KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

倫理/政策

カバーストーリー

思想を操り、愛するものさえ嫌悪させるーー洗脳の科学的手法への夢は、冷戦下の米国をとりこにした。中国共産党による洗脳の存在を警告した報告は、CIAに大規模な精神支配プログラムを走らせる口実を与えた。しかし、その実態は中世の拷問に過ぎず、結局は虚構の脅威に過ぎなかった。 by Annalee Newitz

「洗脳」の奇妙な歴史——
偽りと真実が交錯する物語
ニュース・フラッシュ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る