KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

コンピューティング 2021年3月の記事

  1. How China’s attack on Microsoft escalated into a “reckless” hacking spree
    MSエクスチェンジ脆弱性、なぜ攻撃は急速に広がったのか
    マイクロソフトが電子メール・サーバーの脆弱性を修正するプログラムをリリースする数日前に、ハッカーは活動を激化させていた。侵入されたサーバーにはバックドアが設置され、脆弱性に対処するだけでは問題は解決できない。 by Patrick Howell O'Neill2021.3.17
  2. MSメールサーバー攻撃、被害拡大の恐れ 米新政権の試金石に
    マイクロソフトのエクスチェンジ・サーバーを標的にしたハッカーからの攻撃はエスカレートしている。その目的はバイデン政権の対応を探っているようにも見える。 by Patrick Howell O'Neill2021.3.16
  3. 「データ信託」はプライバシーをどのようにして保護するのか
    企業のデータ収集という複雑な世界を理解し、データ提供の可否を個人レベルで決定するのは難しい。ユーザーの持つデータやデータの権利を管理する「データ信託(データトラスト)」というアイデアがここ数年で急速に支持を集めている。 by Anouk Ruhaak2021.3.9
  4. アップルのアイフォーンはアプリの権限を厳しく管理することでハッカーの攻撃を排除してきた。他のプラットフォームでも同様のアプローチを取る動きが広がりつつあるが、いったん壁の内側に潜り込まれると発見されにくいという側面を持つ。 by Patrick Howell O'Neill2021.3.9
  5. 過去最大級のハッキング被害、米政府機関復旧までに最長18カ月
    数万社に導入されているネットワーク管理ツールにバックドアを仕込み、組織内に侵入するという大規模なハッキング被害から米政府機関が復旧するには、最長で1年半の期間がかかるという。by Patrick Howell O'Neill2021.3.5
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る