KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械 2019年8月の記事

  1. Training a single AI model can emit as much carbon as five cars in their lifetimes
    深層学習を使った価値あるAI研究は莫大な計算資源を必要とし、大量の二酸化炭素を排出する。学術界と産業界の大きなギャップも問題だ。 by Karen Hao2019.8.27
  2. 自動運転車の開発が加速している。大量のデータに人力でラベル付けする仕事を担うのは、経済が破綻状態にあるベネズエラの労働者たちだ。ギグワークをめぐる新たな論争を呼ぶ可能性がある。 by Angela Chen2019.8.27
  3. 集中治療室にマシン・ビジョンを持ち込んだスタンフォード大学のAI研究は、医療の専門家や現場との長期的な協働が、現実的な問題を把握し、人々に真の価値をもたらすことを示している。 by Karen Hao2019.8.22
  4. アプリを使って交際相手や結婚相手を見つけることはいまや極めて一般的になった。米国のあるスタートアップ企業は、人工知能(AI)を活用した出会い系アプリを提供することで、25億ドル産業に新風を巻き起こそうとしている。 by Tanya Basu2019.8.21
  5. 機械学習は、気候変動という人類最大の脅威に立ち向かう現実的な方法を提供できるかもしれない。人工知能(AI)研究の著名人たちがまとめた報告書のうち、特に成果が期待できる10項目を紹介する。 by Karen Hao2019.8.20
  6. How long will the third AI boom last?
    第3次ブームの先にあるもの——三宅陽一郎が語ったAIの現在と未来
    第3次AIブームはどこへ向かうのか? AIリサーチャーの三宅陽一郎氏は、広義のAIは将来、「人間側」と「AI側」に収束していくと予測する。 by Yasuhiro Hatabe2019.8.20
  7. A startup that marries AI with empathy is helping women conceive
    体外受精(IVF)による不妊治療に取り組む女性たちにAIによる正確な予測を提供する米国のスタートアップ企業が注目されている。 予測の正確さだけでなく、詳細で分かりやすいレポートを使った共感的なコミュニケーションが支持され、患者に希望を与えている。 by Karen Hao2019.8.20
  8. Nvidia just made it easier to build smarter chatbots and slicker fake news
    AIスピーカーをもっと賢く、エヌビディアが自然言語処理を超高速化
    チップメーカーのエヌビディアは、GPUチップ上で動作する言語理解の人工知能(AI)プログラムの開発を支援するソフトウェアを発表した。機械学習モデルの訓練および訓練済みモデルの実行をスピードアップできるだけでなく、より大きな言語モデルを訓練することが可能となるという。 by Will Knight2019.8.19
  9. Instead of practicing, this AI mastered chess by reading about it
    「言葉で学ぶ」が新トレンド? 解説でチェスを習得するAIが登場
    ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームが、チェスの「高度な」差し手や「愚かな」差し手に対するコメントを利用してチェスを学習するプログラムを開発した。最強のAIプログラムには遠く及ばないが、さまざまな用途に応用できる可能性がある。 by Will Knight2019.8.9
  10. A new immersive classroom uses AI and VR to teach Mandarin Chinese
    ニューヨーク州のレンセラー工科大学で、北京の街中や中華料理店を再現したバーチャル環境に入り込んで中国語を学習しようという授業が始まった。バーチャル環境にはリアルタイムで受け答えできる人工知能(AI)が実装されており、学生たちは露店で値切ったり食事を注文したりすることで中国語を学べる。 by Karen Hao2019.8.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る