KADOKAWA Technology Review
×
限定クーポン利用で年額5000円OFF
キャンペーン実施中!

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

「データを取り戻す」バーナーズ=リーが次世代Web構想を発表 Tim Berners-Lee wants to remake the web to help you protect your data

「データを取り戻す」バーナーズ=リーが次世代Web構想を発表

ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)の考案者、ティム・バーナーズ=リーが、パーソナル・データの自己管理を容易にするための新しい方法を発表した。計画は軌道に乗るだろうか?

発表されたのは、「ソリッド(Solid)」と呼ばれるプロジェクト。パーソナル・データの管理能力をユーザー自身の手に取り戻すためのオープンソース・プロジェクトである。バーナーズ=リーは、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームとともに、スタートアップ企業インラプト(Inrupt)を創業。ソリッドの開発にあたっている。

非中央集権とユーザー自身による管理が基本的なコンセプトだ。ソリッドを使うと、開発者はユーザーが完全所有するデータで作動する非中央集権型のアプリを開発できるようになる。データの保存場所や共有する相手は、ユーザー自身が決定する。ソリッドでは現在、第一弾となる複数のアプリが開発されている。「この次世代のWebを、私はとても楽観的に捉えています」。ミディアム(Medium)への投稿で、バーナーズ=リーはこう述べている。

計画はかなり野心的だ。成否は、筋金入りのテックオタク以外にも十分な数のユーザーを獲得できるかどうかにかかっている。とはいえ、フェイスブックのデータ漏洩が明らかになった今週はタイミングとしてちょうどいい。さらに、バーナーズ=リーが考案したという事実も、プラスに働くことだろう。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2018.10.02, 13:09
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
いまだけ【5,000円引き】クーポン配布中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る