KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2017年8月の記事

  1. Amazon Has Developed an AI Fashion Designer
    ファッション業界に衝撃、アマゾンがAIデザイナーを開発中
    アマゾンがファッション分野に力を入れている。最新のトレンドを取り入れたレコメンデーションに加え、トレンドから新たな商品をデザインするAIも開発中だ。 by Will Knight2017.8.28
  2. 毎週のロケット打ち上げを可能にするスペースXの新技術とは
    スペースXが米国空軍と共同開発した自律型ロケット追跡技術は、ロケット打ち上げのコストを劇的に削減し、打ち上げ準備期間を大幅に短縮できる可能性がある。同技術を使ったロケット3機の打ち上げが2017年11月に予定されている。 by Mike Orcutt2017.8.28
  3. 先進国ではドローンを使った宅配サービスの実験が始まっているが、インフラがまだ整っていないアフリカ・ルワンダではすでにドローンが救急医療に欠かせない血液輸送の役割を担っている。ルワンダ政府とジップラインが始めた最新の取り組みと課題を現地で聞いた。by Jonathan W. Rosen2017.8.25
  4. 機械に言葉を教えたいならゲームの世界に放り込めばいい
    機械に言語の使い方を教えるのは難しい。だからその代わりに機械をゲームの世界で訓練し、自身で学習した方が手取り早いのだ。 by Edd Gent2017.8.25
  5. 自律自動車が普及し、タクシーやトラックとして使用されるようになると、大量の失業者を生む可能性がある。自律自動車に対する憎悪から、自動運転のアルゴリズムをハッキングして、故意に事故を引き起こす犯罪者が現れるかもしれない。 by Simson Garfinkel2017.8.24
  6. AI Programs Are Learning to Exclude Some African-American Voices
    ツイッター分析ツールの「意見」は偏っている
    自然言語アルゴリズムは特定の少数の方言や話し方を差別している。しかし、単にアルゴリズムを糾弾するだけでは問題の解決にはならず、アルゴリズムが何をしているのかを明確にして、それがふさわしいかどうかを人間が判断する必要がある。 by Will Knight2017.8.22
  7. Inside the Increasingly Complex Algorithms That Get Packages to Your Door
    電子商取引の普及に伴う宅配荷物の増加は世界的な問題になっている。効率のいい配送ルートを導き出す必要があるが、コンピューター・システムの開発は容易ではない。 by Jamie Condliffe2017.8.22
  8. AI Is Taking Over the Cloud
    クラウドストレージ大手がグーグル採用、AI技術の寡占化進む
    米国のクラウド・ストレージ企業が、グーグルの人工知能(AI)技術を採用した検索サービスを発表した。AIの基盤となる技術を数社の巨大企業が押さえ、大手による寡占化の動きが進んでいる。by Will Knight2017.8.21
  9. How Moss Helped Machine Vision Overcome an Achilles’ Heel
    京都の「コケ」を識別する手法が深層学習の弱点を克服する
    深層学習の手法に基づく物体認識は、特徴がはっきりしないものを識別するのが苦手だ。京大の伊勢准教授らが開発した「コケ」の種類を識別する手法は、この弱点を克服する有望な方法となりそうだ。 by Emerging Technology from the arXiv2017.8.18
  10. Meet the Company That’s Using Face Recognition to Reshape China’s Tech Scene
    中国では顔認識の利用が進んでいる。もっとも成功している顔認識プラットフォームFace++は Webインフラとの統合によって、あらゆる業界を変えようとしている。 by Yiting Sun2017.8.16
  11. What AI Needs to Learn to Master Alien Warfare
    グーグルとゲーム会社のブリザードは、人気の対戦型コンピュータゲームの中で人工知能(AI)プログラムを自由に実行させられるツールを発表した。難易度の高いゲームで人間を打ち負かすAIプログラムを開発することは、機械による知能の新しい側面を追求するのに役立つ。 by Will Knight2017.8.15
  12. Andrew Ng’s Next Trick: Training a Million AI Experts
    AI人材の不足が指摘される中、今年3月までバイドゥで人工知能の研究をリードしていたアンドリュー・エンが、深層学習のオンライン学習コースを立ち上げた。エンは、何百万人もの人々が深層学習を習得する必要があると語る。 by Will Knight2017.8.14
  13. Biased Algorithms Are Everywhere, and No One Seems to Care
    「人間はアルゴリズムを信頼しすぎ」グーグルの研究者らが警鐘
    人工知能がさまざまな判断に関与するになり、アルゴリズムが持つ「偏見」の問題が無視できなくなっている。にも関わらず、企業も政府もいまだ問題の解決に関心を持っていない。 by Will Knight2017.8.8
  14. To Build a Smarter Chatbot, First Teach It a Second Language
    会話が続くチャットボット、秘密は第2言語の習得にあり
    すぐに会話が成立しなくなってしまうチャットボットをもっと賢くする方法が編み出された。事前に第2言語を学ばせることで効率よくチャットボットを訓練できるという。 by Will Knight2017.8.8
  15. An Algorithm Trained on Emoji Knows When You’re Being Sarcastic on Twitter
    深層学習によって、コンピューターに人間の感情や皮肉を理解させる研究が進んでいる。将来、人間とロボットが共同で作業するには、ロボットが人間の感情を読み取ることが重要だ。 by Will Knight2017.8.7
  16. Amazon’s New Robo-Picker Champion Is Proudly Inhuman
    アマゾン主催ロボコン、 UFOキャッチャー風ロボットが優勝
    アマゾンが毎年開催しているロボットコンテスト「アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」でクレーンゲームにヒントを得たロボットが優勝した。なお、日本からは奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)とパナソニックの合同チームが出場し、結果は6位だった。 by Jamie Condliffe2017.8.2
  17. How Do You Fight the Largest Cocaine Boom in History? With Drones.
    米国で急増するコカイン密輸、ドローン監視作戦で対抗
    南米から流入するコカインが過去最高量を記録するなか、米国では沿岸警備隊はドローンによる監視を始めた。 by Michael Reilly2017.8.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る