KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械 2021年6月の記事

  1. LinkedIn’s job-matching AI was biased. The company’s solution? More AI.
    企業の採用活動にますます利用されるAIは公正なのか?
    リンクトインをはじめとする大手の求人検索サイトの多くは、ユーザーと求人情報のマッチングにAIを利用している。しかし、そのアルゴリズムが常に公正に機能しているとは限らない。by Hilke Schellmann2021.6.28
  2. 信用スコアに潜む「バイアス」以外の問題 大規模研究で判明した根深さ
    ローン貸し出し承認の可否判断に使われる予測ツールで、マイノリティに対して正確さが落ちるのは、バイアスだけが原因ではない。正確な信用履歴データが足りないからだ。ただ、その問題の解決は簡単ではない。 by Will Douglas Heaven2021.6.24
  3. AIのための「フェイク人間」が大量生産される時代がやってきた
    機械学習システムの訓練用にデータを大量に入手することは、プライバシー保護の観点から困難になっているうえ、現実のデータには偏りが存在する可能性がある。そこで、AIシステム訓練用のフェイクデータセットを現実のデータに基づいて作成し、AIシステムベンダーに提供する企業が現れている。 by Karen Hao2021.6.15
  4. 自宅療養中の異変を検出、ジェットエンジン監視AIが新型コロナ患者を見守り
    ボディセンサーを使用したウェアラブルAIを用いて、自宅療養中の新型コロナウイルス感染症患者を遠隔監視する試みが米国で増加している。患者の容体が急変する兆候をAIで検出して臨床医にアラートを出すことで、手遅れになるのを防ぐのが狙いだ。 by Rod McCullom2021.6.14
  5. AIはまだ、ヘイトスピーチを見分けるのが苦手=米最新研究
    人工知能による自然言語処理テクノロジーは発展を続けている。だが、AIにヘイトスピーチを検出させる新たな研究結果からは、多くの課題が浮き彫りになった。 by Karen Hao2021.6.9
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る