知能(AI)による与信の問題点が明らかになった。与信審査に性別を持ち込むのは米国では違法だが、最新研究によると男女別のモデルを作成することでバイアスを是正できるという。
  5. 生命の再定義
    世界中のあらゆるモノがインターネットに接続する中、バクテリアを使った新たなIoTの実現可能性が浮上している。バクテリアは優秀な情報伝達デバイスになる一方で、生物ならではの問題点も残している。
カバーストーリー
生命の再定義
平均寿命が延び、女性の社会進出が進んだにも関わらず、女性の生殖寿命は変わらないままだ。米国では「卵子凍結」する女性が増え、福利厚生の一環として費用を負担する企業もある。女性の生殖寿命を延ばすことができるのだろうか? by Bonnie Rochman
すべてのトピックス Filter
  1. 知性を宿す機械
    中国の軍事AI予算は意外と少ない、米シンクタンクの最新調査
    米国の政府関係者たちは、中国政府が軍事AI(人工知能)に多額の支出をしており、米国はAI軍拡競争で大きく後れを取っていると主張している。しかし、米シンクタンクの最新の研究によると、中国が軍事AIに費やしている金額は、当初想定されていた額よりもはるかに少ないようだ。 by Karen Hao3日前
  2. 持続可能エネルギー
    進まぬCO2排出量削減、今世紀中に平均気温「4度上昇」の恐れ
    これ以上の地球温暖化を食い止めるために各国がより積極的な行動を起こさなければ、地球の気温は今世紀中に4°C近く上昇する可能性が高い。今週から来週にかけてスペインで開催される国連気候変動会議を前に、国際共同研究団体「グローバル・カーボン・プロジェクト」が、世界の危機的状況に警鐘を鳴らす最新の報告書を発表した。by James Temple7日前
  3. 知性を宿す機械
    その曲を聞くと気分がよくなるのはなぜ? 機械学習で解明する新研究
    機械学習により、どの音楽的要素が人間の身体的、情緒的反応をどう引き起こすかが分かるかもしれない。将来的には、依存症治療やセラピーにも利用できる可能性がある。 by Karen Hao8日前
  4. ビジネス・インパクト
    読者からの質問:宇宙まで行けるエレベーターは作れますか?
    地球の大気圏外の周回軌道まで直接行けるような「宇宙エレベーター」は作れるのだろうか。 by Neel V. Patel8日前
  5. コネクティビティ
    ミームはジョークとして考えられているが、一部では深刻な脅威と受け止められ始めている。攻撃者の武器として使われる政治的ミームに対抗策はあるか。 by Joan Donovan8日前
  6. コネクティビティ
    ワッツアップが世界有数のハッキング企業「NSO」を訴えた理由
    ワッツアップがイスラエルのサイバー監視会社NSOグループを提訴した。NSOグループはユーザー情報を盗むために、ワッツアップのサーバーに不正アクセスしていたことが判明したのだ。国連が呼びかけた、NSOグループのような監視ツールの取り扱いの即時停止に、大手テック企業は参加すべきだとフェイスブック傘下のワッツアップは述べている。 by Patrick Howell O'Neill9日前
  7. ビジネス・インパクト
    若き日のリチャード・P・ファインマンが提唱した図式表記法「ファインマンダイアグラム」は、素粒子物理学に大変革をもたらした。同じような変革をベクトル解析にもたらす可能性のある図式表記法を、ソウル大学の研究者らが提唱している。 by Emerging Technology from the arXiv10日前
  8. コネクティビティ
    「アレクサ」と呼びかけなくても、ユーザーのあらゆるニーズを察知し、生活全般を支援する——。そんなAIアシスタントの未来へ向けた取り組みをアマゾン・アレクサ部門の研究責任者が語った。 by Karen Hao10日前
  9. ビジネス・インパクト
    読者からの質問:地球の重力場には季節変動がありますか?
    軌道を周回している人工衛星に地球が及ぼす重力は、その人工衛星が通過する水域の質量の季節的および気候学的な変化に応じて変化するというのは本当だろうか。 by Neel V. Patel10日前
  10. ビジネス・インパクト
    ロケットのブースターが中国農村部に落下、民家に被害
    中国では、ロケット打ち上げの際に、部品や破片が地上に落下して住民たちに被害をもたらす事故が幾度となく起こっている。こうした問題は決して新しいものではないが、宇宙産業が急速に成長している現在、各国は改めて対策を講じる必要がある。 by Neel V. Patel11日前
  1. コネクティビティ
    ミームはジョークとして考えられているが、一部では深刻な脅威と受け止められ始めている。攻撃者の武器として使われる政治的ミームに対抗策はあるか。 by Joan Donovan8日前
  2. コネクティビティ
    ワッツアップが世界有数のハッキング企業「NSO」を訴えた理由
    ワッツアップがイスラエルのサイバー監視会社NSOグループを提訴した。NSOグループはユーザー情報を盗むために、ワッツアップのサーバーに不正アクセスしていたことが判明したのだ。国連が呼びかけた、NSOグループのような監視ツールの取り扱いの即時停止に、大手テック企業は参加すべきだとフェイスブック傘下のワッツアップは述べている。 by Patrick Howell O'Neill9日前
  3. コネクティビティ
    「アレクサ」と呼びかけなくても、ユーザーのあらゆるニーズを察知し、生活全般を支援する——。そんなAIアシスタントの未来へ向けた取り組みをアマゾン・アレクサ部門の研究責任者が語った。 by Karen Hao10日前
  4. コネクティビティ
    巨大掲示板を支える自動化
    コンテンツ監視の未来
    ソーシャルメディアの利用が増えるにつれ、不適切なコンテンツを監視する「コンテンツ・モデレーター」の仕事は増えるばかりだ。ソフトウェアによる監視は、精神的なダメージが大きいコンテンツ・モデレーターの負担を軽減できるだろうか。 by Tanya Basu16日前
  5. コネクティビティ
    大真面目なグーグル製「紙電話」はデジタル・デトックスに効くか?
    グーグルが発表した「紙電話」は冗談ではない。グーグルが考える「デジタル・ウェル・ビーイング」の一環だ。 by Tanya Basu17日前
  6. コネクティビティ
    グーグル従業員「カレンダー拡張機能で監視」主張には無理がある
    グーグルの一部従業員は、社内で使われているカレンダー拡張機能が監視手段となっていると主張している。だが、メールやチャットなどあらゆるツールを会社が管理する現代において、主張を証明することは難しい。 by Angela Chen22日前
  7. コネクティビティ
    政治広告のファクトチェックを拒否するフェイスブックへの提案
    政治広告に対するファクトチェックを拒否するというフェイスブックの方針に対して、1つの妥協案がある。 by Angela Chen22日前
  8. コネクティビティ
    10年以上活動するロシアのハッカー集団、2年ぶりに表舞台に
    姿を消したように見せていたロシア政府の有名なハッカー・グループが、長年にわたって世界各地で活動していることが判明した。 by Patrick Howell O'Neill25日前
  9. コネクティビティ
    「ブロックチェーン倫理」が
    いま求められる理由
    ブロックチェーンが社会を変える大きな影響力を持つようになるなら、独自の「倫理」が求められるようになる。MITの研究者グループが提唱する「ブロックチェーン倫理」は、新しい学問分野だ。 by Mike Orcutt28日前
  10. コネクティビティ
    中国の人工衛星「墨子号」は、量子暗号をはじめとする量子技術の分野で目覚ましい一連のブレークスルーを達成している。この成果には、中国科学技術大学の研究チームが開発した、バックグラウンドノイズを巧妙に回避する強力な単一光子検出器が重要な役割を果たしている。 by Emerging Technology from the arXiv36日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    読者からの質問:宇宙まで行けるエレベーターは作れますか?
    地球の大気圏外の周回軌道まで直接行けるような「宇宙エレベーター」は作れるのだろうか。 by Neel V. Patel8日前
  2. ビジネス・インパクト
    若き日のリチャード・P・ファインマンが提唱した図式表記法「ファインマンダイアグラム」は、素粒子物理学に大変革をもたらした。同じような変革をベクトル解析にもたらす可能性のある図式表記法を、ソウル大学の研究者らが提唱している。 by Emerging Technology from the arXiv10日前
  3. ビジネス・インパクト
    読者からの質問:地球の重力場には季節変動がありますか?
    軌道を周回している人工衛星に地球が及ぼす重力は、その人工衛星が通過する水域の質量の季節的および気候学的な変化に応じて変化するというのは本当だろうか。 by Neel V. Patel10日前
  4. ビジネス・インパクト
    ロケットのブースターが中国農村部に落下、民家に被害
    中国では、ロケット打ち上げの際に、部品や破片が地上に落下して住民たちに被害をもたらす事故が幾度となく起こっている。こうした問題は決して新しいものではないが、宇宙産業が急速に成長している現在、各国は改めて対策を講じる必要がある。 by Neel V. Patel11日前
  5. ビジネス・インパクト
    2000年から長きにわたって、軍事衛星やスパイ衛星の打ち上げをはじめとする米国の宇宙開発を支えてきた大型ロケットエンジン「RD-180」は、実はロシア製だ。しかし、最近になりようやく、米国製のロケットエンジンがRD-180に取って代わろうとしている。 by Matthew Bodner11日前
  6. ビジネス・インパクト
    太陽嵐が地球磁場にぶつかる「音」、ESAが公開
    欧州宇宙機関(ESA)は、太陽嵐が地球の磁場と衝突した際に生まれる振動の録音を公開した。この奇妙な新しい音は、太陽嵐が地球の磁場と相互作用するプロセスの複雑性を浮き彫りにしており、今後の宇宙天気による脅威を予測する方法を見直す必要があるかもしれない。 by Neel V. Patel17日前
  7. ビジネス・インパクト
    生命の痕跡見つかるか? マーズ2020着陸地に化石の可能性
    2020年に打ち上げ予定の米国航空宇宙局(NASA)の火星探査ミッション「マーズ2020」の探査機の着陸予定地に、古代の生命の痕跡を保存するのに適した鉱物が存在することが分かった。これらの鉱物を現地で分析したり、試料として持ち帰ったりすることで、古代の火星に生命が存在したかどうかが分かるかもしれない。 by Neel V. Patel17日前
  8. ビジネス・インパクト
    宇宙ビジネスが注目される理由——異業種参入の背景と世界動向を知る
    「宇宙ビジネス」がいま注目される背景には何があるのか?大きく変わろうとしている世界の宇宙産業の動向を解説する。 by 秋山文野21日前
  9. ビジネス・インパクト
    「宇宙戦争」の始め方——
    人工衛星軌道上の危ない現実
    社会的インフラや軍の行動が軌道上の人工衛星に大きく頼っている現在、それらが攻撃されれば大混乱を引き起こしかねず、戦争行為とみなされるかもしれない。多くの人々は、そうした宇宙戦争が未来に起こったら大変なことになるだろうと考えているが、人工衛星への攻撃はすでに始まっている可能性がある。 by Niall Firth21日前
  10. ビジネス・インパクト
    量子力学では、すべての物質は波と粒子の両方の性質を備えるが、巨視的な物質では波としての性質を測定することは難しい。ウィーン大学の研究者らは、生体分子が示す波としての性質を実証する自己干渉パターンの測定に初めて成功した。この実証実験は量子生物学の新時代に道を開くものとなるだろう。 by Emerging Technology from the arXiv22日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    進まぬCO2排出量削減、今世紀中に平均気温「4度上昇」の恐れ
    これ以上の地球温暖化を食い止めるために各国がより積極的な行動を起こさなければ、地球の気温は今世紀中に4°C近く上昇する可能性が高い。今週から来週にかけてスペインで開催される国連気候変動会議を前に、国際共同研究団体「グローバル・カーボン・プロジェクト」が、世界の危機的状況に警鐘を鳴らす最新の報告書を発表した。by James Temple7日前
  2. 持続可能エネルギー
    海面上昇で数億人の生活が水没か?従来予測の修正に衝撃
    プリンストン大学の研究グループは、以前考えられていたよりも、はるかに多くの人々が水没する危険性が高いことを突き止めた。 by James Temple16日前
  3. 持続可能エネルギー
    有機農業への移行は「環境にやさしい」のか?
    有機農業には「環境にやさしい」というイメージがある。だが、実際には収穫量が減少するため、温室効果ガスを貯蔵している土地の農地転換が必要となり、温室効果ガスの排出量増加につながるとの研究が発表された。by James Temple23日前
  4. 持続可能エネルギー
    人口減らすべき? 科学者らの「気候変動対策」に批判
    気候変動対策の一つとして世界の人口増加を抑止すべきだと主張する論説が、物議を醸している。アフリカやアジアの急成長中の途上国を主な標的としており、人口抑制のより積極的な対策や、途上国の成長に対する人種差別的態度を正当化するのに悪用される可能性があるというのだ。 by James Temple28日前
  5. 持続可能エネルギー
    原発から地球工学まで、
    米大統領選候補が語った
    「気候変動対策」の中身
    7時間にもおよぶ気候変動対策をテーマにした討論会で、10人の米大統領候補者たちは何を語ったのか? 原子力発電から地球工学、天然ガスまで、立場の違いが鮮明になってきた。 by James Temple30日前
  6. 持続可能エネルギー
    フランスが再び原発に注目、突然の方針変換はなぜ?
    フランス現地メディアが、フランス政府が大手電力会社に大型原子炉6基の建設計画を策定するよう指示したと報じた。フランスは原子力発電大国だが、福島第一原発の事故以降の世論に押されて縮小を表明していただけに、政府の突然の方針転換に驚きの声があがっている。 by James Temple50日前
  7. 持続可能エネルギー
    タバコの細胞から、耐用年数を過ぎた後に自然に分解される新素材が開発された。石油を使わずにプラスチック並みの強度を持つ、持続可能なバイオコンポジットに注目が集まる。 by Emerging Technology from the arXiv72日前
  8. 持続可能エネルギー
    二酸化炭素排出量を規制する取り組みの一つである排出量取引(キャップ・アンド・トレード)制度では、カーボン・オフセット・クレジットが中核となっている。しかし、カーボン・オフセットでは二酸化炭素排出の削減量を過大評価していることが多く、気候変動対策としては欠陥のある方法だという最新の証拠がカリフォルニア州の制度で示された。 by James Temple74日前
  9. 持続可能エネルギー
    気候変動アクティビズムは
    世界を動かすか?
    9月23日に開催された国連気候行動サミットにおけるグレタ・トゥーンベリの演説は大きな反響を呼んだ。だが、ほとんどの経済主要大国の政治家たちは腰が重く、一般市民らも問題解決のためにコストを負担することについてはいまだ消極的だ。 by James Temple78日前
  10. 持続可能エネルギー
    ニューヨーク市が200億ドルを投じる「気候変動対策」の中身
    ニューヨーク市は、甚大な被害をもたらしたハリケーン・サンディの教訓を生かして、気候変動の危機的影響への対策を矢継ぎ早に打ち出している。目立たない防波堤、白い屋根、熱中症の兆候を監視する地域社会プログラムなどは、問題に対処するための戦略の一部だ。 by Mike Orcutt79日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    米国では遺伝子系図サービスを使った未解決事件の「犯人探し」が続いている。だが、ボランティアによって運営される大規模なDNAデータベースに重大なセキュリティ上の欠陥があることが判明し、波紋を呼んでいる。 by Antonio Regalado17日前
  2. 生命の再定義
    ビールの製造に不可欠である酵母を再利用することは、時間とコストを節約するための古くからある醸造家の知恵だが、再利用を繰り返した酵母は最終的には使えなくなる。その理由を探ろうとしている細胞生物学者たちの研究は、将来の老化防止にも役立つかもしれない。 by Emerging Technology from the arXiv35日前
  3. 生命の再定義
    CRISPRの欠点克服へ
    ハーバード大学が新手法
    「プライム編集」を発表
    従来の「CRISPR(クリスパー)」よりも正確な遺伝子編集を可能とする「プライム編集」は、あらゆる遺伝性疾患の原因となるエラーを修復できるという。 by Antonio Regalado49日前
  4. 生命の再定義
    個別化医療薬の投与によってバッテン病の少女の症状が改善されたとの報告が学術誌に掲載された。だが、患者一人ひとり向けにあつらえる遺伝子治療薬の製造には数百万ドルの費用がかかるとされており、その恩恵を受けられる人は極めて限られているのが現状だ。 by Erika Check Hayden58日前
  5. 生命の再定義
    CRISPR遺伝子療法は「現実の患者」を救えるのか?
    遺伝子療法の進歩は、いったいどれだけの患者に治療の恩恵をもたらすのだろうか。遺伝性血液疾患である鎌状赤血球症の患者や家族らは、希望の裏に警戒心や懸念を持っているという。by Mike Orcutt80日前
  6. 生命の再定義
    遺伝子編集技術のクリスパーを用いて、病気やけがによる痛みを感じなくする疼痛治療法が研究されている。痛みを感じない体質を持つ人を調べて発見された遺伝子変異をターゲットとするこの遺伝子療法は、いずれ適用範囲が広げられ、一部の人が持つ超人的肉体能力の恩恵を一般の人も享受できるようになるかもしれない。 by Antonio Regalado84日前
  7. 生命の再定義
    幹細胞から作られる人工的なヒト胚から人間が誕生するのは、そう遠くない未来の話かもしれない。研究者らは、人工胚から人間を作り出すことを禁じるための法整備が必要だと訴えている。 by Antonio Regalado85日前
  8. 生命の再定義
    過冷却で人間の肝臓の27時間保存に成功、ハーバード大など
    ハーバード医科大学院の研究者たちが、人間の肝臓を過冷却した後、27時間後に温かい血液を輸血することで、その機能を回復させることに成功した。人間の臓器を体外で長時間保存できるようになれば、臓器移植を待つ患者の命を救える可能性が高くなるだろう。 by Antonio Regalado3カ月前
  9. 生命の再定義
    「老化防止薬」がもうすぐやってくる
    臓器移植の拒絶反応を防ぐための免疫抑制剤「ラパマイシン」が、老化に伴う免疫低下を改善することが動物実験で分かっている。人にも同じ効果が見られれば、人の老化の予防に役立つかもしれない。最初の研究結果は、1年以内に明らかになるという。 by Stephen S. Hall3カ月前
  10. 生命の再定義
    遺伝子編集動物のアイコン
    「角のない牛」で新事実
    細菌のDNAが混入していた
    米スタートアップが遺伝子編集で作り出した「角のない」牛の遺伝子に、細菌のDNAが混入していることが、米国食品医薬品局(FDA)の調査で判明した。発見されたDNAが牛やそれを食べる人間に影響を及ぼす可能性は低いとしているが、同社の目論む遺伝子編集による牧畜業革命は停滞を余儀なくされている。 by Antonio Regalado3カ月前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    中国の軍事AI予算は意外と少ない、米シンクタンクの最新調査
    米国の政府関係者たちは、中国政府が軍事AI(人工知能)に多額の支出をしており、米国はAI軍拡競争で大きく後れを取っていると主張している。しかし、米シンクタンクの最新の研究によると、中国が軍事AIに費やしている金額は、当初想定されていた額よりもはるかに少ないようだ。 by Karen Hao3日前
  2. 知性を宿す機械
    その曲を聞くと気分がよくなるのはなぜ? 機械学習で解明する新研究
    機械学習により、どの音楽的要素が人間の身体的、情緒的反応をどう引き起こすかが分かるかもしれない。将来的には、依存症治療やセラピーにも利用できる可能性がある。 by Karen Hao8日前
  3. 知性を宿す機械
    ルービックキューブを片手で解くロボットハンドは、近年注目を集めるロボットと人工知能(AI)の融合を進める研究成果として大きな注目を浴びた。画期的な成果だが、汎用ロボットに近付いたというオープンAIの主張には疑義を挟む研究者もいる。 by Karen Hao22日前
  4. 知性を宿す機械
    ナスダックが不正監視に深層学習、アナリストの負担を軽減
    ナスダック株式市場に、取引の不正行為を検知するための深層学習システムが導入された。統計やルールを利用して市場の不正行為の兆候を警告する既存のソフトウェア監視システムに追加する形で取引を監視し、人間のアナリストと協働することで、不正行為の検知能力を漸次高めていく。 by Karen Hao28日前
  5. 知性を宿す機械
    ロボット版「イメージネット」目指す、UCバークレーの巨大映像DB
    ニューラル・ネットワークを用いてロボットに新しいタスクを学習させようとすると、大量の学習用データを用意する必要がある。カリフォルニア大学バークレー校の研究者らは、ロボットを動かすニューラルネットを訓練するための映像を大量に蓄積した公開データベースを作成しようとしている。 by Emerging Technology from the arXiv28日前
  6. 知性を宿す機械
    AI訓練コスト「ムーアの法則超え」、劇的増加に警鐘
    近年、人工知能(AI)が目覚ましい成果をあげるのに伴い、必要とされるコンピューター・リソースが劇的に増加していることが、オープンAIによる最新の分析で明らかになった。潤沢な資金を持つ民間企業に大学の研究室が太刀打ちできなくなるうえ、二酸化炭素の排出量の増加にもつながる恐れがある。 by Karen Hao30日前
  7. 知性を宿す機械
    米国陸軍研究所(ARL)は、人間の兵士と協力して戦場で動作するロボットの開発を目指す10年間のプロジェクトの成果を披露するイベントを開催した。これらのロボットは、深層学習や知識ベースなどを組み合わせたハイブリッド・アプローチを駆使して命令の内容を理解し、最小限の監督でタスクを実行できる。 by David Hambling31日前
  8. 知性を宿す機械
    リアルタイム戦略ゲーム「スタークラフト2」でプロプレイヤーに初勝利したディープマインドの最新学習アルゴリズム「アルファスター」は今や、ほとんどのプレイヤーに対し、安定して勝利を収められるようにまでなった。強化学習を改良した同アルゴリズムは、ゲームに限らず、さまざまな用途に適用できる可能性がある。 by Karen Hao35日前
  9. 知性を宿す機械
    危険なAI技術はどう公開すべきか?オープンAIの手法をめぐり議論
    オープンAIは大規模な言語モデル「GPT-2」を巡って、段階的な公開という手法を選んだ。フェイクニュースなどの悪用を懸念してのことだ。社会的影響の大きい研究成果をいかに世に送り出すべきか、議論を呼んでいる。 by Karen Hao37日前
  10. 知性を宿す機械
    グーグルの人工知能(AI)研究チームは、機械学習アルゴリズムを訓練するためのサッカー・シミュレーターを開発し、オープンソースとして公開している。サッカー・シミュレータは、物理学に基づいた一定レベルの予測可能性があると同時に、制御可能な予測不可能性を備えているので、アルゴリズムの訓練にもってこいだという。 by Emerging Technology from the arXiv45日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る