KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械 2021年10月の記事

  1. These weird virtual creatures evolve their bodies to solve problems
    スタンフォード大学の研究チームは、バーチャル環境で進化するAIボットを用いて、身体の構造と知能が密接に関連していることを示した。体の構造を固定したうえでタスクの訓練をする従来のAIロボットの構築方法を覆すかもしれない。by Will Douglas Heaven2021.10.21
  2. 深層学習モデルは内部で何が起こっているのかが明らかにならない「ブラック・ボックス」であり、情報は漏れない。こうした一般的な考え方に疑問を投げかける研究成果が発表されている。 by Will Douglas Heaven2021.10.19
  3. FBがGoPro風動画の大規模データセット、3025時間分の映像を収集
    フェイスブックAIリサーチは、一人称視点で撮影した膨大な数の動画を集めた過去最大規模のデータベースを作成した。人々の日常生活の助けになるようなAIを訓練するのに役立つとしているが、将来的にどのように利用されるのか懸念もある。by Will Douglas Heaven2021.10.18
  4. ひっそりと浸透する「AI声優」、人間の仕事を奪うか?
    深層学習のブレークスルーにより、人間の話し方の微妙なニュアンスまで再現する「AI声優」が活躍の場を広げている。新しいデジタル広告やブランドに合わせたオリジナル音声の確立といった期待の一方、人間の声優には不安の声もある。 by Karen Hao2021.10.12
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る