KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2017年6月の記事

  1. China’s Tech Moguls Warn of AI’s Troubling Trajectory
    米中AI戦争が引き起こす、世界再編の現実味
    世界レベルの賢明な起業家とイノベーターたちの間にある認識が広がりつつある。それは、AIが経済と社会に深刻な影響をもたらすことが現実味を帯びてきたというものだ。 by Will Knight2017.6.29
  2. 日本では配達員の不足が社会問題化しているが、ロンドンでは小型の自動運転車による食料品の配送が実験中だ。by Jamie Condliffe2017.6.29
  3. エヌビディア、「説明できるAI」へ向けた一歩を踏み出す
    機械学習のAIシステムは多くの場合、どのような判断に基づいて結論を導き出したのかを説明できない。信頼のおけないテクノロジーを、医学や金融、軍事などの重要な分野に適用してよいのだろうか。 by Will Knight2017.6.29
  4. 中国に完敗した米国が挑む、スパコン戦争の行方
    発表されたスーパーコンピューター・ランキングの1位、2位は中国だった。米国はインテルやIBMに2億5800万ドルの資金を投じて、2021年の逆転を目指す。 by Jamie Condliffe2017.6.27
  5. 宇宙をもっと安くする、成層圏気球ビジネスが上昇中
    米国の2つの企業が、科学実験向けの成層圏気球ミッションの費用を引き下げようとしている。大きさ、積載量、浮揚時間でNASAの気球にはかなわないが、絶対的な価格の安さには、多くのメリットがある。 by Jamie Condliffe2017.6.27
  6. Tesla’s New AI Guru Could Help Its Cars Teach Themselves
    テスラが強化学習の専門家を採用、自律自動車の開発を加速
    テスラが強化学習の専門家をAI研究の責任者として採用した。テスラは新たなアプローチで自動運転車の開発を加速させるようだ。 by Will Knight2017.6.26
  7. World’s First Cable-Free Elevator Zooms Horizontally and Vertically Using Maglev Tech
    横にも移動できるエレベーターで建築の常識が変わる
    リニアモーターを利用して上下左右に移動できるエレベーターがドイツで実験中だ。行きたい階に素早く到着できるだけでなく、ビルのデザインに変化をもたらすかもしれない。 by Jamie Condliffe2017.6.26
  8. AI Agents Learn to Work Together by Wrangling Virtual Swine
    人工知能から拡張知能へ——AIは「協調」できるのか
    人間は協調して作業することができる。だが、AIにチームプレイは可能なのか? マイクロソフトの研究者は、あるコンテストを開催した。 by Will Knight2017.6.26
  9. China’s Central Bank Has Begun Cautiously Testing a Digital Currency
    中国人民銀行は、汚職の撲滅や幅広く人民元を流通させるためにも、独自の電子通貨を開発して導入する準備を進めている。電子通貨を導入する初の国家となるのだろうか。 by Will Knight2017.6.25
  10. Industrial Robot Firm Kuka Looks to Automate the Home
    産業ロボ大手クーカ、家庭用ロボット参入へ
    中国企業に買収された産業用ロボット大手のクーカが消費者向けロボットの開発を表明。工場向けに開発された技術からどんなロボットが生まれるのだろうか。 by Jamie Condliffe2017.6.22
  11. Inspecting Algorithms for Bias
    米国の裁判所や金融機関では多くの場面で、被告人や顧客に対する意志決定に自動化システムを使っている。機械を使えば、人間の持つ偏見をなくして公平な判断を下すことが可能になるのだろうか。 by Matthias Spielkamp2017.6.22
  12. Meet the Chinese Finance Giant That’s Secretly an AI Company
    日本の金融機関でも顧客対応や営業支援にAIを活用しようという動きは広がっている。だが、自らをフィンテックではなく「テックフィン企業だ」と主張する中国のアント・フィナンシャルは一歩も二歩も先を行っている。 by Will Knight2017.6.22
  13. Facebook Is Enlisting Human Experts and AI to Fight Terrorism
    フェイスブックの人工知能はテロとの戦いを制するのか?
    フェイスブックが専門家と人工知能を駆使して、テロ組織によるソーシャル・ネットワークの利用を阻止しようとしている。 by Jamie Condliffe2017.6.21
  14. Data-Mining 100 Million Instagram Photos Reveals Global Clothing Patterns
    ソーシャルメディアに日々、何百万枚も投稿される写真は、文化人類学の研究にとって未曽有の資源の宝庫だ。機械学習がこのデータの大鉱脈を採掘し始めている。by Emerging Technology from the arXiv2017.6.20
  15. Apple Isn’t as Late to Automated Driving as You Might Think
    アップルは自動運転の開発で再び輝けるのか?
    アップルが自動運転車の開発を進めていることを正式に認めた。先行しているグーグルなどに遅れをとったかのように思われるものの、アップルがこれまで積み上げてきた技術を見ればすぐに追いつけるかもしれない。 by Will Knight2017.6.20
  16. Forget AlphaGo—DeepMind Has a More Interesting Step Toward General AI
    囲碁を卒業したディープマインド、汎用AIへ向けて動き出す
    5月の対局で囲碁からの引退を発表した人工知能「アルファ碁」。開発元のディープマインドの研究者は、学習の過程で、人間のような知恵を発揮するアルゴリズムをテストしている。 by Will Knight2017.6.19
  17. This Marimba-Playing Robot Invents Surprisingly Nice Tunes
    AI搭載ロボが5000曲から作ったオリジナル曲は意外といい
    AIに作曲させる取り組みが進んでいる。ベートーベンからレディー・ガガまで5000曲を基にして作られた曲は、クラシックとジャズを融合させたようなものだった。 by Jamie Condliffe2017.6.16
  18. Apple Finally Admits It Is Pursuing Technology for Self-Driving Cars
    アップル、自動運転技術の開発をついに認める
    アップルは「自律運転システムに焦点を当てている」とティム・クックCEOは明言。しかし具体的な製品の姿は見えてこない。 by Jamie Condliffe2017.6.14
  19. Shipping Giants Are Looking to Self-Piloting Boats to Shift Cargo
    世界の海運大手が注目する「自律貨物船」のビッグウェーブ
    商船三井や日本郵船などの海運大手と造船会社が自律船の共同開発を発表した。海運業界でも自動化へ向けた本格的な動きが始まっている。 by Jamie Condliffe2017.6.14
  20. Tim Cook: Technology Should Serve Humanity, Not the Other Way Around
    ティム・クックCEO独占インタビュー「アップルはすでにAIを活用している」
    アップルのティム・クックCEOがMITで1日を過ごし、人工知能や最新のテクノロジーに関する研究について意見交換した。訪問後、クックCEOはMITテクノロジーレビューの取材に応じた。 by Nanette Byrnes2017.6.13
  21. In Buying Boston Dynamics, SoftBank Is Betting Big on Walking Robots
    グーグルから人型ロボットを買収したソフトバンク、孫社長の狙い
    ソフトバンクがグーグル傘下のボストン・ダイナミクスとシャフトを買収した。グーグルが成功できなかったロボット開発の分野でソフトバンクは何を進めるのだろうか。 by Jamie Condliffe2017.6.12
  22. How AI Can Keep Accelerating After Moore’s Law
    「ムーアの法則」終了でコンピューター業界はAI需要にどう対応するか
    先端的な機械学習の分野では膨大なコンピューター・リソースが必要だ。「ムーアの法則」が終わった現在、コンピューターチップにも変革が求められる。 by Tom Simonite2017.6.9
  23. China’s Go Masters and Researchers Are Optimistic about the Country’s AI Future
    アルファ碁の引退試合が中国で開かれた理由
    世界最強の棋士との対局を制したアルファ碁は、囲碁からの引退を表明した。囲碁サミットは熱狂する中国のAIシーンを象徴している。 by Yiting Sun2017.6.7
  24. Google Sprinkles AI on Its Spreadsheets to Automate Away Some Office Work
    AIの進化でグーグル・スプレッドシートは必要なくなるか
    つまらない数字をかっこいいグラフに変えたい? それならグーグルのアルゴリズムにお任せだ。自動化が進めばスプレッドシートを使った仕事はなくなるのだろうか? by Tom Simonite2017.6.5
  25. Meet the Most Nimble-Fingered Robot Yet
    深層学習でロボットはここまで器用になる
    バーチャルな物体を使って訓練されたロボットは、あらゆる物体を正確に認識し、確実に掴むことができる。手作業でしかできなかった作業の機械化につながるかもしれない。 by Will Knight2017.6.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る