KADOKAWA Technology Review
×

ビジネス・インパクト 2021年7月の記事

  1. We just got our best-ever look at the inside of Mars
    火星のコアは意外と大きかった? NASA探査機の測定で明らかになる
    NASAの火星着陸船インサイトから届けられた地震計のデータから、火星の内部構造が以前に考えられていたよりも複雑であることが分かった。継続して調査すれば、地球との違いがさらに明らかになりそうだ。 by Tatyana Woodall2021.7.27
  2. 崩れたシナリオ、中国人教授を狙い撃ちにしたFBI捜査はどこで誤ったか
    テネシー大学のフー准教授の起訴は、中国系米国人の経済スパイを摘発する目的で始まった米国の「チャイナ・イニシアチブ」に勝利をもたらすはずだった。しかし、裁判は評決不能となり、訴訟の継続すら危うい事態に陥った。FBIの強引な捜査への注目が高まり、司法省の責任を問う声も上がっている。 by Eileen Guo2021.7.27
  3. 新たな冥王星探査ミッション候補「ペルセポネ」が重要な理由
    米国の科学者チームは、新たな冥王星探査ミッションである「ペルセポネ」をNASAに提案している。目標は、前回のニュー・ホライズンズの調査で上がった太陽系形成に関する疑問と、有機物がかつて地球の外で存在していたのかという疑問に取り組むことだ。 by Tatyana Woodall2021.7.23
  4. アマゾン創業者も宇宙へ、ブルーオリジンが商業宇宙旅行に成功
    アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾスは7月20日、自身が所有する企業ブルーオリジンのロケットに乗り込んで宇宙旅行を成功させた。その10日前にはヴァージン・ギャラクティックの創業者が宇宙に到達しており、両社のフライトは宇宙旅行の未来に大きな足跡を刻んだ。by Tatyana Woodall2021.7.21
  5. NASAが被曝線量制限の緩和を検討、女性宇宙飛行士の機会開く
    全米アカデミーがNASAに提出した報告書は、宇宙飛行士の放射線被曝線量の新基準を提案している。背景には、NASAの月や火星への新しいミッションに、女性飛行士を参加させたいという強い願いがある。 by Neel V. Patel2021.7.20
  6. MIT Technology Review names Mat Honan its new Editor in Chief
    MITテクノロジーレビュー編集長に元バズフィードSF支局長が就任
    122年の歴史を持つMITテクノロジーレビューの新編集長が発表された。バズフィードで受賞歴のあるデジタル報道チームを構築・運営してきた実績を持つマット・ホーナンが就任する。 by MIT Technology Review Editors2021.7.20
  7. Venture entrepreneurs and investors talk about the challenges and future of space business
    ベンチャー起業家、投資家が語った宇宙ビジネスの課題と未来
    日本航空宇宙学会宇宙ビジネス共創委員会主催のシンポジウムにインターステラテクノロジズの稲川貴大代表、アクセルスペースの宮下直己CTOらが登壇。宇宙ビジネスを拡大する上での課題や可能性を議論した。 by Koichi Motoda2021.7.19
  8. Quasi-Zenith Satellite lead Japan's way to hyper-accurate positioning
    準天頂衛星「みちびき」が導く「超高精度測位」日本の流儀
    現在、軌道上には測位衛星が140機ほど飛んでいる。「GNSS」と総称されるこのシステムは、受信端末の普及と実装が世界中で加速している。その半数がアジア太平洋地域となり、そこには巨大衛星網を抱える中国と、地域型で小規模ながらも無償の精密測位を提供しプレゼンスを築く日本がいる。 by Ayano Akiyama2021.7.15
  9. New research maps the boundary of Earth’s heliosphere
    太陽圏の境界示す三次元地図、IBEXのデータから作成
    太陽圏観測衛星「IBEX」のデータを使用して新たに作成された、太陽圏の三次元全体地図が発表された。太陽圏は、宇宙から飛来する有害な放射線から地球を保護するシールドの役割を果たしており、その構造を博することは実用目的にも役立つ。by Tatyana Woodall2021.7.14
  10. Richard Branson just flew to the edge of space. Here’s what it means for space travel.
    ヴァージン創業者の初飛行が開く、宇宙旅行時代の扉
    ヴァージンの創業者であるリチャード・ブランソンは、ヴァージン・ギャラクティックの宇宙飛行機に搭乗し、自身初の宇宙飛行をした。宇宙への一番乗りを目指す億万長者たちの競争は子どもじみているが、商業宇宙旅行の幕開けとなるかもしれない。by Jonathan O'Callaghan2021.7.13
  11. The 10 Breakthrough Technologies has now arrived
    MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4刊行に寄せて
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は『Vol.4/Summer 2021 10 Breakthrough Technologies』を7月12日に発売した。今号の狙いと主な内容を紹介する。by MIT Technology Review Japan2021.7.12
  12. What being a physician taught one astronaut about living in space
    ISSで200日過ごした宇宙飛行士が医師として宇宙で学んだこと
    カナダの宇宙飛行士であるデイビット・セイント・ジャックスは、エンジニア、天体物理学者、医師という異なるキャリアの道を歩んできた。そのすべてが宇宙飛行士としての任務を達成するのに役立ったという。by Neel V. Patel2021.7.12
  13. Startup Phantom Space wants to head into orbit against the grain
    宇宙の「フォード」目指すファントム・スペースの型破りなビジネスモデル
    アリゾナ州に本拠を置くロケット打ち上げ企業のファントム・スペースは、「宇宙のヘンリー・フォード」となってロケットを量産し、年間100回の打ち上げを目指している。スペースXの創業メンバーが率いる同社は、ライドシェアのトレンドに反して成功を収めることができるか。by Neel V. Patel2021.7.7
  14. Innovation in the space business
    「X-NIHONBASHI」が地上で育む宇宙ビジネスのイノベーション
    宇宙ビジネスの一大拠点が、東京の中心エリア、日本橋に形作られようとしている。主導するのは、三井不動産が展開する宇宙関連領域におけるビジネス活性化促進プロジェクト「X-NIHONBASHI(クロス・ニホンバシ)」だ。拠点づくりを進め、集まる多彩なプレーヤーと協業しながら、宇宙ビジネスにおけるイノベーション創出を目指す取り組みについて、同社の川瀬康司氏に話を伺った。 by MIT Technology Review Brand Studio2021.7.5
  15. How technology might finally start telling farmers things they didn't already know
    大穀倉地帯からはずれた「米国のサラダボウル」と呼ばれるサリナスは、レタスやカリフラワーといった野菜の栽培が盛んな地域だ。天候や病気などの不確定要素が多く、激しく変動する価格の影響を受ける農家に対して、テック企業は機械学習やリモートセンシングなどの「アグテック」を売り込んでいる。テック企業の売り込みは役に立たないと一蹴する農家もいるが、アグテックは最終的に農家に役に立つ情報をもたらせるのか。 by Rowan Moore Gerety2021.7.5
  16. Venus doesn’t have enough water in its clouds to sustain life
    金星の雲、生命維持には水が足りない? 期待裏切る新研究
    金星に生命体が存在する可能性はあるのだろうか。「水分活性」の観点から金星の雲における生物の居住可能性について調べた新たな研究論文によると、木星の雲のほうがまだ、生物の居住に適しているという。by Neel V. Patel2021.7.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る