KADOKAWA Technology Review
×

ビジネス・インパクト 2022年12月の記事

  1. What’s next in space in 2023
    日本企業の月面着陸も注目計画が目白押しの2023年の宇宙開発
    2023年は宇宙開発の「当たり年」になりそうだ。今後12カ月の間に、日本のスタートアップ企業の月面着陸をはじめ、商業宇宙遊泳、太陽系に関する新たな探査ミッション、超大型ロケットの打ち上げなどが予定されている。by Jonathan O'Callaghan2022.12.30
  2. テクノロジーはなぜ「私たちのもの」ではなくなったのか?
    かつては、新しいテクノロジーが登場すると、それによる恩恵を最も受けるのは消費者である私たちだった。だが、今や最も恩恵を受けるのは、消費者からデータを吸い上げる企業だ。 by Shannon Vallor2022.12.29
  3. MITTRが選ぶ、「最低なテクノロジー」8選【2022年版】
    MITテクノロジーレビュー は毎年、その年の失敗したイノベーションを選んで年末に発表している。2022年にリストアップしたのは、詐欺的な暗号通貨取引所、ウイルス入りのブタの心臓の移植、「ゼロコロナ」の崩壊、イーロン・マスクによるコンテンツ・モデレーションなどだ。 by Antonio Regalado2022.12.28
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る