KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械 2020年4月の記事

  1. Doctors are using AI to triage covid-19 patients. The tools may be here to stay
    新型コロナ診断にAI活用、PCR検査遅れが後押し
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックに対応するために人工知能(AI)への注目が高まっている。胸部X線画像による診断はPCR検査に比べ正確さに劣るが、AIによって作業を自動化すれば患者数の爆発的増加に対応できることから、トリアージにおける代替ソリューションになる可能性がある。 by Karen Hao2020.4.28
  2. 「近すぎ」警告、AI企業が工場向けに社会的距離検知システム
    著名な人工知能(AI)研究者が率いるスタートアップ企業が、監視カメラの映像から社会的距離の遵守を監視するシステムを開発した。「従業員と地域社会の安全」を守るためのものだと強調しているが、雇用主の統制権を強化する可能性もある。 by Karen Hao2020.4.21
  3. 裁判や雇用といった人生の重要な局面で、機械学習の人工知能(AI)システムが利用されることが増えている。しかし、数百人のコンピューター科学者や統計学者が、4000家族の15年分の調査データに基づいて子どもと家族の将来を予測するという課題に取り組んだところ、誰一人として正確といえる結果を出せなかった。 by Karen Hao2020.4.7
  4. プライバシーか? 公衆衛生か? 新型コロナで揺れるAI規制のゆくえ
    欧州連合が2月に発表したAI規制ガイドラインが再考を迫られている。新型コロナウイルス感染症が急速に広がる中、プライバシーと公衆衛生の間のバランスが求められているからだ。 by Karen Hao2020.4.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る