KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

コネクティビティ 2022年10月の記事

  1. The dark side of a super app like WeChat
    中国テック事情:WeChatアカバン騒動、スーパーアプリの弊害露呈
    共産党大会を前に発生したウィーチャットのアカウント停止騒動によって、あらゆるサービスを1つのアプリで利用できる「スーパーアプリ」に依存する弊害が露呈した。スーパーアプリは利便性が支持される一方、問題点も少なくない。 by Zeyi Yang2022.10.30
  2. 中国テック事情:「クーデター発生」の噂はいかにして拡散したか
    5年に一度の共産党大会を前に、出所不明のクーデターの噂がネット上で話題になった。いかにして些細なニュースが大きなデマに変化するのか、その過程を分析すると興味深い。 by Zeyi Yang2022.10.27
  3. デモ写真1枚で即「アカバン」、党大会前にWeChatが過剰規制
    中国共産党の党大会を前に、中国政府に対する抗議活動の写真をウィーチャットに投稿した中国人ユーザーのアカウントが相次いで停止された。あまりにも厳しい措置に、ネット上では救済を求める投稿が相次いでいる。 by Zeyi Yang2022.10.23
  4. 監視テクノロジーで国民を管理しようとする中国政府の方針は、新型コロナのパンデミックでさらに加速した。最近、中国の監視体制について書籍にまとめたウォール・ストリート・ジャーナル紙の記者と、中国におけるプライバシーの概念や監視テクノロジーの広がりについて聞いた。 by Zeyi Yang2022.10.20
  5. メタのメタバース「足」追加で普及なるか? 20万円超ヘッドセットも
    フェイスブックが「メタ」に社名を変更してから1年。メタはメタバースの普及に必死だ。高級VRゴーグルの発売、アバターへの「足」の追加などの新展開が発表された。 by Tanya Basu2022.10.14
  6. AudioMook:Can Facebook regain a place of trust
    聴くMITTR:フェイスブックは安全と信頼を取り戻せるか
    今週のオーディオ・ムック(β)では、フェイスブック元社員や専門家の主張から、SNSを安全で信頼できる場所にする方法について考える。 by MIT Technology Review Audio Studio2022.10.13
  7. How the covid pop-up window is wreaking havoc on daily life in China
    中国テック事情:「やりすぎ」コロナ対策アプリで市民に混乱 ほか
    「ゼロコロナ」政策を続ける中国で、北京市民らを対象とした新型コロナ対策アプリの過剰な機能が市民を困らせている。ほか、中国の最新のテクノロジー関連ニュースをまとめて紹介する。 by Zeyi Yang2022.10.10
  8. Hated that video? YouTube’s algorithm might push you another just like it.
    ユーチューブ、「低評価」でもレコメンドにほぼ影響なし
    ユーチューブの人工知能(AI)が推奨する「おすすめ動画」を、ユーザーがコントロールするのはほとんど無理だということがモジラの新しい研究で分かった。by Hana Kiros2022.10.8
  9. Amazon has a new plan for its home robot Astro: to guard your life
    アマゾン家庭ロボ「アストロ」が進化、ドアの開けっぱなしも通知
    アマゾンが招待制で販売している家庭用ロボット「アストロ(Astro)」の大規模アップデートを発表した。見守り機能の強化によって、これまでになく強力で家庭に入り込むロボットになるかもしれない。 by Tanya Basu2022.10.6
  10. The 1,000 Chinese SpaceX engineers who never existed
    スペースXに清華大OBが1000人?リンクインで横行する偽アカの狙い
    リンクトイン(LinkedIn)を見ていると、学歴も職歴もよく似た複数のアカウントが存在する。これらは名門大学の卒業生や大手テック企業の社員を装って偽のつながりを作り、詐欺を働くグループの仕業だ。 by Zeyi Yang2022.10.5
  11. Broadband funding for Native communities could finally connect some of America’s most isolated places
    ネット空白地帯、米先住民保留地に光回線がやってきた
    高速インターネット回線の普及が遅れる米国でも、特にインフラ整備から取り残されているのが、ネイティブ・アメリカンのコミュニティだ。米国モンタナ州のブラックフィート保留地では、パンデミック対策として支出された資金を使って、ブロードバンド回線の整備に取り組んでいる。 by Robert Chaney2022.10.4
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る