KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】

持続可能エネルギー 2022年11月の記事

  1. How new versions of solar, wind, and batteries could help the grid
    次世代太陽電池、洋上風力、蓄電池は送電網をどう変えるか?
    すでに再生可能エネルギーの導入は始まっているが、研究所やスタートアップ企業がもたらすさらなる進歩が、技術をさらに前進させる。その前進によって、気候変動の目標を達成することはできるのだろうか。 by Casey Crownhart2022.11.22
  2. 気候変動の責任は誰に?3つのグラフから考える
    エジプトで開催された国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)では、気候変動による「損失と損害」を補うための資金調達が初めて議題に加えられた。ここで中心となるのは「気候変動の責任は誰にあるのか」という問いだ。by Casey Crownhart2022.11.21
  3. COP27開幕、単なる「話し合い」に終わらせないために何が必要か
    国連の気候変動会議「COP27」がエジプトで開幕した。COPは気候変動に関心のある人々から大きな注目を浴びてきたものの、単なる話し合いで終わっており、何の成果も得られていないと批判する声が大きくなっている。単なる話し合いで終わらせないためには何が必要なのだろうか。 by Casey Crownhart2022.11.17
  4. テスラ元CTOが作った電池リサイクル工場、間もなく稼働へ
    蓄電池の材料はもうすぐ不足する。レッドウッド・マテリアルズがネバダ州に建設中のリサイクル施設は、使用済み蓄電池から希少金属を回収することを目指している。このような施設が、電池材料の需給ギャップ解消に役立つかもしれない。 by Casey Crownhart2022.11.16
  5. 米国政府がバッテリー産業に大規模投資、これまでとの違いは?
    電気自動車の普及に欠かせないバッテリーの国内製造に米国が本腰を入れている。これまでも電池関連メーカーを対象とした助成金制度をいくつも用意してきたが、サプライチェーンの上流への投資を大幅に強化しているのが特徴だ。 by Casey Crownhart2022.11.15
  6. How hydrogen and electricity can clean up heavy industry
    重工業はなぜ、気候問題で「解決困難なセクター」であり続けるのか?
    鉄鋼、セメント、化学薬品、つまり重工業は、全世界の温室効果ガス排出量のうち、相当な割合を占める量を排出している。気候変動を抑制するには、重工業からの排出を抑制する必要があるが、簡単なことではない。 by Casey Crownhart2022.11.11
  7. Why scientists want to help plants capture more carbon dioxide
    「洪水に強いイネ」作った遺伝学者が目指す炭素回収の狙い
    人類はこれまで、植物の遺伝子を改変して、収量増加などの恩恵を受けてきた。現在では、技術開発のおかげで遺伝子改変の精度が上がっている。科学者たちは炭素除去にも遺伝子改変を利用しようと取り組んでいる。 by Casey Crownhart2022.11.8
  8. Will lab-grown meat reach our plates?
    研究室育ちの「培養肉」が食卓に届く日はやってくるか?
    人工的に培養した代替肉の研究が世界中で進んでいる。ただ、解決の目処が立っていない課題は少なくない上に、人工培養肉が消費者に受け入れられるかどうかも疑問だ。 by Jessica Hamzelou2022.11.4
  9. Cars are still cars—even when they’re electric
    気候変動の解決策として、内燃機関を使用する従来の自動車から、電気自動車への転換が必要とされている。だが、それだけですべての問題が解決するわけではない。大型化をやめ、もっと小さくて安全な車両を推進すべきだ。 by Paris Marx2022.11.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る