KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2018年3月の記事

  1. China’s AI wizards want to entertain you, cure you, and dominate the world
    中国AI企業の幹部が披露した、驚くべき先端テクノロジー
    フェイスブックやグーグルといった米国の大手企業を超える勢いで、中国のAI企業が成長している。MITテクノロジーレビューのイベントで中国のAI企業の幹部らが自社のサービスやテクノロジーを披露した。 by Martin Giles2018.3.31
  2. 食糧問題解決へ向け、AIで農業を変革——グーグル「X」統括者語る
    アルファベット(グーグル)傘下の秘密研究所「X」を統括するアストロ・テラーが「EmTechデジタル」に登壇し、既存の農業に革命を起こすために、機械学習と他のテクノロジーを組み合わせる方法を考えていると話した。 by Martin Giles2018.3.30
  3. 機械学習は産業用ロボットの進化にも大きな影響を与えている。2種類のアームとニューラル・ネットワークで物体を掴み分けるロボットが、工場や倉庫を様変わりさせるかもしれない。 by Will Knight2018.3.30
  4. バイドゥの瞬速モバイル翻訳機、米国で初のデモ
    中国のバイドゥが「EmTechデジタル」で、深層学習を利用したモバイル翻訳機を米国で初めて披露した。壇上の同社主任研究員とMITテクノロジーレビューの編集者との会話をほぼ瞬時に通訳してみせた。 by James Temple2018.3.30
  5. 多様性は優れたAIを実現する——パートナーシップ・オン・AI
    アップルやグーグルなどが参加するパートナーシップ・オン・AIの幹部は、AIの研究には多様性が必要だという。多様性は経済にも貢献することも指摘し、AI関係者の偏りをなくすよう訴えている。 by Jackie Snow2018.3.29
  6. To protect artificial intelligence from attacks, show it fake data
    AIを欺く攻撃に備えよ——グーグルのグッドフェロー博士
    「EmTechデジタル」でイアン・グッドフェロー博士は、機械学習システムを誤認識させるような細工をしたデータを用いた攻撃の可能性を指摘し、こうした攻撃を見抜くために同博士の考案した「競争式生成ネットワーク(GANs)」は有効であると語った。 by Jackie Snow2018.3.29
  7. IBM’s Dario Gil says quantum computing promises to accelerate AI
    量子コンピューターはAIにも有効、IBM副社長が実験結果を披露
    特定のタスクで従来の最高性能のスーパーコンピューターを凌ぐ性能を発揮することが期待されている量子コンピューターは、人工知能(AI)の領域でも有効な可能性がある。IBMでAIと量子コンピューターを統括するダリオ・ジル副社長は、同社での実験結果に言及しつつそう語った。 by Martin Giles2018.3.29
  8. Fake news 2.0: personalized, optimized, and even harder to stop
    フェイクニュースはAI対AIの戦いになる——CIAのコンサルが警告
    フェイクニュースが人工知能による自動生成へ移行することで、パーソナライズや最適化が進み、さらにデマが広がる懸念があるという。 by Will Knight2018.3.29
  9. The “Black Mirror” scenarios that are leading some experts to call for more secrecy on AI
    AI研究は規制すべき? 研究者が書いた「犯罪利用4つのシナリオ」
    AIにより引き起こされる多くの犯罪シナリオが書かれた報告書が発表された。まるでSF番組のような内容だが、報告書が指摘するようにAI研究に一定の歯止め、もしくは秘匿は必要なのだろうか。 by Will Knight2018.3.29
  10. Neural Networks Are Learning What to Remember and What to Forget
    人間は重要なスキルを記憶に残し、不要なスキルを忘れることで進化してきた。それと同じようなことができる機械学習の手法が開発されつつある。まだ研究は初期段階だが、将来、機械が現実世界により適合できる可能性を秘めている。 by Emerging Technology from the arXiv2018.3.28
  11. The startup diversifying the AI workforce beyond just “techies”
    「シリコンバレーの外」こそ、AI活用を——ファストAI共同創業者
    ファストAI(Fast.ai)の共同創業者レイチェル・トーマスは、AIの世界により多くの視点をもたらす必要性を訴えている。 by Jackie Snow2018.3.28
  12. Adobe bets that AI tools can foster real creativity
    「AIはアーティストの創造性を奪わない」アドビ・リサーチ
    アドビ リサーチのガビン・ミラーは、アーティストは人工知能を活用することで面倒な作業から解放され、より創造性を高めることに時間を使えるようになるという。 by Rachel Metz2018.3.28
  13. AI assistants don’t have the common sense to avoid talking gibberish
    現在の人工知能(AI)アシスタントはある程度は優秀だが、会話における人間との違いは歴然としている。会話をする際に、言語で語られたことが本当に何を意味しているのかを理解するためには、明示的に発せられた言語の隙間を埋めるための常識が必要となるからだ。 by Will Knight2018.3.28
  14. China wants to shape the global future of artificial intelligence
    中国政府がAIに力を入れているのは、自国の企業に競争力を与えることだけが目的ではないようだ。中国は、米国がインターネットの標準化で世界をリードしてきたように、AIの標準化を進めて世界をリードしようとしている。 by Will Knight2018.3.27
  15. Your next computer could improve with age
    コンピューターは通常、長年の使用で処理が遅くなっていくが、機械学習によって、使い続けるうちにより速く処理ができるようにする研究が進んでいる。近年、ムーアの法則が減速し、チップの基本設計の変化も見られなくなってきたことから、いずれ役に立つ技術となりそうだ。 by Will Knight2018.3.23
  16. What Uber’s fatal accident could mean for the autonomous car industry
    ウーバーの死亡事故、自動運転の早すぎる拡大に「減速」求める声
    自動運転の実用化へ向けて、各社は公道での実証実験を競っている。だがウーバーの自動運転車による初の死亡事故によって、業界がテクノロジーの普及を急ぎすぎているのではないかと問う声も上がっている。 by Will Knight2018.3.22
  17. The GANfather: The man who’s given machines the gift of imagination
    深層学習システムは何かを認識することは得意だが、何かを創り出すことは不得意だ。グッドフェロー博士が考案したGAN(競争式生成ネットワーク)は、機械に想像力を与えようとしている。 by Martin Giles2018.3.16
  18. Machines are coming for your March Madness office pool
    全米が熱狂するスポーツ・イベントの賭けに機械学習が参戦
    データ分析を競技化したカグルは、大学バスケットボール・トーナメントの予想で勝った機械学習アルゴリズムに10万ドルの賞金を出す。完璧に予想できる確率は9.2兆分の1ともいわれている難関に挑んで勝てるのか。 by Jackie Snow2018.3.15
  19. Meet the woman who searches out search engines’ bias against women and minorities
    検索エンジンの差別、何が問題なのか?
    検索エンジンの仕事ぶりは差別のない公平なものからは程遠い。そう指摘するカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のサフィア・ウモジャ・ノーブル教授に問題点を聞いた。 by Jackie Snow2018.3.15
  20. Google thinks it’s close to “quantum supremacy.” Here’s what that really means.
    グーグルが、量子超越性に必要とされているキュービット数をクリアした量子コンピューティング・チップを開発した。しかし、量子超越性の達成をどのように実証するのか、本当に役に立つのか、など課題はまだ多い。高まり過ぎた期待に応えられず、過去の人工知能と同様に「冬の時代」に入ってしまう恐れすらある。 by Will Knight2018.3.14
  21. What regular Joes think about the one-armed robot baristas invading San Francisco
    バリスタロボの腕前は?サンフランシスコのカフェで評判を聞いてきた
    サンフランシスコのスタートアップ企業が、バリスタ・ロボットをガラス張りのケース内に設置した「店舗」を市内の複数カ所に展開している。ロボットによるコーヒーの給仕という「顧客体験」に対し、客は実際にはどのように感じているのかを現地で聞いてみた。 by Rachel Metz2018.3.12
  22. Hello, quantum world
    量子超越性の実現が目前に迫ったと喧伝される一方で、量子コンピューターはまだまだ課題を抱えている。ハードウェアにエラーが起こりがちであることに加えて、本当に有用な適用分野がまだはっきりとは見えていない。最初の量子コンピューターの現実的な用途を見つけるのが遅れれば、熱狂は幻滅に代わるだろう。 by Will Knight2018.3.7
  23. Drones that dodge obstacles without guidance can pursue you like paparazzi
    MIT発のスタートアップ、AI搭載の自動追尾ドローンを発売
    深層学習で特定の人物の外見を認識して、人工知能(AI)による自動操縦で障害物を避けながら飛行するドローンが登場した。周囲を撮影する13個のカメラとAI用チップセットを搭載し、価格は2499ドルだ。 by Will Knight2018.3.2
  24. Geneticists are using laser-powered chips to search through DNA faster
    超高速にゲノム解析、PCI Expressの光コンピューター
    英国のスタートアップ企業によるPCI Expressカードに搭載する光コンピューターの開発が大詰めを迎えている。高速グラフィックスカードの10倍の速度、4分の1の消費電力でフーリエ変換の演算を実行可能で、DNA解析ソフトと組み合わせて今夏の発売を予定している。 by Jamie Condliffe2018.3.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る