KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

Cover Story 孤独な80代も楽しく過ごせる
…そう、アレクサならね。

アマゾンのアレクサのような音声アシスタントが、孤独な高齢者を救うかもしれない。米国サンディエゴにある高齢者専用住宅地では、80代の高齢者たちがアレクサを使った生活を実験中だ。 by Elizabeth Woyke

トップ・ストーリー 本日の重要ニュースをご案内。 06.23

  1. 世界を変え続ける
    イスラエル発のテクノロジー

    イスラエル発の数々のテクノロジーは、我々の知らないところで世界を変え続けてきた。現地で初の日本人スタートアップであるAniwoのCOO 植野氏が、イスラエル発イノベーションの過去と未来について語る。

    by 植野 力
  2. 「アップルは未来を語らない」
    ティム・クック独占インタビュー

    MITテクノロジーレビューがアップルのティム・クックCEOへ独占インタビュー。シリコンバレーのジェンダー問題、トランプ大統領の環境および移民政策、そしてアップルの人工知能が批判を受ける理由について語った。

    by Nanette Byrnes
  3. 狙われる診療所、サイバー攻撃から守るために必要なこと

    予算がなく専門家のいない小規模な診療所はサイバー攻撃の被害を受けやすい。意外なことに、米国では医療機関の不正を禁止する2つの法律がセキュリティ対策の障壁になっているという。

    by Mike Orcutt
  4. 産業ロボ大手クーカ、家庭用ロボット参入へ

    中国企業に買収された産業用ロボット大手のクーカが消費者向けロボットの開発を表明。工場向けに開発された技術からどんなロボットが生まれるのだろうか。

    by Jamie Condliffe
  5. 中国の巨大「テックフィン」企業アントの驚くべき正体

    日本の金融機関でも顧客対応や営業支援にAIを活用しようという動きは広がっている。だが、自らをフィンテックではなく「テックフィン企業だ」と主張する中国のアント・フィナンシャルは一歩も二歩も先を行っている。

    by Will Knight
  6. 「網膜」の仕組みを模倣、VRを高精細化する新技術が登場

    VR/AR向けヘッドセットの画面の解像度は、ここ数年間で大幅に向上した。しかし依然として、これらの画質は、実生活で私たちが見ているイメージにはほど遠い。

    by Rachel Metz
  7. IT企業トップをトランプ大統領が招集、グダグダ会議の中身

    アップル、グーグル、アマゾン、マイクロソフトのトップらがホワイトハウスに招集された。トランプ大統領は新たなインフラ構築やサービス開発への協力を要請したが、具体的な計画は見えてこない。

    by Jamie Condliffe
無料メールマガジン提供中
Subscribe
ブレークスルー・テクノロジー10
ブレークスルー・テクノロジー10

MIT Technology Reviewが選んだ10のテクノロジーの共通点は、持続性だ。経済や政治に影響を与え、医学を改善し、文化すら変える力がある。一部はすでに利用可能だが、実用化までに10年以上かかるテクノロジーもある。しかし、どのテクノロジーもいま知っておく価値があるものばかりだ。

2017年版を見る
  1. コネクティビティ フェイスブックの人工知能はテロとの戦いを制するのか?
    フェイスブックが専門家と人工知能を駆使して、テロ組織によるソーシャル・ネットワークの利用を阻止しようとしている。
  2. 知性を宿す機械 1億枚のインスタ画像を分析、機械学習が加速する人類学研究
    ソーシャルメディアに日々、何百万枚も投稿される写真は、文化人類学の研究にとって未曽有の資源の宝庫だ。機械学習がこのデータの大鉱脈を採掘し始めている。
  3. 持続可能エネルギー クリーンエネルギーはもう高くない
    高コストだと言われていた再生可能エネルギーのコストが急激に下がっている。欧米ではすでに石炭並みまで低下し、脱石炭の動きが加速している。
  4. 知性を宿す機械 アップルは自動運転の開発で再び輝けるのか?
    アップルが自動運転車の開発を進めていることを正式に認めた。先行しているグーグルなどに遅れをとったかのように思われるものの、アップルがこれまで積み上げてきた技術を見ればすぐに追いつけるかもしれない。
  5. コネクティビティ ウクライナ大規模停電は序章、サイバー攻撃が狙う次の標的は?
    2016年末にウクライナを大規模停電に追い込んだサイバー攻撃は、今後、交通整理システムや給水設備などさまざまな重要社会基盤にターゲットを広げていく可能性が高い。
カバーストーリー
ビジネス・インパクト 機械は偏見を持つのか?
犯罪者予測システムの
是非を問う
米国の裁判所や金融機関では多くの場面で、被告人や顧客に対する意志決定に自動化システムを使っている。機械を使えば、人間の持つ偏見をなくして公平な判断を下すことが可能になるのだろうか。 by Matthias Spielkamp
最新ニュース Filter
  1.  
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント