KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

Cover Story 深層学習で
医者の仕事が増えすぎ、
対処できなくなる可能性

深層学習には、判断理由が人間にはわからない「ブラックボックス問題」がある。しかし医療では、必ずしもすべてのメカニズムが解明されていたわけではない。深層学習を医療の現場に導入したとき起きるのは、もっと別の問題である可能性がある。 by Monique Brouillette

トップ・ストーリー 本日の重要ニュースをご案内。 04.28

  1. トランプ政権は炭鉱労働者を救えない

    トランプ大統領は、米国の石炭産業の衰退をオバマ政権が定めた余計な規制のせいだと選挙戦で訴えた。しかし、コロンビア大学の研究チームによれば、大半の理由は低価格で供給される天然ガスだとわかった。

    by Jamie Condliffe
  2. スマホ制御のデザイナー細胞で、糖尿病患者の血糖値を一定に保つ

    中国の研究者が、糖尿病のネズミの血糖値を一定に保つため、細胞の活動を光で制御する光遺伝学とスマホアプリを組み合わせた実験に成功した。他の病気の治療にも応用できる可能性がある。

    by Emily Mullin
  3. 【トランプ政権の100日】米国の科学技術政策はどうなるのか?

    トランプ政権誕生から100日以上過ぎ、米国の科学技術政策の方針は一部を除いて何もわからない状態が続いている。サイバー・セキュリティ、気候変動、インターネット・プライバシー、CRISPRについて検証する。

    by Mike Orcutt
  4. アマゾン、着替え画像から個人データを収集する「エコー」新製品

    アマゾンが発表した最新のスマート・アシスタント「エコー・ルック」にはカメラが搭載された。着る服を選ぶ手伝いをしてくれるほか、自宅内の様子まで撮影するネット接続型カメラとAIアシスタントを組み合わせた新製品だ。

    by Jamie Condliffe
  5. わからないとき「わかりません」といえるロボットが開発中

    ロボットと人間のコミュニケーションで、誤解は避けられない。ブラウン大学で開発中のロボットは、人間の指示が理解できないとき「わからない」ことを認識し、聞き直すことを学んでいる。

    by Signe Brewster
  6. 米国の自然エネルギー関連特許、2年連続で減少

    米国では、最近の2年間で自然エネルギー関連の特許取得件数が伸び悩んでいる。研究開発の連邦予算が削減されれば、米国の自然エネルギーのイノベーションに、深刻な影響を及ぼしかねない。

    by Jamie Condliffe
  7. ドローン最大手DJI、イスラム国活動地域を飛行禁止に設定

    ドローンメーカー最大手のDJIは、自社製ドローンがイスラム国(ISIS)活動地域を飛行できないよう、バーチャルフェンスにより、イラク、シリア上空を飛行禁止空域に設定した。ただし、ISISのドローンがすべてDJI製ではない。

    by Jamie Condliffe
無料メールマガジン提供中
Subscribe
ブレークスルー・テクノロジー10
ブレークスルー・テクノロジー10

MIT Technology Reviewが選んだ10のテクノロジーの共通点は、持続性だ。経済や政治に影響を与え、医学を改善し、文化すら変える力がある。一部はすでに利用可能だが、実用化までに10年以上かかるテクノロジーもある。しかし、どのテクノロジーもいま知っておく価値があるものばかりだ。

2017年版を見る
  1. ビジネス・インパクト GEが始めたIoT革命は何をもたらしたか?
    GEがソフトウェア企業に転換するために始めた「インダストリアル・インターネット」は、IoTの流れを生みだし、多くの産業を変革させている。IoTが何を目指し、何をもたらしたのか振り返る。
  2. ビジネス・インパクト 【論文紹介】個人を正確に識別できる量子バイオメトリクス
    人間の目が光子を検出する方法で個人を識別することは、量子力学の法則によって保証される非常に正確なバイオメトリクスの第一歩かもしれない。
  3. 持続可能エネルギー エネルギーベンチャーの研究者に合計1800万ドルの資金
    米国エネルギー省の研究開発プログラム「サイクロトロン・ロード」に、新たに10人の研究者が採択された。2年間の俸給と施設利用権、資金を与えられ、民間では追求しにくい持続可能エネルギーの要素技術を研究する。
  4. 生命の再定義 動物の人工子宮実験で新記録 未熟児の生存率と中絶時期に影響
    羊の胎児が、羊水を満たした袋の中で4週間成長し、袋から取り出されて「誕生」した。未熟児の生存率を高めるため、3年後には臨床試験が始まるかもしれない。
  5. 持続可能エネルギー 老朽化原発はクリーンエネルギー転換の足かせ
    原子力発電は、二酸化炭素排出量を削減するために欠かせない。しかし、安全への不安から新設できない状況にあり、老朽化した原発を稼働させ続ければ、再生可能エネルギーへの転換を阻害しかねない。唯一の落し所は、新型の小型原子炉だ。
カバーストーリー
コネクティビティ MIT教授陣が関わる
金属3Dプリンターが
ついに登場
思い通りの形に金属部材を生成できる3Dプリンターは、まだ存在しない。MITの4人の教授が関わるスタートアップ企業デスクトップ・タルは、自社の装置で、金属部品を「プリント」する手頃で実用的な手段を近いうちに提示できると考えている。 by David Rotman
最新ニュース Filter
  1.  
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント