1. 遺伝子治療

    小児脳がんの56%に遺伝子変異発見で、標的抗がん剤に希望

    小児がん患者の半数以上にある遺伝子欠陥が見つかったことで、診断方法が変わり、医薬品の標的にできるかもしれない。 Emily Mullin4時間前
  2. 遺伝子治療

    若い血液に若返り効果?
    料金は1回8000ドル

    スタートアップ企業のアンブロシアが、1回8000ドルの「治験参加料」で若者の血をアンチ・エイジング用に提供、推定売上高は480万ドル。 Amy Maxmen9日前
  3. 遺伝子治療

    効果100%でも、メルク製ワクチンがエボラを根絶できない理由

    殺人ウイルスに対抗するワクチンは臨床試験をクリアしたが、エボラ根絶の長期的解決策にはならない。Emily Mullin18日前
  4. 遺伝子治療

    迷走中のオバサイエンス、不妊治療の画期的製品を縮小

    バイオテクノロジーのパイオニア企業が、体外受精の卵子若返り計画を縮小した。 Karen Weintraub25日前
  5. 遺伝子治療

    女性の体調に関わる最新テクノロジー

    数年以内に家庭で使えるかもしれない最も革新的な女性用医療機器や検査、治療を紹介する。 Emily Mullin29日前
  6. 遺伝子治療

    グーグルは15億ドルの不老不死研究で何を知ろうとしているのか?

    なぜデバネズミの寿命は30年で、ハツカネズミはたった3年なのか? グーグルからスピンアウトしたアンチエイジング研究企業のカリコは、老化の原因を突き止めるのに十分な15億ドルの資金がある。 Antonio Regalado40日前
  7. 遺伝子治療

    くじ引き化する先端がん治療

    がん治療の最前線では、腫瘍の遺伝子変異を発見し、その変異を標的とする医薬品を使う。しかし全員に効果が出るわけではなく、その理由を探ることが研究者の課題だ。 Stephen S. Hall43日前
  8. 遺伝子治療

    顔の特徴で遺伝病を診断「病気顔」画像データベースFace2Geneがスゴイ

    多くの遺伝病は人の顔に手がかりが現れる。機械学習で遺伝病を学習したFace2Geneは、医者が症状を診断する手がかりになる。 Bonnie Rochman49日前
  9. 遺伝子治療

    検査で遺伝子に異常があるとき、家族に知らせるべきか?

    ある女性がゲノム配列を解析した時、一卵性双生児の姉妹のプライバシー問題が持ち上がった。 Emily Mullin62日前
  10. 遺伝子治療

    ヨーロッパ系のゲノム情報ばかり集めても病気のことはわからない

    収集された圧倒的大多数の遺伝データはヨーロッパ系だ。この状況を変えようとする研究者がいる。 Emily Mullin3カ月前
  11. 遺伝子治療

    膵臓がんの治療法を
    DNA検査で判定できるか?

    非営利団体が、膵臓がん患者数千人を対象にしたDNAシーケンシングで、患者に最適な治療方法を導く治験を実施しようとしている。 Emily Mullin4カ月前
  12. 遺伝子治療

    遺伝子治療は騒がれすぎ? 臨床試験中はごくわずか

    遺伝子治療の早期臨床試験は数多くあるが、後期臨床試験は数えるほどしかない。 Emily Mullin4カ月前
  13. 遺伝子治療

    17歳で失明の危機 人生をかけて遺伝子治療治験に参加

    遺伝病が発症した患者にとって、実験的治療法への参加は唯一の希望だ。 Emily Mullin4カ月前
  14. 遺伝子治療

    胎児の異常を血液検査で発見
    髪の毛の色まで出産前に判明

    母親の血液検査で胎児の遺伝子異常を発見できる手法が、確立一歩手前だ。 Bonnie Rochman5カ月前
  15. 遺伝子治療

    「指先で血液検査」は
    大ぼら吹きだったのか?

    血液検査会社セラノスのエリザベス・ホームズCEOはおおぼら吹きなのか、血液検査のイノベーターなのか? Ryan Cross6カ月前
  16. 遺伝子治療

    オバマ政権が推進の先端医療
    実現できない4つの理由

    患者別の治療も薬は高価で科学はまだそこまで進歩していない。 Mike Orcutt6カ月前
  17. 遺伝子治療

    米国が進める患者別医療
    データベース構築で前進

    ホワイトハウスは、巨大新データベースにより、遺伝子検査の精度が高まり、患者別医療の成功が約束されると述べた。 Mike Orcutt7カ月前
  18. 遺伝子治療

    関節炎もアルツも治る?
    幹細胞治療の怪しい実態

    幹細胞治療のために米国外に行く必要はなくなったのは、効果が未検証で危険かもしれない治療行為が米国内で不法に提供されるようになったからだ Ryan Cross7カ月前
  19. 遺伝子治療

    がん治療もビッグデータ
    バイデン副大統領の新政策

    米国国立がん研究所は、ファウンデーション・メディシンから提供された新データの共有によって、適確医療に必要なデータを他社も追随して提供すると願っている Mike Orcutt7カ月前