KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械 2020年8月の記事

  1. The UK exam debacle reminds us that algorithms can’t fix broken systems
    「くたばれ、アルゴリズム」成績予測システムのひいきに英国学生が怒りの猛抗議
    コロナ禍にある英国で、実質的な大学入学試験の代わりにアルゴリズムによる成績予測評価が取り入れられた。公平性の担保が狙いだが、アルゴリズムが労働者階級やマイノリティに属する生徒に不利な評価を下すことが分かり、問題となっている。 by Karen Hao2020.8.31
  2. 新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって経済が停滞し、犯罪組織のカネの動きも止まった。だが、犯罪組織は新たな方法でマネーロンダリングを試みている。従来型のルールベースの対策に代わり、変化にすばやく対応できる機械学習を活用する動きが高まっている。 by Will Douglas Heaven2020.8.31
  3. FBがバーチャル空間に音声を追加、AIの「耳」も訓練可能に
    フェイスブックのAIラボは、自ら開発したAIエージェント訓練用バーチャル空間に音を付加する機能を追加した。視覚と聴覚の両方が必要となるタスクをこなせるようにエージェントを訓練できるようになる。 by Karen Hao2020.8.31
  4. 機械学習の研究者のコミュニティの関心は新たな手法の開発に集中しており、応用を軽視するきらいがある。しかし、影響の大きな現実世界の問題を機械学習を用いて解決することの意義は大きく、応用研究についての考えは改められるべきだ by Hannah Kerner2020.8.24
  5. 国際人道法に違反する戦争犯罪の立証のために、人権団体らが人工知能を活用している。膨大な映像や画像を機械学習で分類し、より強力な証拠を短期間で法廷に提出するのが目的だ。 by Karen Hao2020.8.20
  6. An AI hiring startup promising bias-free results wants to predict job-hopping
    AIを活用することで逆に「偏見のない採用」を実現できると謳う企業がある。だが、実際には労働者の権利を一方的に奪う可能性がある。 by Karen Hao2020.8.12
  7. The hack that could make face recognition think someone else is you
    顔認識を突破するフェイク画像の作成に成功、マカフィー
    目視では同一人物に見えるのに、顔認識システムには別の人物と判定させるフェイク画像を作り出すことにマカフィーが成功した。高度なセキュリティが求められる状況への顔認識の闇雲な導入に警鐘を鳴らしている。 by Patrick Howell O'Neill2020.8.12
  8. The UK is dropping an immigration algorithm that critics say is racist
    英内務省、人種差別的なアルゴリズムによるビザ申請審査を中止
    英内務省は、アルゴリズムを用いたビザ申請審査システムの使用を中止すると発表した。人種差別的との批判が高まる中で、裁判所の判決を待たずに使用中止を決めたことは、大きな節目になる可能性がある。 by Will Douglas Heaven2020.8.7
  9. The problems AI has today go back centuries
    ディープマインドの研究者が問う「AI界の植民地」問題
    人工知能(AI)の最も厄介な問題点であるアルゴリズム的差別や「ゴーストワーク」は偶然の産物ではない。問題の背景にあるのは、過去に植民地化した者とされた者との間の力の不均衡であり、長く忌むべき歴史を理解することが問題解決の第一歩となる。 by Karen Hao2020.8.6
  10. A neural network that spots similarities between programs could help computers code themselves
    AIがプログラムの意図を学習、書き換え案を提示=インテルが開発
    インテルの研究チームは、マサチューセッツ工科大学、ジョージア工科大学と共同で、ニューラルネットワークを使って高速かつ効率のいいコードを書けるようにプログラマーを支援するシステムを開発した。まずは社内開発者向けに使う予定だ。 by Will Douglas Heaven2020.8.4
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る