KADOKAWA Technology Review
×
シヴォーン・ロバーツ 10 Stories
プロフィールを見る
  1. プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake)
    デジタル通貨の安全を確保するためのこの代替方法は、暗号通貨によるエネルギー消費問題に終止符を打つ可能性がある。Siobhan Roberts48日前
  2. コネクティビティ
    コンピューター科学における最も重要な問題である「P対NP問題」を解くことができれば、無数の複雑な問題の解答を得られるかもしれない。だが、問題の提起から50年経った現在も、この問題を解けた人はいない。Siobhan Roberts67日前
  3. コネクティビティ
    難問をプレゼント、世界のエンジニアが楽しむクリスマス・イベント
    世界各地から数千人が参加するアドベント・オブ・コード(Advent of Code:AoC)は、エンジニアたちに人気のプログラミング・コンテストだ。最も速く問題を解くこと、プログラミングを学ぶ材料とすることなど、参加者の動機はさまざまだが、共通しているのは、参加者全員が毎日新しい問題を心待ちにしていることだ。 Siobhan Roberts5カ月前
  4. コネクティビティ
    楽天も出資する量子コンピューター企業、256キュービットの新記録
    ハーバード大とMITの物理学者が創業し、楽天も出資するスタートアップ企業「キュエラ・コンピューティング(QuEra Computing)」が、256キュービットの量子シミュレーターを開発した。量子論に基づく材料や力学のシミュレーションのほか、NP完全問題を解く量子アルゴリズムの構築にも取り組んでいる。Siobhan Roberts6カ月前
  5. コネクティビティ
    種類の異なる大腸菌が協力し合って迷路問題を解くという、驚くべき研究が実施された。生物による分散コンピューティングが利用できるようになれば、農業や医薬品など幅広い分野の複雑な問題解決に役立つかもしれない。 Siobhan Roberts6カ月前
  6. 生命の再定義
    パンデミックの予測はなぜ外れたのか? 疫学者が語る失敗の本質
    少しでも確かな情報を基に、感染者数や死者数などについて予測を立てようとしたパンデミックの試みはことごとく失敗した。程度の差こそあれ、この分野のプロである疫学者も失敗を重ねている。問題を分解し、知見を修正しながらより精緻なものにしていく工学的思考が必要なのかもしれない。 Siobhan Roberts7カ月前
  7. ビジネス・インパクト
    選挙結果が自らに有利になるように選挙区の区割りを操作する「ゲリマンダー」が米国で横行している。数学者らは新たなコンピューター・ツールを開発し、アルゴリズムによる客観的な検証を実現しようと取り組んでいる。 Siobhan Roberts8カ月前
  8. コネクティビティ
    51、57、91は素数? 数学者が考えたオンライン・ゲームが人気
    ディスプレイに次々に表示される数字が素数であるかどうかを判定するオンライン・ゲームが(一部で)人気を博している。「非公式世界記録」は、ちょうど素数である127点だ。 Siobhan Roberts10カ月前
  9. コネクティビティ
    カーネギーメロン大学の研究チームは、自動推論の手法を用いて、未だかつて誰も成し得ていない「コラッツの予想」の証明に取り組んだ。証明は成功しなかったものの、自動推論手法の可能性を実証するという点では「尊い失敗」だった。 Siobhan Roberts11カ月前
  10. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)の分野にブレークスルーをもたらした「深層学習」のパイオニアであるジェフリー・ヒントンが、深層学習の課題を克服することを狙った、新たな手法である「GLOM」を発表した。現在の段階では仮説にすぎないが、グーグルの研究施設で初期調査が始められている。 Siobhan Roberts13カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る