KADOKAWA Technology Review
×

ビジネス・インパクト 2021年11月の記事

  1. NASA wants to use the sun to power future deep space missions
    NASA、太陽光発電で推進する初の深宇宙探査機を打ち上げへ
    NASAは2022年8月、太陽光発電で得られた電力を用いて推進する初の深宇宙探査機「サイキ」を打ち上げる予定だ。科学燃料を使って推進する場合に比べて推力が弱いが、効率を高められるので、今後、広く使われるようになるかもしれない。by Tatyana Woodall2021.11.28
  2. MITTRが選ぶ、2021年の日本発「U35」イノベーターを発表
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、35歳未満のイノベーターを表彰する「Innovators Under 35 Japan 2021」の受賞者を発表した。 by MIT Technology Review Japan2021.11.25
  3. 中国は今や、米国に並ぶ超大国として科学分野でも台頭しつつある。しかし、強力な祖国を築くために西洋の科学技術を求めた中国近代化の歴史は、屈辱と葛藤に満ちたものであった。 by Yangyang Cheng2021.11.23
  4. 原 研哉インタビュー「世界は遊動の時代へ」
    原研哉。日本を代表するデザイナーの1人であり、国内外を問わずさまざまなジャンル、規模のプロジェクトに参画している。一方で、デザイナーという立場から、企業だけでなく社会全体に目を向け課題解決の提案をし続ける。コロナ禍を経験した世界、そして日本におけるこれからの社会について、原氏の考える3つのキーワードを軸に話を伺った。by MIT Technology Review Japan2021.11.18
  5. アリババ会長も推奨「996」長時間労働に中国テック系社員が反旗
    中国企業は長きにわたり、競争における優位性という名のもとに、長時間労働を是認し、美化し、強制してきた。しかし最近になり、午前9時から午後9時まで週6日働くことを意味する「996」制度に対し、抵抗の声を上げるテック企業の労働者たちが相次いでいる。 by Siyuan Meng2021.11.18
  6. Meet MIT Technology Review's covid inequality fellows
    コロナ禍の不平等を調べるジャーナリスト4人をMITTRが支援
    MITテクノロジーレビューは今春、新型コロナウイルス感染症のパンデミックで露わになった不平等問題に焦点を当てたジャーナリズムを支援するフェローシップ制度を発表した。その採用者のプロフィールを紹介する。 by Bobbie Johnson2021.11.18
  7. An uber-optimistic view of the future
    『指数関数的時代』に見る、超楽観的な未来像
    アジーム・アザールの新しい著書『指数関数的時代』は、驚異的なテクノロジーの成長が、豊かな時代につながると楽観的に予測している。だが、現実はもっと複雑であり、悲観的な見方もある。by David Rotman2021.11.16
  8. Why is Toyota trying to build an ambitious future city?
    トヨタの野心的な未来都市は「幸せの量産」を体現できるか
    2020年にラスベガスで開催されたCESで、トヨタ自動車の豊田章男社長自ら発表した実証都市「ウーブン・シティ」構想。世界的自動車メーカーがなぜ、街づくりに乗り出すのか? ヴェールに包まれた同プロジェクトの現状を整理する。 by Yumi Kawabata2021.11.16
  9. Cities Issue has now arrived
    MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5刊行に寄せて
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は『Vol.5 Cities Issue』を11月15日に発売した。今号の狙いと主な内容を紹介する。by MIT Technology Review Japan2021.11.15
  10. This chemist is reimagining the discovery of materials using AI and automation
    トロント大学の化学者であるアスプル・グージック教授は、これまでは20年かかったような新材料探索のプロセスを、AIやロボットを組み合わせて自動化することで、数年あるいは数カ月にまで短縮しようとしている。 by Simon Lewsen2021.11.12
  11. The latest decadal survey sets a new course for US astronomy
    米国の宇宙科学10カ年計画、居住可能な惑星など優先事項に
    全米アカデミーズは11月4日、「天文学・天体物理学の10カ年計画」の報告書を発表した。科学的優先事項として、居住可能な太陽系外惑星、ブラックホール、銀河の起源と進化を挙げている。 by Tatyana Woodall2021.11.8
  12. What’s missing from the push to diversify tech
    主張:掛け声だけの「多様性」、テック業界が本気で取り組む方法
    テクノロジー業界はダイバーシティやインクルージョンを謳っているが、実際の取り組みはほとんど宣言にとどまっている。現状を変える方法を提案する。 by Victor Mbarika2021.11.5
  13. NASA’s new rovers will be a fleet of mobile robots that work together
    NASA新型ローバーはチームで動く、「分散型」でリスク低減
    NASAは、月や他の惑星を探査するために、自律型の小型ローバー隊を開発している。1台のローバーに問題が起こってもミッションを継続できるうえ、従来のローバーでは行けない場所も探索できるようになる。by Tatyana Woodall2021.11.4
  14. How we covered the evolution of computing
    コンピューターはどう進化してきたか?MITTRの誌面から
    MITテクノロジーレビューのバックナンバーをめくると、コンピューターの発展の様子が目に浮かぶようだ。人類史上初めて月を周回して地球に戻ってきたアポロ8号、マルチプロセッサー・システム、ウェアラブル・コンピューターの3つの記事から、コンピューティングの発展の歴史を振り返る。 by MIT Technology Review Editors2021.11.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る