KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械 2022年12月の記事

  1. How to survive as an AI ethicist
    テック企業で働く「AI倫理」担当者が生き残る方法
    「責任あるAI」を求める動きが高まる一方で、企業はいまだに十分な投資をしていない。企業のAI倫理担当者は、ほとんど助けを得られないまま、難しい仕事を押しつけられている。 by Melissa Heikkilä2022.12.30
  2. 「人間中心」とは何か :「人間」概念を再考するロボットの法と倫理
    人工知能(AI)やIoTの社会実装に伴い、従来の「人間中心」で考えられてきた法制度の前提が崩れつつある。ロボットの法と倫理でも同様だ。より豊かな人と自律ロボットシステムの関係性を構築するにはどうすれば良いか。京都大学大学院法学研究科の稲谷龍彦教授が、ロボットの法と倫理に関する新たな動向について解説する。 by Tatsuhiko Inatani2022.12.27
  3. Stable Diffusionがオプトアウトに対応、次期バージョンで
    アーティストは今後、テキストに基づいて画像を生成するAIモデル「ステーブル・ディフュージョン」の訓練用データから、自分の作品を除外できるようになる。一歩前進ではあるが、まだまだ問題は多い。by Melissa Heikkilä2022.12.26
  4. オープンAIのCEOが語る「DALL-E2」から学んだこと、これからのこと
    GPT-3やDALL-E 2を生み出したAI企業、オープンAI(OpenAI)のサム・アルトマンCEOにインタビュー。革新的な画像生成モデルから得た3つの教訓と、オープンAIが今後目指す方向性を語った。 by Will Douglas Heaven2022.12.22
  5. オープンAIの「GPT-3」の登場によって、AIと人間が書いた文章との見分けがつきにくくなっている。ネット上での誤情報の拡散を防ぐためには両者を見分ける必要があるが、方法はあるのだろうか。 by Melissa Heikkilä2022.12.22
  6. The viral AI avatar app Lensa undressed me—without my consent
    AI技術を利用して自撮り写真からさまざまな肖像画を描いてくれるアプリ「レンザ」が人気を集めている。だが、私の写真から生成された画像のおよそ3割はヌードを含む性的な画像だった。 by Melissa Heikkilä2022.12.20
  7. Do AI systems need to come with safety warnings?
    企業に都合よく利用される「AI監査」、正しく広めるには?
    AIシステムが、バイアスなく正しく動いていることを確認する「AI監査」を実施する企業が増えつつある。しかし現状では、「正しい」監査のやり方を決める動きもなく、監査結果の公表についても決まりはない。今後、AI監査はどのように発展させていくべきだろうか。 by Melissa Heikkilä2022.12.20
  8. While everyone waits for GPT-4, OpenAI is still fixing its predecessor
    GPT-4へ試行錯誤続くオープンAI、「チャットGPT」でも残る課題
    オープンAIが大規模言語モデル「GPT-3」のスピンオフとして、ユーザーとのやり取りを通して正しい答えを出力できるようになる「チャットGPT」のデモを公開し、話題になっている。従来よりも大きく前進しており、GPT-4への期待も大きいが、依然として課題は多い。by Will Douglas Heaven2022.12.18
  9. Police are rolling out new technologies without knowing their effects on people
    目の前にドローンが突然現れたら、人は落ち着いていられるか?
    警察はカメラを装備したドローンの導入を進めている。無人パトロールなどに活用できるからだ。しかし、普通の人間が突然ドローンに遭遇したら何を思うのかということを警察はよく分かっていないようだ。 by Melissa Heikkilä2022.12.14
  10. Where will AI go next?
    「生成」ブームの2022年、AIは来年どこに向かうのか?
    2022年は画像生成AIに代表される「生成AI」が一大ブームとなった。次に話題になりそうなAIは何だろうか? by Melissa Heikkilä2022.12.9
  11. A bot that watched 70,000 hours of Minecraft could unlock AI’s next big thing
    ユーチューブを7万時間見続けたAI、最高のマイクラボットになる
    オープンAI(OpenAI)が開発した新しいゲーム・ボットは、7万時間分のユーチューブ映像からマインクラフトのプレイを習得した。膨大なネットの映像からAIが学ぶ手法は、ゲーム以外にも応用できそうだ。 by Will Douglas Heaven2022.12.7
  12. The messy morality of letting AI make life-and-death decisions
    カプセル型の安楽死装置「サルコ(Sarco)」の開発者は、死を望む人の意思決定を支援するアルゴリズムを開発している。常軌を逸した発想に思えるが、生死を分ける決断にAIを巻き込もうとする動きは広がっている。 by Will Douglas Heaven2022.12.6
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る