KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。

知性を宿す機械 2021年12月の記事

  1. IU35 Japan Summit 2021: Ayumi Igarashi
    「数理に基づく真に公平な社会の実現を目指す」NII 五十嵐歩美
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、国立情報学研究所の五十嵐歩美氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda2021.12.28
  2. 「ロボットに人間のような触覚を与える」モーションリブ 溝口貴弘
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、モーションリブ 溝口貴弘氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。 by Koichi Motoda2021.12.27
  3. GPT-3で号砲、大規模化に明け暮れた2021年のAIシーン
    驚くべき作文能力を持つオープンAI(OpenAI)の「GPT-3」は、モデルの大規模化を競い合いう人工知能(AI)の新トレンドの始まりだった。2021年は新しい言語モデルの構築に多大な労力が注がれたものの、AIはまだGPT-3の影響から抜け出せていない。 by Will Douglas Heaven2021.12.23
  4. ディープマインドが言語モデル「RETRO」発表、訓練コストを大幅削減
    自然言語処理におけるAI研究の主流となっている大規模言語モデルには、訓練に膨大な計算能力を必要とするという欠点がある、ディープマインドは外部メモリーを辞書として活用することで、訓練に要するコストを大幅に下げられるモデルを発表した。 by Will Douglas Heaven2021.12.13
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る