KADOKAWA Technology Review
×

合成生物学のユニコーン
「ギンコ」が描く未来に
2兆円の価値はあるか?

米国の合成生物学企業であるギンコ・バイオワークスが9月に上場した。生物学界のインテルになると喧伝し、巧みなストーリーで投資家を熱狂させているギンコは、実際にどんな成果を残し、何を目指しているのか。 by Antonio Regalado

トップ・ストーリー


  1. by Will Douglas Heaven

    スタンフォード大学の研究チームは、バーチャル環境で進化するAIボットを用いて、身体の構造と知能が密接に関連していることを示した。体の構造を固定したうえでタスクの訓練をする従来のAIロボットの構築方法を覆すかもしれない。

  2. ブタの腎臓のヒトへの移植に成功 遺伝子操作で拒絶反応抑える
    by Charlotte Jee

    遺伝子操作したブタの腎臓を、脳死状態の患者に移植する手術が成功した。実用化にはまだ課題が残るが、臓器移植を待つ人々を将来的に救える可能性がある。


  3. by Will Douglas Heaven

    深層学習モデルは内部で何が起こっているのかが明らかにならない「ブラック・ボックス」であり、情報は漏れない。こうした一般的な考え方に疑問を投げかける研究成果が発表されている。

  4. NASA探査機「ルーシー」が挑む、太陽系の最初期を訪れる12年の旅
    by Tatyana Woodall

    NASAの探査機「ルーシー」が、10月16日にフロリダ州ケープ・カナベラルから打ち上げられた。ビッグバン以来比較的変化がないとされる木星周辺エリアの小惑星群を調査することで太陽系の歴史を探る旅が今、始まろうとしている。

日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
  1. 知性を宿す機械
    FBがGoPro風動画の大規模データセット、3025時間分の映像を収集
    フェイスブックAIリサーチは、一人称視点で撮影した膨大な数の動画を集めた過去最大規模のデータベースを作成した。人々の日常生活の助けになるようなAIを訓練するのに役立つとしているが、将来的にどのように利用されるのか懸念もある。
  2. ビジネス・インパクト
    宇宙探査の「次の10年」を
    人工知能は占えるか?
    全米アカデミーズの「天文学・天体物理学の10カ年計画」は、次の10年間に向かうべき宇宙探査の方向性を決定づけるものだ。作成にあたっては研究者から提出された膨大な提案を専門家が選別する必要があるが、プロセスを効率化するために人工知能(AI)の活用を提案する研究チームがある。
  3. ビジネス・インパクト
    米成功事例に学ぶ、対面授業の安全を確保する11のポイント
    長らく休校していた米国の多くの学校で対面授業が再開した。学校の安全を守るために何をするべきか? 先行して再開して成功を収めた学区の事例から学べるポイントを紹介する。
  4. コネクティビティ
    新型コロナ陰謀論で反ユダヤ主義のSNS投稿が急増
    最近発表された報告書によると、主要なSNSプラットフォームで、新型コロナウイルス感染症にまつわる陰謀論を拡散し、反ユダヤ主義の過激な主張を唱える投稿が急増している。
  5. 知性を宿す機械
    ひっそりと浸透する「AI声優」、人間の仕事を奪うか?
    深層学習のブレークスルーにより、人間の話し方の微妙なニュアンスまで再現する「AI声優」が活躍の場を広げている。新しいデジタル広告やブランドに合わせたオリジナル音声の確立といった期待の一方、人間の声優には不安の声もある。
カバーストーリー
コネクティビティ
フェイスブック元従業員のフランシス・ホーゲンの米議会での証言は、フェイスブックのアルゴリズムがどのように機能するのか、重大な問題を投げかけている。同社のアルゴリズムが、世界各地で分断や紛争の種となっているばかりか、青少年の精神的健康に悪影響を及ぼしているにもかかわらず、根本的な設計変更を拒否してきたという。 by Karen Hao
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
すべてのトピックス Filter
  1. コネクティビティ
    主張:史上初のドローン空爆から20年、そろそろ失敗を認める時だ
    史上初のドローン空爆はその目的を達成できず、それから20年経った今も民間人が殺害されている。テクノロジーの失敗を認める時だ。 by Emran Feroz12日前
  2. ビジネス・インパクト
    エディターズ・レター:「脳」と「心」の関係を理解する
    脳を理解することは、私たち自身について知ることにつながる。最新の脳科学の研究動向から、PTSD治療の最前線、人工知能への応用まで、「脳と心」特集に寄せる米国版責任編集者からのエディターズ・レター。 by Michael Reilly12日前
  3. 持続可能エネルギー
    動き出した米国初の大規模な気候関連法案、その成果と課題は?
    米国のバイデン大統領は気候変動問題を自身の政治活動の中心に据え、米国初の大掛かりな気候関連法案を成立させようとしている。その画期性と課題を識者らが語った。 by James Temple12日前
  4. ビジネス・インパクト
    月の火山活動はもっと活発だった? 嫦娥5号のサンプルで明らかに
    中国の月探査機「嫦娥5号」が持ち帰ったサンプルの分析によって、月はこれまで想定されていたよりも長期間にわたって火山活動が活発であった可能性が示されている。by Tatyana Woodall15日前
  5. 持続可能エネルギー
    ペットボトルを酵素でリサイクル、仏スタートアップが実証施設
    フランスのスタートアップ企業が、ペットボトルの材料であるPETを酵素でリサイクルする実証用プラントを開設した。同社のリサイクル処理によって、石油からPETを製造する場合と比較して温室効果ガス排出量を約30%減少できると見積もっている。by Casey Crownhart15日前
  6. コネクティビティ
    アマゾンのアストロは「愛されロボ」として受け入れられるか?
    アマゾンが発表した家庭用ロボット「アストロ」にできることはまだ少ない。だが、こうした家庭用ロボットには、人間が好きになってしまう理由があると研究者らは指摘する。アストロもも同じように人々に愛されるだろうか? by Tanya Basu16日前
  7. コネクティビティ
    大規模障害が世界に知らしめた、フェイスブックの影響力
    米国時間の10月4日、フェイスブックの全サービスが6時間以上にわたって利用できなかった。これは、フェイスブックがインターネットと同義語になっている世界の多くの人々にとってまさに「巨大インフラの崩壊」と同等の事態だった。 by Patrick Howell O'Neill17日前
  8. 生命の再定義
    脳インプラントでうつ病を大幅改善、個別化医療に期待
    うつ病が発症する兆候を検出すると脳に電気刺激を与える装置を頭蓋骨内に埋め込むことで、うつ病の症状を大幅に改善できることを示す研究が発表された。従来の治療で効果のなかった患者に対する個別化医療として期待される。by Charlotte Jee18日前
  9. 生命の再定義
    人体を構成する臓器の中でも、脳は最も謎に満ちている。明らかになっていることはごくわずかで、まだ分かっていないことが圧倒的に多い。ヒトの脳に関する8つの最先端の研究を、観光ツアー形式でざっくり紹介しよう。 by Hannah Thomasy18日前
  10. コネクティビティ
    米国で導入進む「ワクチン・パスポート」、どこでどう使う?
    新型コロナワクチンの接種が進み、ワクチン接種証明の提示を条件に行動制限を緩和する動きが広がっている。どのような場所でワクチン接種証明が必要になるのか、証明書を格納できるスマホ用アプリにはどのようなものがあるのか。米国での動きをまとめた。 by Harini Barath18日前
  1. コネクティビティ
    主張:史上初のドローン空爆から20年、そろそろ失敗を認める時だ
    史上初のドローン空爆はその目的を達成できず、それから20年経った今も民間人が殺害されている。テクノロジーの失敗を認める時だ。 by Emran Feroz12日前
  2. コネクティビティ
    アマゾンのアストロは「愛されロボ」として受け入れられるか?
    アマゾンが発表した家庭用ロボット「アストロ」にできることはまだ少ない。だが、こうした家庭用ロボットには、人間が好きになってしまう理由があると研究者らは指摘する。アストロもも同じように人々に愛されるだろうか? by Tanya Basu16日前
  3. コネクティビティ
    大規模障害が世界に知らしめた、フェイスブックの影響力
    米国時間の10月4日、フェイスブックの全サービスが6時間以上にわたって利用できなかった。これは、フェイスブックがインターネットと同義語になっている世界の多くの人々にとってまさに「巨大インフラの崩壊」と同等の事態だった。 by Patrick Howell O'Neill17日前
  4. コネクティビティ
    米国で導入進む「ワクチン・パスポート」、どこでどう使う?
    新型コロナワクチンの接種が進み、ワクチン接種証明の提示を条件に行動制限を緩和する動きが広がっている。どのような場所でワクチン接種証明が必要になるのか、証明書を格納できるスマホ用アプリにはどのようなものがあるのか。米国での動きをまとめた。 by Harini Barath18日前
  5. コネクティビティ
    パンデミックで露呈した顔認識システムの限界
    米国では政府による顔認識システムの使用が拡大している。だが、失業給付金の不正受給防止に顔認識を利用したケースでは、困窮した市民が支援を受けられない事態も発生している。by Mia Sato23日前
  6. コネクティビティ
    人間の脳を「コンピューターのようなもの」とみなすことはできるのだろうか? 長年、論争の種になってきたこの疑問について、複数の専門家に話を聞いた。 by Dan Falk23日前
  7. コネクティビティ
    特報:内部文書で判明、
    フェイスブックを汚染する
    「トロールファーム」の実態
    トロールファーム(情報工作組織)によるフェイスブック・ページが、月間1億4000万もの米国人ユーザーにリーチしていたことがフェイスブックの社内報告書で明らかになった。外国勢力の介入が疑われる2016年の米大統領選の後も、同社は根本的な対策を導入しなかったという。 by Karen Hao24日前
  8. コネクティビティ
    ゼロデイ攻撃「記録更新」は何を意味するのか?
    ゼロデイ・エクスプロイトを利用した攻撃件数の報告が過去最高を記録した。攻撃者が増加したとの見方もあるが、むしろ良い兆候である可能性がある。 by Patrick Howell O'Neill25日前
  9. コネクティビティ
    「中絶禁止」テキサス州、市民団体らがネットで支援
    米国テキサス州で、人工妊娠中絶を実質的に禁止する法律が施行された。州内での安全な処置を受けられなくなった女性らを救うために、市民団体がネット上での支援に乗り出している。 by Tanya Basu26日前
  10. コネクティビティ
    ワクチン・パスポート、割れる判断 全米50州の最新状況まとめ
    日本政府は新型コロナウイルス・ワクチンの接種を証明する「ワクチン・パスポート」を年内にも発行すると決めた。ワクチン・パスポートの導入をめぐっては各国で議論となっており、米国でも州によって対応や使われ方は異なる。米国の最新事情をまとめた。 by Harini Barath26日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    エディターズ・レター:「脳」と「心」の関係を理解する
    脳を理解することは、私たち自身について知ることにつながる。最新の脳科学の研究動向から、PTSD治療の最前線、人工知能への応用まで、「脳と心」特集に寄せる米国版責任編集者からのエディターズ・レター。 by Michael Reilly12日前
  2. ビジネス・インパクト
    月の火山活動はもっと活発だった? 嫦娥5号のサンプルで明らかに
    中国の月探査機「嫦娥5号」が持ち帰ったサンプルの分析によって、月はこれまで想定されていたよりも長期間にわたって火山活動が活発であった可能性が示されている。by Tatyana Woodall15日前
  3. ビジネス・インパクト
    50年で激変した宇宙の利用価値、新たな国際協定はどうあるべきか
    民間人のみによる初の宇宙飛行など、商業ベースの宇宙活動が急増している。ところが、現在世界各国が合意している「宇宙条約」は冷戦期に策定したもので、現在のような事態を想定していない。今こそ条約を改正すべきだと識者はいう。by Tatyana Woodall22日前
  4. ビジネス・インパクト
    スパイ容疑で中国人が不当に狙い撃ち=米「百人会」が報告書
    米国内の経済スパイ事件に関する新たな報告書は、中国系米国人は同容疑で訴追される確率が他の人種よりも高く、人種的なバイアスが働いているのではないか、と指摘する。 by Eileen Guo23日前
  5. ビジネス・インパクト
    富裕国で進むブースター接種、専門家が語る倫理的問題点
    3回目のワクチン接種(ブースター・ショット)の実施へ向けた準備が一部の国で進む中、いまだに1回目の接種すらままならない国も多い。 by Lindsay Muscato24日前
  6. ビジネス・インパクト
    求められる宇宙の交通整理、解決のヒントは「海」にあり
    人工衛星の大量打ち上げによって、将来の衝突事故の可能性が懸念されている。宇宙・航空政策の専門家は、宇宙交通の安全を確保する最善の方法は、海事法の考え方を取り入れることだという。 by Neel V. Patel31日前
  7. ビジネス・インパクト
    史上初、スペースX「民間人だけ」の宇宙旅行始まる
    民間人による民間人だけの宇宙旅行計画「インスピレーション4」がいよいよ始まった。人類が長らく夢見た、有人宇宙旅行の時代はついに開くのか。 by Jonathan O'Callaghan36日前
  8. ビジネス・インパクト
    小惑星衝突を防ぐNASA実験で思わぬ影響か、新研究で指摘
    宇宙探査機を小惑星にぶつけて軌道を逸らす実験である「DART」ミッションが年内にも打ち上げられる。主な目的は小惑星の公転周期を変化させることだが、シミュレーションによると衝突の衝撃で小惑星の自転にも大きな影響が出る可能性が分かった。 by Jonathan O'Callaghan40日前
  9. ビジネス・インパクト
    米大統領が大企業にワクチン接種義務化、アメからムチへ方針転換
    米国のバイデン大統領は大企業を対象に、従業員にワクチン接種を受けさせることを求める大統領令に署名した。停滞する接種率を踏まえ、これまでの「アメ」から「ムチ」に方針を転換した。 by Charlotte Jee41日前
  10. ビジネス・インパクト
    まるで広告? スペースXの民間人宇宙飛行を描くネトフリ作品
    ネットフリックスのドキュメンタリー作品「宇宙へのカウントダウン」が現在配信中だ。史上初の民間人だけによる宇宙飛行に迫る作品で、スペースXの広告ような内容だが、見どころもある。 by Neel V. Patel43日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    動き出した米国初の大規模な気候関連法案、その成果と課題は?
    米国のバイデン大統領は気候変動問題を自身の政治活動の中心に据え、米国初の大掛かりな気候関連法案を成立させようとしている。その画期性と課題を識者らが語った。 by James Temple12日前
  2. 持続可能エネルギー
    ペットボトルを酵素でリサイクル、仏スタートアップが実証施設
    フランスのスタートアップ企業が、ペットボトルの材料であるPETを酵素でリサイクルする実証用プラントを開設した。同社のリサイクル処理によって、石油からPETを製造する場合と比較して温室効果ガス排出量を約30%減少できると見積もっている。by Casey Crownhart15日前
  3. 持続可能エネルギー
    地球温暖化抑止にはメタン削減が効果的、だがどうやって?
    地球温暖化を食い止めるためは、大気中のメタンを削減することが効果的だとする論文が発表された。しかし、大気中からメタンを除去する技術は確立されておらず、当面は排出量を減らすことで対応する必要がある。by Casey Crownhart24日前
  4. 持続可能エネルギー
    図解:気候変動対策の鍵は巨大都市にある
    世界の人口が集中する巨大都市が二酸化炭素排出量を削減するだけで、気候変動の影響を大きく緩和できる可能性がある。by Andre Vitorio39日前
  5. 持続可能エネルギー
    テスラ7人目の電池ベンチャー、「5日持つ」ガジェットに材料供給
    リチウムイオンバッテリーのエネルギー密度を大きく引き上げる材料の開発に取り組むシラ・ナノテクノロジーズが、初の製品を市場投入した。同社の負極材料を採用したバッテリーを搭載するフィットネス向けのウェアラブル機器は、充電が5日間不要だという。by James Temple43日前
  6. 持続可能エネルギー
    ハリケーン「アイダ」でNYに甚大被害、洪水対策追いつかず
    米東海岸を襲ったハリケーン「アイダ」は都市に甚大な被害をもたらした。ニューヨーク市はここ数年、洪水対策に取り組んできたが、頻発する脅威にまだ適応できていない。 by Casey Crownhart46日前
  7. 持続可能エネルギー
    ハリケーン「アイダ」で大規模停電、求められる強い送電網
    8月29日に米国南部を襲った大型ハリケーンの「アイダ」がニューオーリンズにもたらした大規模停電は、高頻度かつ深刻化する気象災害に耐え得る電力システムを再構築する必要性を改めて認識させるものだ。by James Temple51日前
  8. 持続可能エネルギー
    米上院は「クリーン電力報酬プログラム」の予算案の可決に向かっている。電力会社が販売する電力全体にカーボンフリー電力が占める割合を増やすことを狙ったものだ。政治的実現可能性を高めるために採ったこのアプローチには期待がある一方、狙い通りに目的を果たせるかどうか不安もある。 by James Temple52日前
  9. 持続可能エネルギー
    米国のバイデン政権が取り組む気候変動への取り組みの一つの柱となるのが、「二酸化炭素の回収・貯蔵(CCS)」だ。環境問題の活動家からは反対意見も根強いが、二酸化炭素排出量削減が困難な業界には必要なものだという。化石エネルギー・炭素管理局の幹部に狙いを聞いた。 by James Temple53日前
  10. 持続可能エネルギー
    所 千晴教授:脱炭素社会へ向けてイノベーターに今求められること
    SDGs(持続可能な開発目標)の達成やカーボンニュートラルの実現へ向けて需要が高まりつつあるのが、製品のリサイクルに必要な資源分離技術だ。早稲田大学と東京大学で、分離技術の研究を進める所 千晴教授に、研究の現状とイノベーターの条件を聞いた。 by Noriko Higo57日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    脳インプラントでうつ病を大幅改善、個別化医療に期待
    うつ病が発症する兆候を検出すると脳に電気刺激を与える装置を頭蓋骨内に埋め込むことで、うつ病の症状を大幅に改善できることを示す研究が発表された。従来の治療で効果のなかった患者に対する個別化医療として期待される。by Charlotte Jee18日前
  2. 生命の再定義
    人体を構成する臓器の中でも、脳は最も謎に満ちている。明らかになっていることはごくわずかで、まだ分かっていないことが圧倒的に多い。ヒトの脳に関する8つの最先端の研究を、観光ツアー形式でざっくり紹介しよう。 by Hannah Thomasy18日前
  3. 生命の再定義
    脳の遺伝子モザイク現象と、自閉症や統合失調症、アルツハイマー病などの精神疾患との関連性が明らかになりつつある。マコーネル博士は極貧の大学院生時代から20年以上、この分野の研究にキャリアを費やしてきた。 by Roxanne Khamsi19日前
  4. 生命の再定義
    人間の心は、脳や体、周囲の世界とのやり取りによって継続的に作り出される。私たちの脳は体の調節をするために進化したのであり、思考や感情、感覚、その他の精神的な能力は、そうした調節の結果である。 by Lisa Feldman Barrett22日前
  5. 生命の再定義
    愛する人の顔を見た時に、私たちの脳内で起こっていること
    誰かを認識する時、脳の内部では瞬時に多くのことが起こっている。ただ、私たちはそれを意識していない。by Tate Ryan-Mosley24日前
  6. 生命の再定義
    米国でワクチン「ブースター接種」開始へ 高齢者など対象
    米政府が新型コロナワクチンのブースター接種(追加接種)の開始を決定した。高齢者や基礎疾患のある人に加えて、感染リスクの高い医療従事者などを対象に加えた。by Charlotte Jee27日前
  7. 生命の再定義
    世界最大級の貴重な脳のコレクション
    100個ほどのガラスびんの中には、精神科病院から寄贈された貴重な患者の脳が収められている。 by Robin Finlay32日前
  8. 生命の再定義
    「心」とは何か? MITテクノロジーレビューの誌面から
    MITテクノロジーレビューでは過去数十年間にわたって、私たちの「心」の一部を構成する「脳」について分かっていること、あるいはまだ分からないことを繰り返し取り上げてきた。過去の誌面から、その一部を紹介しよう。by MIT Technology Review Editors32日前
  9. 生命の再定義
    脳に損傷を負うなどして、いわゆる「植物状態」にある人々にも意識はあるのだろうか。イタリアのある研究者は、一見すると完全に無反応な人であっても、脳に刺激を与えることで、意識があるかどうかを判定できる方法を開発した。 by Russ Juskalian39日前
  10. 生命の再定義
    ジェフ・ベゾスやユーリ・ミルナーといったシリコンバレーの大富豪らが出資しているとされる、「若返り」をテーマにしたスタートアップ企業が立ち上がった。潤沢な資金を背景に、自由な発想で研究できる環境を約束し、米国や英国、日本などで研究者の採用を進めている。 by Antonio Regalado40日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    ディープマインドが天気予報で成果、降雨時間と場所を正確に予測
    人工知能の自然科学への応用がまた一歩進んだ。ディープマインドは、英国気象庁と協力し、既存のシステムよりも短期的な気象予測に優れたツールを開発、発表した。 by Will Douglas Heaven23日前
  2. 知性を宿す機械
    人間のような「意識」を再現したロボットはSFの世界ではありふれている。まだ架空のものにすぎないが、人類は意識を持つ機械の登場という仮説に備えなければならない。 by Will Douglas Heaven25日前
  3. 知性を宿す機械
    人間は、人類よりも賢い機械を作り出すことはできるのだろうか。あるAI研究者は、AIを使ってAIを作ることが、汎用人工知能(AGI)への重要なステップになると考えている。 by Will Douglas Heaven32日前
  4. 知性を宿す機械
    写真の女性をワンクリックでポルノ女優に、「一線越えた」AIアプリ
    顔写真をブラウザーからアップロードするだけでポルノビデオを生成するWebアプリが登場した。ディープフェイク技術を使ったこのサイトはすでに利用できなくなっているが、研究者やフェイクポルノの元被害者からは「一線を越えた」との声が上がっている。 by Karen Hao37日前
  5. 知性を宿す機械
    あるものが意識を持つとはどういう状態なのだろうか。人間や動物だけでなく、木や植物、バクテリアも意識を持つのだろうか。統合情報理論(IIT)によると、あるシステムが意識を持っているかどうかを定量的に予測できるという。by Christof Koch53日前
  6. 知性を宿す機械
    講師・受付に「顔」貸出、デジタル版コピーロボビジネスが拡大中
    実在の人物の映像を使ってディープフェイクで作成したAIキャラクターを、ライセンス供与するビジネスが広がりつつある。いったん映像を撮影すれば、何千本もの映像に出演し、あらゆる言語で何でも話すことができるため、俳優の仕事にも影響を与えそうだ。 by Will Douglas Heaven54日前
  7. 知性を宿す機械
    米政府機関で「顔認識」利用拡大、規制化の声に逆行
    最新の調査結果によると、米国の政府機関や地方自治体などが顔認識テクノロジーを利用しており、今後利用範囲を拡大していく見込みだ。一方で、顔認識システムは人種間での誤認識などの問題を抱えており、規制を求める動きがある。 by Tate Ryan-Mosley57日前
  8. 知性を宿す機械
    「非倫理的」なAI訓練データセット、削除するだけでは不十分
    人工知能(AI)の訓練用にはかつて、ネット上のデータを許可なく集められたものが使われた。後に批判され、データセットを撤回する例が相次いだがが、撤回するだけでは問題の解決にはならない。 by Karen Hao61日前
  9. 知性を宿す機械
    ドイツ語で答えても適正あり?AI面接で英語力を測ってみたら……
    欧米では企業の採用活動に人工知能(AI)ツールが使われる機会が増えた。実際に複数のツールを試してみると、さまざまな懸念点が明らかになった。 by Hilke Schellmann65日前
  10. 知性を宿す機械
    まるでカメレオン、一瞬で背景に溶け込む人工カモフラージュ・ロボ
    カメレオンの皮膚のように自由自在に変色するロボットを韓国の研究者が開発した。生物にヒントを得たロボットには新たな可能性がある。 by Tatyana Woodall70日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る