KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械 2016年12月の記事

  1. The 9 Best Technology GIFs of 2016
    2016年の最高のテクノロジーGIF9選
    今年の重要なニュースを伝えたのは記事だけではない。アニメーションGIFがなければ、テクノロジー関連の記事は味気なくなってしまう。 by Julia Sklar2016.12.31
  2. 雇用ゼロ社会の前触れ?コマツの無人ダンプで鉱山運用コスト15%削減
    鉱業事業者は、無人トラックや自動掘削機、無人機関車の本格展開で効率を高めようとしているが、雇用はますます減っていく。 by Tom Simonite2016.12.29
  3. 世界の議会から速記者が消える?
    音声認識率が93%以上になると間違い探しの段階になり、校閲者が確認すれば議事録を機械でテキストに起こすことが実用的になる。 by Ayako N2016.12.26
  4. インテル、シリコン製量子コンピューターの開発で前進
    インテルは、従来のコンピューターの処理能力を遙かに上回る量子コンピューターを、従来の技術の延長線上に実現しようとしている。 by Tom Simonite2016.12.22
  5. 2016年、テック関連最大のヒット商品はAIアシスタントだ(ただし日本語では使えない)
    アマゾンのアレクサが人気者になり、グーグルはホームを発表した一方で、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは自作した。 by Jamie Condliffe2016.12.21
  6. This Spuer-Tall Robotic Arm Is Made of Helium Balloons
    東工大製風船型ロボットアームは、重さも防御力もほとんどゼロ
    重さがほとんどないロボットアームなら、20mの高さにも簡単に届く。 by Jamie Condliffe2016.12.20
  7. How Long Before AI Systems Are Hacked in Creative New Ways?
    人工知能の弱点は本物の知性ではないので騙しやすいことだ
    人工知能の研究者は、機械学習プログラムを騙し、余計なことをさせる手口があることを指摘している。 by Will Knight2016.12.16
  8. The Pint-Sized Supercomputer That Companies Are Scrambling to Get
    エヌビディア製AI専用スパコンは12万9000ドル
    12万9000ドルで購入できるAI専用スパコンを、高いと思うか安いと思うかは、ベンダー企業とユーザー企業の違いでもありそうだ。 by Elizabeth Woyke2016.12.15
  9. An Amazon Drone Has Delivered Its First Products to a Paying Customer
    アマゾン初のドローン配達、利用可能なのは近所の二人だけ
    アマゾン初の自律型航空配送は、ドローンテクノロジーの重要な前進だ。 by Jamie Condliffe2016.12.15
  10. Deep-Learning Machine Listens to Bach, Then Writes Its Own Music in the Same Style
    ソニーCSL、深層学習でバッハを発明
    バッハの作品とニューラル・ネットワークが作曲した音楽の違いが分かるだろうか? by Emerging Technology from the arXiv2016.12.15
  11. Uber’s Robotic Taxis Are Headed to San Francisco
    ウーバー、無人タクシー実験をサンフランシスコに拡大
    サンフランシスコ市民は、ウーバーの新型自律自動車ボルボ XC90sで市内を移動できるようになる。 by Jamie Condliffe2016.12.15
  12. Alphabet Sets Up a New Company to Commercialize Autonomous Car Technology
    グーグル、自動運転車テクノロジー事業化で新会社設立
    ウェイモは自律型のライドシェアリングやトラック輸送、自家用車に取り組もうとしている。しかし、いつ、どのように実用化されるのかはわからない。 by Tom Simonite2016.12.14
  13. Google Puts the Brakes on Its Autonomous Bubble Car
    グーグル、自動運転車プロジェクトを一時停止
    グーグルは、ハンドルのない自動車を設計するより、自動車メーカーと連携して、従来型の自動車に自動運転テクノロジーを導入することに重点を置くと伝えられている。 by Jamie Condliffe2016.12.14
  14. A New Hedge Fund Is Relying on an Anonymous Army of Coders to Turn a Profit
    匿名データサイエンティストにビットコインで報酬を与えるヘッジファンド
    サンフランシスコのスタートアップ企業は、クラウドソーシングで金融取引の値動きに関わるアルゴリズムを調達し、暗号化データと機械学習、ビットコインによる報酬で事業化しようとしている。 by Jamie Condliffe2016.12.13
  15. Deep-Learning Machine Uses MRI Scans to Determine Your Brain Age
    MRIスキャンの画像から脳年齢を3秒で判定する深層学習機械
    MRIスキャンによる脳年齢の判定には時間がかかったが、人工知能(AI)が数秒で判定してくれれば、医師の診断はより正確になる可能性がある。 by Emerging Technology from the arXiv2016.12.13
  16. AI Begins to Understand the 3-D World
    人工知能は二次元を卒業し、三次元のモノに興味を持ちだした
    人工知能に関する研究は、二次元を超えて三次元を理解させるステージに移行—ロボット工学や自動運転の分野での大きな進歩につながる可能性を秘めた動き by Will Knight2016.12.12
  17. Watch This Robotic Quadcopter Fly Aggressively Through Narrow Gaps
    災害現場での活躍が期待される自律通り抜け飛行ドローンの研究成果
    ドローンを災害現場の遭難救助活動に使うのに欠かせない、隙間の自律通り抜け飛行の研究成果。 by Emerging Technology from the arXiv2016.12.12
  18. Forget Drones—Google Explores Robot Delivery
    グーグルの四足歩行ロボット、就職活動に向けて性能強化
    ボストン・ダイナミクス製の四足歩行ロボットは、操作用の手と視覚認識の性能が高まれば、目的の家を自力で探してたどり着き、荷物を届けられるようになるだろう。 by Will Knight2016.12.12
  19. A Chinese Internet Giant Enters the AI Race
    米国政府も警戒する人工知能で進む中国企業のイノベーション
    WeChatや、ゲーム、娯楽コンテンツを提供する中国のネット企業大手テンセントは、強力なAI研究所の構築を決心した。 by Will Knight2016.12.12
  20. AI Winter Isn’t Coming
    3度目の「人工知能・冬の時代」はたぶん来ない、とバイドゥの主任科学者が確信する理由
    過剰な宣伝と熱狂的な投資が続くが、人工知能の専門家は、ハードウェアの進歩により、人工知能の躍進は続くという。 by Will Knight2016.12.8
  21. Audi’s New AI Rig for Driverless Cars Is … a Toy Car
    アウディ、おもちゃの自動車で最新のAI研究に着手
    アウディは自動運転車に駐車方法を教えず、自分自身でテクニックを編み出すよう、おもちゃの自動車を使うことにした。 by Jamie Condliffe2016.12.8
  22. This Super-Springy Robot Can Do Parkour
    パルクールできるピョンピョン系ロボット
    サルトはこれまで作られた中で、最も敏捷なロボットだろう。 by Michael Reilly2016.12.7
  23. New Tool Lets AI Learn to Do Almost Anything on a Computer
    オープンAIが用意した強化学習の実験環境により、人工知能がいまだにこなせないタスクができるようになったり、獲得した知識を他のタスクに応用したりできるようになるかもしれない。 by Will Knight2016.12.7
  24. Uber Launches an AI Lab
    AIラボは、自動運転車の開発に努力に惜しまないというウーバーの決意の現れだ。 by Will Knight2016.12.7
  25. Robotic Quadcopters Could Offer Zero G Flights on the Cheap
    ロボット・クアッドコプターが格安での無重力飛行を実現するかもしれない
    低コストで無重力状態を作り出す実験環境を科学者は切望してきた。自律型クアッドコプターで可能になるかもしれない。 by Emerging Technology from the arXiv2016.12.7
  26. Apple Finally Acknowledges One of Its Worst-Kept Secrets
    アップルは自動運転車を作っているとは明言していない
    政府の規制に対する文書で、アップルは自律自動車に関する取り組みに関心があることを明かした。 by Jamie Condliffe2016.12.6
  27. A 3-D World for Smarter AI Agents
    ディープマインドがAIエージェントの学習環境にDOOM型バーチャル世界を公開
    グーグル・ディープマインドの新しいシミュレーション世界は、ロボット工学の進歩を導き、人間がどのように学ぶかに関する理解にも貢献するだろう。 by Will Knight2016.12.6
  28. This Robot Crosses Rough Ground Like a Human
    人型ロボットが、足場を確認して歩行できるようになった
    ボストン・ダイナミクスのロボットが、足下の状態を調べて、体をどう動かせば転ばずに歩けるかを計算できるようになった。 by Jamie Condliffe2016.12.5
  29. Apple Wants to Use Drones to Give Its Maps App a Lift
    人気が低いアップルの地図アプリは、ドローンで改善できるか?
    アップルは自社の地図アプリを改善し、自律自動車用の詳細な環境情報の作成のために、ドローンが活用できると考えている。 by Jamie Condliffe2016.12.2
  30. AI Songsmith Cranks Out Surprisingly Catchy Tunes
    作曲家に悲報?グーグルの作曲AIが創造性を手に入れた
    グーグルの作曲プログラムは、統計的学習と明確な規則を組み合わせて成長する。同じ手法を使えば、コンピューターの専門家は、他の人工知能(AI)プログラムの創造性も改善できるはずだ。 by Will Knight2016.12.1
  31. Watch This Self-Flying Quadcopter Land on a Car Traveling at 50 Kilometers an Hour
    なぜ走行中の車両に着陸する自律ドローンの研究が重要なのか?
    ドローンは航続距離が短いのが欠点で、宅配ビジネスの実用化を困難にしている。しかし、走行中の車両で離着陸できれば、再充電にかかる時間を短縮し、実用化が近づくかもしれない。 by Emerging Technology from the arXiv2016.12.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る