KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械 2020年1月の記事

  1. We can’t trust AI systems built on deep learning alone
    深層学習は万能薬ではない。ニューヨーク大学のゲイリー・マーカス教授(ウーバーAI研究所元所長)は、より広い視野を持って安全なAIを構築するべきだと訴えている。 by Karen Hao2020.1.31
  2. フェイスブックのパリAI研究所は、微分方程式と部分積分を解くことができるニューラル・ネットワークを開発した。数式を与えて訓練することで、初めて与えた数式でも、市販の数式処理ソフトウェアより高速かつ正確に答えを導くことができるという。 by Emerging Technology from the arXiv2020.1.28
  3. IBMは、「論証マイニング」と呼ばれる手法を用いて、多くの情報源を検索し、あらゆる根拠を使って議論を組み立てられる人工知能(AI)システムを構築している。議論を通じて人々とコミュニケーションを取れるバーチャル・アシスタントは、人々がより良い意思決定を下すのに大いに役立つだろう。 by Douglas Heaven2020.1.28
  4. グーグルのAI子会社であるディープマインドは、改良した強化学習アルゴリズムが、ドーパミンが脳の学習を手助けする際の神経細胞の振る舞いと一致することを示す研究を発表した。この結果は、AI研究の現在の方向性が正しいことを示すと同時に、神経科学の研究者に新たな知見を与えてくれるだろう。 by Karen Hao2020.1.23
  5. 中国のテック大手であるバイドゥ(百度)は、人工知能(AI)による自然言語理解のコンペで、グーグルとマイクロソフトを抑えて首位に立った。バイドゥの快挙は、元々英語向けに開発された言語理解の手法を中国語に適用する際の改良に基づくものであり、AI研究における多様性の重要さを示している。 by Karen Hao2020.1.23
  6. A robot puppet can learn to walk if it’s hooked up to human legs 
    人の動きを真似る二足歩行ロボ、「学ぶ」への一歩
    人・機械インターフェイス(HMI)を使って人間の足の動きを模倣するロボット・システムをMITとイリノイ大学の研究チームが開発した。ロボット工学の課題である自律型ロボットへの応用が期待される。 by Charlotte Jee2020.1.21
  7. The US just released ten principles that it hopes will make AI safer
    ホワイトハウスは、政府当局が人工知能(AI)技術を規制する際に守るべき10原則を発表した。AI戦略を軽視していたトランプ政権の姿勢を転換し、民間によるイノベーションを促進する姿勢を鮮明にしたものだ。 by Karen Hao2020.1.15
  8. How Apple personalizes Siri without hoovering up your data
    賢くなった「Siri」が採用する、プライバシー保護のアプローチ
    プライバシー保護に力を入れるアップルは、Siriで「協調機械学習」と呼ばれる手法を採用。他人の声との「聞き分け」を可能にしている。 by Karen Hao2020.1.9
  9. Medical AI startup requires person to commercialize in early phase
    注目ベンチャーCOOが明かした 「医療AI」の事業化に必要な仕組み
    少子高齢化が進む日本で期待されているのが、人工知能(AI)の保健医療領域への応用だ。だが、医療ビジネスには他の分野にはない特有の難しさがある。AIベンチャーが参入し、「医療AI」を事業化するには何が必要なのか? by Yasuhiro Hatabe2020.1.8
  10. In 2020, let’s stop AI ethics-washing and actually do something
    顕在化した「AI倫理」問題2020年は行動の年に
    2019年はかつてないほど、人工知能(AI)の倫理的問題に関する話題が多い年であった。その取り組みはまだ緒に就いたばかりだ。by Karen Hao2020.1.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る