KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2017年11月の記事

  1. The Open-Source Driving Simulator That Trains Autonomous Vehicles
    事故も再現、自動運転向けシミューレーターをトヨタらが無償公開
    子供が道路に飛び出すような、ドライバーにとって最も対応困難な出来事はまれにしか起きない。しかも、実際にその状況を再現するのは危険だ。自動運転車がそうした状況に対処できるように訓練するために、インテル研究所、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)、コンピュータビジョンセンターの研究チームが新しいシミューレーターをオープンソースで公開した。 by Emerging Technology from the arXiv2017.11.30
  2. 人工知能(AI)アプリケーション向けの専用チップを開発するスタートアップ企業が増えている。AIアプリの実行に特化することで、従来のチップよりも数倍から100倍程度の性能を達成するとしているが、大手との競合や市場の移り変わりに伴うリスクも指摘されている。 by Martin Giles2017.11.30
  3. 筆致から贋作を見破るAI鑑定士、8割の確率で作家も特定
    米国とオランダの研究者が、線画の筆致を学習することで偽造を見抜くことができる人工知能(AI)システムを開発した。深層再帰型ニューラルネットワークと機械学習アルゴリズムを使うことで、8割の確率で線画の作者を正しく特定できた。 by Jackie Snow2017.11.24
  4. ロボットは人間の命令に従って動く機械にすぎない。だが、戦地で行動を共にする軍事ロボットと兵士との間には、ただの道具とそれを使う人間という関係を超えた絆が生まれるという。もしロボットが感情を持つようになったら、人間とロボットの関係はどのように変わるのだろうか。by Louisa Hall2017.11.24
  5. 人間と機械とでは、質問をする能力に極めて大きな差がある。ニューヨーク大学の研究者たちは、認知心理学に着想を得て、人間にも勝る質問をするAIシステムを開発した。この技術を応用することで、より有用で使いやすいシステムを構築できそうだ。 by Will Knight2017.11.22
  6. This AI Learns Your Fashion Sense and Invents Your Next Outfit
    オンライン小売業では、サイトでの顧客の閲覧履歴や購入履歴に基づくおすすめ商品をページに表示するのが一般的だ。カリフォルニア大学とアドビの研究者は、ユーザーの服装の好みに基づいてカスタマイズした、新たな衣服の画像を生成する人工知能(AI)システムを開発した。 by Jackie Snow2017.11.22
  7. These AI Hotshots Plan to Reboot Manufacturing by Jumping Inside Robots
    現場のワザをVRで学習、製造業ロボットが着々と進化中
    今日の製造現場では様々な作業が人間からロボットに置き換わっている。プログラムを書くのが大変であるため現時点ではまだ人間が担当している細かい作業もいずれ、実質現実での人間の動きから学習するロボットに置き換えられるかもしれない。 by Will Knight2017.11.21
  8. Alibaba’s AI Fashion Consultant Helps It Set a New Singles’ Day Record
    過去最高の「独身の日」にひっそりとデビューしたアリババのAIスタイリスト
    驚異的な売上を記録したアリババの「独身の日」セール。その裏側ではアリババがいま注力している、あるプロジェクトの成果がひっそりとデビューしていた。 by Yiting Sun2017.11.16
  9. IBM Raises the Bar with a 50-Qubit Quantum Computer
    50キュービットの量子コンピューターをIBMがついに発表
    量子コンピューターの実用化に向けての目標である「量子超越性」の実現には、49キュービット(量子ビット)を実装したシステムが必要だとされている。先日、IBMがついに50キュービットの量子コンピューターを発表した。 by Will Knight2017.11.15
  10. For Brain-Computer Interfaces to Be Useful, They’ll Need to Be Wireless
    脳コンピューター・インターフェイスの実用化には何が必要か
    脳コンピューター・インターフェイス研究の先駆者は、実用化には程遠いと語った。装置の小型化、ニューラルコードの解明がまだまだ必要だという。 by Emily Mullin2017.11.13
  11. More Evidence that Humans and Machines Are Better When They Team Up
    AIは人間の能力を拡張するもの——CSAILのダニエル・ラス所長
    人工知能に仕事が奪われることを恐れてばかりいると、人工知能との協調に秘められた大きなチャンスを見逃すことになるかもしれない。 by Will Knight2017.11.13
  12. New Research Aims to Solve the Problem of AI Bias in “Black Box” Algorithms
    ブラックボックスなAIに潜む「偏見」を暴く最新研究が発表
    意思決定の場面に人工知能(AI)システムが使われることが多くなるにつれて、ブラックボックスの中で一体どのようなアルゴリズムが動作しているのかを知ることが、ますます重要になっている。しかし、処理が複雑すぎたり、アルゴリズムが公開されていなかったりして、動作を調べるのが困難である場合がほとんどだ。 by Jackie Snow2017.11.10
  13. The AI Issue
    人工知能についていま、考えなければならないこと
    人工知能(AI)に対する脅威がまことしやかにささやかれているが、AIはまだ幼年期にあるに過ぎない。人間が手にする新たなツールが、人間をどのように変え得るかについては慎重に考える必要がある。by Brian Bergstein2017.11.10
  14. Every Spreadsheet Has a Narrative to Tell—Just Add Some AI
    データから物語を紡ぐAIがいま求められる理由
    データを読み取るのは人間の仕事だと思われている。だが、ナラティブ・サイエンスのクリス・ハモンド博士は、機械が人間にわかりやすく伝えるべきだと主張する。 by Erin Winick2017.11.10
  15. India Warily Eyes AI
    インドの花形産業であるIT業界で、大量解雇の嵐が吹き荒れている。自動化や人工知能(AI)が人間の雇用を奪うのではないかという懸念はどの国にもあるが、コンピュータが取って代わりやすい定型作業で成長してきたインド特有の事情が問題を深刻にしている。 by Samanth Subramanian2017.11.9
  16. Yibiao Zhao is Giving Machines a Sense of Imagination
    機械学習の限界を超える、「予測能力」を持つ自動運転技術
    MITのスピンオフ会社、アイシー(iSee)は、人間の予測能力を備えた自動運転技術を開発中だ。突発的な出来事にも対処できる、安全な自動運転車自動車を実現しようとしている。 by Martin Giles2017.11.9
  17. Is Technology About to Decimate White-Collar Work?
    「AIはすでに仕事を奪っている」、元グーグルの中国トップが明言
    グーグル・チャイナの初代社長として著名な投資家李開復は、AIはすでにホワイトカラーの仕事を奪っていると明言する。「4つの波」がやってくるという。 by Will Knight2017.11.9
  18. Humans Are Still Better Than AI at StarCraft—for Now
    スタークラフトのAI対決、プロゲーマーが圧勝
    韓国で開催された対戦型コンピューターゲーム「スタークラフト」の人工知能(AI)競技会で、プロゲーマーがAIシステムに圧勝した。しかし、現時点のAIにはゲームに関する訓練用データが少ないという制約があり、今後も人間が優位を保てるかどうかはわからない。 by Minhyung Lee2017.11.8
  19. New Twists in the Road to Quantum Supremacy
    49量子ビットの壁突破へ、IBMがモデル化に成功
    量子コンピューターが従来型コンピューターに対して圧倒的な優越性を示す「量子超越性」を実証するには、49キュービットの実装が目標とされている。IBMの研究者は数学的手法を駆使して、49キュービットを超える量子コンピューターの振る舞いをモデル化することに成功した。 by Will Knight2017.11.7
  20. Andrew Ng Has a Chatbot That Can Help with Depression
    チャットボットは何の役に立たないとの声は多い。だが、人工知能(AI)の著名研究者であるアンドリュー・ングが支援するチャットボットは、認知行動療法と進化した自然言語処理を組み合わせて、軽度のうつ病の治療に役立つという。 by Will Knight2017.11.1
  21. China’s AI Awakening中国 人工智能 的崛起
    中国は官民挙げてAIの開発、実用化に取り組み、世界のリーダーになろうとしている。AIによる雇用の削減などといったマイナス面に眼を向ける欧米諸国は、AIによる新しい経済や富の創造に注目すべきだ。 by Will Knight2017.11.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る