1. スタートアップ

    ディズニー出身のCG監督は
    中国のVR映画産業に
    何を教えているのか?

    アメリカ出身のアニメーターは、勃興する中国のVR界でどのようにリーダーになったのか。 Yiting Sun19日前
  2. スタートアップ

    DropBox年内上場へ
    今後の製品ロードマップを
    1月30日に発表

    ドロップボックスは何億人ものユーザーに無料のクラウド・ストレージを提供し、いまやテック界で貴重な「ユニコーン企業」になった。今後は企業ユーザーを取り込むことで、順調にIPOができるだろうか。 Peter Burrows21日前
  3. スタートアップ

    自称テスラのライバル「ファラデー・フューチャー」はこけおどし企業だったのか?

    自称テスラのライバル企業ファラデー・フューチャーは、今年1月のCESで大々的にコンセプトカーを発表したが、内情は火の車とい噂が飛び交っている。 Michael Reilly32日前
  4. スタートアップ

    従業員の内部告発に、セラノスが血の復讐

    世間を仰天させたベンチャーキャピタルの資金供給者と有力役員は、新会社を作り、自らの過ちを認めないために何でもする準備ができているようだ。 Jamie Condliffe67日前
  5. スタートアップ

    自動車所有ゼロを目指すヘルシンキの実証実験

    ヘルシンキで実証実験中の交通プラットフォームは、公共交通機関と民間交通手段を組み合わせた最適な移動手段を提案してくれる。 Nanette Byrnes68日前
  6. スタートアップ

    ルンバ発明者が庭や家庭菜園用の雑草刈りロボットを来年販売

    ベストセラーの掃除ロボット「ルンバ」の発明者が、新たに開発した雑草刈りロボットは、農業問題を解決するかもしれない。 Elizabeth Woyke70日前
  7. スタートアップ

    食中毒症状が相次ぎ、完全栄養食ソイレント「フードバー」がリコール

    シリコンバレーの食品流行には闇の面があるのかもしれない。しかしメーカーも原因がわからない。 Michael Reilly85日前
  8. スタートアップ

    免疫細胞の遺伝子に着目して生存率改善を目的とした腫瘍DNA検査

    新たな検査はがん治療を変化させるだけなく、他の疾患にも影響を与えている。 Arlene Weintraub89日前
  9. スタートアップ

    1兆ドル産業の海運業界にはIoTの巨大なビジネスチャンスが転がっている

    国際貿易業界で、貨物の出荷は最も複雑な作業だが、最もネット接続が遅れた分野でもある。 Nanette Byrnes3カ月前
  10. スタートアップ

    後発の自動運転車メーカーは、ライバルとどう差別化するのか?

    ネクストEV米国支社のパドマスリー・ウォリアCEOは、競合相手のひしめく分野でチャンスを狙う。 Nanette Byrnes3カ月前
  11. スタートアップ

    宇宙少女がMITを卒業し、
    人工衛星用スラスターで起業

    超小型スラスター(姿勢制御用推進装置)のブレークスルーテクノロジーで人工衛星業界に飛び込んだ起業家。 Signe Brewster5カ月前
  12. スタートアップ

    電気不要の冷蔵庫
    古代の技術を発展途上国に

    エバプテナーズは電気が不足している発展途上国で食品を低温に保つため、古代のテクノロジーを使うことにした。 Catherine Caruso5カ月前
  13. スタートアップ

    治安最悪のメキシコで
    起業家が感じる成功の危険性

    メキシコ市場には、モバイルテクノロジーが成功する絶好の機会があるが、リスクもつきまとう。 Adam Popescu5カ月前
  14. スタートアップ

    先物取引市場はどうなる?
    収穫量を人工知能で予測

    テルアスラボはNASAの画像や機械学習、専門知識を使って、農作物の今季の収穫量を正確に予測する。 Elizabeth Woyke6カ月前
  15. スタートアップ

    買い物代行インスタカートが
    ビックデータで黒字化へ

    事業化は困難と思われていた日用雑貨品の配達を、インスタカートはデータ解析でマネタイズしつつある。 Tom Simonite7カ月前