KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2017年9月の記事

  1. A Radar for Industrial Robots May Guide Collaboration with Humans
    産業用ロボの安全性を劇的改善、MIT発の超高精度レーダー
    これまでの産業用ロボットは、人間と共同作業をするにはパワフル過ぎて危険であることから、適用範囲が限られていた。マサチューセッツ工科大学(MIT)のスピンアウト企業が開発している人間の動きを非常に正確に追跡可能な室内用レーダー装置は、人間とロボットが同じ環境で協働する新しい未来の扉を開くかもしれない。 by Will Knight2017.9.22
  2. 人工知能(AI)の分野では、いかに優秀な人材を世界中から集めるかが勝負となっている。移民規制を進める米国を尻目に、カナダが新たなメッカとなりつつある。 by Will Knight2017.9.21
  3. サバンナの野生動物調査にマシン・ビジョンのドローンが活躍
    野生動物の保護には個体数の把握が欠かせない。最近ではドローンを用いた調査も実施されているが、ドローンの撮影画像を分析するには、専門家が膨大な時間を費やす必要がある。スイス連邦工科大学の研究チームは、マシン・ビジョンのアルゴリズムを訓練することで、専門家が費やす時間を大幅に削減し、個体数の見積もりを大きく改善できることを示した。by Emerging Technology from the arXiv2017.9.19
  4. インフラ点検をドローンに置き換え、機械学習で異常箇所を発見
    深層学習を使ってドローンやロボットが自律的にパイプ・ライン、送電線などを点検する企業がある。石油精製所の点検作業を人力から機械化することで、100万ドルの費用が浮くという。 by Will Knight2017.9.12
  5. IBMとMITが連携し、「MIT-IBM ワトソンAI研究所」を設立する。かつて人工知能(AI)研究の先端を走っていたMIT、ワトソンの失速が伝えられるIBMの双方にとって大きな意義のあるプロジェクトで目指すものとは? by Elizabeth Woyke2017.9.12
  6. Can WeChat Thrive in the United States?
    もはや「現金はいらない」とまで言われる、急激なキャッシュレス化が進む中国。中国のスマホ決済で4割のシェアを占めるウィーチャット(WeChat)はグローバル市場を攻略しようとしているが、いまのところ大きな成功は得られていない。 by Emily Parker2017.9.6
  7. Growing Up with Alexa
    米国では人口の5分の1近くの人がアマゾン・アレクサのような家庭用AI(人工知能)アシスタントを使っている。口頭での様々な指示や命令に応えるのような家庭用AIアシスタントは今後、一層普及が進むだろうが、家庭に入り込んだAIアシスタントが、子どもたちの成長にどんな影響を与えるのかはあまりわかっていない。 by Rachel Metz2017.9.5
  8. “Alexa, Understand Me”
    音声AI搭載のデバイスが米国では大人気だ。市場を開拓したアマゾンのアレクサ(Alexa)は、人と機械が対話する不可欠な手段となるかもしれない。 by George Anders2017.9.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る