KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
イベント動画アーカイブ
イベント動画アーカイブ18 Stories

MITテクノロジーレビュー[日本版]主催イベントのアーカイブ動画です。一部を除き有料会員専用コンテンツとなります。

  1. Video: MITTR Emerging Technology Nite #27
    「アクセシビリティとテクノロジー 」アーカイブ配信(Syrinx)
    最先端のアクセシビリティ支援ツールはどこまで進歩し、どのような支援を可能にするのか。MITテクノロジーレビューが3月14日に開催したイベントのアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 MIT Technology Review Event Producer8日前
  2. Video: MITTR Emerging Technology Nite #26
    「若返り研究の現在 」アーカイブ配信(慶應大学・早野元詞特任講師)
    なぜ今、若返り研究に注目が集まっているのか。また、近い将来、人類は若返りを手にできるのか。MITテクノロジーレビューが10月24日に開催したイベントのアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 MIT Technology Review Event Producer4カ月前
  3. Video: MITTR Emerging Technology Nite #25
    「チャットGPT時代の教育」アーカイブ配信(東大・吉田 塁准教授)
    教育現場は生成AIやChatGPTの登場をどのように捉え、どう向き合えばよいのか? MITテクノロジーレビューが9月1日に開催したイベントのアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 MIT Technology Review Event Producer7カ月前
  4. Video: MITTR Emerging Technology Nite #24
    「学び直し『デザイン思考』」アーカイブ配信:活用のコツを解説
    MITテクノロジーレビューは、デザイン思考が注目を浴びた背景や基本的な考え方のおさらいから、最新のユースケースやアップデートまで、「デザイン思考の現在を知る」をテーマにしたイベントを8月1日に開催した。当日のアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 MIT Technology Review Event Producer8カ月前
  5. Video: MITTR Emerging Technology Nite #23 Plus
    「生成AI革命2」アーカイブ配信:ChatGPTの産業インパクトを解説
    MITテクノロジーレビューは、「生成AI(ジェネレーティブAI)革命」の中でもLLMにフォーカスし、影響や可能性を多角的に議論するイベントを6月15日に東京・飯田橋で開催した。3人の識者による講演のアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 MIT Technology Review Event Producer9カ月前
  6. Video: MITTR Emerging Technology Nite #22 Plus
    「生成AI革命」アーカイブ配信:技術から事例、法的論点まで議論
    MITテクノロジーレビューは、「生成AI(ジェネレーティブAI)革命」による影響や可能性を多角的に議論するイベントを4月25日に東京・大手町で開催した。5人の識者による講演・パネルディスカッションのアーカイブ動画を、有料会員限定で特別配信する。 MIT Technology Review Event Producer12カ月前
  7. Why did TR35 innovators turn their attention to social issues?
    MITTRが選ぶU35イノベーターはなぜ、社会課題に目を向けたのか?
    MITテクノロジーレビューが選ぶ「Innovators Under 35 Japan」に選ばれた本多達也氏(富士通)、坪井俊輔氏(サグリ代表)、小嶌不二夫氏(ピリカ代表)はそれぞれ異なる立場やテーマで社会的インパクトのある課題解決に取り組んでいる。なぜ、社会課題の解決に取り組むことになったのか? 語り合った。 Koichi Motoda2年前
  8. Why did these researchers become entrepreneurs?
    注目の宇宙ベンチャー創業者たちが語った「研究者が起業する価値」
    研究者として優れた業績をあげていた2人はなぜ、起業の道を選んだのか。U35イノベーターとして注目される宇宙テックベンチャーの創業者たちが、研究者自らが事業化に取り組む価値について話し合った。 Yasuhiro Hatabe2年前
  9. A renowned researcher of quantum computing introduced the new trends
    量子コンは「面白さ引き出せる段階」、阪大・藤井教授が語った魅力
    「グーグルがスパコンを超えた」との熱狂から2年余り。スタートアップ企業の上場や資金調達が相次ぐなど、量子コンピューターをめぐる動きが再び加速している。実用化への道筋はどこまで進んだのか。第一人者である大阪大学の藤井啓祐教授が国内外の動向とその魅力を語った。 Koichi Motoda2年前
  10. Can green hydrogen be the main driver of "decarbonization"?
    グリーン水素は日本の「脱炭素」の本命になり得るのか?
    カーボンニュートラルへ向けた取り組みが世界中で加速している。注目されているグリーン水素とはどのような技術で、どこまで実用化が検討されているのか? 環境エネルギージャーナリストが語った。 Koichi Motoda3年前
  11. The up-and-coming entrepreneur talked about the future of health tech
    コロナ禍で注目、米ベンチャー起業家が語ったヘルステックの未来
    新型コロナウイルス禍を経て、予防医療やウェルビーイングなど、あらためて「健康」の重要性が問われる中、AIなどのデジタル技術は、人々にどのような恩恵をもたらすのか。 Yasuhiro Hatabe3年前
  12. Future of Society Conference 2019 Event Report #5
    「失敗してもいい」 発想の転換が生んだ超小型衛星のイノベーション
    人工衛星ビジネスの急成長を支えているのが、人工衛星の小型軽量化だ。世界初のキューブサットの打ち上げや深宇宙探査機PROCYON(プロキオン)に携わった東大の船瀬龍准教授が、超小型人工衛星開発の背景と今後の可能性を語った。 Yasuhiro Hatabe4年前
  13. Future of Society Conference 2019 Event Report #1
    人工衛星をIoTのノードの1つに——Tellusが変える「地球」ビジネス
    「宇宙」はまだ多くの企業にとって遠い存在だと思うかもしれない。だが、2019年2月にサービスが始まった「Tellus」は、人工衛星から集めた膨大なデータを使い、地球上の既存のビジネスに新しい価値をもたらすプラットフォームだ。 Yasuhiro Hatabe4年前
  14. How long will the third AI boom last?
    第3次ブームの先にあるもの——三宅陽一郎が語ったAIの現在と未来
    第3次AIブームはどこへ向かうのか? AIリサーチャーの三宅陽一郎氏は、広義のAIは将来、「人間側」と「AI側」に収束していくと予測する。 Yasuhiro Hatabe5年前
  15. The future of communication told by the developer of weak robots
    弱みを見せられる「不完全なロボット」が社会に必要な理由
    未来の「ロボット」に対して私たちが抱くイメージはどのようなものだろうか? 完璧で高機能を追求するロボットとは真逆の「弱いロボット」を提唱する豊橋技術科学大学の岡田美智男教授は、まったく違った未来を見ている。Yasuhiro Hatabe5年前
  16. Why should you use the blockchain?
    ブロックチェーン・テクノロジーは「誰が」「どう」使うべきか?
    ブロックチェーンは夢のようなテクノロジーとしてここ数年、もてはやされてきた。その本来の価値はどこにあるのだろうか。 Yasuhiro Hatabe5年前
  17. Future of Society Conference 2018 Event Report #3
    自動運転には「サービス」が足りない——群馬大学小木津准教授
    国内最大規模の研究施設を保有し、自動運転自動車の社会実装に取り組む群馬大学。センターを率いる小木津准教授は、自動運転をサービスとして提供するための周辺分野が育っていないと指摘する。 Koichi Motoda5年前
  18. Future of Society Conference 2018 Event Report #2
    ZMPが都心を実際に走らせて分かった、自動運転タクシーの課題と展望
    ロボットベンチャーのZMPが2018年夏に実施した自動運転タクシーのサービス実証は大きな話題を集めた。都心での走行で見えてきた課題と展望をZMPの西村取締役が語った。 Yasuhiro Hatabe5年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る