KADOKAWA Technology Review
×

Cover Story ブロックチェーンは19年、
「当たり前」の技術になる

金融システムの大革命になると思われたブロックチェーンは2018年、暗号通貨市場の歴史的崩壊によって期待外れに終わったように見えた。だがテクノロジーとしてのブロックチェーンは健在であり、2019年にはごく当たり前のテクノロジーになるだろう。 by Mike Orcutt

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー

  1. 米中問題を「冷戦」と片付けるのは時代遅れだ 米中問題を「冷戦」と片付けるのは時代遅れだ
    by Graham Webster

    米中の対立を「冷戦」という言葉で表すのは、時代遅れであるだけでなく有害でもある。米ソ対立の時代と違い、サプライチェーンで密接につながった2大国関係は、そう簡単に割り切れるものではないからだ。

  2. 伊藤忠と京セラ出資、MIT発の半固体電池ベンチャーが量産化へ 伊藤忠と京セラ出資、MIT発の半固体電池ベンチャーが量産化へ
    by James Temple

    半固体リチウムイオン電池を開発している24Mがいよいよ製品量産化へ向けて動き出した。伊藤忠商事や京セラから資金を調達し、現行のリチウムイオン電池の2倍のエネルギー密度の電池の実用化を目指す。

  3. 米国で激増「オピオイド中毒死」は新スマホアプリで救えるか 米国で激増「オピオイド中毒死」は新スマホアプリで救えるか
    by Charlotte Jee

    米国で蔓延しているオピオイド(麻薬性鎮痛薬)の中毒死を防ぐスマホアプリをワシントン大学の研究チームが開発した。ユーザーの呼吸や身体の動きから過剰摂取状態を特定し、助けを呼ぶことができる。

  1. ビジネス・インパクト
    2018年にニューヨーク市は、全米で初めて、配車サービスのドライバーに最低賃金を設定する決定を下した。ウーバーのドライバーたちとともに約8000キロを移動したテクノロジー民族誌学者であるアレックス・ローゼンブラットに、今回の決定の意味することを聞いた。
  2. ビジネス・インパクト
    米総合物流最大手のUPSは、吹雪や嵐など輸送の障害となる事象が発生したときに最適な輸送ルートを再設定するオンライン・プラットフォームを稼働させた。機械学習と最新の分析システムを組み合わせたプラットフォームの導入により、年間1億ドルから2億ドルのコストを削減できるとみている。
  3. ビジネス・インパクト
    ビットコインをはじめとする暗号通貨の人気は下落しつつあるが、物理的な紙幣から国家が後ろ盾となる電子通貨へと時代が向かっていることは間違いない。現金の役割は急速に縮小しており、世界の中央銀行のうち少なくとも15行が国家による電子通貨について真剣に検討している。
  4. ビジネス・インパクト
    MIT教授に聞く、中国vs.米国「テクノロジー競争」の行方
    人工知能(AI)や量子コンピューティングなど、さまざまなテクノロジー分野で中国の存在感が急激に高まる一方で、知的財産に関する問題などを巡って米国との対立は激しさを増している。中国のテクノロジー事情に詳しい、北京出身の経済学者ヤーシャン・ホアン教授に話を聞いた。
  5. 知性を宿す機械
    スタンフォード大学のフェイ・フェイ・リー教授らのチームは、スマートフォン・ユーザーの顔や声を認識する機械学習アルゴリズムを用いることで、うつ病の兆候を検出できるソフトウェアを開発した。どこにいても、コストをかけずに精神疾患の診断ができるようになるかもしれない。
カバーストーリー
知性を宿す機械 本当は怖い人工知能
2019年に解決すべき
6つの問題点
2018年も人工知能(AI)は話題の中心であり、有用な成果をもたらしただけでなく、さまざまな問題が明らかになった。AIのダークな側面に関して、2018年に巻き起こった6つの議論、2019年に注目すべき動向を紹介しよう。 by Will Knight and Karen Hao
すべてのトピックス Filter
  1. ビジネス・インパクト
    ソフトウェアのバグを見つけて質の高い修正パッチを高速かつ自動的に生成するボットが作れたら、開発者にとってこの上ない朗報であろう。スウェーデン王立工科大学の研究チームは、「リペアネーター」と呼ぶボットを開発し、GitHub上で修正パッチの作成を人間と競うテストを実施した。 by Emerging Technology from the arXiv10日前
  2. 知性を宿す機械
    インテルが新AIチップ発表
    フェイスブックとの協業で
    エヌビディアに対抗
    インテルはCES 2019で、フェイスブックと共同で開発した新しい人工知能(AI)チップを発表した。「競合他社よりも高速」だという新チップで、AI分野で先行するエヌビディアを追う。 by Will Knight10日前
  3. 生命の再定義
    遺伝子工学で作った「光合成強化タバコ」、1.4倍に成長
    イリノイ大学と米国農務省(USDA)との研究チームは、遺伝子工学の手法を使うことで、通常より40%大きくなるタバコの木を作り出した。同様の手法を芋類や豆類にも適用できれば、世界の食物供給量を増大させることが可能になる。 by Antonio Regalado10日前
  4. コネクティビティ
    宇宙開発新時代の幕開け
    2019年注目のロケット
    打ち上げ計画12選
    2019年は宇宙開発にとってかなり面白い年になりそうだ。米国をはじめとする各国が、月面探査から有人飛行まで様々なロケット打ち上げ計画を立てている。 by Erin Winick11日前
  5. 生命の再定義
    「遺伝子占い」から犯罪捜査まで、18年に登場した驚きのDNA活用法
    数百万人分の遺伝子情報を格納したDNAデータベースが、病気の予測、犯罪者の逮捕、新薬の発見に革命をもたらし、良きにつけ悪しきにつけ、遺伝子情報の匿名性はほぼ事実上崩壊した。2018年のMITテクノロジーレビューの記事から、遺伝子情報の活用について知っておくべきトレンドを紹介する。 by Antonio Regalado11日前
  6. コネクティビティ
    2018年はサイバーセキュリティ担当者にとって相当な厄年であったが、2019年はさらに脅威が増大する年になりそうだ。AIによるディープフェイクからクラウド・コンピューティングまで、企業が新たに注意を払うべき5つのサイバー脅威を紹介しよう。 by Martin Giles12日前
  7. コネクティビティ
    2018年、中国は初めて、地球周回軌道に最も多くのロケットを到達させた国となった。米国とロシアの宇宙開発計画が不安定な予算に苦闘する一方で、中国では民間スタートアップ企業や国有企業があらゆる面で取り組みを拡大しており、衛星コンステレーションをはじめ、世界最大の宇宙望遠鏡や重量物打ち上げロケット、さらには、自前の宇宙ステーションの構築すら計画している。 by Joan Johnson-Freese12日前
  8. ビジネス・インパクト
    サッカーの試合とビールの間にある関連性を、ツイッターへの投稿数に基づいて調査した結果が発表された。その内容は、両者の関連性に興味を抱いたことのある人にとって、納得できるものとなった。 by Emerging Technology from the arXiv13日前
  9. コネクティビティ
    逆風のシリコンバレー
    GAFAが掲げるべき
    「新年の抱負」
    2018年はGAFAに代表される巨大テック企業に対する逆風が強まった1年だった。あやまちを繰り返さないために、テック企業は2019年に7つの課題を解決すべきだ。 by Martin Giles13日前
  10. コネクティビティ
    「5G」から「8K」まで、2019年注目のガジェット・トレンド5つ
    5Gスマホから8Kテレビまで、2019年に注目したいガジェット製品の5つのトレンドを紹介しよう。 by Elizabeth Woyke16日前
  1. コネクティビティ
    宇宙開発新時代の幕開け
    2019年注目のロケット
    打ち上げ計画12選
    2019年は宇宙開発にとってかなり面白い年になりそうだ。米国をはじめとする各国が、月面探査から有人飛行まで様々なロケット打ち上げ計画を立てている。 by Erin Winick11日前
  2. コネクティビティ
    2018年はサイバーセキュリティ担当者にとって相当な厄年であったが、2019年はさらに脅威が増大する年になりそうだ。AIによるディープフェイクからクラウド・コンピューティングまで、企業が新たに注意を払うべき5つのサイバー脅威を紹介しよう。 by Martin Giles12日前
  3. コネクティビティ
    2018年、中国は初めて、地球周回軌道に最も多くのロケットを到達させた国となった。米国とロシアの宇宙開発計画が不安定な予算に苦闘する一方で、中国では民間スタートアップ企業や国有企業があらゆる面で取り組みを拡大しており、衛星コンステレーションをはじめ、世界最大の宇宙望遠鏡や重量物打ち上げロケット、さらには、自前の宇宙ステーションの構築すら計画している。 by Joan Johnson-Freese12日前
  4. コネクティビティ
    逆風のシリコンバレー
    GAFAが掲げるべき
    「新年の抱負」
    2018年はGAFAに代表される巨大テック企業に対する逆風が強まった1年だった。あやまちを繰り返さないために、テック企業は2019年に7つの課題を解決すべきだ。 by Martin Giles13日前
  5. コネクティビティ
    「5G」から「8K」まで、2019年注目のガジェット・トレンド5つ
    5Gスマホから8Kテレビまで、2019年に注目したいガジェット製品の5つのトレンドを紹介しよう。 by Elizabeth Woyke16日前
  6. コネクティビティ
    ベスト・フォト2018:アートチームが選ぶテクノロジーを物語る12枚
    ブロックチェーン、自動運転、量子通信など、MITテクノロジーレビューが選んだ、2018年のテクノロジーを象徴する12点の写真を紹介しよう。 by Emily Luong23日前
  7. コネクティビティ
    ベスト・イラスト2018:テクノロジーを彩る示唆と遊び心あふれる16作品
    2018年にもMITテクノロジーレビューには多くの記事が掲載され、アーティストたちが描いた示唆と遊び心に富んだイラストは記事に生命を吹き込んでくれた。2018年に好評を得たイラストをいくつか紹介しよう。 by Ms. Tech23日前
  8. コネクティビティ
    たった1年で7割が溶けた
    暗号通貨業界の2018年
    ビットコインの価格はわずか1年で70%も下落した。ビットコインだけではない。すべての暗号通貨が暴落した2018年、暗号通貨の世界で何が起こったのか。by Mike Orcutt23日前
  9. コネクティビティ
    「世界一実験しやすい」日本の自動運転、実用化への法的課題は?
    自動運転の実用化には道路交通法の改正など法整備が急務だ。明治大学自動運転社会総合研究所の中山幸二所長は、国際的な道路交通条約の動きを捉え、戦略的な対応が必要だと説く。 by Yasuhiro Hatabe24日前
  10. コネクティビティ
    アリペイやウィチャットのような決済アプリは中国人の日常生活を変え、いまや中国はモバイル決済大国と呼ばれるようになった。だが、QR決済のような目新しくないテクノロジーを寄せ集め、中国固有の事情により独自の進化を遂げた「中国式」フィンテックが欧米諸国を席巻する可能性は低い。 by Martin Chorzempa25日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    ソフトウェアのバグを見つけて質の高い修正パッチを高速かつ自動的に生成するボットが作れたら、開発者にとってこの上ない朗報であろう。スウェーデン王立工科大学の研究チームは、「リペアネーター」と呼ぶボットを開発し、GitHub上で修正パッチの作成を人間と競うテストを実施した。 by Emerging Technology from the arXiv10日前
  2. ビジネス・インパクト
    サッカーの試合とビールの間にある関連性を、ツイッターへの投稿数に基づいて調査した結果が発表された。その内容は、両者の関連性に興味を抱いたことのある人にとって、納得できるものとなった。 by Emerging Technology from the arXiv13日前
  3. ビジネス・インパクト
    MITTRが2018年に紹介した「arXiv発」のユニークな発明ベスト10
    MITテクノロジーレビューの記事で2018年に取り上げたエマージング・テクノロジーの中から、とりわけ奇抜なものトップ10をご紹介しよう。近々の実用化は難しいかもしれないが、将来の可能性を秘めたテクノロジーの数々である。 by TR Staff16日前
  4. ビジネス・インパクト
    MITTRが選ぶ、
    最低な破壊的テクノロジー
    5選【2018年版】
    MITテクノロジーレビューは、毎年、世間を騒がせた最低なテクノロジー利用法のリストを発表してきた。その内容は年々ひどくなっているようだ。2018年版のリストを発表する。 by Antonio Regalado23日前
  5. ビジネス・インパクト
    たった1年で7割が溶けた
    暗号通貨業界の2018年
    ビットコインの価格はわずか1年で70%も下落した。ビットコインだけではない。すべての暗号通貨が暴落した2018年、暗号通貨の世界で何が起こったのか。by Mike Orcutt23日前
  6. ビジネス・インパクト
    いくらなら「フェイスブックをやめる」か?新研究で金額明らかに
    プライバシーに関するスキャンダルが相次いだフェイスブックへの不信感はかつてないほど高まっている。それにも関わらず、依然としてフェイスブックを使い続けるのはなぜか?矛盾した事実を説明できるかもしれない研究が新たに発表された。 by Charlotte Jee24日前
  7. ビジネス・インパクト
    「私たち、3Dプリンターで結婚式しました」MITTR編集者からの報告
    「3Dプリント好き」を自認するMITテクノロジーレビューの女性編集者が、自分の結婚式で必要なブーケやケーキのトッピングなどの小物のほとんどすべてを3Dプリンターで自作した。これはその編集者による奮闘の記録である。 by Erin Winick24日前
  8. ビジネス・インパクト
    2018年に3Dプリンターで製造された「驚きのプロダクト」5+1
    2018年は3Dプリンターの活用がさらに広がる1年となった。歩道橋から自動車部品に至るまで、2018年に3Dプリントで作られた「傑作」を紹介しよう。 by Erin Winick24日前
  9. ビジネス・インパクト
    2014年3月に不可解な状況で行方不明になったマレーシア航空MH-370便は、航空史上最大のミステリーとされている。航空史上最高の費用をかけて広範にわたる捜索が実施されたにもかかわらず機体は発見されておらず、2017年1月に捜索は中止された。ここに来て、捜索チームが間違った場所を捜索していたことを示唆する新しい数学モデルが発表された。 by Emerging Technology from the arXiv26日前
  10. ビジネス・インパクト
    中国は次世代モバイル通信「5G」の展開に本気だ。中国通信機器メーカー大手ファーウェイ幹部の拘束も、背景には5Gを巡る米中の覇権争いがあると見られている。中国の5G展開は何を意味するのか? 5つの視点で読み解く。 by Elizabeth Woyke30日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    米大都市だけで年間9000人、気候変動がもたらす「早死に」リスク
    猛暑による早期死亡だけでも、米国では2090年までに年間推定で1410億ドルの経済的損失を被るとの報告書が発表された。米国の大都市だけで早期死亡者数が年間9000人増えるとの予測は衝撃的だ。 by James Temple32日前
  2. 持続可能エネルギー
    世界が原子力利用から遠ざかろうとしている中、原子力をもっとも推進していた中国がそのコストと安全性の問題に直面している。表向きは原発推進の立場を維持しているものの、原発大手さえも再生可能エネルギーへのシフトを始めている。原子力のテクノロジーは、中国が見放すことで終焉を迎えるかもしれない。 by Peter Fairley32日前
  3. 持続可能エネルギー
    強烈な「EVシフト」で中国は自動車産業を制するのか?
    内燃機関エンジンの設計・製造では外国を模倣しても追いつけなかった中国は、電気自動車の開発に焦点を絞り、急激な電化政策を打った。日欧米が独占してきた世界の自動車産業の流れを変えるのか。 by Jordyn Dahl33日前
  4. 持続可能エネルギー
    気候変動の最大の損失は「生産性低下」、年間2000億ドル試算も
    気温上昇による生産性低下の経済的損失が米国で2090年までに年間2210億ドルにもなる可能性が報告された。温室効果ガスの排出は経済にとっても大きな損失だ。 by James Temple37日前
  5. 持続可能エネルギー
    ブラジル大統領選挙の結果と温室効果ガスの排出量との間にこれほど密接な関係があるとは多くの人は考えもしなかったのではないだろうか。「ブラジルのトランプ」と呼ばれるボルソナロ政権の誕生によってアマゾン熱帯雨林とセラード・サバンナの開発が進めば、大気中への二酸化炭素放出量が40〜60億トン増えるというのだ。 by James Temple60日前
  6. 持続可能エネルギー
    繰り返される山火事の悲劇
    「減災」はなぜ進まないのか
    カリフォルニア州で発生した大規模森林火災は、多くの犠牲者(少なくとも56人)を出す大惨事となった。土地の利用法、建築規制、森林に燃料となる木材が蓄積されないよう管理すること、火の元となりうる電力供給網を強風時に停止することなど、これまでのやり方を再発明する決意で臨まなければならない。 by James Temple62日前
  7. 持続可能エネルギー
    米国初の炭素税の導入が有力視されたワシントン州での住民投票が否決された。気候変動による脅威への理解があり、反トランプの地盤があっても、新税の導入は難しいことが改めて示された格好だ。 by James Temple66日前
  8. 持続可能エネルギー
    ハリケーン予想進路図の「再デザイン」が必要な理由
    今月、米国へ上陸した大型ハリケーンは洪水や暴風雨による甚大な被害をもたらした。異常気象の脅威が高まる中、住民の安全を守るために、より多くの人にとって分かりやすい情報伝達の手法が求められている。 by Karen Hao89日前
  9. 持続可能エネルギー
    ゲイツ・ファンドが投資する
    「地熱」ベンチャーの中身
    ビル・ゲイツのクリーン・エネルギー・ファンドは、送電網向け蓄電、バイオ燃料、核融合発電などに加えて地熱発電にも初めて投資を決めた。より効率のよいクリーン・エネルギー技術の開発が期待される一方、飲み水や地震への影響も懸念される分野でイノベーションを起こせるか。 by James Temple3カ月前
  10. 持続可能エネルギー
    大量の二酸化炭素を排出している従来の製鋼プロセスに代わるテクノロジーをMITのスピンアウト企業が開発した。商業化にはまだ課題も多いが、気候変動対策における困難な問題の解決へ向けた希望となりそうだ。 by James Temple3カ月前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    遺伝子工学で作った「光合成強化タバコ」、1.4倍に成長
    イリノイ大学と米国農務省(USDA)との研究チームは、遺伝子工学の手法を使うことで、通常より40%大きくなるタバコの木を作り出した。同様の手法を芋類や豆類にも適用できれば、世界の食物供給量を増大させることが可能になる。 by Antonio Regalado10日前
  2. 生命の再定義
    「遺伝子占い」から犯罪捜査まで、18年に登場した驚きのDNA活用法
    数百万人分の遺伝子情報を格納したDNAデータベースが、病気の予測、犯罪者の逮捕、新薬の発見に革命をもたらし、良きにつけ悪しきにつけ、遺伝子情報の匿名性はほぼ事実上崩壊した。2018年のMITテクノロジーレビューの記事から、遺伝子情報の活用について知っておくべきトレンドを紹介する。 by Antonio Regalado11日前
  3. 生命の再定義
    優生学への新たな扉を開く「社会ゲノミクス」が果たすべき責任
    遺伝子データを利用して社会や経済の問題を解明しようとする研究分野である「社会ゲノミクス」が、急成長している。だが、かつて遺伝学に基づいた悪意のある優生学が犯した過ちを繰り返さないためにも、科学者は研究が社会にどんな影響を与えるかを推し量り、道義的な責任を果たす必要がある。 by Nathaniel Comfort30日前
  4. 生命の再定義
    私たちの宇宙を満たしていると考えられている「ダークマター」が皮膚がんに関係しているとする学説が、今年の初めに学術誌に掲載された。この異端の学説に対して科学的な態度で検証し、つじつまが合わないことを示した新たな研究からは、科学のあるべき姿が見えてくる。 by Emerging Technology from the arXiv32日前
  5. 生命の再定義
    遺伝子療法の進歩により、遺伝性のあらゆる希少疾患を治療できる可能性が出てきた。だが、治療には莫大な費用がかかり、お金のある人や著名人だけが治療を受けられるという深刻な倫理的ジレンマを生む可能性がある。 by Antonio Regalado38日前
  6. 生命の再定義
    中国の科学者が遺伝子編集した赤ちゃんを誕生させたことへの猛烈な批判が巻き起こる中、ハーバード大学の研究者は今後数週間以内に、精子の遺伝子編集の実験を始める予定だという。将来の疾患に対する防御技術であり、ひいては種としての人類を守る技術だというのがその主張だ。 by Antonio Regalado41日前
  7. 生命の再定義
    遺伝子編集ベビー:中国人研究者が申請書に書いた実験の「根拠」
    世界初の遺伝子編集ベビーを誕生させたと主張している中国の研究者が実験の正当性を示す根拠としたのは、全米アカデミーズの専門家たちが出したある報告書だった。 by Antonio Regalado48日前
  8. 生命の再定義
    遺伝子編集ベビーの衝撃:
    大バッシングにも負けない
    中国人研究者の言い分
    HIVに耐性を持つように遺伝子編集した双子の女児を誕生させたと発表した中国の研究者に対して、著しく倫理に反した行為であると国内外から非難の声がわき上がっている。大学が無給停職の処分を科し、CRISPRの開発者がこうした実験の世界的な停止を呼びかける一方で、当の本人は自身を高尚な目的のための殉教者になぞらえている。 by Antonio Regalado48日前
  9. 生命の再定義
    遺伝子編集ベビー誕生:「即時停止を」CRISPR共同開発者が声明
    遺伝子編集技術、クリスパー(CRISPR)の共同開発者の一人であるフェン・チャン教授は、中国の研究者が遺伝子を組み換えた女の子を誕生させたとの発表を受けて、CRISPRで遺伝子編集した赤ちゃんを誕生させることを当分の間は全世界で停止すべきだと声明を出した。同教授は、実験の危険性に加えて、実験が秘密裏になされたことを深く憂慮していると述べている。 by Antonio Regalado53日前
  10. 生命の再定義
    特報:世界初「遺伝子編集ベビー」が 中国で誕生、その舞台裏
    現在、遺伝子工学で編集した胚の妊娠は、ヨーロッパのほとんどで非合法とされ、米国や中国でも禁止されている。しかし、中国の南方科技大学の研究チームは、HIVに対する耐性を持たせるためと称して、遺伝子編集を施した赤ちゃんを誕生させたことを発表した。 by Antonio Regalado53日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    インテルが新AIチップ発表
    フェイスブックとの協業で
    エヌビディアに対抗
    インテルはCES 2019で、フェイスブックと共同で開発した新しい人工知能(AI)チップを発表した。「競合他社よりも高速」だという新チップで、AI分野で先行するエヌビディアを追う。 by Will Knight10日前
  2. 知性を宿す機械
    ワシントン大学の研究チームが、静止画上の人物をアニメーション化して、写真から歩き出させることを可能にする手法を開発した。2次元の人物画像から3次元のポーズを判別するのは困難な問題とされているが、研究チームは2次元の切り抜きを歪ませる方法を開発することでそれを解決した。 by Emerging Technology from the arXiv24日前
  3. 知性を宿す機械
    AIはどこまで成長したか?
    データで見るブームの実態
    人工知能(AI)技術の急速な進歩は、産業や社会に大きな影響を及ぼしているが、誇大広告も多く、実態を把握することは容易ではない。マサチューセッツ工科大学やハーバード大学の研究者たちが、AIブームに関するさまざまなデータをまとめた報告書を公開した。 by Will Knight24日前
  4. 知性を宿す機械
    エヌビディアが、敵対的生成ネットワーク(GAN)を使った人工知能(AI)による新たな偽造の取り組みを発表した。生成された画像は信じられないほどリアルだ。 by Will Knight25日前
  5. 知性を宿す機械
    「30秒に1回」、ツイッターに蔓延するマイノリティ攻撃の実態
    ツイッター上には荒らし行為や嫌がらせが蔓延している。最新の機械学習を用いたアムネスティ・インターナショナルの研究によると、黒人女性の政治家やジャーナリストは特に攻撃の対象となる確率が高いことが明らかになった。 by Will Knight26日前
  6. 知性を宿す機械
    深層学習ニューラル・ネットワークは、機械学習の分野に大きな進歩をもたらしたが、健康状態の変化などの連続的な過程をモデル化するのには適していない。トロント大学などの研究チームが、この課題を解決した新たな機械学習の設計手法を提案した。 by Karen Hao26日前
  7. 知性を宿す機械
    無規制に広がる「顔認識」
    利便性の裏に潜む
    監視・差別のリスク
    急速に広がる顔認識テクノロジーには規制が必要だ——。ニューヨークの有力シンクタンク「AIナウ(AI Now)」が発表した新たな報告書はその問題点を指摘する。 by Will Knight31日前
  8. 知性を宿す機械
    従来のAIが苦手とする2つのビデオ・ゲームをウーバーAI研究所のメンバーが「攻略」した。人間を大きく上回るスコアを叩き出した新しいアルゴリズムは、ロボットなどの機械を現実世界で活用するときにも役立ちそうだ。 by Will Knight32日前
  9. 知性を宿す機械
    光を利用して計算を実行する光学チップの開発はこれまで失敗に終わってきたが、人工知能(AI)における深層学習の隆盛により成功を収める可能性が出てきた。光学チップは深層学習の中心となる行列乗算に適しているうえ、非線形的な性質を持つニューラル・ネットワークの計算にも秀でているからだ。 by Will Knight33日前
  10. 知性を宿す機械
    IBMの研究者が目指す
    「障がい者差別」のない
    AIの世界
    人工知能(AI)システムが性別や人種に基づく偏見を持つことが広く問題視されていることに比べると、障がいを持つ人に対して不公平であることは見落とされがちだ。障がいを持つ人に対する差別をなくすことは、性別や人種に基づく差別を根絶することよりもはるかに難しい問題となる。 by Karen Hao34日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る