KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

コネクティビティ 2022年11月の記事

  1. A big settlement for one Chinese-American scientist won’t end wrongful prosecutions
    中国テック事情:スパイぬれ衣の研究者、10年の闘争が残したこと
    中国系科学者たちは長らく米国政府の差別的な標的になってきた。和解を勝ち取ったシェリー・チェンの事例は、それに対抗するのがいかに難しいかを示している。by Zeyi Yang2022.11.25
  2. 聴くMITTR:中国共産党大会の裏でネットで起きていたこと
    今週のオーディオ・ムック(β)では、異例の長期政権が誕生した中国共産党大会の裏で発生したネット上の騒動の中身とその顛末を紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio2022.11.23
  3. 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
    イーロン・マスクによる「ハードコア」な労働文化を求める最後通告は、大量の離職者と社内の士気低下を招いている。複数の内部関係者は、何らかの重大な障害が近く発生する可能性を懸念している。 by Chris Stokel-Walker2022.11.23
  4. メキシコでは今でも毎年大勢の人が失踪する。政府を当てにできない家族たちは、ソーシャルメディアに頼って行方不明者を捜している。by Chantal Flores2022.11.22
  5. ブロックチェーン上で動作するゲーム「ダークフォレスト」が、業界関係者の注目を浴びている。特定企業の支配下にない、非中央集権的なメタバースを構築する際の基盤技術となるかもしれない。 by Mike Orcutt2022.11.18
  6. China is copying Russia’s election interference playbook
    中国テック事情:ロシアを劣化コピーする中国のネット工作
    中国を拠点とするボットネットが米国の選挙への干渉を試みているとの報道がなされた。緊迫する米中関係の変化について、識者と議論した。by Zeyi Yang2022.11.16
  7. Twitter's imminent collapse could wipe out vast records of recent human history
    あのツイートで始まった——生きた歴史記録となったツイッターの代え難い価値
    イーロン・マスクの買収後のツイッターで混乱が続いている。過去16年間、人類史上もっとも多くの世界の人々の声を記録してきたツイッターが消滅したとき、何が起こるのか。 by Chris Stokel-Walker2022.11.15
  8. YouTube wants to take on TikTok with Shorts videos for your TV
    短編映像をリビングへ、YouTubeがテレビでTikTokに挑む
    ユーチューブが短編動画「ショート」に本腰を入れている。11月7日には、同社のテレビアプリの標準ホームページに、ユーザーの過去の視聴履歴に基づくおすすめのショートの映像が表示されるようにした。 by Chris Stokel-Walker2022.11.14
  9. AudioMook: How will the acquisition by Elon Musk change Twitter?
    聴くMITTR:イーロン・マスク買収でツイッターは変わるか
    今週のオーディオ・ムック(β)では、ツイッター買収のネット上での反響、コンテンツ・モデレーションなどのポリシー変更をめぐる不安の声などをまとめた。 by MIT Technology Review Audio Studio2022.11.10
  10. Here's how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks
    ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
    「このままではツイッターはいずれ使えなくなってしまう」。現在も同社に在籍するエンジニアは取材に証言した。その兆候はすでに一部のユーザーに目撃されている。 by Chris Stokel-Walker2022.11.10
  11. This obscure shopping app is now America’s most downloaded
    中国テック事情:DL数トップに突如躍り出た「Temu」って何だ?
    中国発のショッピング・アプリ「Temu(ティームー)」が米国のアップストアのダウンロード数でトップに躍り出た。一般的にはまだ無名のこのアプリは、中国発のネットサービスとして新たな成功を収められるのだろうか。 by Zeyi Yang2022.11.9
  12. Smartphone data from drivers could help spot when bridges need urgent repairs
    橋の経年劣化をスマホで監視、メンテコストを劇的削減
    橋が崩落すると多数の死傷者が出る可能性があるため、適切なメンテナンスは極めて重要だ。スマホを使って橋の振動データを収集することで、既存の方法よりも安価かつ迅速に橋のコンディションを監視する方法が提案された。 by Tammy Xu2022.11.8
  13. Would you pay with your palm?
    中国テック事情:QR、顔の次は「手のひら」?決済大手が極秘実験
    顔認識やQR決済が普及している中国で、新たに「手のひら認証」の実験が始まっていることが分かった。ウィーチャットの実験の様子がソーシャルメディアの映像で確認できる。by Zeyi Yang2022.11.6
  14. Twitter may have lost more than a million users since Elon Musk took over
    ツイッター、イーロン・マスク買収で100万人規模減少か
    イーロン・マスクによる買収完了を受けて、ツイッターの利用を実際にやめる人が増えているようだ。外部企業の推計では、10月27日から11月1日の間に通常の倍以上のユーザーがツイッターの利用をやめているという。 by Chris Stokel-Walker2022.11.5
  15. Elon Musk doesn’t know what it takes to make a digital town square
    主張:イーロン・マスクのツイッター買収、正しい改革を
    イーロン・マスクが、ついにツイッターのCEOになった。就任前からツイッターの改革を公言してきたが、ユーザーからは歓迎されていない。大きな変化を起こす前に、世界的な民主化運動の活動家たちの意見を聞くべきではないだろうか。by Jillian C. York2022.11.3
  16. Elon Musk's plans to revive Vine face one big problem: the reason it closed originally
    ツイッター買収のマスクがヴァイン復活をぶち上げ、ティックトック対抗なるか?
    ツイッターを買収したイーロン・マスクが、短編動画サービスの先駆けである「ヴァイン(Vine)」の復活を計画している。ティックトック(TikTok)一強の時代に、どうやって競争するのだろうか? by Chris Stokel-Walker2022.11.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る