KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2020年7月の記事

  1. The owner of WeChat thinks deepfakes could actually be good
    ディープフェイク技術は有益、テンセントが主張する5つの用途
    中国の巨大テック企業の一角であるテンセントは、ディープフェイク技術は有益な技術であり、規制すべきではないと主張している。 by Karen Hao2020.7.30
  2. 「アフォーダンス」理論で強化学習を効率化、ディープマインド
    ディープマインドの研究者が、アフォーダンス理論を利用して強化学習を効率化する手法を開発している。同理論を用いれば、試行錯誤を繰り返さなくても、実行不可能な選択肢をあらかじめ除外できるという考えだ。 by Karen Hao2020.7.26
  3. 未来への一歩を踏み出したオープンAI「GPT-3」の衝撃、熱狂に警鐘も
    オープンAIが発表した「GPT-3」はこれまでで最大の言語モデルであり、まるで人間が書いたかのような文章を望みのままに生成できる。しかし、AIが真の知性に近づいたわけではない。 by Will Douglas Heaven2020.7.23
  4. 画像の半分から残りを生成、オープンAIがGPT-2を応用
    オープンAIは、機械学習技術を利用して、画像の半分から残り半分を予測し、1つの画像を完成させられるAIシステムを開発した。以前に開発した驚くほど自然な「フェイクニュース」を量産できる文章作成ツールの画像版だ。 by Karen Hao2020.7.22
  5. 敵対的攻撃に強い深層学習システム、イリノイ大が新訓練法を提案
    イリノイ大学の研究者らが、深層学習に基づく画像再構築システムにおける敵対的攻撃の脆弱性を軽減する新たな訓練法を考案。他の手法で脆弱性を軽減したニューラル・ネットワークよりもミスを犯しにくくなることを確かめた。 by Karen Hao2020.7.14
  6. The two-year fight to stop Amazon from selling face recognition to the police
    顔認識技術は人種差別的、抗議を2年間無視し続けたアマゾンが態度を変えた理由
    アマゾンは6月10日に、顔認識システム「レコグニション」の警察への提供を今後1年間停止すると発表した。公民権団体や研究団体が2018年夏から訴えてきた成果が、ようやく実を結んだ形だ。 by Karen Hao2020.7.10
  7. Trump’s freeze on new visas could threaten US dominance in AI
    トランプ大統領の就労ビザ発給停止、「AI大国」地位に影響か
    トランプ大統領は各種就労ビザの発給を一時停止する統領令に署名した。この決定は米国内の人工知能(AI)人材の不足に拍車をかけ、AIにおける米国の優位性に永続的な影響を与える恐れがある。 by Karen Hao2020.7.6
  8. AI researchers say scientific publishers help perpetuate racist algorithms
    AI研究者らが学術出版社を批判、人種差別を助長
    顔認識で犯罪者を予測するシステムを紹介する論文は、AI研究者らの抗議へと発展した。 by Karen Hao2020.7.1
  9. A debate between AI experts shows a battle over the technology’s future
    人工知能(AI)が急速に社会に浸透するにつれて、深層学習モデルの限界や課題も明らかになりつつある。深層学習に対して異なる意見を持つ2人のAI専門家が、問題をいかに克服し得るか議論した。 by Karen Hao2020.7.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る