KADOKAWA Technology Review
×
rumman.chowdhury 1 Stories
プロフィールを見る
  1. 人工知能(AI)
    主張:「アルゴリズム」を責任逃れの隠れ蓑にしてはならない
    アルゴリズムに基づく意思決定が重要な場面で使われる機会が増えるにつれて、その社会的影響が問題視されるようになってきた。「アルゴリズム」と聞くと一般的に、客観的なデータに基づいて、人間には振る舞いを予測できないほど複雑な処理を実行していると思われがちであるが、実際にそうとは限らない。 Rumman Chowdhury3年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る