KADOKAWA Technology Review
×

持続可能エネルギー 2021年7月の記事

  1. Why the grid is ready for fleets of electric trucks
    EVトラック普及で送電網は耐えられるか?
    電動化の波はトラックにも及んでいる。短距離を走るトラックはすぐに電動化できそうだが、長距離を走る大型トラックを電動化するには何が必要になるのだろうか。by Casey Crownhart2021.7.30
  2. 急成長の太陽光発電に迫る「不都合な真実」
    世界有数の太陽光発電の集積地で、卸売価格が急落。太陽光発電所を増設しても儲からない状態になりつつある。気候変動の目標達成には太陽光発電所の増設が必須だが、有効な対策はあるか。by James Temple2021.7.28
  3. 気候変動で頻発する洪水、都市に望まれる水害対策とは
    各地の都市で大規模な洪水が頻発している。都市に張り巡らされた雨水管やポンプ、その他のインフラは、気候変動によって頻度や強度が増した暴風雨に対応できるようには設計されていないからだ。by Casey Crownhart2021.7.23
  4. 猛暑襲来、人間の耐えられる暑さの限度とは?
    気候変動は猛暑を引き起こし、多くの人々の生命を危機に晒している。今後、猛暑の頻度や深刻さはさらに増すことが予想されるため、人間がどれくらいの暑さまで耐えられるのを知ることは重要となっている。by Casey Crownhart2021.7.14
  5. 技術で先行する日本の「グリーン水素」は世界の潮流に乗れるか
    世界各国がカーボンニュートラルに向けて、水素エネルギーを重要な選択肢とする中、日本もまたこの分野への投資を拡大している。日本は水素利用においては他国よりも技術面で先行しているが、その優位性を生かせるかどうかが問われている。 by Keiichi Motohashi2021.7.13
  6. Carbon removal hype is becoming a dangerous distraction
    地球温暖化対策として、二酸化炭素除去を目的とした植林や直接空気回収テクノロジーが注目されている。だが、ここ10年の最優先事項は二酸化炭素排出量を削減することだ。二酸化炭素除去への過度の期待は道を誤る危険性がある。by James Temple2021.7.12
  7. Climate change made the record-shattering Northwest heat wave 150 times more likely
    米国北西部の記録破りの熱波は気候変動が原因、研究者らが結論
    米国北西部を襲っている異常な熱波について、研究者らは、地球温暖化による気候変動の影響である可能性が高いと結論づけた。もしこの結論が正しければ、地球の平均気温が2˚C上昇すると類似の事象が10年に1、2回発生することになる。by James Temple2021.7.9
  8. Cheaper solar PV is key to addressing climate change
    太陽光発電、コスト激減でクリーンエネの主役に まだ安くなる?
    太陽光発電の価格はここ30年で急激にに低下した。ただ、気候変動に対処できるだけの速さでクリーンエネルギーに移行するためには依然として不十分だ。太陽光発電は今よりずっと安くなる必要がある。by Gernot Wagner2021.7.8
  9. This photographer-scientists collaboration shows the speed of climate change
    写真家と科学者が協働:写真で見る、気候変動の凄まじさ
    世界中で気候変動が与える影響を示すために、写真家のイワン・バン・コラーが撮影した写真に科学者が注釈を付けた。by Ian van Coller2021.7.6
  10. A first-of-its-kind geoengineering experiment is about to take its first step
    ハーバード大学の研究チームは、気候変動問題に対処するため、成層圏に微粒子を散布して太陽光を宇宙に反射する太陽地球工学の研究に取り組んでいる。チームは、より理解を深めるために小規模な野外実験の準備を進めてきたが、後戻りできない可能性が指摘され、反対の声は根強い。 by James Temple2021.7.4
  11. The fracking boom is over. Where did all the jobs go?
    消えた幻想「シェールガス革命」とは何だったのか?
    一時のブームに沸いたシェールガス業界の崩壊は、環境の面からも、雇用の面からも必然であった。同業界が創出すると期待された雇用の数は大幅に水増しされており、しかも、その多くはすでに存在していない。 by Colin Jerolmack2021.7.4
  12. Can the most exciting new solar material live up to its hype?
    シリコン太陽電池より安価で高効率な太陽電池を作れると期待されているペロブスカイトは、不安定であることが実用化の課題となっている。しかし最近になり、その課題を解決したとする企業がいくつか現れている。 by Casey Crownhart2021.7.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る