KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2018年4月の記事

  1. A small-scale demonstration shows how quantum computing could revolutionize data analysis
    中国の研究者が位相幾何学の計算に、量子コンピューターが活用できることを証明した。科学分野のさまざまな課題において、従来のコンピューティングと比べてはるかに高速に解析できる可能性がある。 by Emerging Technology from the arXiv2018.4.26
  2. AIによるサービスや製品が世の中に浸透するにつれ、その法的な問題が議論されている。もしAIが犯罪行為を犯したとき、どのような罪に問えるのか。AI研究者や法律家は激しい論争を繰り広げている。 by Emerging Technology from the arXiv2018.4.20
  3. オバマ前政権が作ったAI戦略が世界中に大きな影響を与えている一方、AIに無関心な政府によって米国の国際競争力は低下するかもしれない。では、優れたAI計画とはどのようなものだろう? by Will Knight2018.4.19
  4. AIビジネスの主戦場は今後、クラウドに移行していく。アマゾン、グーグル、マイクロソフトのビッグ3のうち、市場を制するのはどこか? シリコンバレーを25年間取材してきたピーター・バロウズがレポートする。 by Peter Burrows2018.4.16
  5. グーグルのゲノム解析AIツールで遺伝子治療は変わるか?
    ハーバード大学やグーグルの研究者たちで構成するチームが、人工知能(AI)の深層学習の手法を使って、ゲノムをより正確に解析できるツールを昨年12月に開発した。こうしたツールを利用して疾患の遺伝的原因の究明が進めば、個人のゲノム情報に基づいてより的確な治療を施せるようになる可能性がある。 by Will Knight2018.4.13
  6. Inside the Chinese lab that plans to rewire the world with AI
    中国の巨大テック企業のアリババは、もはや単なる電子商取引の企業ではない。巨額の資金をAIをはじめとする基礎技術の研究・開発に投資しており、クラウド向けの独自の深層学習ツールも開発している。政府の後押しもあり、世界のAIの発展に深く関わってくることは間違いない。 by Will Knight2018.4.13
  7. AI could alleviate China’s doctor shortage
    西側諸国に比べて圧倒的に医師の数が足りない中国は、医師不足をAIによって補おうとしている。4年後の市場規模は約9億ドルに達するとの予測もあり、多くのテック企業が自動化ツールを開発中だ。 by Yiting Sun2018.4.11
  8. The US military wants AI to dream up weird new helicopters
    AIに「ぶっとんだ設計方法」を考えさせる、DARPAの新プロジェクト
    ロボティクス・チャレンジで知られるDARPA(米国防高等研究計画局)が進めるAIプロジェクトの狙いは、航空機やエンジン部品の設計に新しいアイデアを持ち込むことだ。人間が新しいものを生み出す刺激になることに期待している。 by Jackie Snow2018.4.10
  9. Zipline launches the world’s fastest commercial delivery drone
    スタートアップ企業のジップラインが、世界最速の商用宅配ドローンを開発した。アフリカでの豊富な実績をもとに、アマゾンやグーグルといった大手との競争に挑む。 by Martin Giles2018.4.9
  10. AI tackles the Vatican’s secrets
    バチカンの秘密文書にどんなミステリーが隠されているかは誰も分からない。現在、文書のデータ化が進められているが、中世文字特有の合字や略語に、従来の光学文字認識アルゴリズムは使えなかった。だが、イタリアの研究チームが試行錯誤の末、ある方法を考案した。 by Emerging Technology from the arXiv2018.4.5
  11. Google x-ray project shows AI won’t replace doctors any time soon
    AIが医師に置き換わるのはまだ先——グーグルの研究者
    放射線画像診断はAIに置き換えられるとの話はよく耳にする。だが、AIが自動化できるのは放射線科医の仕事の一部にすぎず、当面は医師の力が必要だとグーグル・クラウドの研究者は語った。 by Will Knight2018.4.5
  12. AI is rapidly changing the types and location of the best paying jobs
    ローラ・タイソンが語ったAI、自動化で本当に懸念すべきこと
    著名な経済学者であるカリフォルニア大学バークレー校のローラ・タイソン教授は、AIや自動化の導入による新たな格差を懸念しているという。 by David Rotman2018.4.3
  13. Alphabet’s moonshot chief: Regulating driverless cars demands testing the “smarts” of the systems
    グーグルの自律自動車はウーバーより安全——アストロ・テラー
    グーグルの秘密研究所「X」を統括するアストロ・テラーは、ウーバーの自律自動車による死亡事故発生を受けて、安全なAIシステムの開発には大量の試験が必要だと強調し、自身が初期の開発に加わったウェイモの自律自動車で実施した試験を紹介した。 by James Temple2018.4.2
  14. Microsoft’s neo-Nazi sexbot was a great lesson for makers of AI assistants
    ロシア人研究者が語る、MSのヘイトAI騒動から学べること
    ユーザーとの会話で学習するチャットボット「テイ(Tay)」は、2年前にツイッターなどで公開されるとあっという間に人種差別的発言を連発するようになった。しかし、この件は人工知能(AI)研究者にとって大きな教訓になる。 by Rachel Metz2018.4.2
  15. This security firm found rogue crypto mining infecting 1,000 customers
    銀行の床下でも「副業」、蔓延するクリプトジャッキング
    他人の端末を乗っ取って無断で暗号通貨を採掘する「クリプトジャッキング」の脅威が広がっている。「EmTechデジタル」におけるサイバーセキュリティ会社ダークトレースの講演によると、同社の顧客5000社のうち1000社でクリプトジャッキングを検知したという。 by James Temple2018.4.2
  16. Robots are solving “simple problems” and bigger challenges, but can they take on teenagers?
    スーパー世界最大手が導入した店員ロボ、最大の敵は「子ども」
    ロボットは人の複雑なスキルに取って代わるには、まだまだ力不足だ。だが、単純作業の肩代わりはできるようになってきた。ロボット企業の幹部が、実例を示しながら解説した。 by Jackie Snow2018.4.2
  17. AI savants, recognizing bias, and building machines that think like people
    AIに足りないのは「自律性」と「安全性」——キーパーソン語る
    今日のAIに足りないものとは何か?アレン人工知能研究所CEO、ニューヨーク大学教授、マイクロソフト研究員が語った。 by David Rotman2018.4.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る