KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2020年9月の記事

  1. Will "Mind uploading" make digital immortality a reality?
    「意識のアップロード」はデジタル不死を実現するか?
    デジタル技術の進化によって「不死」を目指す研究が世界中で進んでいる。人間の意識を機械にアップロードして引き継ぐことを目指しているのが、東京大学大学院工学系研究科の渡辺正峰准教授だ。 by Koichi Motoda2020.9.30
  2. アレン人工知能研究所は、テキストと画像を用いてAIモデルを訓練することで、キャプションから画像を生成するシステムを開発した。 by Karen Hao2020.9.30
  3. AIの弱みを人間の力であぶり出す、FBがベンチマークを再発明
    フェイスブックが人工知能(AI)の新たな評価テストを発表した。ベンチマークでよい結果を出すことが目的となってしまい、実際に世の中に役立つAIの開発とはかけ離れた状況を改善することが狙いだ。 by Will Douglas Heaven2020.9.30
  4. なぜ今「AI倫理」の議論が必要なのか
    国内のメディアで「AI」という言葉を目にするとき、そのほとんどが技術的なトピックや社会普及の文脈で語られている。一方、グローバルではその便益だけでなく、AIによって生じる不利益や不平等といった新たな問題を巡る議論も加速している。AI倫理とガバナンスの動向を、東京大学未来ビジョン研究センター特任講師の江間有沙氏にまとめてもらった。 by Arisa Ema2020.9.29
  5. オープンAI、GPT-3の独占ライセンスをマイクロソフトに供与
    強力な言語モデルとして話題になったオープンAIの「GPT-3」のライセンスをマイクロソフトが取得した。非営利団体としてスタートしたオープンAIにとって大きな転換点となる。 by Karen Hao2020.9.28
  6. AI ethics groups are repeating one of society’s classic mistakes
    主張:AI倫理指針に根本的に欠けている「多様性」の視点
    人工知能(AI)の倫理的使用に関するグローバル・ガイドラインがあちこちで作成されている。しかし、こうした取り組みのほとんどは欧州や北米の視点で進められ、地域的多様性が欠如している。 by Victoria Heath2020.9.17
  7. New standards for AI clinical trials will help spot snake oil and hype
    医療AIの臨床試験で新基準、誇大広告にストップ
    医療専門家の国際コンソーシアムが、人工知能(AI)が関わる臨床試験の初の公式基準を導入した。より信頼性の高い医療用AIの実現が期待される。 by Will Douglas Heaven2020.9.16
  8. What has AI changed?
    松尾 豊教授インタビュー:人工知能は世界と日本をどう変えたのか
    日本における第3次AIブームが始まってからおよそ5年。ブームの火付け役となったAI研究者、東京大学の松尾豊教授は、この5年間をどう捉えているのか? 世界と日本のAI界・産業界の動きを総括すると共に、今後の展望を語ってもらった。 by MIT Technology Review Japan2020.9.15
  9. This know-it-all AI learns by reading the entire web nonstop
    スタンフォード大学のスタートアップ企業であるディフボットは、何十億ものWebページに対して画像認識と自然言語処理を適用して、巨大なナレッジグラフを構築している。尋ねられた質問のすべてに対し、事実に基づく受け答えができる人工知能(AI)を構築するのが目標だ。 by Will Douglas Heaven2020.9.11
  10. Ideas wanted: Help make the world’s biggest covid-19 symptom database useful
    世界最大級の新型コロナ調査データベースが活用アイデアを募集
    フェイスブックと共同で新型コロナウイルス感染症の兆候を調査しているカーネギーメロン大学の研究グループが、データ活用のアイデアを募集している。 by Karen Hao2020.9.10
  11. AI and Robotics
    人工知能とロボット工学の融合が切り拓くもうひとつの未来
    ロボット工学と人工知能(AI)は学術的なバックボーンの違いから、長らく「近いようで遠い」関係だった。だが、ここにきて両者の関係は急接近している。深層学習がロボット工学にどのような変化をもたらすのか? 産業用ロボットで世界シェアトップのロボット大国・日本で、最先端の研究を続ける早稲田大学の尾形哲也教授に話を聞いた。 by MIT Technology Review Japan2020.9.10
  12. Create your own moody quarantine music with Google’s AI
    グーグル、コロナ禍で人気のBGMを誰でも作れるAIツール
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による外出規制によって、人々の心が沈み込んでいる。そんな気持ちを和らげるような優しいメロディを、機械学習によって誰でも簡単に作れる音楽プレーヤーをグーグルが開発した。 by Karen Hao2020.9.9
  13. Memers are making deepfakes, and things are getting weird
    オバマも歌う「ばかみたい」、ディープフェイクがますます身近に
    日本のビデオゲーム「龍が如く」の中で歌われる「ばかみたい」という曲をネタにしたディープフェイク動画がネット上で大流行している。ディープフェイク作成ツールを誰でも使えるようになったことが主な要因であり、こうしたツールが悪用されることに対する新たな懸念が生じている。 by Karen Hao2020.9.3
  14. How special relativity can help AI predict the future
    インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者たちが、人工知能に因果関係に基づく推論をさせる新たな方法を発案した。特殊相対性理論で提示された光円錐の概念を利用し、因果関係を持ち得るものとそうでないものとの間に境界線を引くことで、次に何が起こるかをより正確に予測させる。 by Will Douglas Heaven2020.9.3
  15. A college kid’s fake, AI-generated blog fooled tens of thousands. This is how he made it.
    大学生がGPT-3で偽記事を作ってニュースサイトで1位になった方法
    オープンAIが開発した言語モデル「GPT-3」を使って作成された偽ブログ記事が、ハッカー・ニュースで1位を獲得した。記事を投稿した大学生は単純な手法を使い、「ほんの数時間」で記事を作成したという。 by Karen Hao2020.9.2
  16. AI is learning when it should and shouldn’t defer to a human
    この判断は人間に任せていいか?を予測するAIシステム、MIT
    人間とAIのどちらの判断が正しいのか?を予測するAIシステムをMITが開発した。両者が協力することで、より正確かつすばやい意思決定が可能になるという。 by Karen Hao2020.9.1
  17. IBM has built a new drug-making lab entirely in the cloud
    化学実験を在宅で、IBMがロボット+AIでクラウド新サービス
    IBMは人工知能(AI)、ロボット、クラウドを組み合わせて、科学者がリモートで化学実験ができるプラットフォームを構築した。新薬や新素材が市場に出るまでの期間を劇的に短縮し、費用を低下させることが狙いだ。 by Karen Hao2020.9.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る