KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械 2019年1月の記事

  1. China has never had a real chip industry. Making AI chips could change that.
    中国は半導体産業に競争力をつけようと数十年にわたって躍起になってきたが、高性能チップにおける世界レベルの競争では依然として後塵を拝している。だが、人工知能(AI)の隆盛により、こうした状況が変わろうとしている。 by Will Knight2019.1.31
  2. コンピューター・アルゴリズムが人々の人生や命にかかわる機会が多くなるにつれて、倫理的に難しい問題をアルゴリズムでどう対処すべきかという問題が深刻になっている。アルゴリズムは元々、単一の数学的な目標を達成するために作られたものだが、人間というものは往々にして矛盾した存在であり、複数の相容れないものを手に入れようとするからだ。 by Karen Hao2019.1.30
  3. 最近の人工知能(AI)ブームでは深層学習が衆目を集めており、多くの有用な成果もあげている。しかし、人間の知能を再現するというAIの最終目標に、深層学習がけりをつけるとは考えにくい。過去25年間のAI研究論文を調べた結果、およそ10年単位で異なる手法が流行していることが浮き彫りになった。 by Karen Hao2019.1.29
  4. BAT3社が支配、中国AI産業が抱える「圧倒的弱点」
    近年、躍進が著しい中国のAI産業は、バイドゥ、アリババ、テンセントのテック大手3社に大きく依存している。この3社の持つ専門技術と資金力が2030年までに世界一のAI大国になるという中国の野望を支えている一方で、基礎技術を軽視した投資によって、AI産業の成長が頭打ちになる可能性もある。 by Karen Hao2019.1.25
  5. 量子コンピューターはコンピューティングの進歩に次なる大きな飛躍をもたらすと期待されている。その一方で、研究者たちは製造に必要な一部の希少な部品を手に入れるのに苦労しており、部品調達の困難さが量子コンピューターの進歩の足かせとなっている可能性がある。 by Martin Giles2019.1.25
  6. AI is sending people to jail—and getting it wrong
    AIで刑事司法を効率化、「再犯予測システム」は何が問題か?
    刑務所の収監者数が世界一多い米国では、裁判を効率的かつ安全にするため、再犯率を人工知能(AI)で予測するリスク評価ツールを使用している。だが、過去の犯罪データを用いて訓練されたツールによる評価は、さらなるバイアスを生み出す悪循環につながる可能性がある。 by Karen Hao2019.1.23
  7. Opioid overdoses could be prevented by an app that listens to breathing
    米国で激増「オピオイド中毒死」は新スマホアプリで救えるか
    米国で蔓延しているオピオイド(麻薬性鎮痛薬)の中毒死を防ぐスマホアプリをワシントン大学の研究チームが開発した。ユーザーの呼吸や身体の動きから過剰摂取状態を特定し、助けを呼ぶことができる。by Charlotte Jee2019.1.17
  8. Never mind killer robots—here are six real AI dangers to watch out for in 2019
    本当は怖い人工知能2019年に解決すべき6つの問題点
    2018年も人工知能(AI)は話題の中心であり、有用な成果をもたらしただけでなく、さまざまな問題が明らかになった。AIのダークな側面に関して、2018年に巻き起こった6つの議論、2019年に注目すべき動向を紹介しよう。 by Will Knight and Karen Hao2019.1.17
  9. Your smartphone’s AI algorithms could tell if you are depressed
    スタンフォード大学のフェイ・フェイ・リー教授らのチームは、スマートフォン・ユーザーの顔や声を認識する機械学習アルゴリズムを用いることで、うつ病の兆候を検出できるソフトウェアを開発した。どこにいても、コストをかけずに精神疾患の診断ができるようになるかもしれない。 by Will Knight2019.1.10
  10. Cheaper AI for everyone is the promise with Intel and Facebook’s new chip
    インテルが新AIチップ発表フェイスブックとの協業でエヌビディアに対抗
    インテルはCES 2019で、フェイスブックと共同で開発した新しい人工知能(AI)チップを発表した。「競合他社よりも高速」だという新チップで、AI分野で先行するエヌビディアを追う。 by Will Knight2019.1.10
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る