KADOKAWA Technology Review
×

ジェイムズ・ウェッブ
宇宙望遠鏡が開く
天文学の新時代

ハッブル宇宙望遠鏡の100倍の感度を持つジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が2022年7月に本格運用を開始した。連日大量に送られてくるデータによって、おどろくべき新発見が矢継ぎ早に報告されている。 by Jonathan O'Callaghan

ニュース・フラッシュ

トップ・ストーリー


  1. by Melissa Heikkilä

    メリーランド大学の研究チームは、AIが書いた文章を見分ける「電子透かしアルゴリズム」を開発し、オープンソース言語モデルに実装して有効性を確認した。盗作の検出やネット上のボット対策に利用できるかもしれない。

  2. 世界の「再エネ化」を進める材料、地球上に十分に存在
    by Casey Crownhart

    気候変動対策のためのインフラを構築するためには材料が必要だ。新たな研究によって、それらの材料の埋蔵量は十分であることが明らかになった。だが、採掘・加工に伴う、重大な社会的・環境的課題が指摘されている。

  3. 格安ドローンで変わる戦争、異変は「ウクライナ以前」から
    by Kelsey D. Atherton

    従来よりも安価な軍事用ドローンや、市販のホビー機を改造したドローンが戦争で使われるようになっている。2022年のロシアによるウクライナ侵攻で注目を浴びたが、それ以前から異変は起きていた。

2023年のテクノロジー大予測

2023年のテクノロジーはどう動くのか? AIから量子コンピューター、宇宙開発、mRNAワクチンまで、重要トレンドをMITテクノロジーレビューが徹底予測。各分野の専門家や有力プレイヤーへの取材をもとに、技術・資金・政策などの多角的な視点で解説する。

記事一覧を見る
  1. 知性を宿す機械
    2023年、EUのAI規制は「生成AI」ブームをどう変えるか?
    2022年は、ステーブル・ディフュージョンやチャットGPTなどの「生成AI」が人々を驚かせた年になった。2023年にAIの世界はどのように変わるのだろうか。EUのAI規制の行方にも注目だ。
  2. コネクティビティ
    中国テック事情:中国を出た記者がEC「爆買い」をやめた理由
    世界的なEC大国・中国ではあらゆるものがネットで格安で手に入る。4年前に米国へ移住した記者は、ネットショッピングの習慣を見直すことにした。
  3. 知性を宿す機械
    GAFAレイオフでも「AI冬の時代」が再来しない理由
    アルファベット、アマゾン、メタ、マイクロソフト、ツイッターなど世界的な巨大テック企業が大規模な人員削減計画を発表している。それでも、AIの世界では依然として好況が続いている。この好況はいつまで続き、その後に何が起こるのだろうか。
  4. コネクティビティ
    チャットGPTはパーソナルトレーナーになるか? 実際に試してみた
    オープンAIの大規模言語モデル「チャットGPT」のさまざまな用途がネット上では話題だ。中にはチャットGPTをフィットネスの計画作成に使っている人もいるが、あまり真に受けない方が良さそうだ。
  5. 知性を宿す機械
    脳インターフェイスで「分速62語」の新記録、自然な会話に近づく
    スタンフォード大学の研究チームが脳インターフェイスで新記録を達成した。言語発話能力を失った人々が、通常の会話とほぼ変わらない速度で「話す」ことが可能になるかもしれない。
カバーストーリー
生命の再定義
自身の死後に遺体を研究機関などに寄贈する「献体」という制度がある。この制度を通して受け取った遺体を、研究者や学生がどのようなことに使っているのか。そして、どのように扱っているのか。実態を知るために、「ボディ・ファーム(死体農場)」と解剖学研究室を訪れた。 by Abby Ohlheiser
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9量子時代のコンピューティング

グーグルやIBMなどの巨大テック企業からベンチャーまで、世界的な開発競争が加速する「量子コンピューター」を中心に、コンピューティングの動向を取り上げる。

詳細を見る
すべてのトピックス Filter
  1. 持続可能エネルギー
    太陽地球工学の実験として成層圏に反射粒子を放出しようとしたスタートアップ企業の試みの後、実験の現場となったメキシコの政府は太陽地球工学の実験を禁止する計画を発表。科学者たちに難しい問題を提起した。by James Temple12日前
  2. コネクティビティ
    オープン標準「RISC-V」はチップ業界の勢力図を塗り替えるか?
    オープン標準の命令セット・アーキテクチャである「RISC-V」が近年、人気を集めつつある。RISC-Vはチップ業界の勢力図を一変させることになるのだろうか。 by Sophia Chen12日前
  3. ビジネス・インパクト
    NASAは、アルテミス計画で2025年までに人類を再び月面に送ることを目指している。だが、政治的思惑に基づいて紆余曲折を経て決まった同計画は、アポロ計画に比べて、正確さや機敏さ、そして資金提供の面ではるかに劣っている。 by Rebecca Boyle13日前
  4. 持続可能エネルギー
    テスラの初代CTOを務めたJ. B. ストラウベルは同社を退職後、バッテリー・リサイクルの企業であるレッドウッド・マテリアルズを立ち上げた。課題と今後の展望について話を聞いた。 by Casey Crownhart14日前
  5. 生命の再定義
    時差ぼけ、夜勤——概日時計の狂いを調整する薬は実現するか?
    ヒトの身体は、大まかに24時間周期のリズムに従って動いている。24時間周期のリズムを作り出すのが「概日時計」だ。概日時計を薬で調節できたら、シフト勤務や時差ぼけでリズムを崩しやすい人々にとって朗報となるだろう。 by Jessica Hamzelou14日前
  6. ビジネス・インパクト
    トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
    ハイブリッド車で世界をゼロエミッションにはできないが、気候変動への影響を多少なりとも緩和できる。世界はガソリンを使う車両の排除に向かっているが、トヨタは今後しばらく、ハイブリット車にも需要があると賭けている。 by Casey Crownhart15日前
  7. 持続可能エネルギー
    野生生物横断路は車にひかれる生物を減らすが、横断路が本当に生物保護に貢献しているという確定的な研究はまだない。だが、あっというまに絶滅してしまう種がある現代、研究が終わるまで待っている余裕はない。by Matthew Ponsford15日前
  8. 生命の再定義
    ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
    遺伝子編集によってワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生した。病気への抵抗力が高く、養殖における死亡率を下げ、廃棄量を減らせる可能性があるという。by Jessica Hamzelou18日前
  9. コネクティビティ
    中国テック事情:「コロナ治療薬」求めネット詐欺が横行
    ゼロコロナ政策に固執していた中国が、その姿勢を突然転換した結果、新型コロナウイルスの感染者が急増している。重症化を防ぐ効果が高いとされる治療薬「パキロビッド」をめぐって、ネット詐欺師も急増している。 by Zeyi Yang19日前
  10. 持続可能エネルギー
    リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
    電気自動車から再生可能エネルギーの貯蔵まで、バッテリーの重要性がますます高まっている。2023年は米国政府の大型投資に後押しされた、新たな電池技術の登場と生産増が期待される。by Casey Crownhart20日前
  1. コネクティビティ
    オープン標準「RISC-V」はチップ業界の勢力図を塗り替えるか?
    オープン標準の命令セット・アーキテクチャである「RISC-V」が近年、人気を集めつつある。RISC-Vはチップ業界の勢力図を一変させることになるのだろうか。 by Sophia Chen12日前
  2. コネクティビティ
    中国テック事情:「コロナ治療薬」求めネット詐欺が横行
    ゼロコロナ政策に固執していた中国が、その姿勢を突然転換した結果、新型コロナウイルスの感染者が急増している。重症化を防ぐ効果が高いとされる治療薬「パキロビッド」をめぐって、ネット詐欺師も急増している。 by Zeyi Yang19日前
  3. コネクティビティ
    もう1人の自分になれる——メタバースでスタイリストが活躍中
    ハイブランドのファッション・ショーなどを見ると、驚くような奇抜な衣装が登場することがある。実際にそれを着て街を歩くことは難しいが、メタバースの世界では真の意味で自由に着飾れる。 by Tanya Basu21日前
  4. コネクティビティ
    量子コンピューティング分野における2023年は、量子ビット数の新記録を樹立する競争から脱却して、実用的なハードウェアと長期的な目標を優先する年となるだろう。by Michael Brooks21日前
  5. コネクティビティ
    サウジアラビア皇太子肝いりのSF的な大規模都市「ザ・ライン(The Line)」の建設状況は、グーグル・マップなどでは今のところ確認できない。MITテクノロジーレビューはオーストリア企業から衛星画像を入手し、工事が進んでいることを確認した。 by Mark Harris22日前
  6. コネクティビティ
    米地方警察で進む透明性な監視テクノロジー導入、テロ対策名目で
    米国の地方警察が、テロ対策を目的とする連邦政府の助成金によって、監視テクノロジーの導入を進めていることが分かった。使途を明確に開示する必要がないことから、不透明な状況にある。 by Tate Ryan-Mosley26日前
  7. コネクティビティ
    アマゾンのインターホンで撮った短編動画が人気、テレビ番組化も
    玄関先に取り付けられたテレビ・ドアホン(カメラ付きインターホン)が捉えた映像を面白おかしく紹介する番組「リング・ネーション」が米国で放送されている。アマゾンのテレビ・ドアホンを一般家庭に広く普及させることが番組の狙いだ。 by Abby Ohlheiser32日前
  8. コネクティビティ
    露ウクライナ侵攻で激動、
    サイバーセキュリティは
    2023年こうなる
    2022年もランサムウェアによる被害は絶えず、病院や学校、政府機関などが標的となった。ロシアによるウクライナ侵攻など、2022年のサイバーセキュリティ動向を振り返りながら、2023年の大きな動きを予測する。 by Lorenzo Franceschi-Bicchierai32日前
  9. コネクティビティ
    中国テック事情:ツイッターの性的広告、政府工作ではなかった?
    ゼロコロナ政策に反対する市民による抗議活動を封じ込めるため、ツイッター上に中国政府が大量の性的スパムを投稿しているとの噂が拡散された。だが、実際はただの偶然だったようだ。 by Zeyi Yang33日前
  10. コネクティビティ
    ブロックチェーン上で稼働するコードにエラーがあると、一瞬にして大金が失われる可能性がある。コロンビア大学のグ・ロンフー助教授は、スマート・コントラクトのコードを監査する企業を立ち上げ、暗号通貨業界で脚光を浴びている。by Clive Thompson33日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    NASAは、アルテミス計画で2025年までに人類を再び月面に送ることを目指している。だが、政治的思惑に基づいて紆余曲折を経て決まった同計画は、アポロ計画に比べて、正確さや機敏さ、そして資金提供の面ではるかに劣っている。 by Rebecca Boyle13日前
  2. ビジネス・インパクト
    トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
    ハイブリッド車で世界をゼロエミッションにはできないが、気候変動への影響を多少なりとも緩和できる。世界はガソリンを使う車両の排除に向かっているが、トヨタは今後しばらく、ハイブリット車にも需要があると賭けている。 by Casey Crownhart15日前
  3. ビジネス・インパクト
    顔認識の失敗で収入ゼロに、インドのウーバー・ドライバーの憂鬱
    ウーバーは今やインドの多くの人々の収入を支えている。だが、ドライバーの本人確認に使われているアプリによって、一瞬で収入源を失うドライバーもいる。 by Varsha Bansal21日前
  4. ビジネス・インパクト
    中国テック事情:メイド・イン・チャイナは変わらない
    半導体産業における米国と中国の対立が高まっている。米国はさまざまな規制を導入しているが、汎用的な旧世代のチップでは逆効果となる可能性がある。 by Zeyi Yang21日前
  5. ビジネス・インパクト
    移動難民を救う小さなクルマ「カンタ」が注目される理由
    オランダでマイクロモビリティの普及に貢献している「カンタ」は、コンパクトな二人乗りの四輪マイクロカーだ。高齢者や障害者の移動手段としていま、注目を浴びつつある。 by Niamh Ní Hoireabhaird27日前
  6. ビジネス・インパクト
    米中対立はどう影響?
    チップ産業の23年を予測
    チップ産業にとって2023年は、米国の強硬な新政策の真価が問われる年になるだろう。日本や近隣諸国も巻き込んで、世界の半導体産業を分断する事態に発展する可能性もある。by Zeyi Yang28日前
  7. ビジネス・インパクト
    MITTR編集者・記者が選んだ2022年の記事15選
    MITテクノロジーレビュー[米国版]編集部のメンバーに、2022年に公開したすべての記事について振り返り、特に際立った記事を選んでもらった。by MIT Technology Review Editors29日前
  8. ビジネス・インパクト
    日本企業の月面着陸も
    注目計画が目白押しの
    2023年の宇宙開発
    2023年は宇宙開発の「当たり年」になりそうだ。今後12カ月の間に、日本のスタートアップ企業の月面着陸をはじめ、商業宇宙遊泳、太陽系に関する新たな探査ミッション、超大型ロケットの打ち上げなどが予定されている。by Jonathan O'Callaghan39日前
  9. ビジネス・インパクト
    テクノロジーはなぜ「私たちのもの」ではなくなったのか?
    かつては、新しいテクノロジーが登場すると、それによる恩恵を最も受けるのは消費者である私たちだった。だが、今や最も恩恵を受けるのは、消費者からデータを吸い上げる企業だ。 by Shannon Vallor40日前
  10. ビジネス・インパクト
    MITTRが選ぶ、
    「最低なテクノロジー」
    8選【2022年版】
    MITテクノロジーレビュー は毎年、その年の失敗したイノベーションを選んで年末に発表している。2022年にリストアップしたのは、詐欺的な暗号通貨取引所、ウイルス入りのブタの心臓の移植、「ゼロコロナ」の崩壊、イーロン・マスクによるコンテンツ・モデレーションなどだ。 by Antonio Regalado41日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    太陽地球工学の実験として成層圏に反射粒子を放出しようとしたスタートアップ企業の試みの後、実験の現場となったメキシコの政府は太陽地球工学の実験を禁止する計画を発表。科学者たちに難しい問題を提起した。by James Temple12日前
  2. 持続可能エネルギー
    テスラの初代CTOを務めたJ. B. ストラウベルは同社を退職後、バッテリー・リサイクルの企業であるレッドウッド・マテリアルズを立ち上げた。課題と今後の展望について話を聞いた。 by Casey Crownhart14日前
  3. 持続可能エネルギー
    野生生物横断路は車にひかれる生物を減らすが、横断路が本当に生物保護に貢献しているという確定的な研究はまだない。だが、あっというまに絶滅してしまう種がある現代、研究が終わるまで待っている余裕はない。by Matthew Ponsford15日前
  4. 持続可能エネルギー
    リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
    電気自動車から再生可能エネルギーの貯蔵まで、バッテリーの重要性がますます高まっている。2023年は米国政府の大型投資に後押しされた、新たな電池技術の登場と生産増が期待される。by Casey Crownhart20日前
  5. 持続可能エネルギー
    あるスタートアップ企業が、地球温暖化を阻止する取り組みの一環として、大気中に粒子を放出したという。同社は道徳的に正しいことをしていると主張するが、多くの専門家は同社の行為を厳しく批判している。by James Temple28日前
  6. 持続可能エネルギー
    核融合、「悲願のブレークスルー」の読み解き方
    2022年12月、米ローレンス・リバモア国立研究所は核融合の実験で、投入量を超えるエネルギーを得ることに成功した。大きなブレークスルーだが、商用核融合発電にはまだまだ超えなければならない壁がたくさんある。by Casey Crownhart32日前
  7. 持続可能エネルギー
    環境も農家も救う「ソーラーシェアリング」が注目される理由
    太陽光パネルを高めに設置することで少し日陰を作り、発電や営農に利用するソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)が、温暖化対策や農家の収益増、都市問題の解決につながる可能性があると注目されている。 by Matt Whittaker39日前
  8. 持続可能エネルギー
    MIT発ベンチャーの「溶融塩」、送電網向け蓄電池の主流になるか
    再生可能エネルギーの普及に伴って、送電網向け蓄電池への期待が高まっている。現在普及しているリチウムイオン電池とはニーズのミスマッチがあるため、多くの企業が新しいエネルギー貯蔵手段を研究中だ。 by Casey Crownhart39日前
  9. 持続可能エネルギー
    動き出した浮体式洋上風力発電、今後の課題は?
    カリフォルニア州で実施された浮体式洋上風力発電タービン設置用地の競売は、5社が合計7億5700万ドルで落札した。カリフォルニア州での今回の取り組みは、世界の風力発電にどのような意味を持つのだろうか。 by Casey Crownhart41日前
  10. 持続可能エネルギー
    世界初、核融合実験でエネルギー純増を達成=実現可能性示す
    ローレンス・リバモア国立研究所は世界で初めて、核融合の実験炉において、投入したエネルギーより多くのエネルギーを産生する「エネルギー純増」の達成を発表した。核融合発電を直ちに実用化する道筋は見えていないが、実現可能性を示す画期的成果である。 by Casey Crownhart51日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    時差ぼけ、夜勤——概日時計の狂いを調整する薬は実現するか?
    ヒトの身体は、大まかに24時間周期のリズムに従って動いている。24時間周期のリズムを作り出すのが「概日時計」だ。概日時計を薬で調節できたら、シフト勤務や時差ぼけでリズムを崩しやすい人々にとって朗報となるだろう。 by Jessica Hamzelou14日前
  2. 生命の再定義
    ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
    遺伝子編集によってワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生した。病気への抵抗力が高く、養殖における死亡率を下げ、廃棄量を減らせる可能性があるという。by Jessica Hamzelou18日前
  3. 生命の再定義
    「腸内細菌の生態系」は健康や長寿にどう影響するのか?
    マイクロバイオームの変化は、さまざまな病気に関連しているとされる。腸内細菌の生態系を整えることは、加齢に伴う病気を防ぐのに役立つのだろうか。 by Jessica Hamzelou24日前
  4. 生命の再定義
    マリファナ常用者の中には、大麻の過剰摂取によって嘔吐を繰り返してしまう「カンナビノイド悪阻症候群」に苦しむ人がいる。ある科学者が、この病の原因となる遺伝子を探求し始めた。大麻インフルエンサーに協力してもらおうと考えたが、些細な行き違いから研究は暗礁に乗り上げそうになっている。 by Amanda Chicago Lewis26日前
  5. 生命の再定義
    メッセンジャーRNAワクチンは、新型コロナウイルスのパンデミックを乗り切る上で欠かせないものだった。しかしmRNAの可能性はそれだけではない。他の多くの感染症に対応するワクチンや、あらゆるインフルエンザから人体を守るワクチン、さらにはがんの治療に役立つワクチンも開発できる可能性がある。 by Jessica Hamzelou27日前
  6. 生命の再定義
    セレブ限定「抗老化」会議に参加した記者が得たシンプルな結論
    記者はスイス・アルプスの高級リゾート地で開かれた「長寿投資家会議」に参加した。研究者や起業家、投資家らが参加し、人間の寿命を延ばす方法について研究成果が発表された。しかし、老化に対抗する確実な技術は今のところ存在しない。 by Jessica Hamzelou28日前
  7. 生命の再定義
    山中伸弥教授らによる「山中因子」の発見をきっかけとして、老化した身体の「若返り」を追求する試みが世界中でなされている。「人間は200歳まで生きられる」と主張する研究者もいる最前線を追った。by Antonio Regalado31日前
  8. 生命の再定義
    最低でも1000万ドルを投資する用意がある人だけが参加できるという、抗老化(アンチエイジング)カンファレンスが2022年9月末にスイスで開かれた。学術的成果を挙げている科学者、誇大広告を振りかざす人物などが入り乱れた様子をレポートする。 by Jessica Hamzelou32日前
  9. 生命の再定義
    1日のほとんどを睡眠に費やす赤ちゃん、脳では何が起きているのか
    新生児はなぜ、それほど長い睡眠を必要とするのか。新たなツールは、急速に発達する新生児の脳の中で何が起きているのかを明らかにするのに役立つかもしれない。 by Jessica Hamzelou39日前
  10. 生命の再定義
    死後に子孫を残す、「性細胞提供カード」が必要になる日
    亡くなった人から採取した精子や卵子を使って子どもを作ることができる。だが、死後の人物がその意志を示すことはできない。どのようにすべきだろうか。 by Jessica Hamzelou42日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    2022年に突如として一大ブームになった「生成AI(ジェネレーティブAI)」。ブームに火をつけたオープンAIも、これほどの反響を呼ぶことは予想できなかった。生成AIの台頭は、私たちをどこへ導くのだろうか。 by Will Douglas Heaven20日前
  2. 知性を宿す機械
    高齢者介護を「自動化」する
    日本の長い実験
    日本は官民あげて、高齢者介護をロボットに手伝わせようとしてきた。その結果、何が起きたのだろうか? 日本で民俗学的な実地調査を実施してきた外国人研究者が目にした現実をお伝えする。 by James Wright24日前
  3. 知性を宿す機械
    人工生命の交配による優秀なAIの探究
    ニューラルネットワークの構造を自動的に探索するNAS(ニューラル構造探索:Neural Architecture Search)。AI研究者の清水亮氏が、人工生命(A-Life)における遺伝的アルゴリズムにおいても、ニューラル構造探索が有効かどうかを検証した。 by Ryo Shimizu25日前
  4. 知性を宿す機械
    人気アプリでアジア系女性記者が直面したAIのバイアス問題
    「ステーブル・ディフュージョン」や「チャットGPT」といった最新のAIモデルは、私たちを驚かせるような能力を発揮する。しかし、性別や人種によるバイアスを反映した思いがけない結果が返ってくることもある。 by Melissa Heikkilä26日前
  5. 知性を宿す機械
    AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
    大規模言語モデルAIが生成した有害なテキストはインターネット中に広がり、別のAIを訓練するのに使われる。しかも、AIが生成したテキストであるかどうかを見分けるのは、非常に難しい。 by Melissa Heikkilä32日前
  6. 知性を宿す機械
    2022年にはテキストから画像を生成するAIが世間の注目を浴びた。2023年、AI分野で何が起こるのだろうか。MITテクノロジーレビューのAI担当記者が予測する。 by Will Douglas Heaven33日前
  7. 知性を宿す機械
    中国「社会信用スコア」への誤解はなぜ生まれたか?
    AIアルゴリズムが市民を評価するという試みは、中国のような権威主義的国家が進めるディストピア的な政策だと批判されることが多い。だが、実際に普及が進んでいるのは西側諸国だ。 by Melissa Heikkilä34日前
  8. 知性を宿す機械
    テック企業で働く「AI倫理」担当者が生き残る方法
    「責任あるAI」を求める動きが高まる一方で、企業はいまだに十分な投資をしていない。企業のAI倫理担当者は、ほとんど助けを得られないまま、難しい仕事を押しつけられている。 by Melissa Heikkilä38日前
  9. 知性を宿す機械
    「人間中心」とは何か :「人間」概念を再考するロボットの法と倫理
    人工知能(AI)やIoTの社会実装に伴い、従来の「人間中心」で考えられてきた法制度の前提が崩れつつある。ロボットの法と倫理でも同様だ。より豊かな人と自律ロボットシステムの関係性を構築するにはどうすれば良いか。京都大学大学院法学研究科の稲谷龍彦教授が、ロボットの法と倫理に関する新たな動向について解説する。 by Tatsuhiko Inatani42日前
  10. 知性を宿す機械
    Stable Diffusionがオプトアウトに対応、次期バージョンで
    アーティストは今後、テキストに基づいて画像を生成するAIモデル「ステーブル・ディフュージョン」の訓練用データから、自分の作品を除外できるようになる。一歩前進ではあるが、まだまだ問題は多い。by Melissa Heikkilä43日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る