KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

知性を宿す機械 2022年2月の記事

  1. This super-realistic virtual world is a driving school for AI
    多大な時間やコストがかけられているにもかかわらず、無人運転車はいまだに試験段階にある。元ウーバーの研究チームを率いた研究者が立ち上げたスタートアップ企業は、シミュレーションの精度を徹底的に高めることで、無人運転車の開発スピードを速めようとしている。 by Will Douglas Heaven2022.2.22
  2. アルファベット傘下の人工知能(AI)企業であるディープマインドは、深層強化学習AIで核融合炉内の磁場を制御し、超高温のプラズマを2秒間にわたって「電磁気の檻」に閉じ込めることに成功した。by Will Douglas Heaven2022.2.18
  3. 心理療法では、適切な時期に適切な言葉をかけることが重要だ。英国のメンタルヘルス・ケアクリニックでは、セラピーのセッションで使われる言葉を人工知能(AI)で分析する、メンタルヘルス・ケアに対する新しい取り組みを進めている。将来的には、臨床医や研究者がまだその大半を解明できていない、心理療法が機能するそもそもの仕組みが明らかになるかもしれない。 by Will Douglas Heaven2022.2.8
  4. イスラエル発AI企業が売り込む「DNAだけで顔認識」は可能か?
    「声から顔」「DNAから顔」「動作から顔」といった顔認識能力の拡張を目論むAI企業がある。科学的な裏づけに乏しく、専門家からは疑問の声が上がっているが、ますます過熱する顔認識業界の新たな動きとなりそうだ。 by Tate Ryan-Mosley2022.2.8
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る