KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械 2018年1月の記事

  1. Algorithms are making American inequality worse
    テクノロジーは社会の不平等を悪化させている
    人々に恩恵をもたらすはずのテクノロジーが、時として社会的な不平等を助長するのに使われることがある。書籍「Automating Inequality(自動化された不平等)」の著者のユーバンクス准教授に、福祉サービスにデジタルツールが導入された際の歴史的な経緯や自身が経験した不平等についてMITテクノロジーレビューが聞いた。 by Jackie Snow2018.1.31
  2. ノースカロライナ大学チャペルヒル校とアドビの研究者が、映像に映った物体に合わせた音を生成するアルゴリズムを開発した。音声編集の自動化へ向けた道を切り開く興味深い研究だ。 by Emerging Technology from the arXiv2018.1.30
  3. バイドゥが目指す検索の次のビジネスは自律自動車向け地図
    自律自動車が安全に運転するために必要な高精度地図の提供は長期的には、検索エンジン事業よりも「ずっと大きなビジネス」になるとバイドゥのチ・リュー最高執行責任者(COO)が語った。同社がオープンソースで提供している自律運転ソフト「Apollo」はそのためのデータを収集するのに役立つだろうとしている。 by Rachel Metz2018.1.29
  4. あまりにも進歩が速い人工知能(AI)をめぐって、過度の期待や不安が入り混じって語られることが多くなっている。AIについて考察した3つの議論から、本当は何が起こっているのかを見てみよう。 by Brian Bergstein2018.1.29
  5. 他人のデバイスの処理能力を盗んで暗号通貨を採掘する「クリプトジャッキング」が世界中で猛威を振るっている。あるセキュリティ企業によると、世界中の55%もの組織がクリプトジャッキングの影響を受けているという。 by Jamie Condliffe2018.1.24
  6. Google’s Self-Training AI Turns Coders Into Machine-Learning Masters
    グーグルの自動機械学習サービス、誰もが自分専用AIを作れる時代へ
    グーグルは画像内の対象物を認識する訓練を自動化できる機械学習のクラウドサービスを発表した。深層学習アルゴリズムに関する専門的な知識がなくても、指定した対象物を認識するようにアルゴリズムを訓練できる。 by Will Knight2018.1.23
  7. Finally, a Robot Smart Enough to Hand You the Wrench You Need
    「レンチ取って!」と頼む前に先回りするロボットが実験中
    センサーや人工知能(AI)技術の進歩により、ロボットが様々な分野の作業に進出しつつある。英国のオンライン専業食料品店オカド(Ocado)の配送センターでは、人間の担当者による手作業を効率的に手助けするロボットのテストが実施されている。 by Will Knight2018.1.22
  8. Intel’s New Chips Are More Brain-Like Than Ever
    ムーアの法則後見据えるインテル、新チップはどこが画期的か?
    インテルは脳の神経回路の構造を模倣したニューロモーフィック・チップをCESの会場でアピールした。あわせて、49量子ビット(キュービット)の量子コンピューティング・チップも発表。いずれも性能が頭打ちになりつつある従来型プロセッサーのブレークスルーを狙うものだ。 by Will Knight2018.1.18
  9. Andrew Ng Says Factories Are AI’s Next Frontier
    人工知能(AI)の専門家であるアンドリュー・エンは、iPhoneを製造するフォックスコンの品質管理にAIの導入を進めている。製造業はいま、大きな変革期を迎えているようだ。 by Rachel Metz2018.1.17
  10. And the award for most nauseating self-driving car goes to …
    今年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)では、自律自動車に関するさまざまな発表や展示があった。自律自動車の乗り心地はどうか? 4台の自律自動車に実際に乗車して公道を走行した感想を報告する。 by Rachel Metz2018.1.17
  11. Baidu Could Beat Google in Self-Driving Cars with a Totally Google Move
    自動運転自動車の市場では新参企業であるバイドゥが、自動運転ソフトを無償公開したり、多数の企業と提携したりすることで、先行企業に迫る勢いで技術開発を進めている。年末までにはロザンゼルスで障がい者向けの自律自動車の走行試験も実施する予定だ。 by Rachel Metz2018.1.16
  12. Apparently, People Say “Thank You” to Self-Driving Pizza Delivery Vehicles
    ピザを届けに無人宅配車が来たら、どう応対するか?
    フォードのファーリー副社長は、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)の講演で自動運転自動車によるピザ宅配の実験について語った。同社は自動運転自動車の主な用途として商品配達を挙げており、こうした実験は商品を受け取る際の人々の振る舞いを調べるために重要だとしている。 by Rachel Metz2018.1.16
  13. The Year Robots Backflipped Their Way into Our Hearts
    ロボットは2017年、こんなに進化した
    バク宙できる脚型ロボット、モノを効率よくつかめるピッキング・ロボ——。2017年もさまざまな進化を遂げたロボットの中から、未来を感じさせる注目の動きを振り返ろう。 by Will Knight2018.1.16
  14. I Rode in a Car in Las Vegas. Its Driver Was in Silicon Valley
    無人運転でベガスをドライブ、870km先でハンコン握る運転手
    自律走行車がどうしようもない状況に陥った際に備えて、遠隔地にいる人間がその車の運転を引き継ぐ技術を開発している企業がある。先日、シリコンバレーからゲームコントローラーで遠隔操作で運転する車に乗って、混雑する夜のラスベガスをドライブする機会があった。 by Rachel Metz2018.1.15
  15. 2017: The Year AI Floated into the Cloud
    2018年、機械学習はクラウドで実行するのが当たり前になる
    2017年にはアマゾン、グーグル、マイクロソフトといった大手テック企業がこぞって、クラウド・プラットフォームに人工知能(AI)技術を導入した。この傾向は今後も続き、2018年にはクラウド内で多くの機械学習が実行されるようになるだろう。 by Jackie Snow2018.1.11
  16. Robots Won’t Save the U.K. from a Brexit Labor Shortage
    英国の欧州連合(EU)離脱により、英国内で移民に対する取り締まりが強化され、労働力が大幅に不足することが懸念されている。英国政府は自動化を導入する好機だとしているが、ITの専門家たちは、現時点のロボット工学や人工知能(AI)では、欧州諸国の労働者が国外退去させられることによる労働力不足は到底補えないと指摘している。 by Jamie Condliffe2018.1.10
  17. Lawyer-Bots Are Shaking Up Jobs
    専門職であり、自動化から縁遠いと考えられていた弁護士の業務にも、人工知能(AI)が入り込もうとしている。機械学習AIを使って弁護士の業務を支援するソフトウェアが登場し、AI技術を核とするリーガルテック・スタートアップ企業も勢いに乗りつつある。 by Erin Winick2018.1.9
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る