KADOKAWA Technology Review
×

Cover Story 「インターネット」の直し方

インターネットの黎明期、現在のような状況を誰も想像していなかったし、望んでもいなかった。ネット上の人々の言動を改善したいのであれば、プラットフォームの枠を超えて行動する必要がある。 by Katie Notopoulos

トップ・ストーリー

  1. Promotion MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内 by MIT Technology Review Event Producer

    人工知能やモバイル・デバイスなどの新たなテクノロジーはどこまで進歩し、どのような支援を可能にするのか。MITテクノロジーレビューは、「アクセシビリティとテクノロジー」をテーマにしたイベントを3月14日に開催する。ゲストはSyrinxプロジェクトリーダーの竹内雅樹氏。


  2. by Casey Crownhart

    電気自動車や風力タービンで使われる強力な磁石が今後、不足することが予測されている。米国のスタ-トアップ「ナイロン・マグネティクス(Niron Magnetics)」は、レアアースの代わりに安価で入手しやすい窒化鉄を使って、強力な磁石を製造しようとしている。

  3. 中国テック事情:チップレットで新シリコンバレーを目指す無名都市
    by Zeyi Yang

    チップ・パッケージングの中心都市である中国の無錫市は、半導体産業における役割を強化するためチップレット研究に投資している。米国の制裁によって先端技術の輸入ができなくなった中国は、チップレットに注力している。

ニュース・フラッシュ

10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
  1. 生物工学/医療
    紫トマト、光るペチュニア——家庭で育てる遺伝子組換え植物
    これまで遺伝子組み換え植物は主に農場向けに売られてきたが、最近では一般消費者の家庭菜園や園芸向けに直接販売されるようになった。記者も紫色のトマトと光るペチュニアを73ドルで購入してみた。
  2. 人工知能(AI)
    AI批評家、ゲイリー・マーカスとの散歩で話したこと
    ニューヨーク大学名誉教授で元ウーバー(Uber)AI研究所所長のゲイリー・マーカスは、生成AIはテック企業の新たな搾取的ビジネスモデルであり、こうした企業は責任あるAIについてほとんど関心がないと喝破する。
  3. 気候変動/エネルギー
    グーグル、AI搭載の新衛星でメタン漏洩地図を作成へ
    グーグルと非営利団体の共同プロジェクトが打ち上げる人工衛星「メタンSAT」は、世界中のメタン漏洩場所を特定する包括的な地図を作成するという。
  4. 人工知能(AI)
    AIボット導入で、メンタルヘルス・サービスの利用者が増加
    英国国民健康サービス(NHS)が導入したAIチャットボットは、メンタルヘルスのサービス利用者増加につながった。スクリーニングにも役立つという。
  5. 気候変動/エネルギー
    米ベンチャーがリチウム硫黄バッテリーを生産、EV搭載はいつ?
    電気自動車の急増などでバッテリーに対するニーズが高まっている。リチウム硫黄バッテリーは、コストとエネルギー密度の両方で、リチウムイオンバッテリーを凌駕する可能性がある。
カバーストーリー
倫理/政策 ローテク、アナログ……
ニューヨーク市が見出した
行政DXへの1つの答え
ニューヨーク市は、複雑な社会問題に対して新たなアプローチで取り組んでいる。ただし、人々が期待するようなやり方でではない。 by Tate Ryan-Mosley
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
すべてのトピックス Filter
  1. ビジネス
    中国テック事情:テック企業が仕掛けるデジタルお年玉争奪戦
    中国のテック企業は春節(旧正月)に数百万ドルの紅包(ホンバオ)を配るのが恒例となっている。しかし、その紅包を手に入れるためにユーザーはいくつもの面倒なタスクをこなす必要がある。 by Zeyi Yang7日前
  2. 人工知能(AI)
    グーグルが早くも「Gemini 1.5」、最大100万トークン
    グーグルが次世代AIモデルの最新版「ジェミニ(Gemini)1.5」を発表した。昨年12月のリリースから早くもアップデートされた新版では、最大100万トークンに対応する。 by James O'Donnell9日前
  3. 人工知能(AI)
    動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
    オープンAIは新たなテキスト-動画生成モデル「Sora」を発表した。公開された映像は驚異的だが、一般公開の予定はまだない。 by Will Douglas Heaven10日前
  4. コンピューティング
    米国の半導体輸出規制により、中国は現在、高度なチップの供給を受けられずにいる。だが、「チップレット」技術により、中国半導体産業は独立独歩の状態を確立し、米国などの歩みに追従できるようになるかもしれない。 by Zeyi Yang10日前
  5. 宇宙
    ケンプス・ランドン:ロケット「相乗り」時代を開拓する起業家
    北海道大学発のスタートアップ「Letara(レタラ)」の共同代表であるケンプス・ランドンは、安全かつ高推力の小型宇宙機用キックモーターを開発し、宇宙における人類の経済圏・生活圏を切り拓く上で欠かせない存在にしたいと考えている。 by Yasuhiro Hatabe11日前
  6. 気候変動/エネルギー
    解説:送電の概念を変える「バーチャル発電所」とは何か?
    再生可能エネルギーやEVの普及に伴い、バーチャル発電所(VPP)が注目されている。従来の一方的な需要と供給の関係を変えるVPPとは何か? 解説する。 by June Kim11日前
  7. 人工知能(AI)
    AIは赤ちゃんから何を学べるのか?
    現在のAIシステムは、狭い範囲でタスクを実行するのに優れているが、依然として極めて脆弱だ。赤ちゃんがどのように学習するかを研究することは、より強力なAIモデルの開発に役立つ可能性がある。 by Melissa Heikkilä11日前
  8. 人工知能(AI)
    衛星画像とAIで南アの空間的アパルトヘイトに挑む研究者
    南アフリカの黒人が多く居住するタウンシップは、すぐ近くにある裕福な住宅地に比べ公共のリソースをほとんど利用できない。研究者たちは、この問題を地図化することで状況を改善したいと考えている。 by Abdullahi Tsanni12日前
  9. ビジネス
    中国テック事情:日韓にならえ、海運業に参入したBYDの勝算
    電気自動車(EV)の販売台数が急増している比亜迪(BYD)は、自社製EVの海外への輸出を拡大するために海運業に乗り出した。ただし、自社で輸送船団を抱えることには大きなリスクもある。by Zeyi Yang14日前
  10. 生物工学/医療
    遺伝子編集臓器の研究で脳死下の身体が求められる理由
    異種間の臓器実験のために脳死状態の人の身体が求められている。遺伝子編集された異種の組織を使った、ヒトへの臓器移植の実験を始める企業や研究者が増えているからだ。by Antonio Regalado14日前
  1. 人工知能(AI)
    グーグルが早くも「Gemini 1.5」、最大100万トークン
    グーグルが次世代AIモデルの最新版「ジェミニ(Gemini)1.5」を発表した。昨年12月のリリースから早くもアップデートされた新版では、最大100万トークンに対応する。 by James O'Donnell9日前
  2. 人工知能(AI)
    動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
    オープンAIは新たなテキスト-動画生成モデル「Sora」を発表した。公開された映像は驚異的だが、一般公開の予定はまだない。 by Will Douglas Heaven10日前
  3. 人工知能(AI)
    AIは赤ちゃんから何を学べるのか?
    現在のAIシステムは、狭い範囲でタスクを実行するのに優れているが、依然として極めて脆弱だ。赤ちゃんがどのように学習するかを研究することは、より強力なAIモデルの開発に役立つ可能性がある。 by Melissa Heikkilä11日前
  4. 人工知能(AI)
    衛星画像とAIで南アの空間的アパルトヘイトに挑む研究者
    南アフリカの黒人が多く居住するタウンシップは、すぐ近くにある裕福な住宅地に比べ公共のリソースをほとんど利用できない。研究者たちは、この問題を地図化することで状況を改善したいと考えている。 by Abdullahi Tsanni12日前
  5. 人工知能(AI)
    グーグルが生成AI「ジェミニ」全面展開、「バード」から切り替え
    グーグルは生成AI「バード(Bard)」を廃止して、ジェミニ(Gemini)に統一する。チャットGPT型のチャット・サービスのほか、Gmailやグーグル・ドキュメントなどにも組み込む予定だ。 by Will Douglas Heaven17日前
  6. 人工知能(AI)
    追加訓練なし、初見の部屋でも働くお片付けロボットの新研究
    新しいシステムにより、ロボットはオープンソースAIモデルの助けを借りて、これまで見たことのない家の中を歩きまわれるようになった。 by Rhiannon Williams19日前
  7. 人工知能(AI)
    人工知能(AI)に意識が宿る日はやってくるのか? 神経科学者や哲学者たちはその可能性を探求している。AIの倫理的指針につながるだけでなく、人間の意識の本質を理解する上でも役立つかもしれない。 by Grace Huckins20日前
  8. 人工知能(AI)
    赤ちゃんは言語をどう学ぶのか?ヘッドカメラでAIを訓練した結果
    幼児の頭部に装着したビデオカメラの映像を用いて訓練されたニューラル・ネットワークは、大規模言語モデルよりもはるかに少ないデータで、単語と対象物を一致させられるようになることがわかった。by Cassandra Willyard21日前
  9. 人工知能(AI)
    中国テック事情:2024年のAI規制で注目すべき4つのこと
    中国政府が新しいテクノロジーに迅速に対応することはよく知られている。2024年、中国におけるAI規制がどのようになるかを専門家に聞いてまとめた。 by Zeyi Yang21日前
  10. 人工知能(AI)
    ディープフェイク被害にあったテイラー・スイフトさんへの手紙
    あなたはこのようなディープフェイクと闘うための規制が不可欠だと、納得させる「場」と「力」を持っている。 by Melissa Heikkilä22日前
  11. さらに表示する
  1. 生物工学/医療
    遺伝子編集臓器の研究で脳死下の身体が求められる理由
    異種間の臓器実験のために脳死状態の人の身体が求められている。遺伝子編集された異種の組織を使った、ヒトへの臓器移植の実験を始める企業や研究者が増えているからだ。by Antonio Regalado14日前
  2. 生物工学/医療
    欧米で麻しんの感染が拡大、下水は早期警戒に役立つか?
    欧米で麻しん(はしか)の感染が拡大している。ポリオ、新型コロナウイルス、エム痘などの追跡に使われた下水監視は早期警戒システムとして機能するだろうか。by Cassandra Willyard19日前
  3. 生物工学/医療
    新型コロナ後遺症の治療に光明、血中バイオマーカーにヒント
    新たな研究は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)後遺症(ロング・コビッド)の原因が、免疫系の特定の部分の異常にある可能性を示している。 by Cassandra Willyard24日前
  4. 生物工学/医療
    有効な治療法が確立されていない難病患者にとって、遺伝子編集を伴う実験的治療法は生存を賭けた大きなチャンスとなる。リスクがあっても治療を切望する患者は少なくないが、「試す権利」の決定には複雑な問題が絡んでいる。 by Jessica Hamzelou33日前
  5. 生物工学/医療
    ブタの臓器利用で新展開、脳死患者に肝臓を3日間体外接続
    脳死状態の患者に遺伝子編集されたブタの肝臓を接続し、血液を循環させる試験が米国で実施された。複数のバイオテック企業が異種移植を目指しているが、臓器の体外利用が先行して進む可能性がある。by Antonio Regalado34日前
  6. 生物工学/医療
    2024年版ブレークスルー・テクノロジー10:痩せ薬
    食欲を抑えることで減量を助けるウゴービやマンジャロのような肥満症治療薬が米国で承認され、人気となっている。これらの薬は効果があるが、高価で保険も効かないうえ、健康への長期的な影響はまだ不明だ。by Abdullahi Tsanni38日前
  7. 生物工学/医療
    2024年ブレークスルー・テクノロジー10:初の遺伝子編集治療
    CRISPRによる遺伝子治療がいよいよ医療現場に導入され始めた。鎌状赤血球病はCRISPRによって克服される最初の病気であるが、料金は200万ドルから300万ドルになると予想される。by Antonio Regalado38日前
  8. 生物工学/医療
    結核患者の咳をAIが聞き分け、スマホ診断で新トレンド
    結核と他の呼吸器疾患を咳の音で区別できるスマホアプリが開発された。音を使って病気を診断するというAI医療の新トレンドは大きな可能性を秘めている。by Cassandra Willyard40日前
  9. 生物工学/医療
    脳しんとうから選手や兵士を守れ、衝撃を計測するマウスピース
    アスリートや兵士は、報告されているよりもはるかに多く、脳しんとうを起こしている可能性がある。新興企業が、頭部への衝撃をリアルタイム測定し、外傷性脳損傷のリスクを減らせるスマート・マウスピースを開発した。by David Hambling54日前
  10. 生物工学/医療
    初のCRISPR療法が承認、2023年の遺伝子編集シーンを振り返る
    2023年は、CRISPR遺伝子編集技術を利用した鎌状赤血球症の治療法が米国と英国で承認された。2023年の遺伝子編集療法に関する記事を振り返りながら、この療法に残された課題を考える。 by Cassandra Willyard59日前
  11. さらに表示する
  1. 気候変動/エネルギー
    解説:送電の概念を変える「バーチャル発電所」とは何か?
    再生可能エネルギーやEVの普及に伴い、バーチャル発電所(VPP)が注目されている。従来の一方的な需要と供給の関係を変えるVPPとは何か? 解説する。 by June Kim11日前
  2. 気候変動/エネルギー
    溶融塩だけじゃない、次世代原子炉技術の現在
    二酸化炭素を排出しない原子力発電は、気候問題の解決策の一つとなる。原子炉を動かしたり、冷却したり、建設したりするのに従来とは異なる方法を使う次世代の原子力技術は現在、どうなっているのだろうか。by Casey Crownhart18日前
  3. 気候変動/エネルギー
    第4世代原子炉の開発を進める米国のケイロス・パワー(Kairos Power)が、溶融塩冷却システムにおいて2つのマイルストーンを達成した。安全性の向上と建設コストの削減が期待される。 by Casey Crownhart21日前
  4. 気候変動/エネルギー
    プラスチックは安価で生産でき、驚くほどの利益を上げられる、ありふれた素材だ。だが、プラスチックによる自然破壊という大きな代償を支払っている。by Douglas Main25日前
  5. 気候変動/エネルギー
    2024年に注目すべき気候テック3つ
    MITテクノロジーレビューが選ぶ「ブレークスルー・テクノロジー10」の2024年のリストから、気候テクノロジーに関連する3つを改めて紹介しよう。by Casey Crownhart35日前
  6. 気候変動/エネルギー
    2024年ブレークスルー・テクノロジー10:超高効率の太陽電池
    従来のシリコンと最先端のペロブスカイトを組み合わせた太陽電池は、太陽光の変換効率を大幅に向上させる可能性がある。2024年には最初のパネルが配置される予定だ。by Emma Foehringer Merchant38日前
  7. 気候変動/エネルギー
    2024年版ブレークスルー・テクノロジー10:地熱増産システム
    地熱発電は再生可能エネルギー源として有望だが、これまでは特定の条件を満たす場所でのみ可能であった。だが、先進的な掘削技術により、新たな場所の地熱を利用して、電力生産量を劇的に増やせるかもしれない。by June Kim38日前
  8. 気候変動/エネルギー
    2024年版ブレークスルー・テクノロジー10:ヒートポンプ式エアコン
    欧州などでヒートポンプの需要が急増している。テクノロジー自体は目新しくないが、化石燃料を使う代わりに再生可能エネルギーで動作するヒートポンプを使うことで、二酸化炭素排出量を劇的に削減できるからだ。 by Casey Crownhart38日前
  9. 気候変動/エネルギー
    核融合研究の途絶えた夢、完成当日にお蔵入りの過去
    2022年12月、ローレンス・リバモア国立研究所は核融合実験で初めてエネルギー純増を達成した。しかし、同研究所には10年近くの歳月と10億ドルをかけて構築した核融合施設が、一度も稼働させることなくお蔵入りになった歴史がある。by Jon Keegan39日前
  10. 気候変動/エネルギー
    次世代太陽電池の材料として研究されてきたペロブスカイトは、扱いにくさがネックとなっていた。だが、シリコンと組み合わせて発電効率をより高めたタンデム型太陽電池として、年内にも商業化される見込みが出てきた。 by Emma Foehringer Merchant39日前
  11. さらに表示する
  1. コンピューティング
    米国の半導体輸出規制により、中国は現在、高度なチップの供給を受けられずにいる。だが、「チップレット」技術により、中国半導体産業は独立独歩の状態を確立し、米国などの歩みに追従できるようになるかもしれない。 by Zeyi Yang10日前
  2. コンピューティング
    遠藤 傑:量子コンピューター実用化を「誤り抑制」で早める理論家
    NTTコンピュータ&データサイエンス研究所の遠藤 傑は量子エラー抑制法の理論の中に自然法則の美しさを見いだしながら、実用的な量子コンピューターの早期実現に向けて研究を続ける。 by Yasuhiro Hatabe38日前
  3. コンピューティング
    2024年ブレークスルー・テクノロジー10:チップレット
    トランジスターをより小さくしてチップにより多く詰め込むことで性能を向上させるのが難しくなってきた現在、チップメーカーは、より小型でモジュール化した「チップレット」でムーアの法則の寿命を延ばそうとしている。by Mike Orcutt38日前
  4. コンピューティング
    2024年版ブレークスルー・テクノロジー10:エクサスケール・コンピューター
    スーパーコンピューターはついに毎秒100京回の演算が可能なエクサスケールの時代に突入した。シミュレーションで実行できることの限界が広がることで、科学の各分野の進展が期待される。by Sophia Chen38日前
  5. コンピューティング
    2024年版ブレークスルー・テクノロジー10:Apple Vision Pro
    実質(VR)ヘッドセットは失敗の歴史にあふれている。だが、アップルが2024年後半に出荷を開始する、従来をはるかに超えた解像度とコントラスト比を備えた複合現実ヘッドセットは、ついに成功するかもしれない。 by Amy Nordrum38日前
  6. コンピューティング
    テック業界の現在を形作った
    オープンソースの過去と未来
    フリーでオープンなソフトウェアはテック業界を変え、その発展に大きく貢献してきた。社会や企業への「反抗」というルーツを持つオープンソース・ソフトウェアもまた、変化の渦中にある。 by Rebecca Ackermann40日前
  7. コンピューティング
    次世代半導体覇権争い、
    米国に迫られる選択
    半導体における米国の長期的リーダーシップの確保を目指す「CHIP法」の成立から約1年半たった現在、米国政府は5年間を見据えた保守的な戦略をとるか、真のムーンショットを目指すかの選択を迫られている。 by PJ Maykish54日前
  8. コンピューティング
    脳オルガノイドをコンピューターに接続、日本語の音声認識に成功
    ヒト「脳オルガノイド」をコンピューター・チップに接続し、単純な計算タスクを実行できるシステムが開発された。新しいバイオ・コンピューターの可能性を示している。 by Abdullahi Tsanni76日前
  9. コンピューティング
    笹谷拓也:Wi-Fiのような給電技術と「その先」を探る研究者
    東京大学大学院工学系研究科助教の笹谷拓也は、無線電力伝送や無線通信、センシングの省電力化などの技術を駆使して、電気・電子と情報を統合したネットワーク技術を追究する。 by Yasuhiro Hatabe88日前
  10. コンピューティング
    中国テック事情:ファーウェイ「独自チップ」衝撃も厳しい現実
    米国の経済措置は中国のテック企業にとって大きな制約となっている。そうした中、ファーウェイは最新の自社開発5Gチップを搭載したスマホを販売開始し、米当局や業界に衝撃を与えた。 by Zeyi Yang89日前
  11. さらに表示する
  1. 宇宙
    ケンプス・ランドン:ロケット「相乗り」時代を開拓する起業家
    北海道大学発のスタートアップ「Letara(レタラ)」の共同代表であるケンプス・ランドンは、安全かつ高推力の小型宇宙機用キックモーターを開発し、宇宙における人類の経済圏・生活圏を切り拓く上で欠かせない存在にしたいと考えている。 by Yasuhiro Hatabe11日前
  2. 宇宙
    宇宙旅行が一般的になる時代に備えて、あるスタートアップ企業は宇宙での体外受精(IVF)実験に挑戦しようとしている。宇宙への移住は可能になるのだろうか。 by Scott Solomon27日前
  3. 宇宙
    宇宙は現在、星や銀河、生命で溢れかえっている。しかし、それは当初存在していた物質の量が反物質の量よりもわずかに多かったからに過ぎない。この不均衡はどうして起こったのか、科学者たちは答えを探し続けている。by Adam Becker66日前
  4. 宇宙
    地球外生命体は存在するのだろうか? 科学者たちは宇宙望遠鏡で多数の太陽系惑星を発見し、さまざまなデータを得たが、痕跡はまだ見つかっていない。機械学習に基づく、先入観を超えたアプローチが決め手となるかもしれない。by Adam Mann3カ月前
  5. 宇宙
    MITTR、宇宙✗ディープテックをテーマにしたカンファレンス
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、宇宙とディープテックをテーマにしたカンファレンス・イベント「SPACE meets DEEPTECH 〜近づく、宇宙と地上のテクノロジー〜」を、2023年11月30日に初開催する。 by MIT Technology Review Event Producer3カ月前
  6. 宇宙
    11月最終週は日本橋へ、アジア最大級の宇宙ビジネスイベント
    アジア最大級の宇宙ビジネス・イベント「NIHONBASHI SPACE WEEK(日本橋スペースウィーク)」が、2023年11月27日から12月1日にかけて開催される。 by MIT Technology Review Brand Studio4カ月前
  7. 宇宙
    「宇宙ゴミ放置」で初の罰金、デブリ除去市場活性化に期待も
    米国連邦通信委員会は運用を停止した衛星を放置したとして、衛星放送事業者に初めて罰金を科した。深刻化する宇宙ゴミ(デブリ)の問題に解決に向けた大きな一歩になる可能性がある。by Jonathan O'Callaghan5カ月前
  8. 宇宙
    極限環境で宇宙生活を学ぶ、
    模擬宇宙飛行士のミッション
    他の惑星に居住したり、長期間にわたって宇宙を航行したりすると、人間の心身はどのような状態になるのだろうか。それを調べるための実験が、地球上の模擬宇宙居住施設に長期間にわたって隔離される「模擬宇宙飛行士」のミッションだ。by Sarah Scoles5カ月前
  9. 宇宙
    ムーンラッシュ到来、人類は月で何を目指しているのか?
    50年ぶりに月を目指すNASAの「アルテミス計画」をはじめ、2023年以降は月を目指すミッションが目白押しだ。人類は月で何をしようとしているのか。 by Jonathan O'Callaghan7カ月前
  10. 宇宙
    荒井朋子・千葉工大PERC新所長、DESTINY+が開く深宇宙探査の新時代
    地球にどのように生命が誕生したのか──アストロバイオロジーというテーマを掲げ、2009年に発足した千葉工業大学惑星探査研究センター(PERC)の新所長に荒井朋子氏が就任した。故・松井孝典教授の後を継いで惑星科学の研究者から衛星、ロケット開発のエンジニアまで36名の研究所を率いる荒井氏に、宇宙開発・探査を取り巻く現状や、官民学の知見と技術を結集させるプロジェクトの進め方について聞いた。 by Ayano Akiyama7カ月前
  11. さらに表示する
  1. 倫理/政策
    世界的「選挙イヤー」2024年の選挙に影響を与える3大トレンド
    今年の最大の話題は、米国と世界中で実施される選挙だろう。その選挙に深く関わる3つのテクノロジー・トレンドを紹介しよう。 by Tate Ryan-Mosley26日前
  2. 倫理/政策
    テクノロジーが超越的な力となった世界では、人々は常に倫理的な指針を求めている。牧師のような創設者が多くの「信者」に教えを説く非営利団体の成長はその象徴的な動きだ。 by Gregory E. Epstein35日前
  3. 倫理/政策
    中国テック事情:司法も秘密主義へ、判決文ネット非公開化の懸念
    中国には、裁判所が下した判決文を誰でも参照できるオンライン・データベースがある。しかし最近になって中国の司法当局は、非公開のデータベース・システムを新たに構築し、秘密主義への移行を進めている。 by Zeyi Yang41日前
  4. 倫理/政策
    AI規制のゆくえを占う、2023年に得られた4つの教訓
    2023年は生成AI技術および同技術の規制についての話題で持ちきりだった。規制の具体的な動きが始まる今年、AI政策に関して知っておくべき4つのポイントについて説明しよう。by Tate Ryan-Mosley42日前
  5. 倫理/政策
    高額な役員報酬、不透明な手数料——。米国や欧州の裕福な人が途上国の人に小口融資を提供する非営利団体「キーヴァ(Kiva)」が揺れている。P2P融資、マイクロファイナンスの先駆者はなぜ変わったのか。 by Mara Kardas-Nelson47日前
  6. 倫理/政策
    どうなる2024年のAI規制、米国・欧州・中国の動きは?
    2023年は、AIが社会に与える影響が重要視され、テック企業に対する規制や法律が相次いで制定される年となった。2024年は、こうした規制や法律に沿った行動が具体化することになる。by Zeyi Yang47日前
  7. 倫理/政策
    自然の経済的価値を評価するグレッチェン・デイリー教授のビジョン
    自然の保護と生態系の回復は重要だが、その恩恵を定量的に測ることは難しい。スタンフォード大学のグレッチェン・デイリー教授は、経済的な意思決定において、環境を重要な要素とするためのプロジェクトに取り組んでいる。 by Kathryn Miles53日前
  8. 倫理/政策
    2024年、選挙の誤情報と戦う準備を グーグル元CEOの提言
    2024年は世界中で40以上の国政選挙が実施される。生成AIの登場やソーシャルメディアの変化によって、誤情報との戦いはより熾烈なものになっていくだろう。 by Tate Ryan-Mosley67日前
  9. 倫理/政策
    エリック・シュミット
    「生成AI時代の大統領選」
    に備える6つの提案
    2024年は米国をはじめ、多くの国で重要な選挙が予定されており、ソーシャルメディアに選挙をめぐる誤情報が氾濫する可能性が高い。グーグルの元CEOであるエリック・シュミットは、プラットフォーム事業者と規制当局に向けて6つの対策を提案する。 by Eric Schmidt70日前
  10. 倫理/政策
    EU AI法暫定合意、世界の「お手本」はなぜ難航したのか?
    本格的なAI規制法として動向が注目されてきたEUの「AI法(AI Act)」がようやく暫定合意に達した。なぜ難航したのか? 争点となったのが、イノベーションと規制をめぐるバランスだ。 by Tate Ryan-Mosley76日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス
    中国テック事情:テック企業が仕掛けるデジタルお年玉争奪戦
    中国のテック企業は春節(旧正月)に数百万ドルの紅包(ホンバオ)を配るのが恒例となっている。しかし、その紅包を手に入れるためにユーザーはいくつもの面倒なタスクをこなす必要がある。 by Zeyi Yang7日前
  2. ビジネス
    中国テック事情:日韓にならえ、海運業に参入したBYDの勝算
    電気自動車(EV)の販売台数が急増している比亜迪(BYD)は、自社製EVの海外への輸出を拡大するために海運業に乗り出した。ただし、自社で輸送船団を抱えることには大きなリスクもある。by Zeyi Yang14日前
  3. ビジネス
    世界最大のEVメーカー BYDが海運に進出する理由
    中国の電気自動車(EV)メーカーの比亜迪(BYD)は、海外における自社製品の爆発的人気を受け、新たに自社海運船を建造して輸出を伸ばそうとしている。by Zeyi Yang26日前
  4. ビジネス
    eムック Vol.57「EVと自動運転」特集号
    MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.57 / 2024.01をリリースした。「EVと自動運転 変革期のクルマの現在地」特集をお届けする。by MIT Technology Review Japan27日前
  5. ビジネス
    MITTRが選んだ
    世界を変える10大技術
    2024年版
    「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。 by MIT Technology Review Editors38日前
  6. ビジネス
    拡張現実(AR)ヘッドセットとして鳴り物入りで登場したグーグル・グラスは、不発のまま10年後に販売終了した。だが、マイクロLEDやマイクロ有機LEDといった小さなピクセルが生む大きな変革は、今度こそARグラスの新時代を開くかもしれない。by Matthew S. Smith53日前
  7. ビジネス
    eムック Vol.56「アクセシビリティ」特集号
    MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.56 / 2023.12をリリースした。「アクセシビリティ 誰もが住みやすい世界を作る」特集をお届けする。by MIT Technology Review Japan63日前
  8. ビジネス
    2024年の「世界を変える10大技術」から漏れた5つの候補
    MITテクノロジーレビューは来月、現在最も重要だと考える10大技術のリストを公開する予定だ。その前に、候補に挙がったものの最終的に選外となった5つの技術を紹介しよう。by Amy Nordrum72日前
  9. ビジネス
    米国初のCRISPR療法、ライセンス契約で特許訴訟を回避
    遺伝子編集技術CRISPRを用いた鎌状赤血球症の治療が米国で初承認された。バーテックス・ファーマシューティカルズはライバルのエディタス・メディシンとブロード研究所に数百万ドルを支払う。by Antonio Regalado73日前
  10. ビジネス
    中国テック事情:地図まで「スーパー」化する中国のアプリ市場
    中国では1つのスマホアプリにあらゆる機能を盛り込んだ「スーパーアプリ」を目指す動きがますます活発だ。最近では地図アプリまでスーパーアプリを目指すようになった。ユーザーの望みに応えることができるのだろうか? by Zeyi Yang74日前
  11. さらに表示する
  1. カルチャー
    2024年版ブレークスルー・テクノロジー10:Twitterキラー
    イーロン・マスクによる買収以降、何百万人ものユーザーが「鳥マークのサイト」から逃げ出し、非中央集権型のソーシャルメディア・サービスに群がっている。by Mat Honan38日前
  2. カルチャー
    略奪されたアフリカの遺産、オンライン・アートカタログで復活
    19世紀後半の英国のベナン王国侵略で強奪され、グローバルノースに散在している美術品のデジタルカタログを作成する取り組みが進んでいる。取り組みの主催者は、美術品そのものの返還の第一歩になることを願っている。by Gouri Sharma46日前
  3. カルチャー
    「昔のインターネット」の精神を取り戻す、HTMLエネルギー運動
    今日のWebは商取引などの目的に最適化され、少数の企業によって所有されている。個人に力を与え、自己表現を促すかつてのWebの魅力を取り戻す「HTMLエネルギー(HTMLエナジー)」というムーブメントが密かに盛り上がりつつある。 by Tiffany Ng49日前
  4. カルチャー
    中国テック事情:顧客トラブルをユーザーに解決させる中国企業
    中国のフードデリバリーアプリは、ユーザー間の紛争を解決するために公開陪審員裁判システムを導入している。今のところうまく機能しているようだが、過去のアリババの実験から得られた教訓がある。 by Zeyi Yang66日前
  5. カルチャー
    ネットの「正義感」を利用した中国の悪質レビュー対策
    中国のフード・デリバリー・アプリは、レビューの書き込み内容の妥当性を判断する「陪審員」機能を導入している。不当な理由で低評価を付けられた事業者の訴えを、ネットの「正義感」を利用して解決する試みはうまく機能しているようだ。 by Zeyi Yang69日前
  6. カルチャー
    スマホで遊ぶ「デジタルかくれんぼ」が中国の若者の間で流行中
    スマホの地図アプリを利用するデジタル版かくれんぼ「猫とネズミ」が、中国の若者の間で大流行している。毎日の通勤時に人々を案内するアプリでゲームをするとは思いつきもしなかった記者が、体験してみた。 by Zeyi Yang85日前
  7. カルチャー
    天文学では、データを音に変換するソニフィケーション(可聴化)の取り組みが進んでいる。ソニフィケーションは、科学のアクセシビリティを高め、さらに教育や都市環境のナビゲーションにも広がる可能性がある。 by Corey S. Powell3カ月前
  8. カルチャー
    視覚障害者の情報へのアクセスは、点字や読み上げなど主にテキストに限られてきた。ニューヨーク公共図書館では、触覚グラフィックスを通じてイメージ(画像)を理解し、創造するための技術を提供するプロジェクトに取り組んでいる。by Chancey Fleet3カ月前
  9. カルチャー
    「自分たちが見たい世界を作りたい」ガールズ・ガレージの取り組み
    カリフォルニア大学バークレー校で建築を学んだピロトン=ラムは、非営利団体「ガールズ・ガレージ」を設立して、若者が自分の見たい世界を作るための力とスキルを身につける手助けをしている。 by Allison Arieff3カ月前
  10. カルチャー
    幾何学で世界の複雑さを理解する、異才数学者の型破りな方法論
    どんな置かれ方をしても起き上がる3次元凸形状「ゴムボック」の共同発見者として知られているハンガリーの数学者、ガボール・ドモコスは、可能な限り単純な幾何学で物理世界を理解しようとしている。by Elise Cutts3カ月前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る