KADOKAWA Technology Review
×
【新規購読者限定】ひと月あたり1000円で始められるキャンペーン実施中!

Cover Story ハンドル握らぬ「運転手」、
ロボタクシー・ドライバー
という仕事

大手テック企業や自動車メーカーは完全自律自動車の実用化に向けてしのぎを削っているが、まだ完全な無人自動車は珍しい。中国・バイドゥの自動運転車部門で19カ月にわたってロボタクシーの「ドライバー」として働く男性が、仕事の内容や自身の今後について語った。 by Zeyi Yang

ニュース・フラッシュ

トップ・ストーリー

  1. 気候変動対策に4000億ドル、米「インフレ抑制法案」が可決
    by Casey Crownhart

    米国史上最大となる約4000億ドルを気候変動対策に投資するバイデン政権の目玉政策が米連邦議会で可決された。温室効果ガスの大幅な削減に向けた大きな一歩だが、実際にどの程度削減されるかは不透明だ。

  2. 死後1時間のブタの臓器が蘇る——イェール大が「脳」に次ぐ新成果
    by Rhiannon Williams

    イェール大学の研究チームが、死後1時間経ったブタの臓器の機能を修復することに成功した。現時点でヒトへの応用にはほど遠い状況であり、倫理的な問題も残るが、臓器移植の可能性を将来大きく高めることになるかもしれない。

  3. 米バイオ業界を知る投資家・キヨイズミ氏に聞くイノベーターの条件
    by Noriko Higo

    米国在住のエンジェル投資家であり、バイオベンチャー起業家としての経験を持つキヨイズミ・タカシ氏。医師から起業家、投資家としてのキャリアを歩んだキヨイズミ氏に、医学/生物工学の分野におけるテクノロジーとイノベーションの現状と医学ならではの課題、さらに医学分野でのイノベーターの条件について聞いた。

日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
  1. 持続可能エネルギー
    聴くMITTR:米政府推進で「地球工学」のタブーは破られるか
    今週のオーディオ・ムック(β)では、米政府の最新の地球工学への取り組みを紹介するとともに、地球工学の基礎知識と主要な研究動向について解説する。
  2. 生命の再定義
    サル痘ワクチンの効果は? 供給は? 現時点で分かっていること
    世界的に流行が拡大しているサル痘には、3種類の天然痘向けワクチンが有効とされている。これらのワクチンはどの程度効果があるのか?また世界的な供給は足りているのか? 識者に話を聞いた。
  3. ビジネス・インパクト
    MITTRが選ぶU35イノベーターはなぜ、社会課題に目を向けたのか?
    MITテクノロジーレビューが選ぶ「Innovators Under 35 Japan」に選ばれた本多達也氏(富士通)、坪井俊輔氏(サグリ代表)、小嶌不二夫氏(ピリカ代表)はそれぞれ異なる立場やテーマで社会的インパクトのある課題解決に取り組んでいる。なぜ、社会課題の解決に取り組むことになったのか? 語り合った。
  4. 持続可能エネルギー
    米EV減税「諸刃の剣」、米国産バッテリー優遇で供給は間に合うか?
    米上院が可決した大規模な気候変動対策の1つとして、電気自動車に対する税控除の拡大が盛り込まれた。米国製のバッテリーや国内調達した鉱物の使用を求めているが、税控除によるEVの需要拡大によって供給が追いつくかは不明だ。
  5. コネクティビティ
    中国の半導体産業に激震、国有ファンド幹部逮捕で投資方針見直しか
    「ビッグ・ファンド」と呼ばれる中国の半導体ファンドの幹部数名が汚職容疑で逮捕された。半導体の自給自足を目指す中国政府の投資方針の見直しにつながる可能性がある。
カバーストーリー
知性を宿す機械
ロシアによるウクライナ侵攻によって各国の軍は兵器の刷新、AI技術の導入を進めている。軍事AIや自律兵器をめぐる倫理的な問題は棚上げされ、シリコンバレーのスタートアップは好機をつかもうとしている。 by Melissa Heikkilä
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
すべてのトピックス Filter
  1. コネクティビティ
    「数学的破壊兵器」キャシー・オニールが訴える不平等のメカニズム
    「数学的破壊兵器」と呼ばれるアルゴリズムの問題を提起したキャシー・オニールは今、テック業界と社会が「侮辱」という概念をどのように利用しているかを明らかにしている。 by Allison Arieff11日前
  2. 持続可能エネルギー
    溶融酸化物電気分解と呼ばれる方法で二酸化炭素を排出しない鉄の生産に取り組んでいるのが、新興企業ボストン・メタルだ。同社の新型パイロット・プラントは、排出量削減が進まない鉄鋼産業を変える第一歩となるのだろうか。 by Casey Crownhart12日前
  3. コネクティビティ
    問題だらけのツイッター「トレンド」機能がなくならない理由
    ツイッターのトレンド機能については、これまでさまざまな問題が指摘されてきた。同機能の問題点は何なのだろうか? これまでにどんな修正がなされ、なぜ依然として残されているのだろうか?by Abby Ohlheiser13日前
  4. 生命の再定義
    聴くMITTR:パンデミックが残したイノベーションの萌芽
    今週のオーディオ・ムック(β)では、今回のパンデミックを機に生まれたイノベーションとして、変異株追跡と新型コロナ経口薬の誕生の舞台裏を紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio14日前
  5. 持続可能エネルギー
    江守正多:技術だけではない、日本の「脱炭素」議論に必要な視点
    地球温暖化の影響など、将来の気候予測をシミュレーションする「気候モデリング」に長年携わり、現在は気候変動をめぐる科学と社会の関係に注目する、東京大学/国立環境研究所の江守正多氏に、2050年のカーボンニュートラル実現に向けて必要な視点と自身の取り組みについて聞いた。 by Noriko Higo14日前
  6. コネクティビティ
    地域の安全は自ら守る、ご近所「ネット自警団」の功罪
    ご近所さんが集まったネットのグループは、地域で起きた悪行についての噂話が大好きだ。しかし、それは地域を良くするのに役に立つのだろうか? それとも害を及ぼすのだろうか? 個人的な体験から考えてみた。 by Sonia Faleiro15日前
  7. 知性を宿す機械
    オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
    オープンAIは、文章から画像を生成する「DALL-E 2」のベータ版を100万人に提供する。一部有料化し、生成した画像の商用利用も可能となる。 by Will Douglas Heaven15日前
  8. 知性を宿す機械
    ディープマインド、既知の「ほぼすべて」のタンパク質構造を予測
    アルファベット傘下のAI企業、ディープマインドは、2億種類以上のタンパク質の構造予測データベースを公開した。既知のタンパク質ほぼすべてに相当し、生物学の研究や創薬のプロセスを大きく変える可能性がある。 by Melissa Heikkilä18日前
  9. コネクティビティ
    ハッキングによる暗号通貨の盗難事件が増加している。マネーロンダリングで手の届かないところに消えてしまう前に、米国政府がどのように盗まれた暗号通貨を追跡し、資産の凍結、押収を試みているのかを説明しよう。by Patrick Howell O'Neill18日前
  10. 生命の再定義
    原因不明の急性肝炎が子どもに急増、パンデミックとの関連は?
    原因不明の急性肝炎が、子どもたちの間で急増している。4月にスコットランドで最初の症例が見つかり、7月8日時点では35カ国で1010件が報告されている。最新の研究で、ウイルス、遺伝子、都市封鎖のすべてが関わっている可能性が示唆された。by Jessica Hamzelou19日前
  1. コネクティビティ
    「数学的破壊兵器」キャシー・オニールが訴える不平等のメカニズム
    「数学的破壊兵器」と呼ばれるアルゴリズムの問題を提起したキャシー・オニールは今、テック業界と社会が「侮辱」という概念をどのように利用しているかを明らかにしている。 by Allison Arieff11日前
  2. コネクティビティ
    問題だらけのツイッター「トレンド」機能がなくならない理由
    ツイッターのトレンド機能については、これまでさまざまな問題が指摘されてきた。同機能の問題点は何なのだろうか? これまでにどんな修正がなされ、なぜ依然として残されているのだろうか?by Abby Ohlheiser13日前
  3. コネクティビティ
    地域の安全は自ら守る、ご近所「ネット自警団」の功罪
    ご近所さんが集まったネットのグループは、地域で起きた悪行についての噂話が大好きだ。しかし、それは地域を良くするのに役に立つのだろうか? それとも害を及ぼすのだろうか? 個人的な体験から考えてみた。 by Sonia Faleiro15日前
  4. コネクティビティ
    ハッキングによる暗号通貨の盗難事件が増加している。マネーロンダリングで手の届かないところに消えてしまう前に、米国政府がどのように盗まれた暗号通貨を追跡し、資産の凍結、押収を試みているのかを説明しよう。by Patrick Howell O'Neill18日前
  5. コネクティビティ
    聴くMITTR:グーグルの失敗に学ぶ、スマートシティの本質
    今週のオーディオ・ムック(β)では、サイドウォーク・ラボが撤退した街のその後を紹介するとともに、スマートシティが失敗してきた理由を考察する。 by MIT Technology Review Audio Studio19日前
  6. コネクティビティ
    壁紙アプリ、中国人ユーザーになぜ人気? 「検閲逃れ」隠れ蓑に
    世界最大のPCゲームプラットフォームで、壁紙アプリが上位にランクインしているのを見て違和感を覚えた人がいるかもしれない。実はこのアプリは、当局の規制が厳しい中国人ユーザーがアダルトコンテンツを共有するのに使われている。 by Zeyi Yang20日前
  7. コネクティビティ
    オランダの芸術家がかつて夢想した「ニューバビロン」は、今日のスマートシティへと続く予言的なものだった。データを作成した人間よりもデータそのものが重要だと考えてしまうと、スマートシティの可能性を狭めてしまう。 by Chris Salter26日前
  8. コネクティビティ
    ネット通販で宅配激増、ニューヨークが問う「都市に住む価値」
    新型コロナウイルスによるパンデミックの発生と共に増加したネット注文は、都市を大量の荷物で埋め尽くしている。by Sarah Simon26日前
  9. コネクティビティ
    聴くMITTR:NSO買収協議、スパイウェア業界の未来は?
    今週のオーディオ・ムック(β)では、NSOグループとは何か? どのような企業なのか? 動きが見えづらいスパイウェア産業の実態に迫る記事を紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio26日前
  10. コネクティビティ
    「この原稿は違法です」中国のワープロソフト、未公開小説をロック
    ある中国の小説家がクラウドで使っていたワープロソフトに原稿をロックされたと訴えている。原稿は未公開の状態だったとされ、中国のインターネットユーザーは国家の検閲がどこまで及ぶのか、疑心暗鬼になっている。 by Zeyi Yang27日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    注目の宇宙ベンチャー創業者たちが語った「研究者が起業する価値」
    研究者として優れた業績をあげていた2人はなぜ、起業の道を選んだのか。U35イノベーターとして注目される宇宙テックベンチャーの創業者たちが、研究者自らが事業化に取り組む価値について話し合った。 by Yasuhiro Hatabe56日前
  2. ビジネス・インパクト
    MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7刊行に寄せて
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は印刷版マガジン『Vol.7 世界を変える10大技術2022年版』を6月15日に発売した。今号の狙いと主な内容を紹介する。by MIT Technology Review Japan62日前
  3. ビジネス・インパクト
    ジャカルタでは、配車大手のゴジェックに登録したバイクタクシーのドライバーたちが、コミュニティを形成して労働者の地位向上に挑んでいる。コミュニティは不安定な労働者同士が助け合う場にもなっており、他の国のギグワークには見られない独特の状況を作り出している。 by Nadine Freischlad77日前
  4. ビジネス・インパクト
    天の川銀河のブラックホール、撮影に初成功
    国際研究チームは、天の川銀河の中心にあるブラックホール「いて座A*(エースター)」の撮影に初めて成功した。 by Rhiannon Williams3カ月前
  5. ビジネス・インパクト
    著名な物理学者であるシャーリー・アン・ジャクソン博士(レンセラー工科大学学長)は、MITで博士号を取得した最初のアフリカ系米国人女性だ。重要な公職を歴任してきた同博士は、「本当に大きな問題に取り組むためには、政府が学術界と産業界を動かすエンジンの役割を果たす必要がある」と主張する。by Shirley Ann Jackson3カ月前
  6. ビジネス・インパクト
    1990年代に急成長したものの間もなく失速した分子エレクトロニクスが再び脚光を浴びている。かつてはシリコンチップの代替を目指していたが、今はシリコンチップには不向きな用途で成長しようとしている。 by Rachel Courtland4カ月前
  7. ビジネス・インパクト
    MITTRが選んだ
    世界を変える10大技術
    2022年版
    MITテクノロジーレビューの「ブレイクスルー・テクノロジー10」は、今後数年間で世界に最も大きな影響を与えるテクノロジーの進歩を紹介する年次企画だ。医療からエネルギー、デジタル技術まで、2022年の重大技術を紹介する。 by MIT Technology Review Editors4カ月前
  8. ビジネス・インパクト
    本日12時〜「宇宙ベンチャーに聞く、研究開発型事業の作り方」無料配信
    大学等での研究開発の成果を事業化し、社会実装を目指していく「研究開発型スタートアップ」が日本でも近年増えている。MITテクノロジーレビューは、Innovators Under 35の日本版を受賞した宇宙ベンチャーのお二人を迎え、なぜ、大学での研究から起業への道を決断したのか?どうやって技術を事業に変えていくのか?最新の取り組みと合わせてお話いただく。 by MIT Technology Review Event Producer4カ月前
  9. ビジネス・インパクト
    藤木庄五郎:生物多様性の保全とビジネスの両立を目指す起業家
    ゲーム感覚で生物多様性の保全に参加できるスマホアプリを開発した起業家、バイオームの藤木庄五郎。「環境を守ることが、利益を生むことにつながらなければなりません」と語る藤木が目指す世界とは。 by MIT Technology Review Japan5カ月前
  10. ビジネス・インパクト
    坪井俊輔:衛星×AIで世界の農業のデジタル化に挑む起業家
    世界の農業課題を解決したい――サグリの坪井俊輔がそう決意した原点は、ルワンダで出会った子どもたちの言葉だった。人工衛星とAIには、世界27億人の農家に解決策を届けるポテンシャルがあるという。 by MIT Technology Review Japan5カ月前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    溶融酸化物電気分解と呼ばれる方法で二酸化炭素を排出しない鉄の生産に取り組んでいるのが、新興企業ボストン・メタルだ。同社の新型パイロット・プラントは、排出量削減が進まない鉄鋼産業を変える第一歩となるのだろうか。 by Casey Crownhart12日前
  2. 持続可能エネルギー
    江守正多:技術だけではない、日本の「脱炭素」議論に必要な視点
    地球温暖化の影響など、将来の気候予測をシミュレーションする「気候モデリング」に長年携わり、現在は気候変動をめぐる科学と社会の関係に注目する、東京大学/国立環境研究所の江守正多氏に、2050年のカーボンニュートラル実現に向けて必要な視点と自身の取り組みについて聞いた。 by Noriko Higo14日前
  3. 持続可能エネルギー
    この熱波は地球温暖化のせい?気候変動を巡る5つの問いに答える
    今年の夏、欧州は記録的な熱波に襲われている。この現象は地球温暖化の影響によるものなのだろうか? もしそうであるのなら、気候変動は科学者たちの予想を上回るペースで進行しているということだろうか? by James Temple20日前
  4. 持続可能エネルギー
    米国政府はこのほど、「太陽地球工学」の研究に関する省庁間グループを立ち上げ、研究指針や基準の策定を始めた。気候介入の実現可能性、利点、およびリスクに関するさらなる研究と資金調達を促進するきっかけになるだろう。 by James Temple21日前
  5. 持続可能エネルギー
    贅沢品から必需品へ、欧州でもエアコン導入の動き
    このところ猛暑が襲っている欧州であるが、エアコンを設置している家庭は全体の10%未満だ。しかし気温上昇に伴い、エアコンの導入率は増えると考えられ、新たな課題が生まれている。by Casey Crownhart22日前
  6. 持続可能エネルギー
    猛暑に「バテない」作物 遺伝子編集で気候変動に新たな備え
    猛暑が続くと、病害虫に対する植物の防衛機能が働かなくなることで、作物の収穫量が減ってしまう恐れがある。デューク大学の研究チームは高温下でも防衛機能が働くように植物の遺伝子を改変することで、この問題を解決しようとしている。 by Casey Crownhart22日前
  7. 持続可能エネルギー
    CO2「排出削減」では不十分、「除去」が避けられない理由
    地球温暖化が危険なレベルに達するのを防ぐために、二酸化炭素の除去はもはや必須となりつつある。だが、二酸化炭素の除去に頼りすぎると、本来なすべき二酸化炭素の排出量削減に悪影響を及ぼしかねない。by Jane Flegal34日前
  8. 持続可能エネルギー
    環境保護庁の排ガス規制は越権、最高裁判断で米気候政策に暗雲
    米国最高裁判所は6月30日、二酸化炭素排出量を規制する米国環境保護庁の権限を、大きく制限する判決を出した。気候変動が進む中で、米国の気候政策が後退する可能性がある。by Casey Crownhart36日前
  9. 持続可能エネルギー
    遺伝子編集で農作物の炭素回収能力を強化するプロジェクトが始動
    地球温暖化の進行を遅らせるために、二酸化炭素を大量に吸収する農作物を作り出そうとする研究が始まった。遺伝子編集ツールのCRISPR(クリスパー)を使って光合成を微調整して植物の成長を早めたり、根系を大きく深くしたりするのだ。by Casey Crownhart60日前
  10. 持続可能エネルギー
    送電網向け蓄電池は「需給ひっ迫」の危機を救えるか?
    太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの多くは、自然条件に左右される。化石燃料のように必要に応じて発電できるわけではないため、電力の安定供給には今後、蓄電システムの重要性が増してくる。世界の潮流が脱炭素へと向かう中、日本の蓄電池の現状を整理していく。 by Keiichi Motohashi62日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    聴くMITTR:パンデミックが残したイノベーションの萌芽
    今週のオーディオ・ムック(β)では、今回のパンデミックを機に生まれたイノベーションとして、変異株追跡と新型コロナ経口薬の誕生の舞台裏を紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio14日前
  2. 生命の再定義
    原因不明の急性肝炎が子どもに急増、パンデミックとの関連は?
    原因不明の急性肝炎が、子どもたちの間で急増している。4月にスコットランドで最初の症例が見つかり、7月8日時点では35カ国で1010件が報告されている。最新の研究で、ウイルス、遺伝子、都市封鎖のすべてが関わっている可能性が示唆された。by Jessica Hamzelou19日前
  3. 生命の再定義
    下水監視でサル痘の流行把握、スタンフォード大 変異株も
    スタンフォード大学は6月、下水中にサル痘ウイルスが含まれていないかを調べる検査を11カ所の下水道で開始した。サル痘感染者が検査を受けに行く前に、感染がどれだけ広がっているかをコミュニティ・レベルで知ることができる。 by Hana Kiros21日前
  4. 生命の再定義
    ニュージーランドのある患者に対し、CRISPRによる遺伝子編集で血中コレステロール濃度を下げる治験が実施された。この療法の効果と安全性が確認できれば、世界最多の死因である心臓発作の究極の予防法になるかもしれない。by Antonio Regalado31日前
  5. 生命の再定義
    バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
    米国の研究チームがバッタの脳を使って、「匂い」からがんを検出することに成功した。がんのスクリーニングやデバイスの開発に発展する可能性がある新研究だ。 by Jessica Hamzelou53日前
  6. 生命の再定義
    聴くMITTR:世界の大富豪は究極の夢「不老」を叶えるか?
    今週のオーディオ・ムック(β)は、人類の究極の夢とも言われる「不老」への3つの取り組みを紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio55日前
  7. 生命の再定義
    米「中絶違法化」で注目の経口中絶薬、その仕組みとリスクは?
    米国で中絶の権利を認めた過去の判例が覆され、一部の州では人工中絶が違法となる可能性が高まっている。今後、使用が増えるとみられる経口中絶薬の仕組みとリスクについて、専門家に話を聞いた。 by Antonio Regalado55日前
  8. 生命の再定義
    「サル痘」感染拡大でまた陰謀論、同性愛嫌悪の誤情報も拡散
    欧米を中心にサル痘の感染者が増える中、同性愛者の間でのみ感染が広がるという偏見に基づく誤情報が広まっている。誤情報は感染状況に関する正確な情報の把握を困難にする上に、人々への正しい理解を促す上でも障害となっている。 by Rhiannon Williams57日前
  9. 生命の再定義
    石油王国サウジアラビアが豊富な資金を背景に、アンチエイジング(抗老化)医薬品の開発支援に乗り出す。最大で年間10億ドルの予算を持つ財団は同分野における最大のスポンサーになるかもしれない。 by Antonio Regalado60日前
  10. 生命の再定義
    アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
    囲碁AI「アルファ碁」で世界に衝撃を与えたディープマインドが次に狙いを定めたのは、生体内に存在するタンパク質の立体構造予測だった。「アルファフォールド」と名づけられたタンパク質構造予測AIもまた生物学研究者に大きな衝撃を与え、医薬品開発や産業応用に大きくつながる可能性を秘めている。 by Shosuke Shimada60日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
    オープンAIは、文章から画像を生成する「DALL-E 2」のベータ版を100万人に提供する。一部有料化し、生成した画像の商用利用も可能となる。 by Will Douglas Heaven15日前
  2. 知性を宿す機械
    ディープマインド、既知の「ほぼすべて」のタンパク質構造を予測
    アルファベット傘下のAI企業、ディープマインドは、2億種類以上のタンパク質の構造予測データベースを公開した。既知のタンパク質ほぼすべてに相当し、生物学の研究や創薬のプロセスを大きく変える可能性がある。 by Melissa Heikkilä18日前
  3. 知性を宿す機械
    ボディシェアリング提唱者・玉城絵美が考えるイノベーターの条件
    重さや位置の感覚といった固有感覚の共有により、能動的かつ臨場感のある体験共有を可能にする「ボディシェアリング」。大学での研究教育活動に取り組みながら、ベンチャー企業の創業者として事業化も進める玉城絵美・琉球大学工学部教授に、同技術の現在地と将来像、そしてイノベーターの条件について聞いた。 by Noriko Higo21日前
  4. 知性を宿す機械
    まるで「生まれたての動物」、歩き方を自力で学ぶロボット犬
    試行錯誤しながら歩行方法を自力で学ぶロボット犬が発表された。強化学習はロボットが新たなスキルを習得し、現実世界にすばやく適応するのに役立つかもしれない。 by Melissa Heikkilä27日前
  5. 知性を宿す機械
    マンモグラムなどからがんの有無を判断する放射線科医の役割をAIに置き換える試みは、これまでのところ成功していない。だが、AIが支援することで、判断の正確さを向上させ、医師の負担を軽減できるとの研究結果が発表された。by Hana Kiros32日前
  6. 知性を宿す機械
    AI研究のエネルギー効率が、大幅に向上するシンプルな方法
    大量の電力を使う深層学習モデルの訓練において、クラウド・サービスの設定を変更するだけでエネルギー消費量や排出量を削減できるという研究が発表された。ただ、実際には手間暇かけてそれを実践する研究者は少ない。 by Tammy Xu35日前
  7. 知性を宿す機械
    深層学習の生みの親の1人であるヤン・ルカンが、古い考え方を組み合わせて、AIが進むべき新たな道の構想を提唱した。汎用人工知能への出発点になる可能性があるとも述べており、AI研究者の間で物議を醸している。 by Will Douglas Heaven41日前
  8. 知性を宿す機械
    GPT-3が新社名を発案、「AIと働く」を実践してみた
    人工知能(AI)を相棒として働くとはどういうことなのか? AI研究者の清水 亮氏が、世界最先端の人工知能のひとつとされるオープンAIの「GPT-3」を新会社設立時の相談相手として使ってみた。 by Ryo Shimizu50日前
  9. 知性を宿す機械
    特別寄稿:なぜ今、AIのための「合成データ」が必要なのか?
    現在の人工知能技術の主流である深層学習では、膨大な学習データが必要不可欠である。現実世界に足りないデータを補うために、「合成データ」という考えが浸透しつつある。 by Yukio Andoh61日前
  10. 知性を宿す機械
    DALL-E、Imagen——進化する自動作画、AIは想像力を拡張するか
    画像認識と自然言語処理を融合させたマルチモーダルなAI技術が広がりを見せている。オープンAIの「Image GPT」から「DALL-E2」、グーグルの「Imagen」まで、画像生成モデルの進化とその仕組みについてAI研究者の清水 亮氏が解説する。 by Ryo Shimizu64日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る