KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械 2017年7月の記事

  1. AI Shouldn’t Believe Everything It Hears
    人間にはバレずにAIをだます方法が発見される
    音声、画像のちょっとした「ノイズ」でAIはだませる。やっかいなのは、防ぐ手段が見つからないことだ。 by Jamie Condliffe2017.7.31
  2. 自律自動車の基幹部品であるライダー装置は性能を確保しようとするとコストが高く、自律自動車商用化への壁となっている。大量生産で価格を下げられる新タイプの製品、半導体ライダー装置の開発が進んでいる。 by Jamie Condliffe2017.7.31
  3. ゲーム制作に革命か?NASA画像から深層学習で背景を自動生成
    ビデオゲームで使われる風景画像をNASAのデータをもとに機械学習で自動生成する方法が研究されている。実用化されれば、ゲーム制作の流れが変わりそうだ。 by Emerging Technology from the arXiv2017.7.28
  4. だますAIと見抜くAIはどっちが強い?グーグルがコンテスト
    AI同士がだまし合うコンテストが開催される。懸念される機械学習を利用したサイバー攻撃から防御するため、敵対的機械学習の研究を前進させることが目的だ。by Will Knight2017.7.28
  5. 掃除ロボがアマゾンのスパイに? ルンバ、見取図の外販を計画
    日本でも人気の掃除ロボット「ルンバ」が収集した家庭内の見取り図を外販するとの報道が波紋を呼んでいる。掃除ロボットがスパイロボットになる日が訪れるのだろうか。 by Michael Reilly2017.7.27
  6. For Computers, Too, It’s Hard to Learn to Speak Chinese
    中国で音声アシスタントが大ブレイクする可能性日本はどうなる?
    日本が出遅れている音声アシスタントの分野で中国が急速に米国を追い上げている。アリババやバイドゥから続々と製品が登場し始めた。しかし、英語などに比べて中国語は複雑であり、自然な会話を実現するには課題も多い。 by Yiting Sun2017.7.26
  7. Teaching Drones How To Crash Safely
    電池切れでも墜落しないNASA開発の新技術で宅配ドローンは離陸するか
    宅配ドローンが実用化できない大きな理由の1つが安全性だ。電池切れやシステムトラブル時にもドローンが緊急着陸できる新しい技術がNASAの研究者によって開発されている。 by Simon Parkin2017.7.25
  8. This Image Is Why Self-Driving Cars Come Loaded with Many Types of Sensors
    自動運転の実現に過剰なまでのセンサーが必要な理由
    テスラのオートパイロット機能での死亡事故は「センサー不足」が批判された。なぜ自律自動車には過剰ともいえるセンサーが搭載されているのだろうか。 by Jamie Condliffe2017.7.24
  9. China Plans to Use Artificial Intelligence to Gain Global Economic Dominance by 2030
    中国、2030年までに世界一のAI大国目指すと発表
    中国国務院は人工知能(AI)に巨額の新規投資をする計画を発表した。中国を2030年までにAI分野の世界的リーダーにし、経済的支配力の基礎を築くことを意図したものだ。 by Will Knight2017.7.24
  10. Google’s AI Guru Says That Great Artificial Intelligence Must Build on Neuroscience
    真のAI実現に神経科学から学べ、「アルファ碁」開発者が提唱
    「アルファ碁」の開発者であるデミス・ハサビスは、AIの能力の限界を押し広げるには人間の知性をより理解することが必要だと主張し、AIと神経科学の間でのアイデアの交換を提唱している。 by Jamie Condliffe2017.7.21
  11. Elon Musk Urges U.S. Governors to Regulate AI Before “It’s Too Late”
    「AIは悪魔、今すぐ規制すべき」イーロン・マスクが熱弁
    かねてから「AI開発は悪魔を召喚する所業」との持論を述べているイーロン・マスクは、2017年7月15日の全米知事協会の講演で、AIは人類文明が直面している最大のリスクであるとして、何かあってからでは遅い、今すぐにAIを規制すべきだと主張した。 by Jamie Condliffe2017.7.19
  12. Watch the World’s Fastest Drone Drag Race Into the Record Books
    世界最速ドローン、時速300キロでドロン
    新型ドローンが世界最速となる時速約300キロの記録を打ち立てた。見失ってしまいそうなほど高速だ。 by Jamie Condliffe2017.7.19
  13. Karamba Is Writing Software to Keep Your Connected Car from Getting Hacked
    現実化する車のハッキング元イスラエル軍人のセキュリティ会社に脚光
    自動車を狙ったサイバー攻撃が現実化する中、イスラエル発のスタートアップ企業カランバ(Karamba)が注目されている。元イスラエル国防軍のメンバーらが創業したカランバは、従来とは異なるアプローチで自動車を守ろうとしている。 by Doron Levin2017.7.19
  14. Audi’s New A8 May Drive Itself, But Owners Should Proceed With Caution
    アウディ、渋滞時はAIボタンで自動運転 「ながら通勤」も
    アウディは従来の市販車とは一線を画する自律運転機能を搭載した新型セダンを発売した。しかし、車載センサーとアルゴリズムが、運転中に起こりうるすべての事態に対処できるわけではない。 by Jamie Condliffe2017.7.18
  15. A Laser Sensor on an iPhone Would Make a Lot of Sense
    新型アイフォーンはARマシン? 3Dレーザー・センサー搭載か
    ある情報筋によると、アップルが今秋発表するiPhone次期製品には、奥行を検知するレーザー・システムが搭載されるという。もし実現すれば、これまでにない拡張現実(AR)アプリが可能になる。by Jamie Condliffe2017.7.14
  16. Kasparov Thinks Deeply about His Battle with a Machine
    AIに負けたチェスの天才カスパロフが考える、機械と共生する未来
    IBMのコンピューター「ディープ・ブルー」とチェスの元世界チャンピオン、ガルリ・カスパロフの歴史的対局を、カスパロフ側から回顧することは、ずっと待ちわびられていた。カスパロフの新著は、日々性能を増していく知性を宿す機械と共生する未来について考える糧となるだろう。 by Jonathan Schaeffer2017.7.13
  17. Microsoft Thinks AI Will Fill Your Blind Spots, Not Take Over Your Job
    マイクロソフトのAIも「人との協働」目指す グーグルとカブる
    グーグルを猛追するマイクロソフトは、人間と人工知能(AI)の共同作業を改善する構想を打ち出した。つまり、AIは必ずしも人間に取って代わる必要はなく、より良い仕事をする手助けをするということだ。 by Jamie Condliffe2017.7.13
  18. Your Best Teammate Might Someday be an Algorithm
    AIの未来は人間との協働グーグルが新プロジェクト
    人工知能は人間の仕事を奪うのではなく、手伝うもの。グーグルが新たに始めたプログラムは、AIと人間がより効率よく作業するための方法を探るものだ。 by Will Knight2017.7.12
  19. The Machines Are Getting Ready to Play Doctor
    心電図から心臓疾患を発見、機械学習は医師を超えるか
    心臓不整脈を探り当てるアルゴリズムによって、機械学習が医療に革命をもたらそうとしている。課題は、医師や患者にそのアルゴリズムを信頼させることだ。 by Will Knight2017.7.11
  20. Apple-Picking Robot Prepares to Compete for Farm Jobs
    リンゴ農家の人手不足をロボットが救う
    機械化の進む米国の農業ではロボットの開発も盛んだ。トランプ大統領の難民政策の影響で季節農業労働者の確保が困難になったいま、リンゴ収穫ロボットが注目されている。 by Tom Simonite2017.7.11
  21. The Chinese Plan to Take Over All Self-Driving Cars
    バイドゥ、自動運転ソフトの無償公開で市場独走狙う
    バイドゥは、自律自動車の頭脳部分を無料公開する「アポロ計画」を推進している。アポロ計画が軌道に乗れば、自社のコードを非公開にする競合企業が自動運転分野の覇権を握るのは困難になるだろう。 by Will Knight2017.7.7
  22. Google Stakes Its Future on a Piece of Software
    グーグルの未来はテンソルフローにある
    グーグルが2年前に公開した「テンソルフロー」はAIへの熱狂的な関心を背景に、グーグルに多大な利益をもたらそうとしている。グーグルはアマゾンとマイクロソフトからシェアトップを奪うつもりだ。 by Tom Simonite2017.7.7
  23. This Parkour Robot Easily Bounces Its Way Over Obstacles
    障害物をぴょんぴょん飛び越える新型パルクール・ロボ
    3軸の姿勢制御が加わったサルトは、コンピューターからの指示で自由に動くことができる。運動能力は抜群だ。 by Jamie Condliffe2017.7.6
  24. Scientists Are Turning Alexa into an Automated Lab Helper
    アレクサ、実験を手伝ってくれ
    米国で人気のAIアシスタント「アレクサ」の仕事に、「実験のお手伝い」が加わりそうだ。科学者は、本来の設計意図とは異なる方法で商用テクノロジーを利用し、研究の効率化を図っている。 by Jamie Condliffe2017.7.6
  25. Toyota’s Home Helper Is a Glimpse of Our Robot-Assisted Future
    トヨタの介護ロボから垣間見える、機械が人間に寄り添う未来
    トヨタの介護ロボットが北米で導入された。飲み水を持ってきてくれたり、ドアを開けてくれるようなロボットのおかげで、体の自由がきかない男性の生活が少し楽なものになった。 by Jamie Condliffe2017.7.4
  26. Why Waymo’s Partnership with Avis Makes Sense
    グーグルの自動運転車はなぜレンタカー会社と提携するのか
    自律運転テクノロジーの開発企業は、自動車のメンテナンスには手を出さない。一方でレンタカー会社は車の所有形態が変化する中、自らの存在意義を探すのに必死だ。 by Jamie Condliffe2017.7.4
  27. Machine Creativity Beats Some Modern Art
    機械は今日、さまざまな分野で人間と同等あるいはそれ以上の成果をあげつつあるが、より優れた芸術を創造することもできるのだろうか。人間のアートと機械が作ったアートの違いを見分けられるかどうか、どちらのアートが好きであるかを一般の人たちに尋ねてみた。 by Emerging Technology from the arXiv2017.7.4
  28. Before They Hit the Road, Driverless Vehicles Will Take Over Warehouses
    完全無人倉庫の時代がもうすぐやってくる
    十分に管理され、交通規則もない倉庫こそ、自律自動運転車の実験場所にぴったりだ。近い将来、人手不足にあえぐ物流業界の救世主となるはずだ。 by Jamie Condliffe2017.7.3
  29. A Job Plan for Robots and Humans
    ロボットスタートアップのフェッチ・ロボティクスでは、約50人のスタッフと125体以上のロボットが働いている。ワイズCEOは、人間とロボット、どちらに対しても雇用の機会を増やしていくつもりだ。 by Tom Simonite2017.7.3
  30. General Electric Builds an AI Workforce
    AI企業へ脱皮するGE鍵はハイブリッド研究者
    GEはAI技術によって、2020年までに世界トップのソフトウェア・プロバイダーの一社になることを目指している。実現のカギを握るのは、2つのキャリアを持つ研究者だ。 by Elizabeth Woyke2017.7.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る