KADOKAWA Technology Review
×
マーラ ビステンダール 3 Stories
プロフィールを見る
  1. ビジネス・インパクト
    世界を覆う「マスク外交」
    主役は中国テック企業
    新型コロナウイルス感染症の蔓延で世界中でマスクや個人用防護具の需要が急増する中、業務をいち早く再開した中国企業は積極的な「マスク外交」を繰り広げている。 Mara Hvistendahl12日前
  2. 知性を宿す機械
    バイドゥ、アリババ、テンセントのBAT3社に代表される世界最大級のテック企業がいまや中国に集中し、中国の人々の暮らしを大きく変えている。一方で、中国内部では多額の政府資金を投入しながらイノベーションを起こせないという不満が渦巻く。中国テック企業はさらなる成長を続け、世界を変えられるのだろうか? Mara Hvistendahl15カ月前
  3. コネクティビティ
    オバマ政権は、中国による産業スパイの減少を成果としているが、米国の経済界にとって、現実はもっと複雑かもしれない。 Mara Hvistendahl4年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る