KADOKAWA Technology Review
×
soumya.sagar 1 Stories
プロフィールを見る
  1. 生物工学/医療
    炎症性腸疾患を早期発見、大腸菌入りの「飲む」センサー
    MITの研究チームが、炎症性腸疾患(IBD)の兆候を検出する錠剤大の飲み込めるセンサーを開発した。炎症に反応して光る大腸菌を利用し、体外に無線で送信する。 Soumya Sagar4カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る