KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2017年3月の記事

  1. Apple’s AI Director: Here’s How to Supercharge Deep Learning
    アップルAI研究所長「深層学習をさらに強化する方法がある」
    アップルのAI研究を率いるルスラン・サラクトゥディノフ所長は、新手法により、AI分野で最も人気がある深層学習の性能はさらに高められる、という。 by Will Knight2017.3.31
  2. 見た目はキモいが手先は器用な触手型ロボット
    家庭でも企業でも、ロボットの普及には「上手にモノをつかむ」機能の実現が欠かせない。ドイツのロボット企業フェストは、柔らかいモノを優しく、重いモノはしっかり、持つと形が変わるモノは丁寧に扱えるタコ足アームを開発した。 by Jamie Condliffe2017.3.31
  3. オート・エックス、50ドルのWebカメラ7台で自動運転を実現
    自動運転スタートアップのオート・エックスは、高価な自動運転用センサーに頼らず、1台50ドルのロジクール製Webカメラ7台とソフトウェアを組み合わせ、庶民でも手が届く自動運転車を実現しようとしている。 by Rachel Metz2017.3.31
  4. 人間と機械の共同作業で安全性が飛躍的に高まることを証明する式
    人間と機械の共同作業で安全性が飛躍的に高まることを証明する式がある。人間か機械か、完全自律型の自動運転車はいつ実現するか?といった議論より、安全性を本気で考えるとどうなるか、トヨタの戦略がよく現れている。 by 菅田 美月2017.3.31
  5. ダンスダンスレボリューションのユーザー作成データを使って、機械学習にダンスのパターンを訓練したところ、楽曲の入力に対してダンスのステップを生成する機械学習モデルを開発できた。 by Emerging Technology from the arXiv2017.3.31
  6. Is Artificial Intelligence Stuck in A Rut?
    「過剰投資でAIは頓挫」とウーバーAI研究所の前所長が発言
    大企業もスタートアップ企業も、AIに巨額を投資して、ゲームに勝ち残ろうとしている。しかし企業が短期的利益を求めてAI研究に投資するほど、本来は巨大なメリットがあるはずの汎用人工知能の研究が疎かになり、AI研究は停滞してしまう。 by Will Knight2017.3.30
  7. AI Powered Drone Will Follow You Around and Take Pictures
    スカイディオ、消費者向けに自律型ドローンを発売へ
    ドローンの操縦は、GPSとパイロットの腕が頼りだ。しかしドローン系スタートアップ企業のスカイディオは、特に消費者向けには自律型のドローンを普及させない限り、ドローンの性能は活かせないと考えている。 by Tom Simonite2017.3.30
  8. Google Brain Wants Creative AI to Help Humans Make a “New Kind of Art”
    グーグルが人工知能で作り出したいのは「芸術」そのもの
    グーグルのAI研究部門は深層学習のツールを開発しており、このツールを利用する人々と協力して音楽や芸術作品を生み出そうとしている。 by James Temple2017.3.30
  9. Otto Cofounder says AI Will Be Widely Available in Trucks Within 10 Years
    自動運転トラックは10年以内に登場、ドライバーは当面安泰
    ウーバーの子会社、オットーの共同創業者であるリア・ロン社長は、自動運転トラックは10年以内に登場すると発言した。ドライバーの仕事を奪うことが懸念されているが、当面は晴れた夜間の高速道路など、人工知能にとって簡単な場面での利用に限られそうだ。 by Rachel Metz2017.3.30
  10. AI That’s Into Celebrity Spotting
    誰が写っているか、どんな写真でも識別できるアルゴリズム
    人間の顔を認識するテクノロジーはすでに実用化されているが、写真に写る顔の角度や影によっては、識別精度は極端に低下してしまう。スタートアップ企業クラリファイは、顔識別の精度を大幅に向上した開発版を公開した。 by Rachel Metz2017.3.30
  11. LEXUS Visionary Conference Event Report #2
    アーティスト、工場労働者、介護スタッフは、ロボット/AIでどんな影響を受けるか?
    アーティスト、工場労働者、介護スタッフは、ロボット/AIでどんな影響を受けるのだろうか? アーティストでもあるQosmoの徳井直生社長、ロボットメーカー、ライフロボティクスの尹祐根CEO&CTO、介護とAIを結びつけようとしているデジタルセンセーションの石山洸顧問が語り合った。 by 森 旭彦2017.3.30
  12. Nvidia’s Deep-Learning Chips May Give Medicine a Shot in the Arm
    エヌビディア、深層学習で医学研究が飛躍と発表
    深層学習用のハードウェアで時代の波に乗るエヌビディアは、医療分野での進展が著しいという。人間の医師を支援する用途から、人間には見つけられない病気の兆候を探し出すなど、来年にかけて、医学研究は深層学習で飛躍的な進化を遂げそうだ。 by Will Knight2017.3.30
  13. Elon Musk’s OpenAI Unveils a Simpler Way for Machines to Learn
    オープンAI、強化学習より効率的な「進化的戦略」AIを発表
    オープンAIのイリア・スツカバー所長が、強化学習より効率的に学習できる手法として進化的戦略アルゴリズムを発表した。ロボットの操縦など、さまざまな状況にあわせて動作を切り替える必要があるタスクに適しており、汎用人工知能実現の目処さえ立つという。 by Tom Simonite2017.3.30
  14. AI, Quantum Computing Will Accelerate Materials Discovery
    IBMリサーチ、量子コンピューティングで新材料を効率的に探索
    IBMリサーチは、量子コンピューティングで新材料を効率的に探索している。 by James Temple2017.3.29
  15. The AI Mind Merge Vision That Silicon Valley Won’t Give Up
    AIの進歩が速すぎるなら、人間とAIをつなげばいいじゃない?
    テスラのイーロン・マスクCEOとワイ・コンビネーターのサム・オルトマン社長は、人間がAIに支配されたくないなら、人間の脳と人工知能を一体化すればいい、と考えている。 by Jamie Condliffe2017.3.29
  16. Uber’s Woes Show the Difficulty of Commercializing AI
    自動運転は非現実的 人工知能バブルをウーバーのAI顧問が批判
    自動運転を研究中の各社は、人工知能にはまだ運転免許を与える段階にないことに気付いている。あらゆる状況に対応できるほどには賢くなく、雨やひょうで性能が下がるセンサー、レーザー光線の干渉など、事業化にはほど遠い段階なのだ。 by Will Knight2017.3.29
  17. LEXUS Visionary Conference Event Report #1
    暦本純一×平野啓一郎対談「機械が進化しても、人間もテクノロジーで進化」
    東京大学の暦本純一教授と作家の平野啓一郎さんの対談。人工知能の飛躍的進化で人間の領域が脅かされているようで、テクノロジーで進化するのは人間であり、AIもロボットも進化を支える道具でしかない。欧米の「テクノロジー脅威論」とはひと味違った議論だ。 by 森 旭彦2017.3.29
  18. A New Direction for Artificial Intelligence?
    オープンAI、強化学習を上回る「進化的戦略」を発表
    オープンAIが強化学習を上回る「進化的戦略」を発表した。ここ数年の人工知能ブームを継続するには、過去の手法を上回る新手法が多く登場する必要がある。それでも、汎用人工知能はまだ実現できない。 by Will Knight2017.3.29
  19. Machine Learning Opens Up New Ways to Help Disabled People
    機械学習と人工知能は障害者をどう支援できるか?
    機械学習や人工知能は障害者をどう支援できるのか? 画像や音声、言語を認識できるソフトウェアは、聴覚障害や自閉症を抱える人の支援ツールとして、あらゆる方法で活用されている。 by Tom Simonite2017.3.27
  20. Google’s AI Explosion in One Chart
    主要科学誌でグーグルによるAI研究の論文発表が急増
    主要科学誌でグーグルのAI研究の論文発表が急増している。機械学習、特に深層学習分野への投資が医療から気候モデルまで行き渡り、検索広告で得た資金を科学の発展に振り向け、最先端のテクノロジーに基づく圧倒的優位を追求しているのだ。研究についていけないライバルは、ビジネスでも取り残される。 by Antonio Regalado2017.3.27
  21. The Curious Case of the Quantum Theory of Humor
    多義性のある言葉を量子力学の重ね合わせでモデル化すればユーモアを科学的に記述できるのではないか? 量子力学は、ユーモアに関する認知プロセスを心理学者がユーモアの本質を理解する助けになるか? by Emerging Technology from the arXiv2017.3.24
  22. Customer Service Chatbots Are About to Become Frighteningly Realistic
    顧客の感情まで読み取る、超精巧なチャットボット
    人間は、共感を示す相手には思わず本心を打ち明けてしまう。カスタマーサービス用のチャットボットは、ヒトのこの性質を利用して、サービス向上につなげようとしている。 by Tom Simonite2017.3.23
  23. Andrew Ng Is Leaving Baidu in Search of a Big New AI Mission
    バイドゥでAI研究を率いたアンドリュー・ング主任研究員が退職
    バイドゥのAI分野の研究を率いたアンドリュー・ング主任研究員が退職を発表した。今後はテック企業よりも、ヘルスケアや教育分野に関心があるという。 by Will Knight2017.3.23
  24. Self-Driving Cars’ Spinning-Laser Problem
    自律自動車の重要部品「ライダー」に盗用と在庫・性能不足問題が起きている。多くの自動車メーカーが2021年までに販売すると公言している自律自動車の価格や性能、見た目は、現時点のライダーの進歩で決まる。 by Tom Simonite2017.3.21
  25. Are Autonomous Cars Ready to Go It Alone?
    315kmごとに重大事故を起こし得る自動運転の「成熟度」
    315kmごとに重大事故を起こす可能性があるウーバーの自動運転は「成熟」したとはいえない。しかしカリフォルニア州は遠隔監視による無人運転の試験走行を年内にも解禁する方針だ。 by Jamie Condliffe2017.3.20
  26. Chemists Are First in Line for Quantum Computing’s Benefits
    化学は、量子コンピューター応用の最初の有力分野
    化学は、数年以内に実現する量子コンピューティングで恩恵を受ける最初の分野になりそうだ。実用的な超伝導体と次世代バッテリーの研究が進めば、量子コンピューターの開発も加速する。 by Tom Simonite2017.3.20
  27. How DeepMind’s Memory Trick Helps AI Solve New Problems
    学習速度は、AIが人間にかなわない分野だ。古典的なビデオゲームでも、人間なら2時間でできるようになることが、最強のAIシステムでも200時間かかることがある。しかし、グーグルの子会社ディープマインドは、人間の脳の手法を模倣することで、学習時間を大幅に短縮化した。 by Emerging Technology from the arXiv2017.3.17
  28. The U.S. Military Wants Its Autonomous Machines to Explain Themselves
    結論しか出さない機械学習システムでは使い物にならない
    最新の機械学習の手法は本質的にブラック・ボックスだ。機械学習に結論に至った理由を説明させるため、米国国防先端研究計画局(DARPA)は複数の研究に投資している。 by Will Knight2017.3.15
  29. Machine Learning and Data Are Fueling a New Kind of Car
    インテルのモービルアイ買収目的は、強化学習とデータと人材
    インテルが153億ドルを払ってまで、自動車のマシン・ビジョンと機械学習を専門に扱うイスラエル企業モービルアイを買収したいのは、強化学習とデータと人材が目的と見て間違いない。 by Will Knight2017.3.15
  30. Intel’s $15 Billion Mobileye Buyout Puts It in the Autonomous Car Driver’s Seat
    インテルはなぜモービルアイを150億ドルで買収するのか?
    インテルは、自動運転テクノロジーの主要企業であるモービルアイを150億ドルで買収すると発表した。当面の狙いはもちろん自動運転だが、モービルアイの強化学習には、他の産業で利用できる大きな可能性がある。 by Jamie Condliffe2017.3.14
  31. The War on the Disturbingly Real Trolls in Virtual Reality
    気まずさは本物以上ソーシャルVRの嫌がらせ行為
    VR空間での嫌がらせ行為は、現実世界より過激で気分が悪くなりやすい可能性がある。ソーシャルVRはミュートやバリアなどの機能を充実させているが、交流を妨げないバランスも重要だ。 by Tom Simonite2017.3.14
  32. Robotic Chefs Are Getting Better—If You Like Fast Food
    ファストフードから進む外食産業へのロボット導入
    ファストフードでハンバーガーの肉を焼くのはロボットになりそうだ。雑な調理方法でも客から見えないしし、そもそも料理の質や見た目が重視されない分野からロボットが進出するのは当然だ。 by Jamie Condliffe2017.3.10
  33. Intel’s Dominance May Falter Further as Microsoft Eyes ARM for the Cloud
    MSがクラウド向けにARM採用で、インテルの支配力低下へ
    マイクロソフトがクラウドサービスAzure向けにARM製プロセッサーの採用を検討しており、実現すればインテルが市場の大半を握るサーバー市場のシェア低下は避けられない。ARMはソフトバンクに買収されて以来、対インテルを目的にしているとしか考えられない企業買収を続けており、インテルにはイノベーションが必要だ。 by Jamie Condliffe2017.3.9
  34. Facebook’s AI Chief: Machines Could Learn Common Sense from Video
    フェイスブックのAI研究所が考えるマシン・ビジョンの未来
    フェイスブックAI研究所のヤン・ルクン所長(ニューヨーク大学教授)が、マシン・ビジョンの現状と人工知能の未来について語った。映像を見るだけで世界について学び、コモンセンス(常識)を身につけることで、言語という低帯域のデータ伝送手段を人間なみに補えると考えている。 by Tom Simonite2017.3.9
  35. Baidu’s Artificial Intelligence Lab Unveils Synthetic Speech System
    バイドゥの人工知能研究所が、グーグルの子会社ディープマインドを上回る成果を発表した。グーグルの研究では実用化が難しかった音声合成の微調整を、深層学習により、人間が関わらずに数時間で完了できるようにしたのだ。 by Emerging Technology from the arXiv2017.3.9
  36. Toyota Tests Backseat Driver Software That Could Take Control in Dangerous Moments
    トヨタの自動運転「守護天使」の概念はどこが優れているのか?
    トヨタは、自動運転システムを「守護天使」の概念に基づいて開発しようとしている。完全自律運転よりも早期の実用化が期待でき、機械単独よりも事故を防止できる確率が高くなる、優れたアイデアだ。 by Tom Simonite2017.3.8
  37. How to Upgrade Judges with Machine Learning
    どの被告人を保釈すべきか機械学習で裁判官に助言
    どの被告人を保釈すべきか、機械学習の試験運用で裁判官の判断を高精度に補助できることがわかった。有色人種への偏見が減り、拘留の必要のない被告人を保釈できれば、米国で多額の税金が使われている収監費用も削減できる。 by Tom Simonite2017.3.7
  38. How Google Street View Images Reveal the Demographic Makeup of the U.S.
    ストリート・ビューと深層学習で、街ごとの政党支持を判別可能に
    ストリート・ビューと人口統計の深層学習により、セダン車の割合が多い米国の街は民主党支持、4人乗りのピックアップ・トラックの多い街は共和党支持と判明した。 by Emerging Technology from the arXiv2017.3.6
  39. Machine-Learning Algorithm Predicts Laboratory Earthquakes
    機械学習の専門家と地震学の研究者の共同研究により、実験室で発生させる人工地震の予知に成功した。従来の地震学ではノイズ扱いされてきた小さなシグナルを機械学習が発見したが、実際の地震に適用するには多くの困難を乗り越える必要がありそうだ。 by Emerging Technology from the arXiv2017.3.6
  40. Targeted Ads Along the Highway
    幹線道路沿いのデジタル・サイネージで車種のターゲティング広告
    走行中の車種を機械学習で識別し、適切な広告を表示する道路広告をロシアのアドテク企業が開発した。高級車の広告を年式の古い高級車のドライバーに表示する、といったWeb広告の方法を、現実世界で実現する。 by Nanette Byrnes2017.3.3
  41. How a Human-Machine Mind-Meld Could Make Robots Smarter
    Kindred AIが極秘に開発を進めてきた新型ロボットは、VRゴーグルを装着したパイロットがロボットの作業を訓練する。作業速度は人間の2倍で、究極の目標は新種の人工知能を産み出すことだ。 by Will Knight2017.3.3
  42. Security Robots Get a Designer Makeover
    工業デザイナーがデザインした、見た目がソフトな警備ロボット
    警備ロボットのゴツいイメージとは真逆の、布で覆われたソフトな見た目が特徴だ。メーカーは、最終的にビル管理業務全般をこなせるように改善する意向だが、人間の雇用を奪うつもりはなさそうだ。 by Rachel Metz2017.3.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る