KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
ヒルキ・シェルマン 5 Stories
プロフィールを見る
  1. 人工知能(AI)
    ドイツ語で答えても適正あり?AI面接で英語力を測ってみたら……
    欧米では企業の採用活動に人工知能(AI)ツールが使われる機会が増えた。実際に複数のツールを試してみると、さまざまな懸念点が明らかになった。 Hilke Schellmann3年前
  2. 人工知能(AI)
    AI採用時代の転職市場を突破するための4つのヒント
    企業や組織の採用プロセスでAIが利用されることが多くなってきている。こうした求人市場で高評価を得て、採用にこぎつけるには、従来とは異なるやり方が求められる。 Hilke Schellmann3年前
  3. 人工知能(AI)
    AI採用ツールの導入加速で、意図せぬ障害者排除の懸念
    AI技術を利用した採用ツールを使う企業が増えている。企業がAI採用ツールを使うことは、障害を持つ求職者に不利に働く恐れがあるが、雇用差別対策を担当する米国連邦機関は当面、積極的に動くつもりはなさそうだ。Hilke Schellmann3年前
  4. 人工知能(AI)
    企業の採用活動にますます利用されるAIは公正なのか?
    リンクトインをはじめとする大手の求人検索サイトの多くは、ユーザーと求人情報のマッチングにAIを利用している。しかし、そのアルゴリズムが常に公正に機能しているとは限らない。Hilke Schellmann3年前
  5. 人工知能(AI)
    AIアルゴリズムを用いて人材採用を効率化ツールが米国企業で普及してきた。ツールベンダーの中には「バイアス批判」に応え、アルゴリズムに対する監査を依頼している企業もあるが、監査人はある種のバイアスを見逃す可能性があるうえ、そのツールが職務に最適な候補者を選ぶことを保証するわけでもない。 Hilke Schellmann3年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る