KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

Cover Story 炭素価格制度導入へ
全米で新たなうねり
トランプ政権は変われるか?

時代と逆行するトランプ大統領の動きに反して、米国のいくつかの州では炭素排出量の削減に取り組んでいる。炭素税やキャップ・アンド・トレード制度の導入といった州単位の気候変動政策は、連邦政府にも影響を与えられるだろうか。 by James Temple

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー

  1. 新サービス「eムック」リリースのお知らせ by MIT Technology Review Japan

    MITテクノロジーレビューは、「特定のテーマについてもっと知りたい」「印刷してじっくり読みたい」との読者のご要望にお応えして、このたび新サービス「eムック」をリリースいたしました。

  2. 量子コンピューターで生物の進化を解明、自然淘汰の特性を再現 量子コンピューターで生物の進化を解明、自然淘汰の特性を再現
    by Emerging Technology from the arXiv

    生命の起源や進化において量子力学的な振る舞いがどのような影響を与えるかを、量子コンピューター上の人工生命シミュレーションで調べる研究の成果が発表された。人工量子生命の複製の過程に突然変異を取り入れることで、自然淘汰をかなり忠実に再現できたという。

  3. 世界を次に変えるスタートアップ起業家は遺伝子プログラマーだ 世界を次に変えるスタートアップ起業家は遺伝子プログラマーだ
    by Antonio Regalado

    ヒトの免疫系のキラー細胞の内部に埋め込む「プログラム」の作成を手がける創業2年の新興企業が、大手製薬会社ギリアド・サイエンシズに1億7500万ドルで買収された。がん治療のさらなる高度化のために、遺伝子プログラミングの重要性が高まっていることの現れと見なせる。

  1. 知性を宿す機械 アルファ・ゼロ、機械から人間が学ぶ時代の幕開け
    人工知能はディープマインドの最新AIは、チェスで人間からみれば奇妙な一手を指す。これを人の硬直化した考えを打破する一手とみるか、単なる将来への不安を駆り立てる奇計とみるかは、難しいところだ。
  2. コネクティビティ アマゾンがAR/VRビジネスに最後発で参入、安すぎて心配
    アマゾンがついにVR・AR市場に参入した。専門知識がなくてもVR・ARアプリが作れるAWSのサービスだ。アマゾンは、現在は収益があがらなくても、VR・AR市場の拡大をはかることで、将来につなげたいと考えている。
  3. 生命の再定義 DIY遺伝子療法キットは「違法」、 FDAとバイオハッカーが対立
    遺伝子編集のための強力な手法であるCRISPR(クリスパー)が広まるにつれて、スタートアップ企業などによる手作り(DIY)遺伝子治療薬を自己投与する事例が相次いでいる。米国食品医薬品局は安全性リスクなどを懸念して警告を出しているが、事実上、無視されている。
  4. コネクティビティ 現実の「間」にバーチャル物体を表示、ARが現実に近づく新技術
    大手テック企業やスタートアップが現在販売している拡張現実(AR)ディスプレイはいずれも、現実の風景の前に、バーチャルな画像を重ね合わせる仕組みになっている。オプティカル・サイエンシズ大学のホン・フア教授たちは、バーチャルな物体を現実の物体の前や後ろに配置できるAR用ディスプレイを開発した。
  5. 知性を宿す機械 新方式の量子コンピューターが50量子ビット超を達成
    現在の主流である超伝導回路を使うのとは異なる方式の量子コンピューターを、マサチューセッツ工科大学(MIT)などの2つの研究チームがそれぞれ発表した。いずれも捕捉された原子を使う方式を採用しており、現時点での用途は限定されているが、超伝導を使う方式より規模の拡大に対応しやすい可能性があるとしている。
カバーストーリー
コネクティビティ ビットコインとは
何だったのか?
サトシ・ナカモトと名乗る人物がビットコインの論文を2008年に発表して10年近く経った。ビットコインは現在、おそらく開発者たちが想定していた以上のブームになっている。ビットコインが一般に知られるようになった2011年のMITテクノロジーレビューの記事で、基礎的な仕組みと当時の見解を振り返ってみよう。 by Tom Simonite
最新ニュース Filter
  1.  
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント