KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!

ビジネス・インパクト 2022年1月の記事

  1. We built a database to understand the China Initiative. Then the government changed its records.
    不透明な米チャイナ・イニシアチブ、司法省がサイト書き換えも
    米国政府が、国家安全保障における中国の脅威に対応するために2018年に開始した取り組み「チャイナ・イニシアチブ」には不透明な部分が多い。MITテクノロジーレビューは同イニシアチブの正当性や影響を調べるために、詳細なデータベースを構築している。 by Karen Hao2022.1.18
  2. 混乱する米国の対中強硬策、チャイナ・イニシアチブのお粗末な実態【本誌調査】
    トランプ政権が対中強硬策として始めた「チャイナ・イニシアチブ」の取り組みは現在、中国による経済スパイや米国安全保障への脅威に対抗するという当初の目的から逸脱してしまったことが、MITテクノロジーレビューの調査で明らかになった。 by Karen Hao2022.1.18
  3. 人類は海洋環境の変化をどのように見てきたか? MITTRの誌面から
    今や、気候変動による海水面上昇は多くの人が知ることとなった。ここまで地球環境が悪化するまで、人類は何をしていたのだろうか。MITテクノロジーレビューの過去の記事を読み返すと、気候変動や海洋環境についての見方が時代によって変わっていることが分かる。 by MIT Technology Review Editors2022.1.7
  4. タリバン支配下のアフガン、コード・ブートキャンプに希望を託す若者たち
    タリバン政権下のアフガニスタンで、コーディング(プログラミング)を学び続ける若者たちがいる。インターネット接続や電力の不足といった問題を抱えながらも、学習機会を奪われた若者たちにとって明るい未来への希望となっている。 by Eileen Guo2022.1.7
  5. 「宇宙でのラストマイル輸送を実現したい」北大 ケンプス・ランドン
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、北海道大学大学院のケンプス・ランドン氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda2022.1.5
  6. Our best illustrations of 2021
    ベスト・イラスト2021:気鋭作家が描いたテクノロジーを物語る19枚
    アーティストたちが描く示唆に富み楽しい作品は、しばしば言葉より雄弁なイメージで記事に命を吹き込んでくれる。MITテクノロジーレビューのアートチームが選んだお気に入りの作品を紹介しよう。by MIT Technology Review Editors2022.1.5
  7. The worst technology of 2021
    MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
    MITテクノロジーレビュー は毎年、その年の失敗したイノベーションを選んで年末に発表している。2021年にリストアップしたのは、効かないのに承認された高価なアルツハイマー薬、宇宙へ行く億万長者、美顔フィルターなどだ。by Antonio Regalado2022.1.4
  8. Our favorite stories of 2021
    編集者・記者が選んだ2021年の記事25選
    MITテクノロジーレビュー[米国版]編集部のメンバーに、2021年に公開したすべての記事について振り返り、特に際立った記事を選んでもらった。 by MIT Technology Review Editors2022.1.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る