KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械 2021年2月の記事

  1. Fractals can help AI learn to see more clearly—or at least fairly
    フラクタルでAIを訓練、産総研などがデータセットに代わる新提案
    産業技術総合研究所の片岡博士らの研究チームは、フラクタル図を使ってニューラルネットを訓練することで、現実の写真の大規模データセットを用いる場合と同様な結果を得られることを示した。手作業で訓練データを作成する労力と時間が省けるだけでなく、偏りを含まないデータセットを作るのに役立つ可能性がある。 by Will Douglas Heaven2021.2.12
  2. 逆転の発想、診断法の欠陥を機械学習で実証した新研究
    機械学習は既存の不平等を永続させる傾向があると指摘されているが、カリフォルニア大学バークレー校の研究者たちは「逆転の発想」により、機械学習により既存の医学的知識の欠陥が明らかになる場合があることを示した。 by Karen Hao2021.2.9
  3. 人工知能(AI)のバイアスに対する批判の多くはラベル付けへの批判だった。だが、画像生成アルゴリズムにはインターネットに存在する性差別・人種差別的な視点が反映されている。 by Karen Hao2021.2.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る