KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!

持続可能エネルギー 2021年12月の記事

  1. Singapore pushes for water independence as temperatures rise
    シンガポールが抱える弱点「水」問題、自給自足は実現するか
    世界有数の富裕国であるシンガポールは、水資源に乏しく、マレーシアからの輸入に依存している。政治や気候変動によるリスクを低減するため、シンガポールはさまざまな方法で水の自給自足を模索している。 by Megan Tatum2021.12.28
  2. 水をコントロールするのではなく、水と協調する――。中国のランドスケープ・アーキテクトが切り開いてきた新たなアプローチは、気候変動で今後ますます増加するであろう災害を防ぐのに役立つかもしれない。 by Erica Gies2021.12.27
  3. 枯渇する天然資源「水」、干ばつでも大量輸出する米国の矛盾
    気候変動に伴う記録的な干ばつの中でも、米国の農家は食品や衣料品の輸出を介して、事実上、水を世界中に大量に輸出している。原因は規制の甘さにある。by Alok Jha2021.12.25
  4. 大西洋の広範囲にわたって循環する海流は、気候変動を理解するために重要な要素となる。しかし、直接観測する試みを進めるにつれて、この大西洋循環システムは、かつて考えられていたよりも得体のしれない、予測不可能なものであることが分かってきた。by James Temple2021.12.24
  5. 「気候変動移住」が引き起こす貧困の連鎖、ジンバブエ現地ルポ
    世界銀行の予測によると、気候変動により、サハラ以南アフリカでは2050年までに数千万人が国内での移住を余儀なくされるという。すでに非合法な移住が始まっているジンバブエでは、生活を圧迫された移住先の人々と移住民との間で緊張が高まっている。 by Andrew Mambondiyani2021.12.21
  6. What it will take to unleash the potential of geothermal power
    米国のインフラ法案により資金提供を受けた4基の新しい実証プラントは、「忘れられた再生可能エネルギー」と揶揄されている地熱による発電の普及を後押しする可能性がある。by Casey Crownhart2021.12.15
  7. Renewables are set to soar
    再エネが今後5年で急成長、化石燃料と原子力に匹敵=IEA
    国際エネルギー機関(IEA)が12月1日に発表した報告書によると、コストの低下や各国の気候変動への取り組みの厳格化を背景に、再生可能エネルギー電源の発電容量は今後5年間で急激に拡大するという。 by James Temple2021.12.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る