KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

Cover Story 空前のAIブームで
激動の半導体チップ業界、
今後を占う4つのトレンド

人工知能(AI)ブームによって、AIモデルの訓練に用いるチップのニーズが急増。各国政府や巨大テック企業、スタートアップ企業などがそれぞれの戦略で、それに応えようと凌ぎを削っている。今後1年のトレンドを解説する。 by James O'Donnell

トップ・ストーリー

  1. さよならAlexa、オープンAIとグーグルのAIアシスタントが超進化
    by James O'Donnell

    グーグルとオープンAIが今週、それぞれ新しいAIアシストタントを発表した。SiriやAlexa(アレクサ)のようなツールからの飛躍的な進歩となる。

  2. 「AIなんて怖くない」ダグラス・ラシュコフが語る真意
    by Keiko Tanaka

    サイバーカルチャーの生き証人であり、長年メディア論を展開してきたダグラス・ラシュコフ氏が来日。AI時代の資本主義のあり方や、人間が安心して生きられる社会のあり方について、斬新な視点から問題提起した。


  3. by Zeyi Yang

    愛する人が亡くなった後の悲しみを乗り越えるために、人工知能(AI)でアバターを生成するサービスが中国で拡大している。

ニュース・フラッシュ

10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
  1. 気候変動/エネルギー
    EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
    電気自動車(EV)用の充電ネットワーク設置を主導してきたテスラは先日、充電部門のメンバー全員を解雇した。充電器の増設はEV普及に不可欠であり、気候変動対策に必要なインフラの構築を特定の企業に依存する危険性を浮き彫りにしている。
  2. 人工知能(AI)
    グーグルが「Astra」発表、AIアシスタントからエージェントへ
    グーグルはAIエージェント「Astra(アストラ)」を発表した。今年後半にリリースされる予定で、AIアシスタントはユーザーの日常生活をサポートするエージェントに進歩する。
  3. 倫理/政策
    グーグル元CEO特別寄稿:米国には「AIアポロ計画」が必要だ
    グーグル元CEOのエリック・シュミットは、アポロ計画が米国を活気づけて宇宙開発競争の勝利をもたらしたように、政府は今すぐ世界トップクラスのコンピューティング・インフラの基礎作りに着手すべきだと主張する。
  4. 人工知能(AI)
    オープンAIが新モデル「GPT-4o」、音声や映像を統合
    オープンAIは、新しいAIモデル「GPT-4o」を発表した。音声や映像を統合し、応答を高速化。無料版ユーザーにも提供する。
  5. ビジネス
    伊藤昌平:社会課題に挑む水中ドローン開発者は「深海」を夢見る探求者
    少人数・低コストで運用可能な小型水中ドローンを開発したFullDepth(フルデプス)の伊藤昌平は、事業を通じて知った多様な水中の課題に挑みながら、「深海を見る」という夢の実現に向けて歩みを進める。
カバーストーリー
気候変動/エネルギー
培養肉や代替畜産物は、持続可能なタンパク質の大量生産に向けた道筋を提供する。これらに本来求めるべきは、安全で美味しく、気候汚染を削減できることであるはずだ。 by James Temple
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
すべてのトピックス Filter
  1. 人工知能(AI)
    予測不能な「AIの欺瞞」、機械がたどり着いた人間をだます行動
    人工知能(AI)がさまざまなケースで、人間が訓練したわけでもないのに、「欺瞞」を実行することをまとめた研究が発表された。しかしAIは決して、人間を欺こうとしているわけではない。人間が設定した目標を、より上手く達成しようとしているだけなのだ。by Rhiannon Williams5日前
  2. 生物工学/医療
    驚きに満ちた脳の「配線図」、グーグルらが史上最高解像度で3D地図化
    ハーバード大とグーグルのチームが、人間の脳細胞間のつながりを高解像度で表した3Dマップを作成した。脳の小さなサンプルを5000の断片にスライスして電子顕微鏡でスキャンし、機械学習を使ってつなぎ合わせた。 by Cassandra Willyard6日前
  3. コンピューティング
    人気の中国語キーボード・アプリ、ほぼすべてに脆弱性が存在
    スマホなどで中国語の入力に使うキーボード・アプリ(IME)のほとんどに入力内容を傍受される脆弱性が存在することが分かった。ファーウェイをのぞくほぼすべての端末にプリインストールされているアプリで見つかったという。by Zeyi Yang8日前
  4. 気候変動/エネルギー
    エネルギー革命の主役に躍り出た蓄電池、押さえておきたいデータ3つ
    蓄電池が電力セクターで急成長し、新規設置容量は前年の2倍に達した。米国ではすでに送電網において存在感を発揮し始めている。 by Casey Crownhart9日前
  5. 人工知能(AI)
    グーグル、AlphaFold 3を発表 生命分子の構造を予測
    グーグル・ディープマインドは、DNAやRNAなどの生命分子の構造と相互作用を予測できるAIモデル「AlphaFold 3」を発表した。創薬および研究分野におけるAIの利用をさらに推進する。 by James O'Donnell9日前
  6. 生物工学/医療
    精子や卵子を使わずに動物を生み出せるのだろうか。フロリダ大学の研究チームは、ウシの幹細胞から作った「合成胚」を使うことで、クローン羊「ドリー」の衝撃に続く「クローニング2.0」の実現を目指している。by Antonio Regalado9日前
  7. 人工知能(AI)
    クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
    マッコウクジラは「コーダ」と呼ばれる短いクリック音のシステムを用いて仲間内でコミュニケーションをとることが知られている。MITの研究チームは、統計モデルを用いた分析で、コーダによるやり取りが文脈に応じて構造化されていることを明らかにした。by Rhiannon Williams10日前
  8. コンピューティング
    半導体製造装置において圧倒的な地位を築いたASML。倒産の危機に見舞われながらも、なぜ成功できたのか。CTO退任直前のマルティン・ファン・デン・ブリンクに話を聞いた。 by James O'Donnell10日前
  9. 気候変動/エネルギー
    主張:地球工学実験、ふわっとした禁止議論に終止符を
    太陽地球工学による気候への介入について、世界中で曖昧な理由による中止や中断が続いている。しかし、コーネル大学のダニエレ・ビジョニ助教授は、より多くの情報に基づいた決断を下すためには、透明性、国際協力、市民参加を促進しながら、屋外試験を含めた研究が必要だと主張する。 by Daniele Visioni11日前
  10. 人工知能(AI)
    「自動運転2.0」アーカイブ配信(チューリング 青木俊介CTO)
    生成AIは停滞する自動運転業界の突破口になるのか。MITテクノロジーレビューが4月24日に開催したイベントのアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 by MIT Technology Review Event Producer11日前
  1. 人工知能(AI)
    予測不能な「AIの欺瞞」、機械がたどり着いた人間をだます行動
    人工知能(AI)がさまざまなケースで、人間が訓練したわけでもないのに、「欺瞞」を実行することをまとめた研究が発表された。しかしAIは決して、人間を欺こうとしているわけではない。人間が設定した目標を、より上手く達成しようとしているだけなのだ。by Rhiannon Williams5日前
  2. 人工知能(AI)
    グーグル、AlphaFold 3を発表 生命分子の構造を予測
    グーグル・ディープマインドは、DNAやRNAなどの生命分子の構造と相互作用を予測できるAIモデル「AlphaFold 3」を発表した。創薬および研究分野におけるAIの利用をさらに推進する。 by James O'Donnell9日前
  3. 人工知能(AI)
    クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
    マッコウクジラは「コーダ」と呼ばれる短いクリック音のシステムを用いて仲間内でコミュニケーションをとることが知られている。MITの研究チームは、統計モデルを用いた分析で、コーダによるやり取りが文脈に応じて構造化されていることを明らかにした。by Rhiannon Williams10日前
  4. 人工知能(AI)
    「自動運転2.0」アーカイブ配信(チューリング 青木俊介CTO)
    生成AIは停滞する自動運転業界の突破口になるのか。MITテクノロジーレビューが4月24日に開催したイベントのアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 by MIT Technology Review Event Producer11日前
  5. 人工知能(AI)
    故人のSNSもAI訓練に?「球切れ」で過熱するデータ争奪戦
    生成AIブームによってデータ争奪戦が激しさを増している。ネットから無料で収集できる訓練データが枯渇しつつある今、テック企業は新たな金鉱を探している。 by Melissa Heikkilä11日前
  6. 人工知能(AI)
    サム・アルトマンが語った
    スマホ超えAIツールの姿
    「人生を完全に把握」
    MITテクノロジーレビューの取材に応じたオープンAIのサム・アルトマンCEOは、あらゆる面で個人を支援するAIのビジョンを語った。アルトマンCEOが「超優秀な同僚」と表現するAIは、スマホ以上に日常生活に深く組み込まれるようになるという。 by James O'Donnell11日前
  7. 人工知能(AI)
    英国のユニコーン企業が提供する、最新の生成AI技術でアバター動画を作成するサービスを本誌記者が体験。記者が書いたニュースを読み上げてもらった。現実と区別がつかないほどのリアルな生成動画は、社会の混乱を招きかねない。 by Melissa Heikkilä12日前
  8. 人工知能(AI)
    AIアバターやエージェント、EmTechで印象に残ったこと3つ
    MITテクノロジーレビューが4月にロンドンで開催したカンファレンスでは、より優れたAIアバターやAIエージェントなど、AIの今後の展開に関する知見が得られた。 by Melissa Heikkilä17日前
  9. 人工知能(AI)
    解説:米国がイスラエル、
    ウクライナ、台湾に提供する
    防衛技術はこれだ
    イスラエルやウクライナ、台湾への軍事支援を含む950億ドルの包括的支援計画が米国議会で可決された。今回の支援において重要になる4つの軍事技術について専門家が解説する。by James O'Donnell17日前
  10. 人工知能(AI)
    AIチャットボット向け「うそ発見器」、LLMの幻覚見抜く
    チャットGPTのような大規模言語モデルを企業で利用する際に問題となるのが、ハルシネーション(幻覚)だ。MIT発のスタートアップは、モデルの回答がどの程度信頼できるかを示すツールを開発した。 by Will Douglas Heaven18日前
  11. さらに表示する
  1. 生物工学/医療
    驚きに満ちた脳の「配線図」、グーグルらが史上最高解像度で3D地図化
    ハーバード大とグーグルのチームが、人間の脳細胞間のつながりを高解像度で表した3Dマップを作成した。脳の小さなサンプルを5000の断片にスライスして電子顕微鏡でスキャンし、機械学習を使ってつなぎ合わせた。 by Cassandra Willyard6日前
  2. 生物工学/医療
    精子や卵子を使わずに動物を生み出せるのだろうか。フロリダ大学の研究チームは、ウシの幹細胞から作った「合成胚」を使うことで、クローン羊「ドリー」の衝撃に続く「クローニング2.0」の実現を目指している。by Antonio Regalado9日前
  3. 生物工学/医療
    がん治療のルネサンス到来か、個別化mRNAワクチンの朗報続く
    研究者らはこれまで、がんワクチンについて長年研究してきたが、はかばかしい成果は得られなかった。だが、コロナ禍におけるmRNAワクチンの急速な進歩により、ようやく転換期に差し掛かろうとしている可能性がある。by Cassandra Willyard13日前
  4. 生物工学/医療
    ブタの腎臓を人間に移植、1カ所の遺伝子改変で拒絶反応を抑制
    ニューヨーク大学の研究チームは、人間にブタの腎臓を移植する外科手術に成功した。今回の移植は米国内で2例目であり、拒絶反応を抑えるために、遺伝子を1カ所編集したブタの臓器を使った。by Cassandra Willyard19日前
  5. 生物工学/医療
    家庭で育てる遺伝子組換え植物「光るペチュニア」を買ってみた
    家庭で育てる遺伝子組換え植物、「ホタル・ペチュニア」の売れ行きが米国で好調だという。購入者がどのように感じているのか、評判を探ってみた。 by Antonio Regalado19日前
  6. 生物工学/医療
    ニューラリンクだけじゃない、脳インターフェイス技術の注目企業
    脳コンピューター・インターフェイスの分野では、イーロン・マスク率いるニューラリンク(Neuralink)が話題になることが多い。だが、他の有望企業もそれぞれ独自のアプローチで開発を進めている。 by Cassandra Willyard27日前
  7. 生物工学/医療
    難治性がん治療で期待も、超高額なCAR-T療法を安くする方法
    米国食品医薬品局(FDA)は難治性がんの治療法として期待されているCAR-T療法を2次治療として承認し、最初の再発後に使えるようにした。課題は超高額な費用。CAR-T療法の費用を抑える方法はないのだろうか。 by Cassandra Willyard32日前
  8. 生物工学/医療
    デング熱撲滅へ、ブラジルで「細菌に感染した蚊」を放出中
    ブラジルでデング熱の患者が急増している中、細菌により同病気の感染力を低下させた蚊を人工的に繁殖させて放出する試みが進んでおり、一部の地域で功を奏しつつある。 by Cassandra Willyard34日前
  9. 生物工学/医療
    てんかんの治療法を根本から変えるか? 脳細胞移植の可能性
    胚性幹細胞(ES細胞)を使った研究は誇大広告ばかりで、医療への応用はまだ確立していない。ノイロナ・セラピューティクスのてんかん治療は、幹細胞テクノロジーのブレークスルーになるかもしれない。 by Antonio Regalado37日前
  10. 生物工学/医療
    鳥インフルのヒト感染、いま知っておくべきこと
    米国テキサス州において、牛と酪農従事者への鳥インフルエンザ感染事例が新たに報告された。鳥インフルエンザのヒトへの感染について過度に恐れる必要はないが、より良い戦略を設ける必要性を浮き彫りにしている。 by Cassandra Willyard40日前
  11. さらに表示する
  1. 気候変動/エネルギー
    エネルギー革命の主役に躍り出た蓄電池、押さえておきたいデータ3つ
    蓄電池が電力セクターで急成長し、新規設置容量は前年の2倍に達した。米国ではすでに送電網において存在感を発揮し始めている。 by Casey Crownhart9日前
  2. 気候変動/エネルギー
    主張:地球工学実験、ふわっとした禁止議論に終止符を
    太陽地球工学による気候への介入について、世界中で曖昧な理由による中止や中断が続いている。しかし、コーネル大学のダニエレ・ビジョニ助教授は、より多くの情報に基づいた決断を下すためには、透明性、国際協力、市民参加を促進しながら、屋外試験を含めた研究が必要だと主張する。 by Daniele Visioni11日前
  3. 気候変動/エネルギー
    クリーン・エネ転換で採掘負荷は大幅減、石炭の20分の1
    低排出エネルギーへの移行は化石燃料に比べ鉱物採掘を大幅に削減できることが分かった。ただし、採掘の環境・社会への影響を最小化することが不可欠だ。 by Casey Crownhart12日前
  4. 気候変動/エネルギー
    持続可能な方法で生産されたトウモロコシを使用するエタノールは、米国政府から多額の税控除を受けられるようになった。しかし、航空燃料として使うことによる二酸化炭素排出抑制の効果には懐疑的な声もある。 by James Temple13日前
  5. 気候変動/エネルギー
    水素は万能か? 脱炭素のための現実的な利用法
    水素は地球温暖化ガスの排出量を削減するためのツールとして、多用途での利用が期待されてきた。だが、ここに来て、クリーンな水素をどの用途に使うかが重要だと考えられるようになってきた。by Casey Crownhart17日前
  6. 気候変動/エネルギー
    本誌読者が選んだ注目技術「熱電池」、その仕組みと作り方
    エネルギーを熱として貯蔵する「熱電池」システムは、重工業の産業施設などから排出される地球温暖化ガスの削減に役立つ可能性がある。現在登場しているさまざまな種類の熱電池について詳しく見ていこう。by Casey Crownhart23日前
  7. 気候変動/エネルギー
    絶滅に瀕するアザラシを救う、人工雪だまり作戦が温暖化でピンチ
    フィンランドの研究チームはこの10年、絶滅の危機に瀕しているアザラシを保護するため、湖の氷の上に雪を押し固めた人工シェルターを作って繁殖の手助けをしてきた。だが、昨今の世界的な気温上昇で、湖が雪と氷で覆われなくなることが予測されている。 by Matthew Ponsford25日前
  8. 気候変動/エネルギー
    鉄道の脱炭素化の一環として、水素燃料電池で走る旅客列車が年内にも米国内で初めて運行を開始する。だが、架線による電化を推進する団体からは、環境面でもコスト面でも問題があるとして水素電車の導入に反対する声もある。 by Benjamin Schneider26日前
  9. 気候変動/エネルギー
    低コストで即効性あり、飛行機のルート見直しが温暖化対策になる理由
    最近の研究で、ルートの変更は比較的手頃なコストで行える可能性があることが明らかになった。 by James Temple31日前
  10. 気候変動/エネルギー
    地球温暖化対策として成層圏に粒子を散布しようとしたハーバード大学の10年越しの太陽地球工学実験は、各方面で物議を醸し、ついに断念せざるを得なくなった。プロジェクトを主導した教授や関係者が、今回の顛末から得られた教訓を語った。 by James Temple31日前
  11. さらに表示する
  1. コンピューティング
    人気の中国語キーボード・アプリ、ほぼすべてに脆弱性が存在
    スマホなどで中国語の入力に使うキーボード・アプリ(IME)のほとんどに入力内容を傍受される脆弱性が存在することが分かった。ファーウェイをのぞくほぼすべての端末にプリインストールされているアプリで見つかったという。by Zeyi Yang8日前
  2. コンピューティング
    半導体製造装置において圧倒的な地位を築いたASML。倒産の危機に見舞われながらも、なぜ成功できたのか。CTO退任直前のマルティン・ファン・デン・ブリンクに話を聞いた。 by James O'Donnell10日前
  3. コンピューティング
    第7の大陸、南極は常に荒涼とした、世界と断絶した場所だった。イーロン・マスク率いるスターリンクの衛星インターネットはそれを変えようとしている。 by Allegra Rosenberg25日前
  4. コンピューティング
    AI技術の進化に伴い、「ユーザー」という言葉の再考が求められている。テクノロジーとの関わりをより人間味のある形で表現する新たな用語への転換が提案されている。 by Taylor Majewski26日前
  5. コンピューティング
    中国テック事情:チップ国産化推進で、打倒「味の素」の動き
    米国の経済制裁を受けて半導体チップの国産化を目指す中国は、日本企業である「味の素」が市場を独占する半導体部品への依存を減らすために新材料の開発を進めている。だが、長年続いてきた同社の牙城を崩すことは、容易ではないだろう。 by Zeyi Yang30日前
  6. コンピューティング
    半導体で使われる誘電体フィルム市場の90%以上を握る味の素。この牙城を狙って、米国のスタートアップが参入を計画している。AIブームで高まる需要と、米国で昨年成立した半導体・科学法(CHIPS法)が追い風だ。 by James O'Donnell33日前
  7. コンピューティング
    「アクセシビリティとテクノロジー 」アーカイブ配信(Syrinx)
    最先端のアクセシビリティ支援ツールはどこまで進歩し、どのような支援を可能にするのか。MITテクノロジーレビューが3月14日に開催したイベントのアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 by MIT Technology Review Event Producer39日前
  8. コンピューティング
    VR乗っ取るインセプション攻撃、没入感を悪用 なりすましも
    メタのVRヘッドセットの脆弱性を利用して、ユーザーの見る画面や操作を乗っ取り、機密情報を盗んだり、やり取りを改変したりできることが新研究でわかった。ボランティアによるテストでは、この攻撃に気づいたものはほとんどいなかったという。by Melissa Heikkilä54日前
  9. コンピューティング
    CTOが語る、生成AI時代のウィキペディアの変わらぬ価値
    生成AIが隆盛を極める中、ウィキメディア財団で最高製品技術責任者を務めるセレナ・デッケルマンは、多くのボランティアのエコシステムと持続可能性を中心に据えた活動を展開している。 by Rebecca Ackermann72日前
  10. コンピューティング
    チューリング賞を受賞した理論計算機科学者のマヌエル・ブラム博士は、多くのスーパースターを生み出してきた伝説の指導教授としての顔を持つ。多くの教え子たちの証言から得られたのは、「優しさが偉大さを生む」ことの証拠だった。 by Sheon Han75日前
  11. さらに表示する
  1. 宇宙
    宇宙を舞台に事業を展開する企業が増える中、太陽嵐による人工衛星の軌道乱れは避けられない課題だ。太陽活動が活発化する今後数年、さらに深刻な事態に備える必要がある。 by Tereza Pultarova34日前
  2. 宇宙
    森田直人:高度20kmから常時観測、「疑似衛星」に飛び方を教える
    旅客機を超える高度20キロメートルの成層圏に常に滞空し、通信や災害時の地球観測に活躍する無人航空機の技術が注目されている。海外企業が技術開発で先行する中で、日本発の機体開発に取り組む研究者が森田直人だ。 by Ayano Akiyama52日前
  3. 宇宙
    「日食への旅」MIT初代学部長が残した124年前の記録
    北米大陸では2024年4月8日、皆既日食を観測できる。124年前、MITの初代学部長らのチームが、皆既日食を観測するために大量の機器を携えて遠征した時代に思いを馳せつつ、楽しみに待つことにしよう。by Bill Gourgey74日前
  4. 宇宙
    「宇宙ゴミ」除去へ一歩、
    日本企業とJAXAが挑む
    史上初のミッション始まる
    地球軌道上に大量にあるスペースデブリは、人工衛星や宇宙船と衝突したら大惨事を起こしかねない。JAXAのプロジェクトの一環で打ち上げられた日本企業アストロスケールの人工衛星は、デブリ回収へ向けた一歩を踏み出した。 by Jonathan O'Callaghan79日前
  5. 宇宙
    ケンプス・ランドン:ロケット「相乗り」時代を開拓する起業家
    北海道大学発のスタートアップ「Letara(レタラ)」の共同代表であるケンプス・ランドンは、安全かつ高推力の小型宇宙機用キックモーターを開発し、宇宙における人類の経済圏・生活圏を切り拓く上で欠かせない存在にしたいと考えている。 by Yasuhiro Hatabe3カ月前
  6. 宇宙
    宇宙旅行が一般的になる時代に備えて、あるスタートアップ企業は宇宙での体外受精(IVF)実験に挑戦しようとしている。宇宙への移住は可能になるのだろうか。 by Scott Solomon4カ月前
  7. 宇宙
    宇宙は現在、星や銀河、生命で溢れかえっている。しかし、それは当初存在していた物質の量が反物質の量よりもわずかに多かったからに過ぎない。この不均衡はどうして起こったのか、科学者たちは答えを探し続けている。by Adam Becker5カ月前
  8. 宇宙
    地球外生命体は存在するのだろうか? 科学者たちは宇宙望遠鏡で多数の太陽系惑星を発見し、さまざまなデータを得たが、痕跡はまだ見つかっていない。機械学習に基づく、先入観を超えたアプローチが決め手となるかもしれない。by Adam Mann6カ月前
  9. 宇宙
    MITTR、宇宙✗ディープテックをテーマにしたカンファレンス
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、宇宙とディープテックをテーマにしたカンファレンス・イベント「SPACE meets DEEPTECH 〜近づく、宇宙と地上のテクノロジー〜」を、2023年11月30日に初開催する。 by MIT Technology Review Event Producer6カ月前
  10. 宇宙
    11月最終週は日本橋へ、アジア最大級の宇宙ビジネスイベント
    アジア最大級の宇宙ビジネス・イベント「NIHONBASHI SPACE WEEK(日本橋スペースウィーク)」が、2023年11月27日から12月1日にかけて開催される。 by MIT Technology Review Brand Studio6カ月前
  11. さらに表示する
  1. 倫理/政策
    中国テック事情:「ティックトック禁止」が意味する憂鬱な真実
    ティックトックに売却か禁止かを迫る法案が米国議会で可決された。このニュースは、グローバル展開を望む他の中国企業に冷酷で厳しい真実を突き付けている。 by Zeyi Yang16日前
  2. 倫理/政策
    米国では州によって警察官へのボディ・カメラの着用が義務付けられている。だが、カメラで記録された映像のほとんどは見られておらず、活用されていないのが現実だ。映像や音声を分析するAIの導入は、警察活動の透明性向上に役立つか。 by Patrick Sisson18日前
  3. 倫理/政策
    思想を操り、愛するものさえ嫌悪させるーー洗脳の科学的手法への夢は、冷戦下の米国をとりこにした。中国共産党による洗脳の存在を警告した報告は、CIAに大規模な精神支配プログラムを走らせる口実を与えた。しかし、その実態は中世の拷問に過ぎず、結局は虚構の脅威に過ぎなかった。 by Annalee Newitz31日前
  4. 倫理/政策
    バイデン政権が進める「介入条項」の適用拡大により、米国のイノベーションを支えてきたバイドール法は危機を迎えている。長らくMITの技術移転オフィスの責任者を務めたリタ・ネルセン氏による寄稿。 by Lita Nelsen34日前
  5. 倫理/政策
    中国テック事情:市場心理を手玉に取る、中国政府のしたたかさ
    中国政府は市場の過剰反応を利用して企業に罰金以上のダメージを与える手法をとってきた。だが、今後はもっとソフトなアプローチに代わっていくかもしれない。 by Zeyi Yang35日前
  6. 倫理/政策
    中国の政府は、国内のテック企業を厳しく規制していると思われがちだ。だが、香港大学のアンジェラ・フユエ・チャン准教授によると、政府の規制は国内産業の成長を維持するために、意図的に緩められていることがあるという。 by Zeyi Yang37日前
  7. 倫理/政策
    アフリカにおいても人工知能(AI)は大陸全土へ拡大しつつあり、全体としての政策や戦略を作ろうとする動きが進んでいる。だが一方で、アフリカにおいてAIは未だ発展途上であり、規制によって普及が遅れる可能性を懸念する声もある。by Abdullahi Tsanni58日前
  8. 倫理/政策
    危機の子どもたちを救う
    リモート幼児教育、
    シリア難民キャンプの事例
    シリア難民キャンプの未就学児を対象とした学習プログラムで、リモート学習は対面教育と同等の成果を出せることが分かった。教育の未来における重要な一歩だ。 by Anya Kamenetz66日前
  9. 倫理/政策
    中国テック事情:ついにEVも「脅威」になった米国の政治的事情
    米国のバイデン大統領は、中国製電気自動車(EV)が米国の安全保障上の脅威になり得るとしてリスクを調査すると発表した。しかし、米国でほとんど売れていない中国車がターゲットにされたのは別の理由がありそうだ。 by Zeyi Yang73日前
  10. 倫理/政策
    ローテク、アナログ……
    ニューヨーク市が見出した
    行政DXへの1つの答え
    ニューヨーク市は、複雑な社会問題に対して新たなアプローチで取り組んでいる。ただし、人々が期待するようなやり方でではない。 by Tate Ryan-Mosley89日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス
    中国テック事情:スタートアップの主役、ネットから気候テックに
    中国の産業界において、消費者向け巨大テック企業が世界的な表舞台のスポットライトから退く中で、気候テック企業が隆盛してきている。だが、米国と中国が緊張関係にある現在、こうした企業は米国内で政治的な反感を買いやすい状況にある。by Zeyi Yang12日前
  2. ビジネス
    eムック「世界を変える10大技術[2024年版]」特集号
    MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.60 / 2024.04をリリースした。「世界を変える10大技術[2024年版]」特集をお届けする。 by MIT Technology Review Japan19日前
  3. ビジネス
    建築家のエミリー・ベイカーが開発した構造システムは、さまざまな用途への応用が期待されている。建築分野をはじめ、宇宙開発や災害復興でのシェルターの構築でも利用できるかもしれない。 by Sofi Thanhauser19日前
  4. ビジネス
    中国が圧倒的シェアを占める太陽光パネルの生産を米国に移す動きが現実化してきた。大手メーカー、カナディアン・ソーラーの創業者は、米インフレ抑制法のインセンティブは、製造コストのギャップを埋めるのに十分だという。 by Zeyi Yang23日前
  5. ビジネス
    米ヤフーが設立した人権基金は、中国の反体制派を支援する目的で設立された。だが、その不明瞭な資金の動きに対する訴訟では、実際の支援に用いられた資金はごくわずかだった可能性が明らかになっている。by Eileen Guo28日前
  6. ビジネス
    「日本発・世界を変えるU35イノベーター」特集号(無料公開)
    MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.59 / 2024.03をリリースした。「日本発・世界を変えるU35イノベーター」特集の本号は、非会員/無料会員にも全ページ無料で公開する。 by MIT Technology Review Japan51日前
  7. ビジネス
    米重克洋:記者不在の通信社がテクノロジーで挑む、報道の構造問題
    記者がいない、エンジニア中心のJX通信社を創業した米重克洋は、生成AIにより大量生産されるデマやフェイクニュースに対し、テクノロジーの力によって報道の「構造」を変えることで立ち向かおうとしている。 by Yasuhiro Hatabe61日前
  8. ビジネス
    ブームに沸いたクリーンテック1.0の破綻から10年、米インフレ抑制法などを背景に気候分野のスタートアップが再び活況を呈している。クリーンテック2.0と呼ばれる新たな波は、過去の失敗を乗り越えられるか。 by David Rotman61日前
  9. ビジネス
    生成AIは雇用を奪うのか?
    MIT学長が書いた
    85年前の記事に学べること
    1938年のMITテクノロジーレビューの記事で、当時のMITの学長は、技術の進歩は雇用の減少を意味しないと主張した。現在でも、その主張は基本的に正しいと言える。by David Rotman80日前
  10. ビジネス
    eムック Vol.58「テクノロジーと倫理」特集号
    MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.58 / 2024.02をリリースした。『テクノロジーと倫理 問われる「責任ある進歩」』特集をお届けする。by MIT Technology Review Japan81日前
  11. さらに表示する
  1. カルチャー
    人はなぜ鳥を目指すのか? 神話から学んだテクノロジーのこと
    ギリシャ神話の物語が始まった35世紀前でさえ、人々はテクノジーを用いて肉体的な制限の克服を夢見ていた。そして、それが現代の気候問題の研究へとつながるとは、誰も想像できなかったろう。by Bill Gourgey16日前
  2. カルチャー
    中国テック事情:中身すかすか、AI系インフルエンサーに制裁
    中国のAI系インフルエンサーが、中身の薄いオンライン講座を売りさばいて膨大な利益を上げている。稼ぎの舞台となったソーシャルメディアは、検索の対象から外すなどの対抗措置に出ている。by Zeyi Yang33日前
  3. カルチャー
    台湾でのスレッズ人気、メタの意図に反して政治ネタが受ける
    メタの新しいSNS「スレッズ(Threads)」が予想外の人気を博しているのは、意外にも台湾だった。メタは推奨していないが、「政治問題を自由に議論できる場」として人気を集めている。 by Zeyi Yang42日前
  4. カルチャー
    スレッズが台湾で人気爆発、
    その不思議な理由とは?
    総統選挙をきっかけに、台湾でソーシャルネットワーク「スレッズ」が予想外のヒット。その勢いは選挙終了後も続いている。なぜ人気なのか。 by Zeyi Yang44日前
  5. カルチャー
    中国テック事情:低予算で世界を狙う、中国発短編ドラマ
    中国では1話2分の短編ドラマが人気だ。フレックスTV(FlexTV)は制作予算を低く抑えるため、タイやフィリピンといった国々の活気ある英語圏のクリエイティブ・コミュニティを活用している。 by Zeyi Yang68日前
  6. カルチャー
    スマホに最適化された2分間の短編ドラマを配信する「フレックスTV(FlexTV)」が中国で大人気だ。低予算・短期間で制作され、視聴者の感情を揺さぶる「TikTok時代の昼ドラ」は世界を席巻するか。 by Zeyi Yang72日前
  7. カルチャー
    自宅で巨匠の演奏を、スタインウェイ新技術が拓く未来の音楽体験
    グランドピアノのメーカーであるスタインウェイが開発した自動演奏技術は、目前で名ピアニストの生演奏を聴いているかのような体験ができる。 by Seth Mnookin80日前
  8. カルチャー
    「インターネット」の直し方
    インターネットの黎明期、現在のような状況を誰も想像していなかったし、望んでもいなかった。ネット上の人々の言動を改善したいのであれば、プラットフォームの枠を超えて行動する必要がある。 by Katie Notopoulos87日前
  9. カルチャー
    2024年版ブレークスルー・テクノロジー10:Twitterキラー
    イーロン・マスクによる買収以降、何百万人ものユーザーが「鳥マークのサイト」から逃げ出し、非中央集権型のソーシャルメディア・サービスに群がっている。by Mat Honan4カ月前
  10. カルチャー
    略奪されたアフリカの遺産、オンライン・アートカタログで復活
    19世紀後半の英国のベナン王国侵略で強奪され、グローバルノースに散在している美術品のデジタルカタログを作成する取り組みが進んでいる。取り組みの主催者は、美術品そのものの返還の第一歩になることを願っている。by Gouri Sharma4カ月前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る