KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

テンセントが密かに進める
「手のひら」決済、
QR、顔に続く標準になるか

ウィーチャット・ペイ(WeChat Pay)を展開するテンセントが、中国の一部の都市で掌紋認識を利用した決済の実証実験を進めている。中国ですでに普及しているQRコードや顔認識を利用した決済に続く手段となるか。 by Zeyi Yang

ニュース・フラッシュ

トップ・ストーリー

  1. 主張:史上最大の気候変動法「インフレ抑制法」に足りないもの
    by Jonas Nahm

    米国の「インフレ抑制法」は、企業の経済的成功と気候変動抑制を結びつけることに成功し、米国の気候変動政策を大きく前進させるものだ。だが、この法案にまだ足りないものがある。

  2. 大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
    by Tammy Xu

    近年、各企業がこぞって開発を進めている大規模言語モデルで、ある問題が指摘されている。同モデルを訓練するために必要な質のよい大量のデータが、早ければ2026年にも枯渇するというのだ。

  3. メタの言語AI「ギャラクティカ」がたった3日で公開中止になった理由
    by Will Douglas Heaven

    メタは、科学者を支援する大規模言語モデル「ギャラクティカ(Galactica)」を11月15日に公開した。だが、同モデルが出力する、偏った、誤りのある内容を科学者に指摘され、3日後には公開を中止した。

日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
  1. コネクティビティ
    中国テック事情:スパイぬれ衣の研究者、10年の闘争が残したこと
    中国系科学者たちは長らく米国政府の差別的な標的になってきた。和解を勝ち取ったシェリー・チェンの事例は、それに対抗するのがいかに難しいかを示している。
  2. 知性を宿す機械
    メタ、人間のように交渉できるゲームプレイAI「キケロ」を開発
    メタは、戦略ボードゲーム「ディプロマシー」で人間のプレイヤーに勝てるAI「キケロ(Cicero)」を開発した。プレイヤー同士の交渉が重要となる同ゲームで人間に勝つAIを作成することは、現実の複雑な問題に対処できるAIを実現する一歩になるかもしれない。
  3. 知性を宿す機械
    カメラ映像で階段も上り下り、CMUのロボット犬は地図なしで歩く
    あらかじめ用意した地図に頼らず、カメラで捉えた映像だけで階段や地形を認識して歩行できるロボットを、カーネギーメロン大学のチームが開発した。
  4. コネクティビティ
    聴くMITTR:中国共産党大会の裏でネットで起きていたこと
    今週のオーディオ・ムック(β)では、異例の長期政権が誕生した中国共産党大会の裏で発生したネット上の騒動の中身とその顛末を紹介する。
  5. コネクティビティ
    「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
    イーロン・マスクによる「ハードコア」な労働文化を求める最後通告は、大量の離職者と社内の士気低下を招いている。複数の内部関係者は、何らかの重大な障害が近く発生する可能性を懸念している。
カバーストーリー
知性を宿す機械
米国のバイオサイエンス企業のコロッサルは、遺伝子編集技術などを駆使してフクロオオカミやマンモスの復元を目指している。復元担当ディレクターを務めるサラ・オードが、同社の野望について語った。 by Antonio Regalado
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
すべてのトピックス Filter
  1. 持続可能エネルギー
    次世代太陽電池、洋上風力、蓄電池は送電網をどう変えるか?
    すでに再生可能エネルギーの導入は始まっているが、研究所やスタートアップ企業がもたらすさらなる進歩が、技術をさらに前進させる。その前進によって、気候変動の目標を達成することはできるのだろうか。 by Casey Crownhart9日前
  2. ビジネス・インパクト
    MITTRが選ぶ、2022年の日本発「U35」イノベーターを発表
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、35歳未満のイノベーターを表彰する「Innovators Under 35 Japan 2022」の受賞者を発表した。 by MIT Technology Review Japan10日前
  3. 生命の再定義
    個人に合わせた脳への電気刺激、うつ病の有望な治療法になる?
    脳の活動を追跡して最適化してくれる埋め込み式の機器の開発が進んでいる。脳に電極を埋め込んで脳の信号を読み取り、うつ状態に向かいそうなときには電気刺激を与えて脳の活動を正常化するというものだ。 by Jessica Hamzelou10日前
  4. 持続可能エネルギー
    気候変動の責任は誰に?3つのグラフから考える
    エジプトで開催された国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)では、気候変動による「損失と損害」を補うための資金調達が初めて議題に加えられた。ここで中心となるのは「気候変動の責任は誰にあるのか」という問いだ。by Casey Crownhart10日前
  5. 知性を宿す機械
    大規模言語モデルの構築に伴い、二酸化炭素が大量に排出される。AIスタートアップ企業ハギング・フェイスは業界で初めて、AIモデル構築のライフサイクル全体における二酸化炭素排出量を推定する手法を考案した。by Melissa Heikkilä13日前
  6. ビジネス・インパクト
    スパイ扱いで人生を台無しにされた中国系科学者、米商務省と和解
    差別的な捜査によってFBIにスパイ容疑をかけられ、起訴された中国系米国人科学者が、米国政府とこのほど和解した。弁護団は「政府も差別をすれば責任を問われることが明確になった」と話している。 by Eileen Guo13日前
  7. 持続可能エネルギー
    COP27開幕、単なる「話し合い」に終わらせないために何が必要か
    国連の気候変動会議「COP27」がエジプトで開幕した。COPは気候変動に関心のある人々から大きな注目を浴びてきたものの、単なる話し合いで終わっており、何の成果も得られていないと批判する声が大きくなっている。単なる話し合いで終わらせないためには何が必要なのだろうか。 by Casey Crownhart14日前
  8. コネクティビティ
    中国テック事情:ロシアを劣化コピーする中国のネット工作
    中国を拠点とするボットネットが米国の選挙への干渉を試みているとの報道がなされた。緊迫する米中関係の変化について、識者と議論した。by Zeyi Yang15日前
  9. 持続可能エネルギー
    テスラ元CTOが作った電池リサイクル工場、間もなく稼働へ
    蓄電池の材料はもうすぐ不足する。レッドウッド・マテリアルズがネバダ州に建設中のリサイクル施設は、使用済み蓄電池から希少金属を回収することを目指している。このような施設が、電池材料の需給ギャップ解消に役立つかもしれない。 by Casey Crownhart15日前
  10. コネクティビティ
    あのツイートで始まった——
    生きた歴史記録となった
    ツイッターの代え難い価値
    イーロン・マスクの買収後のツイッターで混乱が続いている。過去16年間、人類史上もっとも多くの世界の人々の声を記録してきたツイッターが消滅したとき、何が起こるのか。 by Chris Stokel-Walker16日前
  1. コネクティビティ
    中国テック事情:ロシアを劣化コピーする中国のネット工作
    中国を拠点とするボットネットが米国の選挙への干渉を試みているとの報道がなされた。緊迫する米中関係の変化について、識者と議論した。by Zeyi Yang15日前
  2. コネクティビティ
    あのツイートで始まった——
    生きた歴史記録となった
    ツイッターの代え難い価値
    イーロン・マスクの買収後のツイッターで混乱が続いている。過去16年間、人類史上もっとも多くの世界の人々の声を記録してきたツイッターが消滅したとき、何が起こるのか。 by Chris Stokel-Walker16日前
  3. コネクティビティ
    短編映像をリビングへ、YouTubeがテレビでTikTokに挑む
    ユーチューブが短編動画「ショート」に本腰を入れている。11月7日には、同社のテレビアプリの標準ホームページに、ユーザーの過去の視聴履歴に基づくおすすめのショートの映像が表示されるようにした。 by Chris Stokel-Walker17日前
  4. コネクティビティ
    聴くMITTR:イーロン・マスク買収でツイッターは変わるか
    今週のオーディオ・ムック(β)では、ツイッター買収のネット上での反響、コンテンツ・モデレーションなどのポリシー変更をめぐる不安の声などをまとめた。 by MIT Technology Review Audio Studio21日前
  5. コネクティビティ
    ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
    「このままではツイッターはいずれ使えなくなってしまう」。現在も同社に在籍するエンジニアは取材に証言した。その兆候はすでに一部のユーザーに目撃されている。 by Chris Stokel-Walker21日前
  6. コネクティビティ
    中国テック事情:DL数トップに突如躍り出た「Temu」って何だ?
    中国発のショッピング・アプリ「Temu(ティームー)」が米国のアップストアのダウンロード数でトップに躍り出た。一般的にはまだ無名のこのアプリは、中国発のネットサービスとして新たな成功を収められるのだろうか。 by Zeyi Yang22日前
  7. コネクティビティ
    橋の経年劣化をスマホで監視、メンテコストを劇的削減
    橋が崩落すると多数の死傷者が出る可能性があるため、適切なメンテナンスは極めて重要だ。スマホを使って橋の振動データを収集することで、既存の方法よりも安価かつ迅速に橋のコンディションを監視する方法が提案された。 by Tammy Xu23日前
  8. コネクティビティ
    中国テック事情:QR、顔の次は「手のひら」?決済大手が極秘実験
    顔認識やQR決済が普及している中国で、新たに「手のひら認証」の実験が始まっていることが分かった。ウィーチャットの実験の様子がソーシャルメディアの映像で確認できる。by Zeyi Yang25日前
  9. コネクティビティ
    ツイッター、イーロン・マスク買収で100万人規模減少か
    イーロン・マスクによる買収完了を受けて、ツイッターの利用を実際にやめる人が増えているようだ。外部企業の推計では、10月27日から11月1日の間に通常の倍以上のユーザーがツイッターの利用をやめているという。 by Chris Stokel-Walker26日前
  10. コネクティビティ
    主張:イーロン・マスクのツイッター買収、正しい改革を
    イーロン・マスクが、ついにツイッターのCEOになった。就任前からツイッターの改革を公言してきたが、ユーザーからは歓迎されていない。大きな変化を起こす前に、世界的な民主化運動の活動家たちの意見を聞くべきではないだろうか。by Jillian C. York28日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    MITTRが選ぶ、2022年の日本発「U35」イノベーターを発表
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、35歳未満のイノベーターを表彰する「Innovators Under 35 Japan 2022」の受賞者を発表した。 by MIT Technology Review Japan10日前
  2. ビジネス・インパクト
    スパイ扱いで人生を台無しにされた中国系科学者、米商務省と和解
    差別的な捜査によってFBIにスパイ容疑をかけられ、起訴された中国系米国人科学者が、米国政府とこのほど和解した。弁護団は「政府も差別をすれば責任を問われることが明確になった」と話している。 by Eileen Guo13日前
  3. ビジネス・インパクト
    スペースXの通信衛星であるスターリンク衛星群をGPSの代わりに使う研究が発表された。イーロン・マスクCEOが協力を拒否したにもかかわらず、研究者が独自に信号を解析した結果、測位に使えるようにしたという。 by Mark Harris38日前
  4. ビジネス・インパクト
    夜の街を照らす街灯として、ナトリウム照明に代えてLED照明を導入する例が増えている。消費電力が低く、自然環境に優しい選択のように見えるが、一方でLED照明が「光害」を起こしているとの指摘がある。 by Shel Evergreen55日前
  5. ビジネス・インパクト
    人類初のNASA地球防衛実験、小惑星への衝突に成功
    小惑星に探査機を衝突させ、軌道を変更する人類初の惑星防衛システムの試験となる「DART」をNASAが実施した。探査機が狙いどおりに小惑星に衝突する様子を映像で見ることができる。by Rhiannon Williams64日前
  6. ビジネス・インパクト
    NASAより安くて早い民間初の金星探査ミッション、23年打ち上げへ
    生命の存在可能性が注目される金星をいち早く調べようと、ロケット・ラボやMITが民間初の探査ミッションの準備を進めている。NASAやESAも金星探査ミッションを計画中だが、それよりもずっと早く、低コストだ。 by Jonathan O'Callaghan87日前
  7. ビジネス・インパクト
    MITTRが選ぶU35イノベーターはなぜ、社会課題に目を向けたのか?
    MITテクノロジーレビューが選ぶ「Innovators Under 35 Japan」に選ばれた本多達也氏(富士通)、坪井俊輔氏(サグリ代表)、小嶌不二夫氏(ピリカ代表)はそれぞれ異なる立場やテーマで社会的インパクトのある課題解決に取り組んでいる。なぜ、社会課題の解決に取り組むことになったのか? 語り合った。 by Koichi Motoda4カ月前
  8. ビジネス・インパクト
    ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の最初の写真、130億年前の銀河も
    ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)が撮影した画像が初めて公開された。天空の小さな一部を切り取ったこの赤外線画像には、130億年以上前のものと思われる銀河も写っている。by Jonathan O'Callaghan5カ月前
  9. ビジネス・インパクト
    注目の宇宙ベンチャー創業者たちが語った「研究者が起業する価値」
    研究者として優れた業績をあげていた2人はなぜ、起業の道を選んだのか。U35イノベーターとして注目される宇宙テックベンチャーの創業者たちが、研究者自らが事業化に取り組む価値について話し合った。 by Yasuhiro Hatabe5カ月前
  10. ビジネス・インパクト
    MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7刊行に寄せて
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は印刷版マガジン『Vol.7 世界を変える10大技術2022年版』を6月15日に発売した。今号の狙いと主な内容を紹介する。by MIT Technology Review Japan6カ月前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    次世代太陽電池、洋上風力、蓄電池は送電網をどう変えるか?
    すでに再生可能エネルギーの導入は始まっているが、研究所やスタートアップ企業がもたらすさらなる進歩が、技術をさらに前進させる。その前進によって、気候変動の目標を達成することはできるのだろうか。 by Casey Crownhart9日前
  2. 持続可能エネルギー
    気候変動の責任は誰に?3つのグラフから考える
    エジプトで開催された国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)では、気候変動による「損失と損害」を補うための資金調達が初めて議題に加えられた。ここで中心となるのは「気候変動の責任は誰にあるのか」という問いだ。by Casey Crownhart10日前
  3. 持続可能エネルギー
    COP27開幕、単なる「話し合い」に終わらせないために何が必要か
    国連の気候変動会議「COP27」がエジプトで開幕した。COPは気候変動に関心のある人々から大きな注目を浴びてきたものの、単なる話し合いで終わっており、何の成果も得られていないと批判する声が大きくなっている。単なる話し合いで終わらせないためには何が必要なのだろうか。 by Casey Crownhart14日前
  4. 持続可能エネルギー
    テスラ元CTOが作った電池リサイクル工場、間もなく稼働へ
    蓄電池の材料はもうすぐ不足する。レッドウッド・マテリアルズがネバダ州に建設中のリサイクル施設は、使用済み蓄電池から希少金属を回収することを目指している。このような施設が、電池材料の需給ギャップ解消に役立つかもしれない。 by Casey Crownhart15日前
  5. 持続可能エネルギー
    米国政府がバッテリー産業に大規模投資、これまでとの違いは?
    電気自動車の普及に欠かせないバッテリーの国内製造に米国が本腰を入れている。これまでも電池関連メーカーを対象とした助成金制度をいくつも用意してきたが、サプライチェーンの上流への投資を大幅に強化しているのが特徴だ。 by Casey Crownhart16日前
  6. 持続可能エネルギー
    重工業はなぜ、気候問題で「解決困難なセクター」であり続けるのか?
    鉄鋼、セメント、化学薬品、つまり重工業は、全世界の温室効果ガス排出量のうち、相当な割合を占める量を排出している。気候変動を抑制するには、重工業からの排出を抑制する必要があるが、簡単なことではない。 by Casey Crownhart20日前
  7. 持続可能エネルギー
    「洪水に強いイネ」作った遺伝学者が目指す炭素回収の狙い
    人類はこれまで、植物の遺伝子を改変して、収量増加などの恩恵を受けてきた。現在では、技術開発のおかげで遺伝子改変の精度が上がっている。科学者たちは炭素除去にも遺伝子改変を利用しようと取り組んでいる。 by Casey Crownhart23日前
  8. 持続可能エネルギー
    研究室育ちの「培養肉」が食卓に届く日はやってくるか?
    人工的に培養した代替肉の研究が世界中で進んでいる。ただ、解決の目処が立っていない課題は少なくない上に、人工培養肉が消費者に受け入れられるかどうかも疑問だ。 by Jessica Hamzelou27日前
  9. 持続可能エネルギー
    気候変動の解決策として、内燃機関を使用する従来の自動車から、電気自動車への転換が必要とされている。だが、それだけですべての問題が解決するわけではない。大型化をやめ、もっと小さくて安全な車両を推進すべきだ。 by Paris Marx30日前
  10. 持続可能エネルギー
    「投資先なんてないと思っていた」ビル・ゲイツ、気候会議で語る
    ビル・ゲイツは、気候変動に特化した「ブレークスルー・エナジー」ファンドの設立当初、投資先が見つからないことを懸念していたという。同ファンドが主催した会議で、楽観的な見通しを語った。 by James Temple31日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    個人に合わせた脳への電気刺激、うつ病の有望な治療法になる?
    脳の活動を追跡して最適化してくれる埋め込み式の機器の開発が進んでいる。脳に電極を埋め込んで脳の信号を読み取り、うつ状態に向かいそうなときには電気刺激を与えて脳の活動を正常化するというものだ。 by Jessica Hamzelou10日前
  2. 生命の再定義
    「親」とは何か? 生殖医療技術の進歩が問う親子の関係
    生殖医療技術の進歩により、遺伝的な親が4人以上いる子どもが生まれるかもしれない。「親であること」の本当の意味を考え直す必要がありそうだ。 by Jessica Hamzelou16日前
  3. 生命の再定義
    病気の診断に使われる世界保健機関(WHO)の国際疾病分類が今年、およそ30年ぶりに改訂された。改訂版では、「老化」が正式な病気の1つになる見通しだった。最終的には後退したが、医学界からは賛否の声が上がっている。 by Sarah Sloat24日前
  4. 生命の再定義
    人間の脳細胞を移植されたラットはただのラットと呼べるのか?
    「人間の脳細胞を移植された動物は、人間に近い存在になり、より道徳上保護されるべき存在になるかもしれない」。このように予測する科学者もいる。考えを進めると、人間のクローンを作るという話にまで到達してしまう可能性がある難しい問題だ。 by Jessica Hamzelou29日前
  5. 生命の再定義
    解説:ダイエットで減った体重はどこに行ったのか?
    食欲の秋を迎えて、体重を気にし始めている人も多いのではないだろうか。体重が減るとき、その減ったぶんは一体、どこへいくのだろうか。by Bonnie Tsui38日前
  6. 生命の再定義
    「ミツバチの危機」を救うハイテク巣箱とお世話ロボット
    ミツバチの巣の内部状態を監視し、尻振りダンスをして餌場に誘導したり、女王蜂の近くで世話をしたりするロボットを作る研究が欧州で進められている。技術と自然の共生という点で興味深い取り組みだ。 by Elizabeth Preston42日前
  7. 生命の再定義
    人間の神経細胞をラットに移植、脳の6分の1にまで成長
    スタンフォード大学の研究チームは、実験室で培養したヒトの神経細胞の塊(オルガノイド)を生まれたばかりのラットの脳に移植し、ラットと共に成長することを示した。研究チームは人間の脳・神経疾患の研究に役立つとしている。 by Jessica Hamzelou44日前
  8. 生命の再定義
    人体を冷凍保存し、未来に蘇生させるというアイデアは、何十年も消えずに残っている。実現の目処が立っていないにもかかわらず、希望が捨て去られることなく、さらに大きくなっているのはなぜだろうか。by Laurie Clarke45日前
  9. 生命の再定義
    出生前の遺伝子検査が標準的な妊婦健診として普及している米国では、これから産まれてくる子どもの性染色体異常が見つかることが増えてきている。しかし性染色体異常によって、家族と子どもに何が起きるのかを正しく知らせてくれる医師は少なく、不安を与えている。 by Bonnie Rochman50日前
  10. 生命の再定義
    アルゴリズムでインスリン量を自動調整、ハーバード発の人工膵臓
    ハーバード大学などの研究チームが、適応学習アルゴリズムを用いて食事中の炭水化物量を計算し、インスリンを自動注入するデバイスを開発した。患者の負担を減らすと同時に、従来手法より血糖値を下げられることから、患者の生活の質を高めるのに役立ちそうだ。 by Rhiannon Williams62日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    大規模言語モデルの構築に伴い、二酸化炭素が大量に排出される。AIスタートアップ企業ハギング・フェイスは業界で初めて、AIモデル構築のライフサイクル全体における二酸化炭素排出量を推定する手法を考案した。by Melissa Heikkilä13日前
  2. 知性を宿す機械
    機械学習で合金の発見が加速、変わる材料科学のアプローチ
    材料科学分野での機械学習の活用が進んでいる。マックス・プランク研究所による研究では、宇宙から深海まで活用できる可能性のある17種類の新しい金属が発見された。 by Tammy Xu21日前
  3. 知性を宿す機械
    AIの持つバイアスが明らかになるにつれて、倫理的なAIを求める声が高まっている。だが、企業で実際に倫理的AIの実現に向けて取り組んでいる人たちは、十分な支援を受けていないだけでなく、AI業界で疎んじられてさえいる。 by Melissa Heikkilä22日前
  4. 知性を宿す機械
    深層学習でタンパク質設計を支援、創薬や新材料研究を加速
    ワシントン大学の研究者グループが開発した「プロテインMPMM(ProteinMPNN)」は、深層学習を使ってタンパク質の設計を支援することで、がん治療や新材料の研究に役立つ可能性がある。 by Melissa Heikkilä23日前
  5. 知性を宿す機械
    聴くMITTR:AIドライバーは自律車の勢力図を塗り替えるか
    今週のオーディオ・ムック(β)では、AI技術によって完全な自律自動車の実用化を目指すスタートアップ企業の近況をレポートする。 by MIT Technology Review Audio Studio29日前
  6. 知性を宿す機械
    「テスラ死亡事故裁判」から考える、AI社会の法制度のゆくえ
    AIが引き起こした事故は誰が責任を負うのか。迅速な被害者救済が求められる一方で、厳格責任の拡張がイノベーションを委縮させるという指摘もある。AI、ロボット、IoT時代における賠償責任、AI企業の開発リスク等の考え方について、京都大学大学院法学研究科の稲谷龍彦教授が解説する。 by Tatsuhiko Inatani29日前
  7. 知性を宿す機械
    数千機もの小型のドローンが群れとなって協調して行動し、敵地を攻撃するプロジェクトを米軍が進めていることが分かった。ドローンが群れとなって行動すると、戦争の戦い方はどのように変わるのだろうか。 by David Hambling30日前
  8. 知性を宿す機械
    新型コロナとインフルエンザの「ツインデミック」到来に備えよ
    北半球がインフルエンザ・シーズンに突入しようとしている今、新型コロナウイルスの感染者数も再び増加傾向に。「ツインデミック」の到来が懸念される。 by Jessica Hamzelou36日前
  9. 知性を宿す機械
    アレックス・ハンナ——AIの未来のためにグーグルを去った研究者
    「白人問題」でグーグルを退職したアレックス・ハンナ博士は、ティムニット・ゲブル博士の研究所の一員として、白人至上主義を解消するために活動している。by Anmol Irfan38日前
  10. 知性を宿す機械
    バグ報奨金にヒント、「AIのバイアス」を探す競技会始まる
    AIシステムに含まれるバイアスを検出するコンペティション(競技会)が10月20日から11月30日にかけて実施されている。AIが社会のさまざまな局面で利用されるようになった現在、こうした監査の重要性は増している。by Melissa Heikkilä38日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る