KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付中!

コネクティビティ 2022年7月の記事

  1. How governments seize millions in stolen cryptocurrency
    ハッキングによる暗号通貨の盗難事件が増加している。マネーロンダリングで手の届かないところに消えてしまう前に、米国政府がどのように盗まれた暗号通貨を追跡し、資産の凍結、押収を試みているのかを説明しよう。by Patrick Howell O'Neill2022.7.29
  2. 聴くMITTR:グーグルの失敗に学ぶ、スマートシティの本質
    今週のオーディオ・ムック(β)では、サイドウォーク・ラボが撤退した街のその後を紹介するとともに、スマートシティが失敗してきた理由を考察する。 by MIT Technology Review Audio Studio2022.7.27
  3. 壁紙アプリ、中国人ユーザーになぜ人気? 「検閲逃れ」隠れ蓑に
    世界最大のPCゲームプラットフォームで、壁紙アプリが上位にランクインしているのを見て違和感を覚えた人がいるかもしれない。実はこのアプリは、当局の規制が厳しい中国人ユーザーがアダルトコンテンツを共有するのに使われている。 by Zeyi Yang2022.7.27
  4. オランダの芸術家がかつて夢想した「ニューバビロン」は、今日のスマートシティへと続く予言的なものだった。データを作成した人間よりもデータそのものが重要だと考えてしまうと、スマートシティの可能性を狭めてしまう。 by Chris Salter2022.7.21
  5. ネット通販で宅配激増、ニューヨークが問う「都市に住む価値」
    新型コロナウイルスによるパンデミックの発生と共に増加したネット注文は、都市を大量の荷物で埋め尽くしている。by Sarah Simon2022.7.21
  6. AudioMook: NSO acquisition talks what is the future of the spyware industry
    聴くMITTR:NSO買収協議、スパイウェア業界の未来は?
    今週のオーディオ・ムック(β)では、NSOグループとは何か? どのような企業なのか? 動きが見えづらいスパイウェア産業の実態に迫る記事を紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio2022.7.20
  7. A million-word novel got censored before it was even shared. Now Chinese users want answers.
    「この原稿は違法です」中国のワープロソフト、未公開小説をロック
    ある中国の小説家がクラウドで使っていたワープロソフトに原稿をロックされたと訴えている。原稿は未公開の状態だったとされ、中国のインターネットユーザーは国家の検閲がどこまで及ぶのか、疑心暗鬼になっている。 by Zeyi Yang2022.7.20
  8. The US military wants to understand the most important software on Earth
    制裁企業も貢献多数、OSSの知られざるリスクを探るプロジェクト
    世界中のコンピューターで使われているリナックス・カーネルなどのオープンソース・ソフトの信頼性を高めるプロジェクトを米国国防高等研究計画局(DARPA)が開始する。OSSのリスクを把握し、破壊を防ぐことが目的だ。 by Patrick Howell O'Neill2022.7.19
  9. The book ban movement has a chilling new tactic: harassing teachers on social media
    過激化する米国の禁書運動、教員に照準 ネット監視に威嚇発砲も
    人種問題や性的指向に関する本やカリキュラムを学校から排除しようとする運動が米国で過激化している。教員に対し、ソーシャルメディアでの発言を監視したり、暴言を浴びせたりする嫌がらせが相次ぎ、現実の暴力行為に発展するケースも出てきた。 by Tanya Basu2022.7.18
  10. The delivery apps reshaping life in India’s megacities
    インドには「キラナ」と呼ばれる家族経営の零細商店が1200万店も存在する。地域密着のキラナが住民の暮らしを支える一方で、豊富な資金を背景に「クイックコマース」を手掛ける企業が都市部に進出。キラナの縄張りに食い込もうとしている。 by Edd Gent2022.7.15
  11. We need smarter cities, not "smart cities"
    主張:ハイテク一辺倒の「スマートシティ」がつまらない理由
    マーケティング戦略として生まれたハイテク一辺倒の「スマートシティ」は、都市の魅力を損なう。国連開発計画(UNDP)は、市民のニーズが原動力になると主張する。 by Calum Handforth2022.7.15
  12. China wants to control how its famous livestreamers act, speak, and even dress
    金持ち自慢も禁止、中国政府がライブ配信の規制強化で新規範
    収益性の高いライブ配信ビジネスは、中国の新たな検閲の波における最新のターゲットとなった。 by Zeyi Yang2022.7.14
  13. AudioMook: The Impact of the U.S. Abortion Ban
    聴くMITTR:米「中絶禁止」の衝撃、新たな分断ネットでも
    今週のオーディオ・ムック(β)では、中絶禁止判決が米国国民に与えた衝撃、過激化する反中絶団体の活動、それに抵抗する支援団体の動き、テック企業の対応などを紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio2022.7.13
  14. Toronto wants to kill the smart city forever
    グーグルの兄弟会社であるサイドウォーク・ラボが計画した「スマートシティ」が頓挫した街は今、まったく新しい計画「キーサイド2.0」を進めている。コンセプトは、市民が住みたくなる街づくりだ。 by Karrie Jacobs2022.7.12
  15. Big Tech remains silent on questions about data privacy in a post-Roe world
    米「中絶禁止」判決、メタ/グーグル/ツイッターの対応は?
    米最高裁の新判断を受け、米国の各州で中絶を禁止する州法が広がる中、大手テック企業は中絶関連のコンテンツをどう扱うのか? 対応をまとめた。by Hana Kiros2022.7.8
  16. Public transport is ditching cash—but here's why that's ok
    広がる公共交通機関のデジタル決済、死角はないか?
    米国の都市公共交通機関で、スマートフォンなどを使った非接触式の運賃支払いシステムへの移行が進んでいる。低所得者層などへの影響が懸念されるが、専門家はむしろよい影響を与える可能性が大きいという。 by Rachel del Valle2022.7.7
  17. Social media filters are helping people explore their gender identity
    「盛り」だけじゃない、顔加工アプリがもたらす新しい価値
    自分の外見を手軽に変えられるティックトックやインスタグラムの美容フィルターは、自撮り写真を美しく「盛れる」だけではない。ユーザーによっては大きな価値を持つこともある。by Elizabeth Anne Brown2022.7.7
  18. AudioMook: The Future of Urban Transportation
    聴くMITTR:パンデミック、低炭素化で変貌する都市交通の未来
    今週のオーディオ・ムック(β)では、テクノロジーを使って都市の移動手段をアップデートする動きを3つ、紹介しよう。 by MIT Technology Review Audio Studio2022.7.6
  19. A pro-China online influence campaign is targeting the rare-earths industry
    レアアース産業に照準、中国系ネット工作活動が激化
    中国はレアアースにおけるほぼ独占状態を維持するため、西側諸国と戦い続けている。中国工作員は、ネットで偽情報を流布して欧米のレアアース企業の弱体化を試みている。 by Patrick Howell O'Neill2022.7.6
  20. London is experimenting with traffic lights that put pedestrians first
    デフォルトは「歩行者が青」、ロンドンが新しい信号をテスト中
    ロンドンで実施されたテストでは、横断歩道のルールを車両優先から歩行者優先に単純に変更するだけで、交通の安全性が向上すると分かった。 by Rachael Revesz2022.7.5
  21. Facebook is bombarding cancer patients with ads for unproven treatments
    「がんが治る」フェイスブック広告はなぜなくならないか?
    メタ(フェイスブック)は医療に関する誤情報の規制ポリシーを打ち出しているが、相変わらず怪しげな広告であふれている。なぜこのような広告はなくならないのだろうか。 by Abby Ohlheiser2022.7.4
  22. How bike parking pods could make US cities better for cyclists
    都市の自転車問題に着目、NYのスマート駐輪場スタートアップ
    都市で自転車の利用を推進する流れが広がっている。だが、安全に自転車を停められる場所を整備せずに、自転車利用を奨励するのは不用意だ。そこに目をつけたスタートアップ企業がある。 by Jake Blumgart2022.7.4
  23. The U.S. only has 60,000 charging stations for EVs. Here’s where they all are.
    「EV大国」目指す米国の死角、急速充電施設はわずか6000カ所
    電気自動車(EV)は主流になりつつあるように見えるが、充電する場所はどれくらいあるのだろうか。EVユーザーの需要を満たすだけの台数が、必要な場所にあるのだろうか。 by Andrew Moseman2022.7.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る